ビストロ リゴレ
三軒茶屋・松陰神社前・世田谷 / フレンチ

Bistro Rigole
SangenJaya-ShouinJinjamae-Setagaya / French

03-3424-6177
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

真鯵と新玉葱のタコス 

Japanese Jack Mackerel and Spring Onion

メインビジュアル

鯖と三浦キャベツのパエリア 

Paella Mackerel and Miura Cabbage

メインビジュアル

鯖と三浦キャベツのパエリア 

Paella Mackerel and Miura Cabbage

メインビジュアル

山形豚バラ肉の角煮、ココナッツ風味

Coconut Flavored Yamagata Pork Belly

メインビジュアル

フィッシュ&チップス

Fish & Chips

メインビジュアル

穴子と筍の赤ワイン煮込み 

Red Wine Stewed Garden Eel and Bamboo Shoot

メインビジュアル

隠岐産の岩ガキのトマトのスパークリンク

Rock Oyster from Oki Islands and Tomato

メインビジュアル

人参・パパイヤ・サクラ海老

Carrot, Papay and Sakura Srhimp

メインビジュアル

塩レモン・ケーキ

Salt Lemon Cake

メインビジュアル

バジルとレモンのシャーベット

Basil and Lemon Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

良し悪しはあるが東京にはビストロを名乗る店や、ビストロと呼ばれる店が多々あり、定番の田舎風のパテやフロマージュ・ド・テッドを食べさせてくれる。

 

その一方で、「お魚ビストロ」や「港のビストロ」といったコンセプトで積極的に魚介類を取り入れた料理をメニューに並べる店も少なからずあるが、この三軒茶屋の喧騒から少し距離を置いた場所にあるビストロ・リゴレよりも新鮮な海の幸を揃えている店は東京には無いはず。

 

ビストロ・リゴレのオーナー・シェフ、亀谷剛の出身地は島根県隠岐島の海士町。そこで父親は漁業協同組合長を務めているので、日本海にある隠岐諸島で獲れたばかりの新鮮な魚が週に何度も三軒茶屋に直送されてくる。となるとビストロ・リゴレは「漁港のビストロ」と紹介されても良いのかもしれない・・・

 

しかしながら、魚や港といったイメージは亀谷にとっては痛し痒し。毎日のように書きかえられる黒板のメニューにある前菜の殆どは魚をつかったものだが、メイン・ディッシュはフレンチらしく肉を使った料理が殆ど。世田谷らしい小洒落たカフェやバルといった雰囲気のビストロ・リゴレの店内には魚や港を思わせるモノはない。

 

亀谷がフランスに行って最初に一年間働いたのは日本人シェフが経営していた「タイラ」という美味しい魚料理を食べさせてくれる事で人気だったレストラン。しかし2年目から働いたのはフランスの中南部のリムーザンにある「オテル・ド・ラ・トゥール」。3年目にパリに戻って働いたのはエッフェル塔の近くにある「クロ・デ・グルメ」。これらの店は古典的なビストロ料理ではなく、ミレニアム以降のフランス料理をカジュアルな空間で味あわせてくれる後にネオ・ビストロと呼ばれる事になるようなタイプの店。

 

フランスでは休みの日にも新しいスタイルの店を探して食事をしていた亀谷シェフが三軒茶屋で開いたビストロ・リゴレでつくる料理も古典的なビストロ料理ではなく、シェフの遊び心が少し反映された料理の数々。

 

そして店内の内外装と雰囲気もオーセンティックなビストロにありがちな重厚感を醸し出したものではなく、シンプルで軽やか。インテリアの細部や店名のロゴからはユーモアのセンスも感じられる。(因みに、店名のリゴレ(rigolé)とは愉快、もしくは笑いを意味するフランス語)。

 

しかしながら亀谷シェフがつくるのは決してイメージを重視しただけの薄っぺらな料理ではない。その事を物語るのは、調理師学校を卒業して初めて働いたレストランが四谷三丁目にあったスクレ・サレだったという事。希望の大学に入れず、仕方なく調理師学校に進んだ亀谷は、スクレ・サレの中西シェフに基本を叩き込まれながら、フランス料理に携わる楽しみを見出せるようになる。

 

カウンターの中、1人で料理をつくるシェフの姿からは少し無骨な印象を受けるかもしれないが、食事をしていれば、ゆっくりとシェフの人柄が見えてくるはず。

 

ワインを少しずつ飲みながら料理を味わってリラックスしたり、仲間と一緒にボトルを空けながら楽しい一時を過ごしたりもできるビストロ・リゴレは、三軒茶屋の喧騒の外に佇むエスケープ先として憶えておきたい。

 

Tokyo has no shortage of places claiming to be bistros simply because of a cozy atmosphere. There are even places mistakenly called bistros for the very same reason - at these locations we’re used to seeing pâté de campagne or fromage de tête.

 

More recently, we’re seeing a number of bistros with an emphasis on seafood. These are often referred to as osakana bistro or minato no bistro, translated as fish bistro and port bistro. However, you’ll be hard pressed to find a bistro sourcing fresher seafood than Bistro Rigolé in Sangenjaya.

 

Owner-chef, Go Kametani, originally hails from the Oki Islands in the Sea of Japan., where his father heads the local fishery association. What this means is that Chef Kametani receives shipments of the freshest fruit de mer, almost daily. This makes Bistro Rigole seem much more like a gyoko no bistro, or bistro of the fishing village.

 

Bistro Rigolé, however, isn’t defined by fish alone, even though its black board menu features many seafood appetizers. Main dishes are mainly made with meat, with a few seafood options, and you won’t find much in the way of decorations reminiscent of oceans or fish. 

 

During his three year culinary stint in France, Kametani spent his first year at a restaurant called Taira, owned and operated by a Japanese chef known for preparing great seafood dishes in Paris. Following this experience, Kamerani moved to Limousin and worked at Hôtel De La Tour for a year, and then Le Clos des Gourmets in Paris. These last two restaurants served post-millennium French cuisine in a casual setting, and would later be called neo-bistro, or bistronomy.

 

On his holidays in France, Kametani always searched out places to witness and experience the new movement taking place. This influence is clear in his own bistro -  expect dishes with modern twists, accented with playfulness.

 

This playfulness extends to the design, also - differing from authentic bistro styling, Bistro Rigolé is simply decorated, and there’s a sense of fun in both its logo and the items decorating the interior.

 

However, together with the fun and the presentation is a serious focus on taste. Kametani was initially trained at Sucre Sale in Yotsuya-Sanchome, a fondly remembered restaurant by many French food lovers. It was at Sucre Sale, and with the help of disciplinarian chef Nakanishi, that Kametani discovered the joy of cooking French food.

 

Bistro Rigolé is an ideal place for a couple of dinner dishes with wine. It’s also a good option for splitting dishes with friends over wines by bottle. Bistro Rigolé is a good option for those times you’re looking for an escape from the hustle and bustle of Sangenjaya station.

TOP

MENUS

定期的に書きかえられる黒板のメニューにあるのは、1,000円前後の冷前菜と温前菜が5種類ずつ。10種類のメイン・ディッシュの殆どは2,500円以下。

 

The black board menu boasts ten appetizers: five warm and five chilled, all priced at around 1,000 yen. The main dish selection is all less than 2,500 yen, except for seasonal items which pop-up occasionally..

 

基本的にアラカルトで料理を楽しむのがビストロ・リゴレのスタイルだが、3,600円で全5皿の料理をシェフの「おまかせ」コースで楽しむ事もできる。

 

Regulars at Bistro Rigolé commonly order dishes a la carte. However, Chef Kametani can prepare a tasting menu of five courses for 3,600 yen.

 

デザートは1,000円以下で3種類ほど用意されているが、デザートを食べる代わりにワインを一杯お代わりする人が多いのがビストロ・リゴレの特徴。

 

Three desserts are usually available, and priced at less than 1,000 yen, but many tend to skip dessert in favor of one more glass of wine, instead!

TOP

DRINKS

ワインは全てフランス産のもので、特定の地域へのこだわりはなし。ボトルは赤と白が15種類ずつで、3,000円から10,000円を超えるものもあるが、人気があるのは4,000円代のもの。

The wines on offer are all from France, and Chef Kametani is not biased toward any specific regions. The wine list features 15 red wines and 15 white wines, with pricing ranging from 3,000 yen to more than 10,000 yen. That said, the most popular wines are priced at around 4,000 yen.

グラスは赤と白が毎日3種類ずつ、全て1,000円以下で味わえる。

Three red wines and three white wines are available by the glass, and these are usually less than 1,000 yen each.

シャンパンとスパークリング・ワインは、それぞれ6,700円と3,300円。グラスではスパークリング・ワインを700円で味わえる。

Champagne and sparkling wine are priced at 6,700 yen and 3,300 yen respectively, with sparkling wine 700 yen by the glass.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
世田谷区三軒茶屋2-24-16
2-24-16 Sangenjaya, Setagaya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急田園都市線 三軒茶屋
SangenJaya (Tokyu Denen Toshi Line)
Tel
03-3424-6177
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,200 yen
DINNER: 5,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH

Tuesday, Wednesday, Thursday and Friday
12:00 - 14:00 L.O. Close at 15:00

Saturday and Sunday
12:00 - 14:30 L.O.

DINNER

Tuesday, Wednesday and Thursday
18:00 - 23:00 L.O.

Friday and Saturday
18:00 - 24:00 L.O.

Sunday
18:00-22:00 L.O.


Closed on Mondays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA