クヨール
渋谷・代官山・中目黒 / コンテンポラリー

CUJORL
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / Contemporary

03-5784-5818
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

イワシの炙り ナスのタルタル 大葉のヴィネグレット

Seared Sardine, Eggplant Tartar and Red Shiso Vinaigrette

1,500

メインビジュアル

クラゲとアボカドのセヴィーチェ

Avocado and Jellyfish Ceviche

1,400

メインビジュアル

蒸し鶏とレンコンとゴボウのマスタード和え

Burdock Mustard Dressed Steamed Chicken and Lotus Root

1,200

メインビジュアル

自家製の海老ワンタン パプリカのソース 

Homemade Shrimp Wonton

800 (1/2 Portion)

メインビジュアル

長野産ヤマドリ茸のリゾット

Penny Bun Mushroom Risotto

1,600

メインビジュアル

豚ホルモンと芽キャベツの白ワイン煮込みの自家製リガトーニ

Homemade Rigatoni with White Wine Stewed Pork Offal and Brussels Sprout

1,800

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

熊本産赤牛イチボのタアリアータ

Kumamoto Akaushi Beef Top Round Tagliata

3,000

メインビジュアル

熊本産赤牛イチボのタアリアータ

Kumamoto Akaushi Beef Top Round Tagliata

3,000

メインビジュアル

長崎産の天然真鯛と野菜のブイヤベース

Bouillabaisse with Sea Bream and Vegetable

1,600 (1/2 portion)

メインビジュアル

クヨールの定番 - モツ煮込み (シェフ特製のデミグラス・ソース)

CUJORL Standard - Stewed Offal (Chef’s Demi-Glace Sauce)

1,800

メインビジュアル

洋梨のパフェ

European Pear Parfait

700

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

私鉄のターミナル駅の周辺、デパートの近くに良いレストランは無いということは周知の事実。特に私鉄・JR・東京メトロで多くの人が往来し、若者が集まる渋谷の駅周辺にある商業施設で落ち着いて食事ができる場所は極めて少ない。

 

その一方で、渋谷の駅から少し足をのばせば、桜丘町・鶯谷町・鉢山町と言ったアドレスが隣接する「山の向こう側」とも呼ばれる一帯に点在するいくつかの小さいながらも個性豊かなレストランで落ち着いて食事を楽しめる。

 

特に、渋谷らしからぬ桜丘町にある、クヨールという辞書にも載っていない聞き慣れない単語を店名にしたレストランは、ゆったりとリラックスして仲間と一緒に美味しい料理とワインにありつける店として憶えておくべきレストラン。

 

とても居心地の良い空間

 

この店が2009年1月にオープンしてからマネージャーとして働いている大石寿也はクヨールを謙虚に「食事処」と説明するが、この店のショップ・カードにあるWine Food and Moreという英単語が意味するのは、料理やワインを楽しんでもらうだけでなく、リラックスして心地良い時間を過ごして欲しいという事。

 

オープン後すぐに英語媒体に取り上げられた事もあり、今でも外国人に人気があり、さらに最近は近隣に住む人たちがリピーターとして立ち寄っていくクヨールは、まだ20代後半の若者にとっては少し背伸びをして行く場所で、大人にとってはワインを飲みながらリラックスして食事ができるレストラン。

 

料理・ワイン・仲間との会話

 

カウンターも入れると座席数は25を超え、適度の音量でジャズやソウルが流れる空間では、いつもより少しスローなテンポで会話を楽しみながら料理とワインの両方をゆったり味わうのが流儀。なのでクヨールは、料理の写真をカシャカシャとせわしなく撮ったりするような人の為のレストランではない。

 

このクヨールという不思議な店名の食事処のメニューには手打ちのパスタやタリアータといった料理があったり、オープン当初はハイブリッド・トラットリア(これまた聞いたことがないスタイルのトラットリア)と名乗っていたりしたので今でもイタリアンのDNAが多少残っているのかもしれないが、大石は「オーセンティックなイタリア料理を期待されると困るんですよ…」と説明する。

 

オープンした時から大石と一緒に働いているシェフの萩原邦広はイタリアンだけでなく、フレンチや南米の料理に携わっていた事もあり高いスキルをもつのだが、クヨールでこだわるのは「定番的な料理を旬な食材を使って美味しく…」という基本的な事。因みに、萩原シェフがつくる料理は多国籍であっても、決して無国籍、ましてや創作料理と呼ばれるようなものではなく、しっかりと地に足のついた料理。

 

洗練された空間で、国籍などにとらわれずに旬な食材を使った美味しい料理を楽しめるといった意味ではクヨールはコンテンポラリーなレストランといえるかもしれない。

 

そしてクヨールでは仲間との会話を楽しむだけでなく、スタッフとの会話も楽しむのが良し。

 

ワインを飲みながら何か食べたくなれば、それがメニューになくてもシェフが特別につくってくれたり、ソムリエでもある大石がリストにのっていないワインを紹介してくれたり、その場で開けてグラスで飲ませてくれたりする事もあり。

 

まさしくクヨールは料理とワイン、そして楽しい会話から成るケミストリーを心地良く楽しめる渋谷のクレージーな喧騒からの大人の逃避先として憶えておきたい。

 

 

Foodies in Tokyo know how hard it is to find a good restaurant around a private railway station, and especially near department stores. It’s almost impossible to find a place to relax and enjoy a meal, especially near Shibuya station, a place often crowded by commuters brought in by the JR, subway, and Tokyu lines.

 

But if you walk to the nearby areas of Sakuragaokacho, Uguisudanicho and Hachiyamacho – a short walk from Shibuya station – you’ll find a collection of quality restaurants.

 

It’s here you’ll find CUJORL. Though you won’t find the restaurant’s name in the dictionary, at the restaurant itself you’ll find a great place to enjoy quality food and wine in a relaxed environment.

 

 

According to Toshiya Oishi, manager since January 2009, CUJORL is just another canteen. However, CUJORL’s shop card reads “Wine Food and More”. Make no mistake; this is a place to enjoy quality dining. 

 

CUJORL has long been popular with expats since its review by The Japan Times in TOKYO FOOD FILE. It’s also a go-to spot for locals, who come to relax with food, wine and more.

 

 

With the seating capacity of 26, CUJORL is relatively large compared to other restaurants in the area. The jazz and soul music soundtrack will help make for comfortable conversation with friends over food and wine. 

 

In the menu of this very uniquely named restaurant, you’ll find a collection of homemade pasta and other Italian dishes. Initially, the restaurant was called CUJORL Hybrid Trattoria, which people simply assumed made it a new kind of Italian restaurant. However, Oishi says you won’t find typical Italian fare at CUJORL.

 

Chef Kunihiro Hagiwara, who also worked at CUJORL since it opened, has experience cooking French and South American foods, in addition to Italian. He is a skilled chef, but at CUJORL, he sticks to the basics. “I enjoy cooking dishes everybody knows and loves with the freshest and most seasonal ingredients,” he says. His dishes are a clear step up from the fusion cuisine often called “mukokuseki ryori” in Japanese.

 

Truth be told, CUJORL is more of a contemporary restaurant than an Italian restaurant, due to dishes that transcend nationalities and a very international wine list. 

 

Oishi and his staff are approachable and love to talk, and Chef Hagiwara will sometimes cook up requests if they’re not on the menu. Let the sommelier know what kind of wine you like, and he’ll find something to suit; he might even open it and serve it by the glass for you.

Think of CUJORL as a restaurant to escape from madness around Shibuya station. A place where you can enjoy the chemistry created by good food, wine, and conversation.

TOP

MENUS

このレストランに行ったら必ず一皿はオーダーしたいのがメニューのCUJORL’S STANDARDというコーナーにある料理。「自家製おつまみチャーシュー」やシェフ特製のデミグラスソースの「モツの煮込み」などは全て1,000円前後から2,000円未満。

 

We recommend ordering a dish or two listed under the menu section “CUJORL’S Standard”. This includes dishes like homemade char siu pork and stewed offal with chef’s demi-glace sauce, which are priced from around 1,000 to less than 2,000 yen. 

 

前菜やサラダなど、そして定番5種類のパスタも全て2,000円以下。因みに、パスタ5種類はオーセンティックなもので、東京イタリアンと呼ばれるようなものではない。

 

Appetizers and salads, along with five pasta dishes on the regular menu are all priced under 2,000 yen. The standard pasta dishes are all authentic pasta dishes.

 

5種類の定番メイン・ディッシュは2,400円から3,000円だが、全てハーフ・ポーション(1,600円から1,900円)でオーダーする事も可能なので2人で違うものを1皿づつオーダーするのも良し。

 

The five main dishes on the menu are priced from 2,400 to 3,000 yen. Please note that all are available in half portions priced from 1,600 to 1,900 yen. It’s a great idea for friends that want to share two different main dishes.

 

 

さらに定番のアイテムだけでなく、頻繁に更新される黒板のメニューには「お薦め」が何種類も網羅されているので要チェック。

 

Be sure to check the black board menu too; it’s constantly updated, and features recommendations in addition to the dishes on the regular menu. 

 

基本的にクヨールでのディナーはアラカルトになるが、好みの料理や予算を伝えればコースを組み立ててくれ、その中の料理に合わせてワインのペアリングを楽しめたりする。

 

While most diners at CUJORL enjoy dishes a la carte, the chef and sommelier are more than happy to come up with a tasting menu based on preference and budget. They're also happy to recommend wines to go with any dish in the menu.

TOP

DRINKS

何種類のワインがあるのか?という質問にマネージャーでソムリエでもある大石は「コンピューターの中には数え切れないほどのワインが記録されているが、常に在庫があるのは1,000種類程度…」と答える。

How many wines does CUJORL stock? “Countless wines are recorded in my computer managing the inventory, but we have at least 1,000 of them” says Oishi, who acts as both manager and sommelier. 

一応ワイン・リストはあるのだが、クヨールでは大石と話しながらワインを決める、決めてもらうのがスマートなやり方。因みに、大石にとって良いワインとは「お客さんが美味しいと思ってくれるワイン」という顧客目線で思いやりのあるもの。

CUJORL, of course, has a wine list, though not so many diners use it. Instead, most talk with Oishi, who helps to decide on the best drinks. He humbly admits that the wines he thinks are good are also the ones his customers like. 

ワインは基本的にフランスとイタリア、さらにドイツやオーストリアなどヨーロッパのものが中心になるが、ニューワールド(アメリカ、オーストラリア、南アフリカなど)のものもある。

CUJORL stocks wines from traditional European wine making countries like France, Italy, Germany and Austria. You will also find wines from the new world including USA, Australia and South Africa.

ボトルでは4,500円から取り揃えがあるが、最も需要があるのは6,000円前後のもの。

The wines are all priced from around 5,000 yen, with the most popular selections around 6,000 yen.

グラスでは白・赤・スパークリング合わせて常時15種類の選択肢があり、白・赤は700円から、シャンパンは1,100円から。

It is great to know CUJORL also offers fifteen daily wines; red, white and sparkling, available by the glass. Red and white by the glass wines are priced from 700 yen while Champagne starts at 1,100 yen.

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区桜丘町22-8
22-8 Sakuragaoka-cho, Shibuya
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 渋谷駅
Shibuya (JR & Tokyo Metro)
Tel
03-5784-5818
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,600 yen
DINNER: 7,500 yen
営業時間 Business Hours
Tuesday through Saturday

Lunch: 11:30 -14:00 (L.O.)
Dinner: 18:00 - 23:00 (L.O.)

Sunday

14:00 - 21:00 (L.O.)

Closed on Mondays and the last Sunday of the month
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA