336 恵比寿
恵比寿・広尾 / フレンチ

336 ébisu
Ebisu-Hiroo / French

03-6277-2282
photo credit : Shinobu Kato
メインビジュアル
メインビジュアル

半熟卵のムーレット 自家製ベーコンとシャンピニオン・ドゥ・パリ 赤ワイン・ソース

Soft-boiled Egg Meurette, Homemade Bacon and Champignon de Paris, Red Wine Sauce

メインビジュアル

半熟卵のムーレット 自家製ベーコンとシャンピニオン・ドゥ・パリ 赤ワイン・ソース 

Soft-boiled Egg Meurette, Homemade Bacon and Champignon de Paris, Red Wine Sauce

メインビジュアル

香ばしく焼き上げた和牛ほほ肉とジャガイモのテリーヌ 甘酸っぱい人参のクーリ  グリエール・チーズのチュイル

Roasted Terrine of Wagyu Beef Cheek and Potato, Sweet & Sour Carrot Coulis and Gruyère Cheese Tuile

メインビジュアル

香ばしく焼き上げた和牛ほほ肉とジャガイモのテリーヌ 甘酸っぱい人参のクーリ  グリエール・チーズのチュイル

Roasted Terrine of Wagyu Beef Cheek and Potato, Sweet & Sour Carrot Coulis and Gruyère Cheese Tuile

メインビジュアル
メインビジュアル

ギリシャ風野菜のマリネ エストラゴンマヨネーズ トマトのジュレ

Greek Style Marinated Vegetable, Tarragon Mayonnaise and Tomato Jelly

メインビジュアル

真鱈白子のフリット 黒トリュを見立て

Black Truffle Look Alike Fried Cod Milt

メインビジュアル

トリュフ フォアグラ コンソメの贅沢リゾット

Truffle, Foie Gras and Consomme Risotto

メインビジュアル

トリュフ フォアグラ コンソメの贅沢リゾット

Truffle, Foie Gras and Consomme Risotto

メインビジュアル

トリュフ フォアグラ コンソメの贅沢リゾット

Truffle, Foie Gras and Consomme Risotto

メインビジュアル

牛カイノミのステーキ・フリットと骨付合鴨もも肉のコンフィ 一緒に煮込んだオリーブとマデイラ酒に漬けたレーズン

Beef Steak Frites, Bone-in Duck Confit, Olives and Madeira Wines Immersed Raisin

メインビジュアル

牛カイノミのステーキ・フリットと骨付合鴨もも肉のコンフィ 一緒に煮込んだオリーブとマデイラ酒に漬けたレーズン

Beef Steak Frites, Bone-in Duck Confit, Olives and Madeira Wines Immersed Raisin

メインビジュアル

チョコレートのテリーヌ オレンジのマルムララード ピスタチオのアイスクリーム

Chocolate Terrine, Orange Marmelade and Pistachio Ice Cream

メインビジュアル

チョコレートのテリーヌ オレンジのマルムララード ピスタチオのアイスクリーム

Chocolate Terrine, Orange Marmelade and Pistachio Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-07-07

 

 

8月の中旬に336恵比寿で、パリで活躍する檜垣浩二シェフを迎えての特別ランチ&ディナーが開催されます。

 

On August 19th, 336 ebisu is hosting a unique lunch and dinner event featuring Koji Higaki, a guest chef from Paris. 

 

 

2015年11月にパリ7区で檜垣シェフが開いたイタリアン・レストラン「ランコニュ(L' Inconnu)」は、オープン翌年からゴーミヨなどフランスの権威ある媒体でいくつもの賞を選ばれています。

 

Chef Higaki opened his own Italian restaurant, L’Inconnu, in Paris 7th arrondissement in November of 2015, and has since received a number of awards from prestigious French gourmet publications including Gault & Millau. 

 

 

Le magasin Le Chef

Le tremplin Le Chef 

2016

 

Le Guide Gault & Millau

Jeunes Talents 

2017

 

Le Guide Gault & Millau

Le trophée innovation 

2017

 

Le Guide Lebey

Le meilleur poisson 

2017 

 

 

336恵比寿のオーナーの山崎智隆と今回のゲスト檜垣シェフは、パリのミシュラン2星のパッサージュ53で5年ほど前まで一緒に働いていた仲間同士。そしてソムリエの山崎にとって檜垣シェフは尊敬する料理人のようです。

 

The owner-sommelier of 336 ebisu, Tomotaka Yamazaki, worked with Chef Higaki five years ago at Passage 53, a Michelin double-starred restaurant in Paris. 

 

 

DATES

 

8月19日(土)20日(日)

August 19 & 20

(Saturday & Sunday)

 

TIME

 

Lunch

from 12:00 to 15:00

 

Dinner

from 19:00

 

PRICE

 

Lunch 

8,000 yen 

(税別)

(Tax not included)

 

Dinner

12,000

(税別)

(Tax not included)

 

 

ワインは336恵比寿らしく「好きな物を好きなように」に飲んでいただく事になるのですが、通常のリストから選んでいただく以外に、今回のディナーでは以下の特別なワインをグラスで提供してもらえる予定です。

 

Though the wine list of 336 will be available as usual, Sommelier Yamazaki is thinking about opening a few special bottles for this occasion, so be sure to ask about the by-the-glass options.

 

2006  Vincent Dauvissat 

Chablis 1er cru Les Vaillons

 

2011  Leflaive

Puligny Montrachet

 

2007  Vincent Dancer

Pommard 1er cru Pérrières

 

2011 Denis Mortet

Gevrey Chambertin V.V

 

上記のワインは変更になる可能性があります。
The wines above are subject to change.

 

 

ご予約・お問い合わせ:

336恵比寿

03-6277-2282

 

For reservations and inquiries,

please call

336 ebisu at 03-6277-2282.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

336恵比寿という店名は、この店のオーナーでソムリエとして接客にあたる山崎智隆がパリで働いていたミシュラン2星のパッサージュ53へのオマージュであり、店が位置するのが恵比寿3丁目36番地だから。(336はサンサンロクと読むべし)

 

恵比寿3丁目は恵比寿ガーデンプレイスの東に拡がる閑静な住宅街で、もう少しで白金台という落ち着いたエリア。そこで336恵比寿を小さいながらも強い存在感をもった存在にしているのは外から見ると奇抜な内装。

 

しかしながら中に入って取り敢えず最初の一杯を飲み始める頃には、この空間には「上質なものをカジュアルに楽しんでもらう」というコンセプトが見事に反映されている事に気づくはず。

 

この内装のインスピレーションになったのは、ミシュランの星付きなのに着飾る事なくビストロ感覚で利用できるセプティム。このパリの庶民的な11区にある店の内装が少しラフなのに比べると、336恵比寿はスカンジナビアを思わせるような洗練がある。でもカジュアルに利用できるのはセプティムと同じ。

 

もう1つの共通項は店内にアーチがある事。このアーチは山崎にとってヨーロッパの街並や、ワイン・カーブを思わせるもの。それを大胆に取り入れたデザインに関して「店を開くのは大変だったけど、素晴らしいデザイナーに恵まれた」と山崎は話す。

 

ソムリエか白バイ警官

 

2年間にわたりパリのミシュラン2星で働いた経験をもつ山崎智隆だが、最初は「カッコいいと思った」という安直な理由でソムリエを目指す。「実は白バイ警官もカッコ良かったんですが、バイクの免許もってなかったんで…」と話す山崎は、地元のハローワークで最初のステップとなる日比谷公園の松本楼の仕事を見つける。

 

日々サービスの現場で働きながらワイン・スクールに通い、少しずつステップ・アップして、山崎は北海道のザ・ウィンザーホテル洞爺のオープニング・スタッフになり、そこでパリの2つ星や3つ星で12年間にわたり譴責を積み日本人として初めてソムリエやシェフ・ソムリエといった要職を任された加茂文彦氏の下で働く機会を得る。

 

ソムリエとして加茂氏が最も大切にしているのは「敬意をもってワインに接する」という事。それはボトルの中に込められた作り手の思いを飲む人に感じ味わってもらうことを意味する。山崎は「実際に作り手と会って、一緒にワイン作りに携わらないと何も理解できない…」と思うようになりフランスに渡る.

 

憧れていたシャンパーニュのジャックラセーニュを最初に訪れるのだが、迎える側が聞いていたのは見学に誰かが来るということだけ。何とか働かせてもらえるようになるが、最初は敷地内にテントを張って寝泊まり。ようやく部屋が空いてベッドで寝られるようになった時、ジャックラセーニュ本人がもっていたワインを何本かテイスティングする機会があり、運良くブラインドで全ての品種、産地、ヴィンテージを当てて一目置かれる存在になる。

 

その後は語学学校に通ったり、コート・デュ・ローヌで3ヶ月間ワインづくりに携わったり。そしてパリに戻りパッサージュ53の佐藤シェフと出会いソムリエとして働くことにる。

 

このミシュラン2星のレストランでの2年間を「少人数でも高い志をもった仲間が集まれば最高の店ができるという事を目の当たりにした」と山崎は振り返る。

 

ピアノの調律師

 

山崎が自らの店を開くに際してパートナーとして選んだシェフの齊藤駿は、以前はピアノの調律師をしていて、それまで料理人として無名の存在。「今でも無名の存在です」と笑いながら謙虚に語る齊藤にとって、細かい仕事をすることで華やかなものが醸し出されてくるのがフランス料理の魅力。そして丁寧な仕事をすれば料理は自ずと美味しくなる。

 

齊藤シェフの料理と洗練された内装を見れば336恵比寿はビストロではないことが分かるはず。ソムリエがオーナーなのでワイン・バーと呼ぶべきなのかもしれないが、336恵比寿には普通のワイン・バーにはない洗練された落ち着きがある。

 

ここで料理とワインを味わいながら上質な非日常を過ごして外に出ても、そこは静かな恵比寿3丁目。都会の喧騒という現実に強引に引き戻されるような事はない。

 

まさしく336恵比寿は落ち着いた自分を取り戻したい時に訪れるべき空間である。

336 ebisu ― pronounced san-san-roku in Japanese ― is named after its address of 3-36 Ebisu. But for owner Tomotaka Yamazaki, the name is also a tribute to Passage 53, the Michelin double stared restaurant in Paris where he worked as sommelier. 

 

Ebisu 3-chome is a quiet residential area adjacent to Ebisu Garden Place, and close to Shirokanedai. Thanks to its unique design, 336 ebisu is difficult to miss. Inside, too, it only takes a glass of wine to understand that the interior reflects 336 ebisu’s concept; a space for the relaxed savoring of quality wine.   

 

The 336 concept is inspired by Septime in Paris, a Michelin starred place that welcomes casual dress, not unlike a bistro. However, in slight contrast to Septime’s rustic interior, 336 ebisu’s interior is reminiscent of Scandinavia ― a nice spot you don’t have to get dressed up for.

 

The main element of 336 ebisu is its arches, a point that owner-sommelier Yamazaki thinks of as symbolic of European architecture. Arches are something you’ll see in Septime, too, and it’s part of an atmosphere Yamazaki is delighted to be able to share with his guests.

 

Sommelier or Motorcycle Police Officer?

 

Tomotaka Yamazaki decided to become a sommelier when he was graduating high school. He thought it looked cool, and looking back he adds, “I also thought motorcycle police officers were really cool. But, I didn’t have a motorcycle license.”

 

After working at a couple of renowned restaurants in Tokyo, Yamazaki was hired as one of the staff for opening at The Windsor Hotel Toya Resort & Spa in Hokkaido. There he worked under the legendary Fumihiko Kamo, a sommelier who spent twelve years in Paris at Michelin double and triple-starred restaurants working as sommelier and chief sommelier. 

 

Mr. Kamo thinks the most important aspect of the sommelier is to understand and respect wine. This means helping guests understand and appreciate the efforts of winemakers to produce a quality product. Inspired by Mr. Kamo, Yamazaki began to think he would not understand wine unless he went to France to work not only in restaurants, but also with winemakers.  

 

Yamazaki first visited Jacques Lassaigne in Champagne, and was shocked to find they were only expecting someone for a one-day tour. Somehow, he convinced them to let him to stay and work, sleeping in a tent until a room opened up for him. His skills were acknowledged at a blind tasting of Jacques’ personal collection, where he correctly named the wines’ grape type, region and vintage.  “I was very lucky” he recalls in hindsight.

 

After Champagne, Yamazaki spent three months working for a winery in Côtes du Rhône, and went French language school in Paris. There he was introduced to Shinichi Sato, the first Japanese chef to earn two highly coveted Michelin stars at his restaurant, Passage 53.

 

During a two year stint at Passage 53, Yamazaki witnessed a small, highly-motivated team of young people working to a very high standard.

