リストランテ ジャニコロ ジョウキ
麻布十番 / イタリアン

Ristorante Gianicolo giochi
AzabuJuban / Italian

03-6721-1788
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

ジャニコロ風マルゲリータの包み揚げピッツァ 

Gianicolo Style Fried Margherita Pizza

メインビジュアル

ジャニコロ風マルゲリータの包み揚げピッツァ 

Gianicolo Style Fried Margherita Pizza

メインビジュアル

上州牛の炭火焼とビーツのヴァリエーション

Charcoal Grilled Joshu Beef with Garden Beet Variations

メインビジュアル

パイナップルのカルパッチョ 生姜とレモンのシャーベット

Pineapple Carpaccio with Ginger and Lemon Sorbe

メインビジュアル
メインビジュアル

氷室豚の炭火焼

Charcoal Grilled Himuro Pork

メインビジュアル

巨峰とゴルゴンゾーラ・チーズ

Kyoho Grape and Gorgonzola Cheese

メインビジュアル
メインビジュアル

キャラメル・ナッツを纏ったティラミス

Tiramisu Coated with Caramelized Nut Crumbles

メインビジュアル
メインビジュアル

鴨モモ肉のオレンジ煮込み

Orange Stewed Duck Thighs

メインビジュアル

温かいフィナンシェ、空豆のクリーム、スモモ

Warm Financier, Fava Bean Cream and Sumomo Plum

メインビジュアル

スズキのカルパッチョと白桃のサラダ

Seabass Carpaccio with Peach Salad

メインビジュアル

南瓜のニョッキとムール貝

Pumpkin Gnocchi with Mussels

メインビジュアル

パンチェッタとトマト、ペコリーノ・チーズのスパゲティ

Spaghetti with Pancetta Bacon, Tomato and Pecorino Cheese

メインビジュアル

茸とクレソンのタリオリーニ

Tagliolini with Mushroom and Watercress

メインビジュアル

茸とクレソンのタリオリーニ

Tagliolini with Mushroom and Watercress

メインビジュアル

秋刀魚のカルパッチョ、梨とマッシュルームのサラダ

Carpaccio of Pacific Saury with Pear and Mushroom Salad

メインビジュアル

甲殻類の蓮根饅頭

Lotus Root Manju Stuffed with Crustaceans

メインビジュアル

甲殻類の蓮根饅頭

Lotus Root Manju Stuffed with Crustaceans

メインビジュアル

スモークしたプロシュートと甘麹のエスプーマ 

Smoked Prosciutto and Sweet Koji Espuma  

メインビジュアル

フォアグラと焼きトウモロコシのミルフィーユ カンパリ蜂蜜

Foie Gras and Mille-feuille with Campari Honey Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

東京メトロ南北線の麻布十番の駅から六本木に向かって石畳の十番通りを歩いていると異国情緒や古き良き東京の趣を感じたりするはず。そんな街にあるビルの最上階にリストランテ・ジャニコロ・ジョウキがある。

 

そこは南欧にあるブティック・ホテルのような暖かみある軽やかさと、小洒落たペント・ハウスのような都会的な非日常感が醸し出され、大きな窓からは幾つもの高層ビルを望める空間。そこにはリストランテならではの上質な空気が流れている。

 

しかしながら決してここは夜空に映える高層ビル群を眺める為だけの場所ではない。ジャニコロ・ジョウキは36歳にしてこのリストランテを託されたシェフ内野拓がつくる他では味わえないイタリア料理をワインと一緒に味わえる空間である。

 

店名のジャニコロというのは、この店のオーナーで老舗リストランテのサバティーニでソムリエや総支配人として20余年働いた経験をもつ渡邉浩がローマでの修行時代によく訪れた丘の名前。思い入れがあるのか、渡邉は2011年に麻布十番で東京では珍しいローマ風のピッツァを楽しめる店を開きピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロと名付けた。

 

その5年後にオープンした、このリストランテ・ジャニコロ・ジョウキでシェフを務める内野は「カッコ良く美味しいパスタをつくりたい」という少し軽薄で、ありがちな理由からローマに本店をもつサバティーニに就職するが、凝り性なのかローマの味わいを完璧に再現するという使命に没頭し充実し過ぎるような6年を過ごす。その一方で「少し伝統に縛られていた…」と同時を振り返ったりもする。

 

サバティーニを卒業した後は、アメリカ西海岸をテーマにした料理に携わる事で、自由な発想を料理に反映させる事の楽しみに目覚める。

 

そんな時に渡邉がサバティーニを離れオーナーとしてレストランを開くに際し、伝統的なローマの料理を東京で再現できるサバティーニの流れを汲む料理人として内野を招聘する。

 

すぐにピッツェリア・ロマーナ・ジャニコロは薄く伸ばした生地のローマ風ピッツァが美味しく、オーセンティックな味わいのスパゲッティ・カルボナーラなども味わえるという事で人気を博すようになる。

 

その一方で、シェフの内野はサバティーニを離れる事で育んだ自由な発想で自ら考案した料理を幾つかメニューに載せたところ、それらを食べにピッツェリアに来る人が多々現れる。

 

その結果、同じ屋根の下にローマの郷土料理を食べる人と、内野シェフの自由な感性が表現された料理を楽しむ人が共存するというユニークな現象が発生。これは当初オーセンティックなローマのピッツェリアを再現する事にこだわっていたオーナーの渡邉にとっては予想外の展開。(もちろん食べる側からすれば、何を食べても美味しいので喜ばしい事なのだが…)

 

そんな折に内野は2014年の在日イタリア商工会議所が主催したイタリア料理コンクールで優勝を果たした。

 

これを機に「内野が自分の思う料理を存分に表現できる場所を…」と考え始めていた渡邉がタイミング良く出会ったのがピッツェリアから歩いて数分の場所にあるビルの最上階という願ってもない物件。その場所で「あとは全て内野に任せてあると…」と語る渡邉が唯一こだわったのは椅子やテーブルの上に置かれたナプキンの上品な山吹色だけだった。

 

このリストランテの店名にあるジョウキ(giochi)というのは「遊び心」といった意味あいのイタリア語。まさしくリストランテ・ジャニコロ・ジョウキは伝統的なイタリア料理をシェフ内野ならではの「甘酸辛苦渋」をベースに遊び心を通して表現した「美味しいから楽しい」を味わえる心地よい空間である。

 

 

There’s an air of nostalgic old Tokyo when you walk the brick paved street of Juban Dori toward Roppongi from AzabuJuban station. It’s here that you’ll find Ristorante Gianicolo giochi, on the top floor of a building along the street.

 

Ristorante Gianicolo giochi has the atmosphere of a boutique hotel in southern Europe, or an urban penthouse. It’s an environment that offers an escape from Tokyo’s busy routine, and the chance to enjoy a quality ristorante experience while looking out at high-rise buildings through the window. 

 

But the city lights aren’t the real highlight at Ristorante Gianicolo giochi; that honor goes to Chef Taku Uchino’s unique take on Italian cuisine, and the collection of select wines.

 

 

Gianicolo, if you’re wondering, is a hill in western Rome where owner Hiroshi Watanabe used to go on holidays while working for the highly acclaimed Sabatini. Watanabe also worked as sommelier and general manager at Sabatini’s Tokyo branch for more than twenty years, and so when he opened his pizzeria in AzabuJuban in 2011, he named it after that hill in Rome, Pizzeria Romana Gianicolo.

 

Ristorante Gianicolo giochi’s chef, Taku Uchino, also worked at Sabatini. Initially he aspired to his profession because he thought he would look good if he could cook tasty pasta dishes. But this casual start later resulted in six intense years learning to recreate the authentic taste of traditional Roman cuisine, as cooked at its original restaurants. Uchino now reflects upon those years and says, “I might have been too hung up on tradition.”

 

After Sabatini, Uchino went on to cook at an American west-coast themed restaurant. There he learned flexibility and playfulness, and applied these when creating new dishes.

 

Watanabe and Uchino crossed paths again when Watanabe opened his pizzeria. As the owner of a Roman themed pizzeria, he needed someone experienced and knowledgeable of traditional Roman fare, and Uchino was his man.

 

It wasn’t long before Pizzeria Romana Gianicolo made a name for itself serving crispy, thin pizzas and authentic spaghetti alla carbonara. In addition to the traditional dishes, Chef Uchino’s own original dishes also became very popular.

 

This created a unique situation Watanabe had not anticipated – he now had two types of customer; one who enjoyed traditional Italian food, and one who enjoyed the playfulness of Chef Uchino’s dishes.

 

After Uchino won the Gran Concorso di Cucina (Great Culinary Competition) by the Italian Chamber of Commerce in Japan in 2014, Watanabe started thinking about giving Chef Uchino another restaurant at which he could fully utilize his culinary talents. That restaurant is located only a few minutes from the pizzeria, and is owned by Watanabe and operated by Chef Uchino. The orange yellow coloring of the chairs and table napkins, though? Watanabe says they were his idea!

 

To express the heart of the new restaurant, it was named Ristorante Gianicolo giochi – giochi meaning playfulness in Italian. It’s a place where Roman cuisine meets playfulness, and it’s a very comfortable place in which to enjoy it.

TOP

MENUS

リストランテ・ジャニコロ・ジョウキでは昼も夜も「コース全体を通して店のカラーを積極的に伝えていきたい」と語る内野シェフが新鮮な食材を使ってつくる遊び心溢れる料理の数々を味わえる。

 

We recommend tasting Chef Uchino’s dishes through his multi-course set menus, featuring dishes made with fresh seasonal ingredients. 

