マプール
東大前 / フレンチ

Ma Poule
Todaimae / French

03-3868-2518
メインビジュアル

Gelée de Homard,mousse de chou-fleur, Cabillard parfume d'Estragon

ハーブ香る真ダラ、カリフラワーのムースとオマール海老のコンソメジュレ、ガトー仕立て

Herb Flavored Pacific Cod, Cauliflower Mousse and Lobster Consommé Jelly

メインビジュアル

Fricassée d'Escargots et champignon, beurre d'escargot et polenta crémeuse

エスカルゴと茸のフリカッセ ブルゴーニュ風、クリーミーなポレンタ添え

Burgundy Style Escargots and Mushroom Fricassée with Creamy Polenta

メインビジュアル

Saint-Jacques contisée au Jésus de Morteau,Couscous et vinaigrette d'herbes

帆立貝とジュラ地方特産モルトー・ソーセージ、クスクスとハーブのヴィネグレット

Scallop and Jura’s Regional Morteau Sausage, Couscous and Herb Vinaigrette

メインビジュアル
メインビジュアル

Poulet au Morille, sauce Vin Jaune -cuisine régionale de Jura-

伊達鶏とモリーユ茸のヴァンジョーヌ・ソース 〜ジュラ地方の郷土料理〜

Chicken and Morille Mushroom, Vin Jaune Sauce (Jura’s rigional cuisine)

メインビジュアル
メインビジュアル

Filet de canard Challandais, sauce orange

シャラン鴨の炭火焼、オレンジ・ソース

Charcoal Grilled Challandais Mallard Filet, Orange Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

Parfait de fraise,mandarine et chocolat, sorbet fruits rouge-yaourt

苺とミカンとチョコレートのパフェ、赤い果実とヨーグルトのソルベ

Strawberry, Mikan Orange and Chocolate Parfait with Red Fruit Flesh and Yogurt Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル

Madeleine de "La Madeleine" de Sens en Bourgogne

ブルゴーニュのサンスにある『ラ・マドレーヌ』のマドレーヌ

Madeleine from "La Madeleine" in Sens in Burgundy

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-09-26

 

 

この東大前にあるマ・プールの市岡シェフの料理人としての根幹にあるのは、初めてフランスに渡った時に働いた、ミシュラン2つ星のジャン・ポール・ジュネでの経験です。

 

Ma Poule’s Chef, Tetsuya Ichioka, reinforced the foundations of his cooking abilities on a first French culinary tour of duty. He cut his teeth and earned his stripes at Michelin Double Starred Jean-Paul Jeunet, in Arbois, Jura.

 

このスイス国境に近いジュラにあるレストランの扉を市岡シェフが叩いのは2000年2月。当時26歳だったのですが、気さくなシェフや同僚に温かく迎えられ、料理人として、そして人間として貴重な経験を得ました。

 

Then only 26 years of age, the young Ichioka walked into the kitchen of Jean-Paul Jeunet, and was warmly welcomed by Jean-Paul himself! Ichioka credits Jean-Paul and his staff for helping him develop not just as a cuisinier, but also as a person.

 

下の写真は師匠のジャン・ポール・ジュネと一緒に写った当時の市岡シェフの姿です!

 

Chef Ichioka with his mentor Jean-Paul Jeunet

 

Sauce Vin Jaune

黄色いワインのソース

 

 

このミシュラン2つ星のレストランのスペシャリテは、ブレス産の鶏とモリーユ茸をヴァン・ジョーヌ(黄色いワイン)と呼ばれるジュラ特産のワインとクリームで煮込んだ郷土料理をガストロノミーに進化させた一皿。

 

フランス語でPoulet de Bresse au Vin Jaune et Aux Morillesと呼ばれるこの一皿を、ブレス産の鶏ではなく、伊達鶏で再現したのがマ・プールの市岡シェフのスペシャリテです。

 

Sauce Vin Jaune

Yellow Wine Sauce

 

The speciality of the Jean-Paul Jeunet was Bresse chicken and morel mushroom served with a creamy yellow wine sauce. It is a gastronomic version of Jura’s regional cuisine, called Poulet de Bresse au Vin Jaune et Aux Morilles in French. 

 

At Ma Poule, too, you can taste Chef Ichioka’s speciality, which is the same chicken dish made with Japanese Date chicken instead of Bresse chicken.  

 

食欲の秋。是非、ジュラのワインに合わせて、市岡シェフの師匠へのオマージュとも言える一皿を味わってみてはどうでしょうか?

 

Many in Japan call autumn the season of appetite, so why not see in the new season with a trip to Ma Poule for a taste of Chef Ichioka’s homage to his mentor?

 

 

ご予約・お問い合わせ:

「マ・プール」 03-3868-2518

 

For inquiries and reservations,

please call Ma Poule at

03-3868-2518.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

フランス料理が好きならば、東京メトロ南北線の東大前という殆どの人に縁のない駅から少しだけ歩いてマ・プールの黄色い外観が見えてきただけで「ここは絶対ウマイ!」と直感するはず。

 

マ・プールで味わうのは9年近くをフランスで過ごしたオーナー・シェフ市岡徹也のつくる料理。「心が温まるような」というのは食べ手の感想で、シェフ本人の言葉を借りると「余計な飾りのないシンプルな料理」となる。

 

マ・プールを開くまで市岡は日本とフランスで紆余曲折ありながらも充実した経験を積んできたのだが、最初のキッカケは安直なもの。

 

調理師学校では最初に和洋中の全てを学ぶが、中華をやると腰を痛め、和食の店では下駄で頭を叩かれると驚かされ、コック・コートがカッコ良かったフレンチを選ぶ。

 

卒業後はフランスに行くために名古屋のホテルで働きながら旅費を工面するが、慕っていた親方に「そんな実力じゃフランスに行っても泣きながら皿洗いやって終わり」と言われ意気消沈。その代わり東京のトゥール・ダルジャンを紹介してもらう。

 

トゥール・ダルジャンの凄さを知らずにキッチンに足を踏み入れると、フランス人シェフがフランス語でオーダーし、見たことない食材や器具に囲まれ頭の中は真っ白。「指を切るなよ!」と言われたら指を切り、それを隠して仕事をしているのがバレて初日は早退して終わる。

 

その後は少しづつ仕事をおぼえ、フランス語の勉強も始める。「最後まで余裕なかった、でも毎日が刺激的、フランスにも近づけた」と市岡はトゥール・ダルジャンでの4年間を振り返る。

 

フランスで最初に働いたのはリヨンの大きな庭があり、近くには川が流れる絵に描いたように素晴らしいレストラン。しかしながら人手不足でキッチンの中は大混乱。朝から晩まで狂ったように料理をつくって、深夜に残りモノを食べるだけで生き延びるが、4ヶ月間で7キロも痩せる。

 

次に働いたのはスイス国境に近いジュラのアルボアにあるミシュラン2つ星のジャン・ポール・ジュネ。勿論、ジャン・ポールがシェフなのだが、最初に言われたのは「シェフではなくジャン・ポールと呼べ!」という事。マダムはナディーヌと呼ばれ、兄貴分はロミアルド。仕事には厳しいが全員がファミリーだから名前を対等に呼び合い、市岡は個人主義と言われるフランス人の優しさに触れる。

 

このジャン・ポール・ジュネの料理はジュラの郷土料理をガストロノミーに近づけたもので、市岡シェフのスペシャリテ「伊達鶏とモリーユ茸のヴァンジョーヌ・ソース」もジャン・ポール・ジュネでの経験をベースにした一皿。

 

日本に戻ってきてからは銀座にあったシズィエム・サンスで4年間働いた後、シェフのドミニク・コルビーがブルゴーニュのミシュラン2つ星のラ・マドレーヌのパトリック・ゴーティエと共同で現地に開いたレストランのシェフに抜擢され再度フランスに渡る。

 

「フランスでシェフを務めるのは辛かった」と市岡は5年間を振り返るが、任されたレストランの評判は極めて良好。そして忘れられないのは恩師パトリック・ゴーティエからフランス人が大切にする自由”Liberté”の意味合いを教えてもらった事。

 

因みに、マ・プールで食事の最後に出てくるマドレーヌはブルゴーニュの星付きのラ・マドレーヌのものと同じで、パトリック・ゴーティエへのオマージュ。

 

 

そしてマ・プールというレストランの名前はパトリック・ゴーティエがマダムに話しかける時に使っていた言葉。英語にすると”My darling”といったニュアンスになる。

 

因みに、テーブル・クロスや壁紙を選んだり装飾をコーディネートしたのは市岡シェフの奥様。フランスの田舎を思わせる無数の小物がランダムに飾られているのだが、家庭的な雰囲気を演出しているだけでなく、洒落た雑貨屋のような居心地の良さも醸し出している。

 

この東大前にあるマ・プールはフランスの田舎町の人が「たまには外で美味しいものでも…」といった時に行くような小さなレストラン。たしかに余計な飾りはないが本物のフランス料理で、食べてみれば経験豊かなシェフの料理だとわかるはず。

 

そんな料理を味わえるなら東大前は遠くない。

As soon as you see the vivid yellow exterior of Ma Poule, you get the sense it’s a great place to eat. You’ll find it a short walk from Todaimae station on the Nanboku line, a familiar location for those living near Tokyo University.  

 

Ma Poule is home to the dishes of Chef Tetsuya Ichioka, a chef who spent almost nine years cooking in France. His dishes are described as hearty by his diners, while the Chef himself calls them, “simple and without frills.”

 

 

Chef Ichioka’s journey through France and Japan has been one of bumps and detours, and started for reasons you might not expect.

 

You see, in culinary school Ichioka had to learn Chinese, Japanese and French cuisine. However, after being told that cooks at Chinese restaurants always hurt their back, and that apprentices at Japanese restaurant get hit in head with wooden geta flip-flops, he decided neither of those two were for him.

 

So, after culinary school, Ichioka worked at a hotel in Nagoya for three years saving money. The plan was to go to France, but his boss thought he was only good enough to wash dishes there, and so arranged for Ichioka to work a three year kitchen stint at the prestigious La Tour d’argent in Tokyo.

 

On his first day, he walked into the kitchen with no idea of how grand La Tour d’argent was. Ichioka was totally overwhelmed by a French chef barking orders in French, surrounded by ingredients and equipment he’d never seen before. “Be careful you don’t cut your finger” he was told, but he cut his finger anyway.

 

“I barely survived in the kitchen, but it was exciting day in, day out,” Ichioka says, looking back at those years.

 

Upon finally leaving for France, Ichioka first worked at a gorgeous restaurant in Lyon, with a large garden and a beautiful river nearby. In the kitchen, however, hell was breaking loose due to a constant shortage of staff. Ichioka worked frantically from morning to evening, and lost seven kilograms over four months. He says it was more like a labor camp than a restaurant.

 

Next, he worked for Jean-Paul Jeunet in Arbois, Jura, in the east of France. Chef Jeunet told Ichioka to call him Jean-Paul instead of chef, and to call his wife by her first name of Nadine. Ichioka was surprised by the feeling at the restaurant; it was like a big family working together. Though he had presumed French people to be unfriendly and individualistic, here he even had a new big brother, Romauld!

 

Jean-Paul Jeunet was a Michelin double-starred restaurant known for its gastronomic version of Jura’s regional cuisine. And Chef Ichioka’s speciality dish at Ma Poule, chicken and morille mushroom with vin jaune sauce, is based on a recipe by Chef Jean-Paul Jeunet.

 

After more than three years in France, Ichioka returned to Tokyo and worked at Le 6eme Sens d'Oenon in Ginza for four years, under Chef Dominique Corby. 

 

When Chef Corby opened a restaurant in Burgundy with Patrick Gauthier (the owner-chef of Michelin double-starred La Madeleine in Sens, Bourgogne), Ichioka was designated the chef. 

 

“Being a chef in France was not easy,” says Ichioka, recalling his five years in Burgundy. 

 

But his hard work was very well rewarded, and the restaurant received many positive reviews. And at Ma Poule, the madeleine served with coffee is the same as that served at La Madeleine in Burgundy. It is Chef Ichioka’s homage to his mentor, Chef Patrick Gauthier. 

 

Chef Ichioka named Ma Poule after the way Chef Gauthier addressed his wife, Beatrice. Ma poule is a term of endearment, meaning something like ‘my darling’ in English.

 

At Ma Poule, you feel as you would when traveling the French countryside. There’s nothing audacious about the place, but everything is authentic. Chef Ichioka’s wife, Mrs. Ichioka, has furnished the interior with wallpaper, tablecloths, and a collection of small decorations reminiscent of France. Each item feels randomly placed, and yet also adds to the character and personality of the restaurant. 

 

So if you’re after the perfect location for French dishes crafted by an experienced hand, look no further than Ma Poule.

TOP

MENUS

Menu Ma Poule 5,200 yen

 

アミューズ + 前菜 + シェフのスペシャリテ + メイン + マ・プール特製のパフェ 又はチーズの盛り合わせ (+500円) + マドレーヌ

Amuse Bouche + Appetizer + Chef’s Speciality + Main + Ma Poule’s Famous Parfait or Cheese (+500 yen) + Madeleine

 

Menu Jura 6,000 yen

 

アミューズ + 前菜 + 季節のスープ + メイン + ジュラ地方のタルティーヌ + マ・プール特製のパフェ + マドレーヌ

Amuse Bouche + Appetizer + Seasonal Soup + Main + Jura’s Famous Tartine + Ma Poule’s Famous Parfait + Madeleine

 

Menu Gourmand 7,200 yen

 

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + シェフのスペシャリテ + メイン + 本日のチーズ + マ・プール特製のパフェ + マドレーヌ

Amuse Bouche + Appetizer 1 + Appetizer 2 + Chef’s Speciality + Main + Today’s  Cheese + Ma Poule’s Famous Parfait + Madeleine

 

市岡シェフのスペシャリテ「伊達鶏とモリーユ茸のヴァンジョーヌ・ソース」は、シェフの思い出の地、フランス東部のジュラのジャン・ポール・ジュネのスペシャリテをベースにした一皿。

 

Chef Ichioka’s specialty, chicken and morille mushroom with vin jaune sauce, is based on Chef Jean-Paul Jeunet’ recipe, but is made here with locally sourced ingredients.

 

日曜日には上記と同じメニューをランチで楽しめます。

 

The above menus are also available on Sunday for lunch

TOP

DRINKS

ワインは赤白合わせて30種類。4,000円代から取り揃えがあり、もっとも人気があるのは6,000円から8,000円のもの。スパークリング・ワインはシャンパンを入れて10種類が6,000円から。この規模のレストランにしてはクレマンの数が少し多め。

Ma Poule’s wine list features 30 red and white wines combined. These are priced from around 5,000 yen, with the most popular selections ranging from 6,000 to 8,000 yen. There are also 10 sparkling wines, including Champagne, priced from 6,000 yen. Ma Poule has a good selection of Crémant, French sparkling wine.

グラスで味わえるのは毎日少なくとも4種類づつのワインで、800円から。

Four red and four white wines are available by the glass daily, priced from 800 yen. 

ワインを選ぶのはマダムとして接客に携わるシェフの奥様。ソムリエの資格をもち「ワイン大好き」と語るマダムはブルゴーニュのレストランで5年間にわたりソムリエとして働いた経験を持つ。

All the wine is selected by Mrs. Ichioka, a certified sommelier who worked for five years in Burgundy.

ワインは全てフランスのものだが、特にブルゴーニュ、ジュラ、ロワール、アルザスなどのワインが多いのが特徴。「フランス内陸部のワインの方がシェフの料理に合うような気がする」というのはマダムの説明。「このレストランのテーブルの上にあって違和感ないワインを選びたい」というのもマダムの言葉。

The wine selection is entirely from France, and Mrs. Ichioka especially likes wine from Burgundy, Jura, Loire and Alsace. She says wines from the French inland better match Chef Ichioka’s dishes, and wants to “select wines which do not feel out of place,” meaning her selection is based around taste.

 

 

 

 

料理に合わせて何種類かのワインを薦めてもらいたいなら、ピコル(呑んべい)と名付けられた3つのペアリングのセットでワインを味合うのも良し。

3種類 2,600円から 4種類 3,500円から 5種類 4,400円から

Ma Poule offers wine pairing options called picoleur, meaning wine lover.

Options of 3, 4 and 5 wines are priced from around 2,600, 3,500 and 4,400 yen, respectively.

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
文京区西片2-19-17 北川ビル1F
2-19-17 Nishikata, Bunkyo-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ南北線 東大前
Todaimae, Tokyo Metro Nanboku Line
Tel
03-3868-2518
平均予算 Average Cost
DINNER: 8,000 yen
LUNCH: 7,000 yen (Sunday Only)
営業時間 Business Hours
DINNER
5:30 - 9:30 (L.O.) 11:00 Close (Weekdays)
5:30 - 8:30 (L.O.) 10:00 close (Saturday & Sunday)

SUNDAY LUNCH
12:00 - 13:30 (L.O.) 15:00 Close

Closed on Mondays
Credit Card
Visa / Master Card

ニュースレターNews letter