 

The Piano Tuner Chef 

 

Upon opening his own restaurant in Tokyo, Yamazaki found Hayato Saito, an unknown cuisiner who was once a piano tuner. Chef Saito sees French food as glamorous, and understands the time and effort necessary to truly make it this way.

 

When you see Saito’s dishes and the interior of 336 ebisu, you know it is not a bistro. Perhaps wine bar is a more appropriate name, seeing as it is owned and operated by a sommelier.

 

One great thing about 336 ebisu is that, after the quality wine and food, you step into the quiet, relaxed space of Ebisu 3-chome, a far cry from the hustle and bustle of Tokyo city.

 

And this is what makes 336 ebisu a nice choice ― it’s for relaxing and finding yourself through a quality glass of wine.

TOP

MENUS

336恵比寿ではメニューにある美味しそうな料理を選んでからワインを決めても、好みのワインや山崎が薦めるワインを味わいながら料理を決めても良し。

 

At 336 ebisu, diners can decide on dishes to go with their first glass of wine, or vice versa. 

 

前菜は冷製と温製のものを合わせて10種類が800円から2,000円で、5種類のメイン・ディッシュは2,200円から基本的に全て4,000円以下。

 

The menu lists ten appetizers from 800 to 2,000 yen. Five main dishes are priced from 2,200 to 4,000 yen. 

 

「メインは必ずオーダーしてほしい…」といった窮屈な決まりは無いので料理とワインは、好きな組み合わせ、好きな順番で味わうのが336恵比寿のスタイル。

 

There are no rules requiring diners to order a main dish or a certain number of dishes. There is freedom at 336 ebisu to order dishes in any order or paired with wine in any way you like. 

 

さらにチーズが5種類以上700円からあり、他にも1,000円以下の「おつまみ」的なものが5種類ほどあるので、少し遅めの時間に寄り道していけるのも336恵比寿の魅力。

 

因みに、336恵比寿の閉店は24時ということも覚えておきたい。

 

Also on the menu is five varieties of French cheese priced from 700 yen and otsumami snacks priced at less than 1,000 yen. This is a good idea for anyone who simply wants to stop by for a glass of wine or two before heading home. 

 

And remember: 336 ebisu stays open until midnight.

 

 

Weekend Lunch Set 2,900 yen

 

アミューズ + サラダ + メイン

Amuse Bouche + Salad + Main

TOP

DRINKS

白と赤、シャンパーニュを合わせると400種類近くのワインが4,000円台からあり、もっとも充実している価格帯は8,000円前後。シャンパーニュは9,000円から、スパークリング・ワインは6,000円から。

ソムリエの山崎がフランスで最初にブドウの収穫に携わったのはシャンパーニュで、パッサージュ53でソムリエを務めて日本に戻る前に働いたのはブルゴーニュ。という事でブルゴーニュとシャンパーニュのワインが多い。

自らのセレクションを山崎は「ビストロやブラッセリーではなく、レストランで飲むようなワイン」と説明し、「それらのワインを可能な限りフランスでの価格に近づけて提供したい」と思いを語る。

「セオリーではなく、感覚的にワインを楽しんでほしい」と言う山崎にとって、人それぞれ好きなワインを好きな料理に合わせて楽しむのがベスト。

336 ebisu stocks a total of almost 400 red and white wines combined. Wines start at around 5,000 yen, with the majority of the selection priced around 8,000 yen. Sparkling wine starts at 6,000 yen, and Champagnes from 9,000 yen.

As Yamazaki worked in both Champagne and Burgundy before returning to Japan, he tends to select more wines from these two regions.

“I select wines you usually find in restaurants, not in bistros or brasseries,” explains Yamazaki. And where possible, he offers this selection at their French prices.

“I want my guests to enjoy their wines without overly relying on conventional theory” says Yamazaki, who thinks the best wine is the one you like, not necessarily the most expensive or most decorated.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区恵比寿3-36-1クーカイ・テラス1F
3-36-1 Ebisu, Shibuyaku
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 恵比寿
Ebisu (JR & Tokyo Metro)
Tel
03-6277-2282
平均予算 Average Cost
DINNER: 8,000 yen
LUNCH: 3,000 yen (weekend only) 
営業時間 Business Hours
DINNER: 6:00 - Close at 00:00

Weekend Lunch: 12:00 - 2:00 Close at 3:00

Closed on Mondays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter