コムダビチュード
九品仏・自由が丘 / フレンチ

Comme d’Habitude
Kuhonbutsu-Jiyugaoka / French

03-6455-9937
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

日光サーモンのマリネ コンソメのジュレと空豆のピュレ

Marinated Nikko Salmon on a Bed of Consommé Jelly and Fava Bean Puree

メインビジュアル

鴨の胸肉のスモークがのったメリメロ・サラダ

Meli-Melo Salad Topped with Smoked Duck Breast

メインビジュアル

ウサギのガランティーヌ

Rabbit Meat Galantine

メインビジュアル
メインビジュアル

ゴボウのスープ (中目黒時代からのスペシャリテ)

Burdock Soup (Chef Kamatani’s Speciality since his Nakameguro days)

メインビジュアル
メインビジュアル

フォアグラのポワレとホワイト・アスパラガスのフラン 空豆のスープ仕立て 

Pan Fried Foie Gras on White Asparagus Flan and Fava Bean Soup

メインビジュアル

フォアグラのポワレとホワイト・アスパラガスのフラン 空豆のスープ仕立て 

Pan Fried Foie Gras on White Asparagus Flan and Fava Bean Soup

メインビジュアル

カスベのムニエル グリーン・アスパラガスを添えて

Skate Meunière with Green Asparagus

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

コチの桜エビの詰め物 軽い甲殻類のスープ仕立て 

Cherry Shrimp Stuffed Flathead, Crustacean Soup Style

メインビジュアル

仔羊の燻製ロースト アンチョビとガーリックのソース

Roast Smoked Lamb, Anchovy and Garlic Sauce

メインビジュアル

ブルターニュの鴨の胸肉のポシェ キノコのソース

Poached Brittany Duck Breast, Mushroom Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

仔牛の腎臓のロースト マスタードのソース ズッキーニのフリットをのせて

Roast Veal Kidney, Mustard Sauce, Topped with Fried Zucchini

メインビジュアル

仔牛の腎臓のロースト マスタードのソース ズッキーニのフリットをのせて

Roast Veal Kidney, Mustard Sauce, Topped with Fried Zucchini

メインビジュアル

プランタン・シュープリーズ

Surprise de Printemps

メインビジュアル
メインビジュアル

チーズのプラッター

Chease Platter

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

東京で生まれ育っても九品仏という漢字の読み方を知っている人は多くない。その一方で、バブルを経てミレニアムという言葉がもて栄された90年代の後半からフランス料理を食べている人の多くが、コムダビチュードというフランス語の響きに反応するはず。

 

中目黒で1997年12月にオープンしたコムダビチュードは、まだフランス料理がモダンやクラシック、ビストロやガストロノミーと線引きされる前、料理だけでなく、パンやチーズ、食前酒から食後酒まで、フランスの食文化をトータルで楽しめた先駆的な存在で、まさにオーナー・シェフの釜谷孝義の情熱が具現化されたレストラン。

 

そこはオープン・キッチンの中にいる釜谷とスタッフの表情だけでなく、料理する手元の動きまで見えるようなLIVEな空間で、常に熱気ムンムン状態だった。

 

その頃を振り返りながら「料理する方も、食べる方も、みんなギラギラしてたよね…」と釜谷は語るが、東京という街、そして時代そのものがギラついていたのかもしれない。

 

しかしながら2018年3月に九品仏の近く、奥沢の閑静な住宅街の中で復活したコムダビチュードに中目黒時代の熱気を期待するのはナンセンス。

 

ここは当時からフランス料理を食べ続けている人、もしくは何らかの事情で外食を楽しむ日々から一時リタイアしていた人が、時の流れを実感(痛感?)しながらも、今まで通り美味しいものを味わい、その喜びを仲間やパートナーと分かち合える場所。

 

熱気ではなく落ち着き… 

 

九品仏のコムダビチュードは座席数16の小さなレストラン。何故か未だにフランス料理を食べさせてくれる小さな店をビストロと呼びたがる人がいるが、テーブルは白いクロスを纏い、周囲には落ち着いた空気が流れるコムダビチュードをビストロと間違える人はいないはず。

 

その一方で、中目黒にあったコムダビチュードをビストロとして憶えている人は多いはず。「確かに雰囲気はビストロだった」と釜谷シェフ本人も否定はしないが、「それでも料理人として目指していたのは常にガストロノミー」と当時の思い語る。

 

このガストロノミーという単語は安易に美食と訳されがちだが、必ずしも見栄えする料理だけを意味する単語ではない。

 

若かりし頃に、アルザスとロワールのレストランで2年間にわたり鍛えられ、ブリュッセルにある3星のコム・シェソワ(Comme Chez Soi)では下っ端ではなく、一人前のスタッフとして迎え入れられ、2年間にわたり本当のガストロノミーに携わった経験をもつ釜谷にとって、「食べること自体が目的となりえる料理」がガストロノミー。

 

美味しいフランス料理を食べるという極めてシンプルな目的をもって人が集まるといった意味では、昔も今もコムダビチュードは同じ。しかし昔と違うのは釜谷シェフの料理を食べに来る人たち。大人のつもりだった男女が、良くも悪くも本当の大人になり、今は熱気ではなく落ち着きの中で食事をすることを良しとする。

 

とは言っても、久しぶりに昔の仲間と一緒に食事をしながら、ワインのボトルが何本か空けば、気持ちは若かりし頃にスリップ。自ら熱気を醸し出すような事もあるかもしれないが、それはそれで良し。

 

Comme d'Habitude

 

このコムダビチュードというのは「いつも通り」といった意味合いのフランス語。さらにコムダビチュードは、フランク・シナトラが歌った名曲マイ・ウェイのオリジナルで、フランスのシャンソン歌手クロード・フランソワが書いた曲の名前でもある。

 

まさに釜谷にとって、コムダビチュードを復活させることは、料理人としての人生、マイ・ウエイを生きていく為の必然であり、多くの人にとっては待ち望んでいた事でもある。

 

ならば、大人になった我々は、非日常を楽しむ為に通ったレストランに、いつも通りのテンションで訪れ、流行り廃りを乗り越えてきたシェフの料理を味わい、今までを振り返りながら、今という大切な時間を楽しみたい。

Even those born and raised in Tokyo have trouble with the following kanji characters: 九品仏. The reading is “Kuhonbutsu,” and its the name of both an almost 350 year-old temple, and the nearest train station to the restaurant, Comme d’Habitutude. 

 

And if you think you’ve heard the name Comme d’Habitude before (it means, “just as usual,” incidentally) you’re not mistaken; the original Comme d’Habitude opened in December of 1997, in Nakameguro. Back then, Comme d’Habitude was the place to go for freshly baked bread, imported cheeses, and varieties of aperitif and digestif. 

 

The restaurant really was the place for top-class French culinary culture during the roaring 90’s of Tokyo, and it’s success was the result of Chef Takayoshi Kamatani, who cooked in an open kitchen where earnest diners could observe his passionate approach to preparing dishes.

 

Looking back, Chef Kamatani says, “Everybody was intoxicated by the passionate atmosphere towards eating and drinking. Cooking for people in that atmosphere was just as intoxicating for me, too.”

 

But the new version of Comme d’Habitude, opened in March 2018, is designed around a relaxing environment, where people can enjoy their French cuisine in the company of friends and family.

 

Inside, the small restaurant holds sixteen seats, but Kamatani doesn’t think of it as a bistro. Though many remember the Old Comme d’Habitude as a bistro, Kamatani is aiming for something different with this new iteration, saying, “The old place definitely had a bistro atmosphere, but I was always striving for gastronomy.”

 

To get a better understanding of gastronomy, Kamatani spent two years at restaurants in Alsace and Loire before moving to Comme Chez Soi, a Michelin triple-starred restaurant in Brussels.

 

 

And though Chef Kamatani doesn’t talk about why he decided to close the original, tremendously popular Comme d’Habitude, regarding the new opening he says simply, “I had nothing else left to do.”

 

But whatever the case may be, Comme d’Habitude is a comeback that will please many, both old and young alike; it’s unpretentious, relaxing, with dishes prepared by a chef with a true wealth of experience. It’s a place to treasure food, company, and good times.

TOP

MENUS

コムダビチュードのランチとディナーは中目黒にあった時から変わらずプリフィクス。

メニューには前菜・メイン・デザートそれぞれ3つから4つの選択肢がある。

 

Just like at the old Comme d’Habitude in Nakameguro, all the menus are prix fixe, meaning fixed price. This is a French term that refers to a menu featuring a pre-selected list of dishes at a set price; appetizers, main dishes and desserts.

 

LUNCH

 

2,200 yen 平日のみ Weekday Only

主菜 + デザート

Main Dish + Dessert

 

3,400 yen

前菜 + 主菜 + デザート

Appetizer + Main Dish + Dessert

 

4,200 yen

前菜1 + 前菜2 + 主菜 + デザート

1st Appetizer + 2nd Appetizer + Main Dish + Dessert

 

4,800 yen 

前菜 + 主菜1 + 主菜2 + デザート

Appetizer + 1st Main Dish + 2nd Main Dish + Dessert

 

6,000 yen

前菜1 + 前菜2 + 主菜1 + 主菜2 + デザート

1st Appetizer + 2nd Appetizer + 1st Main Dish + 2nd Main Dish + Dessert

 

DINNER

 

6,500 yen

アミューズ1 + アミューズ2 + 前菜 + 主菜 + デザート

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + Appetizer + Main + Dessert

 

 

7,800 yen

アミューズ1 + アミューズ2 + 前菜1 + 前菜2 + 主菜 + チーズ + デザート

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Main + Cheese + Dessert

 

8,100 yen

アミューズ1 + アミューズ2 + 前菜 + 主菜1 + 主菜2 + チーズ + デザート

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + Appetizer + 1st Main Dish + 2nd Main Dish + Cheese + Dessert

 

9,000 yen

アミューズ1 + アミューズ2 + 前菜1 + 前菜2 + 主菜1 + 主菜2 + チーズ + デザート

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 1st Main Dish + 2nd Main Dish + Cheese + Dessert

 

ランチとディナーの全てのコースは食後のコーヒー付き。

 

上記の価格は全て消費税とサービス料を含んだもの。

 

All the menu above come with coffee. 

 

なので食べて飲んで支払うのは、メニューやワイン・リストに明記された価格の合計金額だけとなる。

 

All prices above include consumption tax and service charge, so it’s easy to calculate the total price in advance!

TOP

DRINKS

釜谷シェフがワインの素晴らしさに気付いたのはロワールのレストランで働いていた時。なのでコム・ダビチュードのワイン・リストに網羅されている赤白合わせて150種類のワインは全てロワールのもの。価格は4,000円代のリーズナブルなものからあり。

The wine list at Comme d’Habitude contains wine exclusively from Loire, where Chef Kamatani worked under Charles Barrier at his namesake restaurant. In total there are approximately 150 wines, red and white combined, starting at around 5,000 yen, and also seven selections of vin mousseux, a sparkling wine. 

シャンパンはなく、代わりにある7種類のヴァン・ムスーの価格は5,000円前後から。

グラスでは赤白2種類づつが850円と、ヴァン・ムスーが900円。

By the glass, Comme d’Habitude has two red and two white wines priced at 850 yen. By the glass sparkling wine is 900 yen.

コム・ダビチュードではワイン以外にも、食前酒にはオリジナルのアペリティフ・メゾンと、釜谷シェフがこだわる食後酒の取り揃えもある。

In addition to wines, Comme d’Habitude has a good selections of aperitifs and digestifs. Especially recommended is Chef Kamatani’s original aperitif maison.     

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都世田谷区奥沢6-22-10 
6-22-10 Okusawa, Setagaya-ku 
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急大町線 九品仏
Kuhonnbutsu (Tokyo Oimachi Line)
Tel
03-6455-9937
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,000 yen (Weekday) 5,000 yen (Weekend)
DINNER: 9,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 14:00 (L.O.)
DINNER: 17:30 - 20:30 (L.O.)

Closed on Wednesdays and the 1st and 3rd Tuesday every month
Credit Card
American Express / Master Card / VISA