ブーシュリー グートン
人形町・馬喰横山 / フレンチ

Boucherie Goutons
Ningyocho-BakuroYokoyama / French

03-6661-1156
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

自家製シャルキュトリー5種類の盛り合わせ

Assortment of Five Homemade Charcuteries

メインビジュアル

グルニエ・メドケン(豚胃袋に豚足・タン・耳を詰めたファルシ)

Grenier Medocain

Pork stomach stuffed with pig's trotters, tongue and ear

メインビジュアル

パテ・ド・カンパーニュ

Pâté de Campagne

メインビジュアル

ブーダン・ノワールのテリーヌ仕立て

Terrine Style Boudin Noir

メインビジュアル

LYB豚テッポウのソテーのサラダ

Salad with Sautéed LYB Pig Rectum

メインビジュアル

豚の脳のパン粉焼き ブールブラン・ソース

Breaded Pork Brain with Beurre Blanc Sauce

メインビジュアル

満州豚のスペアリブ 赤ワイン煮込み

Red Wine Stewed Manchurian Pork Spare Rib

メインビジュアル

満州豚のスペアリブ 赤ワイン煮込み

Red Wine Stewed Manchurian Pork Spare Rib

メインビジュアル

カステルノーダリ風のカスレ

Castelnaudary Style Cassoulet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

アンドゥイエット

Andouillette

メインビジュアル
メインビジュアル

ピエ・ド・コション(豚足)

Pied de Cochon

Pig’s Trotter

メインビジュアル

抹茶のクレムブリュレ

Green Tea Crème Brûlée

メインビジュアル

イチゴのヴァシュラン

Strawberry Vacherin

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

ありふれた飲み屋がワインを扱うようになっただけでビストロと名乗ってみたり、真っ当なレストランが小さいというだけでビストロと呼ばれたりする東京において、ブーシュリー・グートンこそはビストロであり、そう呼ばれるべき存在。

 

ここが正統派のビストロである事を象徴するのは深紅のベンチ・シートであったり、テーブルの上にかかるバスクから取り寄せられたリネンのライナーの質感であったり。

 

そして何よりも人形町と馬喰横山の駅のあいだにあるブーシュリー・グートンを本物のビストロにしているのは、ここでは徹底的に豚にこだわった料理を楽しめるという事。決して洗練されてはいないが、その素朴さや力強さを味わってみれば普通のフランス人の伝統的な食生活が如何なるものか想像できるはず。

 

この気取らずに仲間と一緒にワインを飲みながら数々の豚料理を食べさせてくれるビストロのオーナー・シェフ、郷卓也は人形町からそう遠くない下町育ち。最初に働いた銀座の洋食屋で長年フランス料理に携わってきた初老のシェフに出会い、フランス料理の世界に引き込まれていく。

 

21歳の時に薄給を貯めて初めてフランスに行き2週間パリとリヨンで食べ歩く。そこでは見るもの食べるもの全てが衝撃的で、刺激が強過ぎたのか高熱でダウンすることも。

 

それでも憶えているのはフランス人が親切だったという事。ミシュランの星付きの店を訪れれば、調理場を見せてくれたり、シェフと一緒に記念写真を撮らせてくれたり。そして日本人スタッフに店内を案内してもらいながら、自分もフランスで働きたいと決意する。

 

 

日本に戻ってからは丸の内のブラッスリーのオープニング・スタッフとして3年間働きながらフランス料理の基礎を身につける。25歳で料理人としてフランスに渡り、最初は創業20周年を祝っていたボルドーのビストロ、その後はボルドーの東のロカマドール近くのサンセレという田舎町の1星トロワソレイユで働く。

 

伝統的なビストロ料理や

郷土料理に魅了され

 

フランスでは休みになると必ず仲間が自宅に誘ってくれ家族と一緒に食事をしたり、ブラッスリーやビストロに行ったりしながら普段着のフランス料理に魅了されてしまう。

 

『都会的な洗練よりも、フランスの田舎町を思わせるようような料理の方が好き』と語るシェフ郷が自らオーナーとして人形町で開いたブーシュリー・グートンでつくるのは豚をつかったフランスの郷土料理の数々。

 

日本にも豚をつかった料理は多々あり、東京には美味しい豚カツを食べさせてくれる店は無数にある。しかしながらブーシュリー・グートンの郷シェフ以上に素材の生産者と密接に付き合っている料理人はいないはず。

 

郷は以前シェフを務めていたレストランで知り合った富士農場の桑原氏が富士山の麓の豊かな自然の中で育てる6種類の豚の原種それぞれの個性的な味わいに魅せられ、グートンでは中ヨークシャーやパークシャーといった希少な純血種を仕入れ理解を深めながら、自らが理想とする味わいのオリジナル豚を桑原氏と共に開発しグートンと名付ける予定。

 

グートンさんの肉屋?

 

店名のブーシュリーとは肉屋を意味するフランス語。この店名をフランス人に言えば、「グートンさんの肉屋」と思われるはず。しかしながらグートン(Goûtons)の”Gou”はシェフの苗字である郷(ごう)で、”ton”は豚カツのトン。これら2つを合わせて、フランス語で「味わい」を意味する単語”Goût”にかけたのがグートン(Goûtons)。

 

是非、人形町の郷さんの肉屋という名のビストロで豚を食い尽くすべし!

 

 

In Tokyo,  there is no small number of self-claimed bistros serving mock French food with cheap wine, and restaurants called bistros simply for a cozy atmosphere. But when you visit Boucherie Goûtons, you’ll be visiting a place that deserves to be called authentic.

 

First, diners will notice the deep red colored bench seat and the texture of the linen table liners sourced directly from Basque, France.  

 

But it’s in the food that the authenticity shines. Boucherie Goûtons is a place to enjoy classic bistro fare prepared with pork. It might not be sophisticated, but these dishes are both bold and simple, and the very dishes French people have been eating for a long, long time. 

 

This is definitely a place for friends to drink wine and enjoy pork dishes prepared by Chef Takuya Go. Go was born and raised in Tokyo’s real downtown area, Shitamachi, and his first job out of high school was at restaurant in Ginza, serving yoshoku, old Japanese food with a western influence. It was here that Go was introduced to French culinary terminologies by a chef who had been cooking French food for more than a couple of decades. 

 

Go first went to France when he was twenty one years old, to eat his way through Paris and Lyon. Everything was interesting and exciting, and a touch overwhelming; the young chef came down with a high fever during his stay. 

 

However, Go still remembers the kindness of the French people. At Michelin starred restaurants he visited, he was taken to and shown inside the kitchens. He shook hands with chefs and took pictures with them. He decided to come back to France to cook when he was given an inside tour by a fellow Japanese doing an apprenticeship there. 

 

Back in Tokyo, Go worked at a newly opened brasserie for three years before he returned to France as an aspiring cuisinier when he was twenty five. He first worked at a bistro in Bordeaux, which was celebrating its twentieth anniversary, before moving to Michelin starred Les Trois Soleils in Saint-Céré near Rocamadour. 

 

Fell in Love with 

Traditional Bistro Fare and Regional Cuisine 

 

Go fondly remembers his introduction to French country fare. He was always invited to his colleagues’ houses when they weren’t working, and so he ate with their families, and together they went to local bistros and brasseries. 

 

Go humbly admits that he is not so keen on urban and sophisticated food: His preference is for rustic country fare. At his own restaurant, Boucherie Goûtons in Ningyocho, you can enjoy his simple, tasty pork dishes.  

 

In Japan, pork is used in a variety of dishes, and there are countless restaurants that serve quality tonkatsu. However, there are not many restaurants working with pig farms as closely as Chef Go does. 

 

Chef Go has been working with Mr. Kuwabara of Fuji Farm since he first tasted the unique characteristics of six different original pork species. Go sources rare pedigree pigs (such as Middle White and Berkshire) from Fuji Farm, and together with Mr. Kuwabara is currently trying to produce an original breed especially for Boucherie Goûtons. And, of course, they will name it Goûtons.

 

Goûtons’ Butcher?

 

The French word boucherie means butcher in English. If you mention the name of this bistro to your French foodie friends, they will likely assume it is a butcher shop owned by someone named Goûtons. However, this is a made up word that sounds like French. Gou is the chef’s last name, while ton is a Japanese word meaning pig or pork. Interestingly, the French word Goût means ‘taste’ in English. 

 

So why wait? Go to Ningyocho and eat pork at Go’s bistro!

TOP

MENUS

 

DINNER

 

Menu Goûtons 3,900 yen per person 

(税・サ込み)(including tax and service charge)

2名からのコース For a party of two or larger

 

豚のリエット・オリーブの盛り合わせ + 自家製シャルキュトリの盛り合わせ + 本日のサラダ + お薦めの富士牧場の豚の炭火焼 + お好きなデザート

Assorted Olives and Pork Rillettes + Assorted Homemade Charcuterie + Salad of the Day + Charcoal Grilled Pork from Fuji Farm + Dessert of Your Choice

 

Menu Dîner 4,800 yen 

(税・サ込み)(including tax and service charge)

 

自家製シャルキュトリの盛り合わせ + 季節のオードゥブル + 本日のサラダ +  お薦めの富士牧場の豚の炭火焼 + 季節のデザート

Assorted Homemade Charcuterie + Seasonal Hors-d’œuvre + Salad of the Day + Charcoal Grilled Pork from Fuji Farm + Seasonal Dessert

 

A la Carte

 

LYB豚の田舎風パテや生ハム、テリーヌ仕立てのブーダン・ノワールなどの前菜の殆どは1,500円以下。

 

Almost all of the appetizers (including pâté de campagne made with LYB pork, and terrine style boudin noir) are priced at less than 1,500 yen.

 

炭火で焼き上げるメイン・ディッシュのLYB豚の炭火焼やスペア・リブは、それぞれ2,400円と2,300円。満州豚を使った使った一皿や、LYB豚と満州豚を食べ比べる一皿は3,200円と3,500円。

 

Main dishes such as charcoal grilled LYB pork and spare rib are priced 2,400 and 2,300 yen respectively. Also, main dishes with Manchurian pork and an assortment of Manchurian pork and LYB pork are 3,200 yen and 3,500 yen respectively. 

 

その他のLYB豚モツとスパイシーなソーセージのバスク風の煮込みや、ピエドポークと呼ばれる豚足を丸々1本パン粉焼きにしたもの等のフランスの郷土料理は全て3,000円以下。

 

Other specialty dishes, such as LYB organ meats, spicy stewed Basque-style sausage, and a breaded pig’s trotter called pie de porc are priced at less than 3,000 yen. 

 

デザートは全て800円以下。

Desserts are all less than 800 yen.

TOP

DRINKS

ワインは全てフランス産。赤70種類と白50種類のワインがあるが、コスト・パフォーマンスが良く気軽に飲めるラングドック・ルーションなど南仏のワインの比率が高い。

Boucherie Goûtons has 70 reds and 50 whites. While they are all from France, the majority of wines are from Languedoc-Roussillon, the southernmost region of mainland France.

赤白それぞれ3,900円からあるが、人気のあるワインは6,000円前後のもので、この価格帯のものがセレクションも充実している。

While the wine starts at around 4,000 yen, the most popular options are around 6,000 yen. Naturally, there’s more of a selection in this price range. 

スパークリング・ワインはシャンパンも入れて12種類あり、4,900円から。

The bistro, or boucherie you might call, has 12 sparkling wines, including Champagne, priced from around 5,000 yen.

グラスだと赤白3種類ずつとスパークリング1種類。赤白とスパークリングも700円から。

Three whites and three reds, along with one sparkling wine are available by the glass, and are all priced from 700 yen.

豚をつかった料理を食べ尽くした後に、心地よく食後酒を飲めるのもブーシュリー・グートンの魅力。コニャックやカルヴァドスなどのブランデーやマール、そしてグラン・マルニエなどのリキュールもあり。

Boucherie Goûtons is a great place to indulge in an aperitif or two. They have brandies such as Cognac and Calvados, and marc which is a pomace brandy. Also available are liqueurs such as Grand Marnier. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
中央区日本橋富沢町10-15 勢州屋本店ビル 1F
1st Floor, 10-15 Nihonbashi Tomizawacho, Chuo-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
人形町 (東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線)
馬喰横山(都営地下鉄新宿線)
Tel
03-6661-1156
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,000 yen Tuesday, Wednesday, Thursday and Friday

DINNER: 6,500 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 13:00 L.O. Tuesday, Wednesday, Thursday and Friday

DINNER: 18:00 - 23:30 (L.O. 22:00)

Closed on Sundays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA