ラ ルレヴ
恵比寿・広尾 / フレンチ

La Releve
Ebisu-Hiroo / French

03-6432-5738
photo credit : Yasufumi Suzuki
メインビジュアル
メインビジュアル

新鮮な季節の野菜をつかったサラダ

Salad with Fresh Seasonal Vegetables

メインビジュアル

新鮮な季節の野菜をつかったサラダ

Salad with Fresh Seasonal Vegetables

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

生ウニ、マスカルポーネ風味のウッフブルイユ、生ハム・メロン、ノルウェー・サーモンのコンフィとジロール茸のピクルス

Sea Urchin, Mascarpone Flavored Ecrambled Eggs (Œufs brouillés), Prosciutto & Melon, Norwegian Salmon Confit, and Pickled Girolle Mushroom 


メインビジュアル

ズワイ蟹と甘海老のカクテル、そのコンソメ・ジュレ

Snow Crab and Sweet Shrimp Cocktail and Consommé Jelly

メインビジュアル

ズワイ蟹と甘海老のカクテル、そのコンソメ・ジュレ

Snow Crab and Sweet Shrimp Cocktail and Consommé Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル

タスマニア産サーモンのショーフロア、根セロリのクロッカン

Tasmanian Salmon Chaud Froid with Celeriac Croquant

メインビジュアル

青森県産のヒラメのポワレ、サフランとパスティス風味のソース

Pan Fried Aomori Flounder with Saffron and Pastis Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

軽く燻製にしたカナダ産の鴨、フォアグラとトリュフ、セップ茸とマデラ風味のリゾット

Madeira Flavored Risotto Topped with Lightly Smoked Canadina Duck, Foie Gras, Truffle and Cèpe Mushroom

メインビジュアル

軽く燻製にしたカナダ産の鴨、フォアグラとトリュフ、セップ茸とマデラ風味のリゾット

Madeira Flavored Risotto Topped with Lightly Smoked Canadina Duck, Foie Gras, Truffle and Cèpe Mushroom

メインビジュアル

季節の果物とハイビスカスのジュレ、フロマージュブランのグラス

Seasonal Fruits, Hibiscus Jelly and Fromage Blanc Ice Cream

メインビジュアル

季節の果物とハイビスカスのジュレ、フロマージュブランのグラス

Seasonal Fruits, Hibiscus Jelly and Fromage Blanc Ice Cream

メインビジュアル

モアル・オー・ショコラ、コニャックのグラスを添えて

Moelleux au chocolat with Cognac Flavored Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-11-07

 

 

このレストランで味わっていただけるのは、ベルギーのフランダース地方にあるミシュラン3つ星のドゥ・カルメリートでフランス料理を体得した長良一シェフが季節感溢れる新鮮な食材をつかって用意する7皿から成る月替わりのコース。

 

This restaurant is home to a seven course tasting menu that changes each month, and is made with the freshest seasonal ingredients by Chef Ryoichi Cho. Chef Cho acquired the fundamentals of French cuisine at Michelin triple starred De Karmeliet in Belgium, and now puts those skills to use at La Releve!

 

 

以下の11月のコースでは青森県産の真鱈をアイオリ・ソースで和えた野菜に合わせた一皿と、ポワブラード・ソースの蝦夷鹿のローストの両方を味わっていただけます。

 

The November tasting menu features pacific cod and seasonal vegetables dressed with aioli sauce, and roast Ezo venison with poivrade sauce.

 

 

温製アミューズ

Amuse Bouche

(warm)

 

冷製アミューズ

Amuse Bouche

(chilled)

 

Chilled

Appetizer

 

カリフラワーと

秋刀魚の燻製

サラダ仕立て

Cauliflower 

and Smoked Pacific Saury

Salad Style 

 

Warm

Appetizer

 

魚介の裏ごしスープの

グラチネ

Strained Seafood Soup 

Gratiner

 

Fish 

 

青森県産の真鱈

とジャガイモ 

季節野菜のアイオリ・ソース

シソ科のハーブを添えて

Pacific Cod from Aomori

Potato

Seasonal Vegetables

Aïoli Sauce

with Shiso Herb

 

ヴァンショーのグラニテ

Vin Chaud Granite

 

Meat

 

蝦夷鹿のロースト 

ポワブラード・ソース

百合根と玉葱を添えて。
Roast Ezo Venison
With Yurine Lily Bulb 

and Onion

Sauce poivrade.

 

Salad

 

11月の畑の野菜

November Vegetables

 

Avant

Dessert

 

グレープフルーツのプリン

ベルガモット・アールグレイのジュレ

Grapefruit Pudding

Bergamot Earl Grey 

Jelly

 

Grand

Dessert 

(一つお選びいただきます)

(Please select one)

 

ムッシュ・マルコンの

栗のタルト

洋梨の赤ワイン煮込と

ダークラムのグラス添え

Chestnut Tart

with Red Wine Braised 

European Pear

Dark Rum Flavored 

Ice Cream

 

●○●

 

モアル・オー・ショコラ

コニャックのグラスを添えて

Moelleux au chocolat 

with Cognac Flavored Ice Cream

 

●○●

 

コーヒーとカルダモン風味の

イルフロッタント

Coffee and Cardamon

Flavored 

Floating Island

 

コーヒーと小菓子

Coffee & Petit Four

 

 

寡黙な長シェフの繊細ながらも存在感ある料理は、ソムリエの林洋介が選ぶワインに合わせて味わっていただけます。


Though wines are of course available straight from the wine list and by the glass, a fantastic option for wine lovers is La Releve’s wine pairing options: Terroir and Harmony. These are a great way to fully enjoy Chef Cho’s tasting menu! 

 

 

ご予約・お問い合わせ

『ラ・レルヴ』03-6432-5738

 

For reservations and inquiries,

please call La Releve at 

03-6432-5738



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

都心の駅、特に山の手線の駅の周辺には沢山の飲食店が集まっていながらも、行きたいと思うようなレストランは無かったりする。特に駅の近くに建つビルの中には、期待感を高めて行くようなレストランは皆無と言っても過言ではない。

 

恵比寿でも駅から5分少々歩けば小さいながらも魅力的な個性をもったレストランを幾つか見つけられるが、駅の近くにあるのは何処にでもありそうな店ばかり。

 

そんな中、例外的な存在なのが恵比寿駅の東口から歩いて直ぐの距離にあるラ・ルレヴ。洒落た飲食店を集めたビルの7階というロケーションは「良いレストランは探し歩いて見つけるもの」といった強い信念をもつ食べ歩き好きにとっては想定外で、本能的に無視してしまうような場所でもある。

 

ワインと料理が織り成すケミストリー

 

ラ・ルレヴは寡黙なシェフ長良一のつくるフランス料理と、ソムリエの林洋介が選ぶワインを、グラスとセラーに囲まれた少しゴージャスな空間で味わえるレストラン。そしてワインと料理を味わうだけでなく、両方が醸し出すケミストリーのような、本当の意味でのペアリングを楽しめるのがラ・ルレヴの魅力。

 

 

いつの日か、「一日一本ずつ美味しいワインを飲めるような生活をしたい」と語るシェフの長と、「長のつくる料理が好き」と語るソムリエの林の関係はラ・ルレヴが恵比寿でオープンする何年も前、古き良き花街の風情を残した向島にあった葡萄亭で働いていた時にまで遡る。

 

まだ日本ではワイン・ペアリングという言葉が使われていなかった頃、葡萄亭はワインと本格的なフランス料理のペアリングを楽しめる貴重なレストランとして知られた存在。しかしながら如何せん浅草から隅田川を渡った墨田区、しかも最寄りの駅から10分以上歩くというロケーションで悪戦苦闘を強いられる。

 

この葡萄亭という一つのチャプターを終えた時点での気持ちを、ソムリエの林は不完全燃焼という言葉で表現する。

 

ミシュラン3星のドゥ・カルメリート

 

その一方でシェフの長は「燃え尽きて何も残っていなった」と振り返る。そうなると現実から逃避したくなったりするのが普通だが、長が向かったのはベルギーのフランダース地方、ブルージュにあるミシュラン3星のドゥ・カルメリート。このアラン・シャペル直系の愛弟子として知られるヴァン・ヘックのレストランは、長が若かりし頃に働きフランス料理の根幹を体得した場所。

 

原点に戻り、当時の自分を思わせるような若い料理人と一緒に働き、伝説的なシェフにメイン・ディッシュを任され、目の前で肉を切り分ける際には昔と同じように手が震えたりしながら料理人としての自分を取り戻す。

 

そして今、ラ・ルレヴのセミ・オープンな厨房の中で長は静かに細部にまで集中しながら仕事をする。時に繊細という単語で形容されるような料理は繊細な美しさをもちながらも、味わいは繊細というよりインパクトが欠如しているだけといった事があるが、繊細な仕事をするからこそ長の料理には存在感がある。

 

シェフ自らは「現代的なフランス料理を追っかけてるわけではない」、そして「今まで通り自分で美味しいと思う料理をつくっていきたい」と語る。

 

それは具体的にどんな料理なのか?という意地悪な質問に「角がなく、丸い料理…」と少し抽象的に答えるが、長の料理を知り尽くしたソムリエの林に言わせると「決して円やかなだけではない」と意見には少しギャップが…しかしながら実際に長の料理を味わってみれば、何故ソムリエの林が長と一緒に働きたいと思うのか解るはず。

 

今はアカデミー・デュ・ヴァンで講師を務めるソムリエの林は「ワインが好きでも、ワインにしか興味がない人がいたりするけど、ここではワインと一緒に長の料理を味わってほしい」と話す。

 

正にワインがあってのフランス料理。ラ・ルレヴの少しゴージャスな空間で料理とワインを一緒に楽しめば、フランス料理の本当の素晴らしさを実感できるはず。

 

Restaurants are a dime a dozen near train stations on the Yamanote train line, and yet, it’s still difficult to find a quality restaurant near a station. Ebisu is no exception; though there are quality places a short walk from the station, good restaurants near the station proper are something of a rarity.

 

 

However, La Releve is an exception. Tucked away on the seventh floor of a building that hosts a number of different restaurants and bars, it’s no more than a couple of minutes by foot from the Ebisu station east exit. The surprise is, it’s hidden where you wouldn’t expect; it’s the kind of place Tokyo’s hardcore foodies would usually avoid going to when on the hunt for restaurants. 

 

A Chemistry of Wine and Food

 

La Releve’s dining space is surrounded by wine bottles and glasses, housed in wine cellars and on shelves protected by glass walls. Inside, diners enjoy a synergy of wine and food, as prepared by Chef Ryoichi Cho and sommelier Yosuke Hayashi.

 

The two share a mutual love of each other’s work; while Chef Cho humbly dreams of someday enjoying a different wine everyday, Hayashi admits to being the biggest fan of Chef Cho’s dishes. This mutual respect started when the two worked together at Budotei, situated in the very heart of Mukojima, an area known as Hanamachi, a district of traditional Japanese courtesans and geishas.

 

Budotei was treasured by many as the go-to place for pairings of quality wine with dishes prepared by chefs trained at Michelin starred restaurants. Unfortunately however, due to its location across the Sumida River, Budotei had difficulty attracting people from the center of Tokyo. 

 

Michelin 3 starred De Karmeliet

 

When Budotei closed, Chef Cho felt burned out completely. However, instead of running to something simple and easy, Cho flew to Brugge in Belgium, to work once again inside the kitchen of Michelin triple starred De Karmeliet. It was Cho's second stint at the restaurant, owned by chef Geert Van Hecke, a disciple of legendary chef Alain Chapel. 

 

On his first trip, Cho learned the fundamentals of French cuisine. But on his second trip, it was by working together with fellow cuisiniers that Cho regained his confidence, and was even told to prepare main dishes by Chef Van Hecke himself! Cho remembers the way his hands shook under the gaze of the great chef.

 

This experience means that at La Releve, Chef Cho works quietly and with a careful consideration for the details. This results in dishes that while sometimes delicate, are prepared with a care that truly enhances the tastes and flavors of the dish.

 

“I have no intention of pursuing modern French cuisine,” says Chef Cho. “I would like to simply keep cooking what I think tastes good.”

 

So what are his dishes like? Cho himself says his dishes are not cutting edge, and instead calls them, “rather mellow.”  His partner Hayashi, however, disagrees. And it’s after you’ve tasted Cho’s dishes that you understand why Hayashi enjoys working with Chef Cho. 

 

Along with his sommelier positino, Hayashi works at Academy du Vin as a wine educator. And though he meets many wine lovers, he likes to use his position to remind people that La Releve is a place for the savoring of both food and wine, because the two deserve each other.

 

The true French culinary experience is not complete without wine, and that’s why La Releve shines; it is the definition of a true culinary experience. 

 

TOP

MENUS

10,000 yen

 

長シェフの月替わり「おまかせ」コース

アミューズ + 冷前菜 + 温前菜 + 魚 + 肉 + サラダ + アヴァン・デゼール + グラン・デゼール + コーヒー or 紅茶 + ミャニャルディーズ

 

Chef Cho’s Monthly Tasting Menu

Amuse Bouche + Cold Appetizer + Warm Appetizer + Fish + Meat + Salad + Avant Dessert + Grand Dessert + Coffee or Tea + Mignardises

TOP

DRINKS

ラ・ルレヴのゴージャスな雰囲気を醸し出すセラーに入っているのは400種類を超えるワインの数々。

8,000円前後からのワインはフランスだけでなくスペインやオーストリア、さらにニューワールドのワインも含まれるが、最も充実しているのは長シェフが働いた事のあるローヌのワイン。

ソムリエの林が大切にするのは「料理のためのワイン」を選ぶという事。ヨーロッパのワインであれば繊細過ぎず、ニューワールドのワインには主張の強さよりも料理の味わいとバランスのとれるものを選ぶように林は心がける。

La Releve’s glass walled wine cellars hold more than 400 wines, which are priced from 8,000 yen and include, along with French wines, a selection of European wines from places like Spain and Austria. However, the greater part of the wine selection hails from Rhone, where Chef Cho once worked. 

Sommelier Yosuke Hayashi selects wines for each food. He tends towards European wines not too delicate or sensitive, and aims to make sure the wine doesn’t overpower the flavors of the dishes they go with. 

シャンパーニュは10,000円前後のものから25種類もの取り揃えがある。

The wine cellars also hold 25 different Champagnes priced from around 10,000 yen. 

グラスでは1,200円から3,000円程度の価格帯で赤と白が4種類づつとロゼが2種類。シャンパーニュは少し多めに120cc注がれたグラスが1,500円。

By the glass, La Releve offers 4 reds and 4 whites, in addition to 2 roses. These are priced within the range of 1,200 to 3,000 yen. A glass of Champagne (120 cc) is 1,500 yen.

さらに20年熟成以上のコンディション良好なバック・ヴィンテージなども豊富に取り揃えられている事がラ・ルレヴのワインへの思いを象徴している。

La Releve also stocks back vintages more than 20 years old, which are kept in excellent condition.

ソムリエとの会話を楽しみながら厚みのあるワイン・リストに目を通し気になる一本を選ぶのも、グラスでワインを楽しむのも良し。

しかしながらラ・ルレヴで最も充実した時間を過ごすには、以下の「テロワール」と「ハーモニー」と名付けられた2つのオプションで長シェフの料理とワインのペアリングを楽しむのがお薦め。

Diners may select and taste wines from the wine list, or enjoy wines by the glass.

That said, the best way to enjoy your dinner at La Releve is to go with the following wine pairing options: Terroir and Harmony.

「テロワール」はローヌやブルージュにあるミシュラン3星で働いた経験をもつ長シェフのつくるオーセンティックさを感じさせる料理と必然的に相性の良いフランスのワインに特化したペアリング。 

With Terroir, diners can taste five French wines together with dishes by Chef Cho, who previously worked in Rhone and a Michelin triple starred restaurant in Brugge, Belgium. 

7,500 yen

120mlのシャンパンもしくは330mlのビールの後に75mlのワイン5種類

Champagne (120ml) or Beer (330ml) + Five glasses (75 ml) of wines

10,000 yen

120mlのシャンパンもしくは330mlのビールの後に100mlのワイン5種類

Champagne (120ml) or Beer (330ml) + Five glasses (100 ml) of wines

「ハーモニー」では個々の料理の味わいを少し大胆に楽しんでもらう為の、フランスだけでなく、ニューワールドのワインなども取り入れたセレクションとなっている。

With Harmony, you will taste the dishes rather boldly with wines from new world countries.

5,000 yen

120mlのシャンパンもしくは330mlのビールの後に75mlのワイン5種類

Champagne (120ml) or Beer (330ml) + Five glasses (75 ml) of wines

7,500 yen

120mlのシャンパンもしくは330mlのビールの後に100mlのワイン5種類

Champagne (120ml) or Beer (330ml) + Five glasses (100 ml) of wines

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区恵比寿1-11-5 7F
7th Floor 1-11-5 Ebisu, Shibuya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 恵比寿
Ebisu (JR & Tokyo Metro)
Tel
03-6432-5738
平均予算 Average Cost
16,500 yen
営業時間 Business Hours
18:00 - L.O. 21:30

Closed on Wednesdays
Credit Card
Master Card / VISA / American Express / Diners

ニュースレターNews letter