 

LUNCH

 

Pasta Lunch 

1,800 yen

本日の前菜 + 本日のスパゲッティ + デザート + コーヒー

Today’s Appetizer + Today’s Spaghetti + Dessert + Coffee

 

Giochi Lunch

3,000 yen

本日の前菜 + 小さな包み揚げピッツァ + 本日のパスタ + メイン + デザート + コーヒー

Today’s Appetizer + Gianicolo Style Fried Margherita Pizza + Today’s Spaghetti + Dessert + Coffee

 

Platinum Giochi Lunch Menu

5,000 yen 

内野シェフのスペシャリテ「赤海老の蓮根饅頭」を入れた6品のコース。

本日の前菜 + 小さな包み揚げピッツァ + 本日のパスタ + 赤海老の蓮根饅頭 + メイン + デザート + コーヒー

Six course menu including Chef Uchino’s speciality of Lotus Root Manju.

Today’s Appetizer + Gianicolo Style Fried Margherita Pizza + Today’s Spaghetti + Lotus Root Manju + Main + Dessert + Coffee

 

DINNER

 

Six Course Giochi Menu

5,000 yen 

内野シェフのスペシャリテ「赤海老の蓮根饅頭」を入れた6品のコース。

本日の前菜 + 小さな包み揚げピッツァ + 本日のパスタ + 赤海老の蓮根饅頭 + メイン + デザート + コーヒー

Six course menu including Chef Uchino’s speciality of Lotus Root Manju.

Today’s Appetizer + Gianicolo Style Fried Margherita Pizza + Today’s Spaghetti + Lotus Root Manju + Main + Dessert + Coffee

 

Eight Course Giochi Menu

内野シェフのスペシャリテ「赤海老の蓮根饅頭」を入れた8品のコース。

前菜1 + 前菜2 + 前菜3 + 赤海老の蓮根饅頭 + メイン + 本日のパスタ + デザート1 + デザート2 + コーヒー

Eight course menu including Chef Uchino’s speciality of Lotus Root Manju.

Appetizer 1 + Appetizer 2 + Appetizer 3 + Lotus Root Manju + Main + Today’s Pasta + Dessert 1 + Dessert 2 + Coffee

 

コースに含まれている料理をアラカルトで味わっていただく事もできます。

 

All dishes featured in the above tasting menu can also be ordered a la carte. 

 

 

在日イタリア商工会議所が主催したイタリア料理コンクールで優勝した経験もある内野シェフの料理はコースが続くにつれて遊び心だけでなく、「美味しいから楽しい」と思えるようになるはず。それこそがリストランテ・ジャニコロ・ジョウキの本当の魅力である。

 

This tasting menu is a good chance to discover that Chef Uchino’s dishes are not just playful; they’ll also show why he won the Gran Concorso di Cucina in 2014. 

TOP

DRINKS

リストランテ・ジャニコロ・ジョウキにある約100種類のスパークリングと白赤のワインはソムリエがイタリア全土から選んだもの。4,000円台からあるのだが、最も人気があるのは6,000円から,8000円という価格のワイン。

All wines stocked at Ristorante Gianicolo giochi are from Italy. The selection leans more toward selections from the north than the south. These wines are priced from less than 5,000 yen, with the most popular choices within the 6,000 to 8,000 yen price range.

グラスで味わっていただけるワインは赤と白が常時少なくとも5種類づつあり800円から。スパークリングのフランチャコルタは1,000円より。

The ristorante offers at least five red and five white wines daily, available by the glass, priced from 800 yen. Franciacorta, Italian premium sparkling wine, starts at 1,000 yen by the glass. 

気になるワインがリストにあれば、それを味わいながらシェフ内野のコースを楽しむのも良いのだが、ソムリエの木津正治に当日のメニューに関して質問したり、好みのワインや、飲みたい量を伝えてみるのも良し。本人曰く「ワインのコンシェルジェ」として木津をつかって、「ゆるいペアリング」で何種類ものワインを予算内で楽しむのもリストランテ・ジャニコロ・ジョウキの楽しみ方の一つ。

If you find an intriguing wine on the menu, we recommend you go with it. Better yet, a chat with sommelier Masaharu Kizu will result in a selection that matches your dishes, budget, and appetite for wine!

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区麻布十番2-5-1 マニヴィア麻布十番 9F
9F 2-5-1 AzabuJuban, Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番 
Azabu Juban (Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-6721-1788
平均予算 Average Cost
LUNCH: 4,000 yen
DINNER: 10,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 15:00 (L.O. 14:00)
DINNER: 18:00 - 23:30 (L.O. 22:30)

Closed on Sundays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA