メゾン ミッシェル
銀座・東銀座・新富町 / フレンチ

Maison Michel
Ginza-HigashiGinaza-Shintomicho / French

03-5244-9345
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

豚肉のリエットと貝のポシェ

Pork Rillette and Poached Shellfish

メインビジュアル

昆布森産の牡蠣とアボカドのタルタル

Konbumori Oyster Topped with Avocado Tartare

メインビジュアル

キャビアをのせた海の幸のゼリー寄せ

Jellied Seafood Topped with Caviar

メインビジュアル

アジと帆立貝のマリネ 三浦野菜のサラダ

Marinated Jack Mackerel and Scallop with Salad of Miura Peninsula Vegetables )

メインビジュアル

スープ・ド・ポワゾン(鮮魚のスープ)

Soupe de Poisson

Fish soup

メインビジュアル
メインビジュアル

鮎のパテと稚鮎のフリット

Baby Ayu Frit and Ayu Pâté

メインビジュアル

フォアグラのフラン

Foie Gras Flan

メインビジュアル
メインビジュアル

イベリコ豚のホホ肉のプレッセ

Pressed Iberian Pork Cheek

メインビジュアル

リヨン風サラダ

Salade Lyonnaise

メインビジュアル

牛頬肉のココット煮込み

Cocotte Stewed Beef Cheek

メインビジュアル

鹿肉のロースト

Roast Venison

メインビジュアル

ココナッツのブランマンジェ、ベリーソース

Coconut Blanc-Manger with Berry Sauce

メインビジュアル

濃厚なチョコレートのテリーヌ

Chocolate Terrine

メインビジュアル

サクランボのクラフティ

Cherry Clafoutis

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-08-15

 

 

メゾン・ミッシェルでは、新たにアラカルトのメニューが登場し、今まで以上にディナーを楽しみやすくなりました。

 

Located just outside of Ginza, in Shintomicho, this cozy French restaurant also offers dinner a la carte! 

 

シェアして味わっていただける

小山シェフお薦めの3皿

 

Three Recommend Dishes

Large Enough for Two

 

 

サラダ・グルマンド

Salad Gourmands 

1,500 yen

 

仔羊のステーキ

(ココット仕立て)

Lamb Steak 

Cocotte Style 

3,300 yen

 

沢山の具が入った

スープ・ド・ポワゾン 

Soupe de Poisson 

2,500 yen 

 

 

全て2人でシェアして味わっていただけるポーションとなっています。

 

The three dishes above are easily large enough to share with a friend, but actually, almost everything on the a la carte menu is big enough to share!

 

 

そして上記の3皿以外にも、ビストロを思わせる黒板のメニューには、フランス料理を志す以前は和食や寿司に携わっていた小山シェフが近所の築地から仕入れてくる新鮮な海の幸を贅沢につかった料理が幾つも載っています。

 

The a la carte dishes are listed on a hand written black board menu. The seafood dishes are often a highlight, as they’re made with fresh seafood brought in by Chef Koyama himself, who worked at sushi and washoku restaurants prior to moving to France. 

 

是非、友達と一緒に、今まで以上に気軽にメゾン・ミシェルでディナーを楽しんでみては如何でしょうか?

 

So if you haven’t had the chance to visit Maison Michel yet, why not take the opportunity to get together with some friends and enjoy some relaxed French dining?



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

東京メトロ有楽町線の新富町の駅から歩いて数分の場所にあるメゾン・ミッシェルのオーナー・シェフは惜しまれつつ閉店した南青山のモザイクでオープンから閉店まで5年間シェフを務めた小山道順。

 

モザイクの都会的なメイン・ダイニングと、洒落たラウンジで供される全ての料理をつくる日々超多忙のキッチンを束ねていた小山シェフがオーナーとなって開いたメゾン・ミッシェルは、東京の中央区にありながらもフランスの田舎町にある小さなオーヴェルジュのダイニングを彷彿させるような空間。

 

ここに初めて来ても、何故か幼馴染の家にいるような懐かしさ、温もりを感じる人は多いはず。

 

外にある小さな看板に「築地フレンチ」とあるように、ここでは新鮮な海の幸を贅沢につかったフランス料理を味わえる。小山シェフは日本とフランスの両方で魚介類をつかった料理に携わってきた経験があるのでメゾン・ミッシェルでシーフードを食べて期待を裏切られる事はない。

 

寿司屋と和食

 

神奈川県出身の小山が料理を始めたのは藤沢にある寿司屋。裏方として2年間ひたすら魚を下ろし、卵を焼いて、巻きものをつくって、ほんの少し握りもやらせてもらうようになる。さらに鎌倉で水揚げされたばかりの魚を食べさせてくれる和食の店で2年間働いた小山にとって魚は最も馴染みのある食材。

 

それからデザートに興味をもった小山は葉山にあったビストロでフランス料理に携わり始め、銀座にあったレストランで4年間にわたり前菜からデザートまでフレンチの基礎を本格的に学ぶ。

 

師匠ティエリー・ブルトンの教え

 

フランスに渡った小山はヴィシーのミシェラン1つ星のジャック・デコレの下で一年間働きながら、日本には当時なかった古典的なフランス料理をモダンに再構築したかのような新しい料理に出会う。

 

そしてヴィシーからパリに移った小山はブルターニュの郷土料理をボリュームたっぷり味わえる、当時も今も満席状態のシェ・ミシェルで働き、シェフのティエリー・ブルトンに出会う。

 

季節になればジビエを食べる為に人が集まるシェ・ミシェルだが、一番の売りは海に囲まれたブルターニュから直送される新鮮な魚介類をつかった料理の数々。ここで小山は素材を活かしたシンプルな料理をつくることの重要性を叩き込まれる。

 

このシェ・ミシェルでティエリー・ブルトンが繰り返していた「細かく複雑な料理ほど記憶に残らない」という言葉は今でも料理人としての小山の考えの基盤になっている。

 

「ピンセットを使って飾りを付けるような料理はつくれない」と謙遜する小山がつくるのは実直なフランス料理で、メゾン・ミッシェルには星を狙ったような気取った料理はなし。

 

ここで実際に小山シェフの料理の数々を味わってみれば、それがジビエであっても魚であっても、手間暇かけて仕込まれたものだと分かるはず。

 

 

You’ll find Maison Michel on the second floor of a building five minutes from Shintomicho station on the Tokyo Metro Yurakucho line. The cozy restaurant is owned and operated by Chef Michinori Koyama, who was chef at Mosaique for the five years it was open.

 

Chef Koyama's large kitchen team turned out all the dishes at Mosaique’s urbane main dining and sophisticated wine lounge. And though those times were busy, Maison Michel is more reminiscent of the French countryside inns called auberge. 

  

It’s the kind of place that brings with it nostalgia and warmth, and the feeling of being back at a childhood friend’s house.

 

The small nameplate outside – “Tsukiji French” – implies that Maison Michel is a place for quality seafood. It’s what you should expect, in fact, along with seasonal game meat dishes; Chef Koyama is an experienced hand with seafood in both Japan and France. 

 

Sushi and Washoku

 

Originally from Kanagawa, Koyama began cooking at a sushi restaurant in Fujisawa facing Sagami Bay. There he filleted fish, rolled sushi, and made tamagoyaki for two years before starting nigiri sushi. Afterwards, he moved to a washoku restaurant in Kamakura, famous for its use of fresh fish caught locally.

 

With the basics under his belt, Koyama moved to a French bistro in Hayama to learn desserts. Following this, he moved to Tokyo, working at a French restaurant in Ginza for four years to gain a fundamental understanding of the appetizers, main dishes, and desserts of the cuisine.

 

And then, he moved to France.

 

Enter Thierry Breton

 

In France, Koyama first worked under a Michelin starred chef, Jacques Decoret, at his namesake restaurant in Vichy (now called Maison Decoret). Here he was exposed to Chef Decoret’s modernized classic French cuisine. 

 

Afterwards Koyama moved to Paris and worked at Chez Michel, an extremely popular restaurant serving Brittany’s regional cuisine. At Chez Michel, Koyama met Chef Thierry Breton.

 

Chez Michel is a place to go for game meat dishes when they’re in season, but it’s popular all year round for fresh seafood sourced from Brittany, the largest French peninsula stretching towards the Atlantic Ocean.

 

At Chez Michel, Koyama learned the importance of simplicity. “The more complicated the dishes are, the less likely people will remember them,” was Chef Breton’s mantra. Chef Koyama too, sticks to this mantra. 

 

At his own restaurant, Chef Koyama avoids dishes he has to decorate with tweezers. His dishes are straightforward; it’s not the Michelin star he cooks for, but his customers. 

 

You’ll realize this when you dine at Maison Michel; it’s a place for quality ingredients cooked simply and patiently.

 

TOP

MENUS

LUNCH

 

Menu Maison 2,500 yen 

 

スープ + 前菜 + 魚 or  肉 + デザート + 食後の飲み物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶)

Soup + Appetizer + Fish or Meat + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

Chef’s Omakase Lunch 5,000 yen

要予約 

Please reserve in advance 

 

アミューズ + 前菜 + 温前菜 + 魚 + 肉 + デザート + 食後の飲み物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶)

Amuse Bouche + Appetizer + Warm Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

Prix Fixe Lunch 3,500 yen

土・日・祝日限定

Only on Saturday, Sunday and National Holiday

 

アミューズ + 前菜 + 季節の温前菜 + メイン・ディッシュ + デザート+ 食後の飲み物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶)

前菜、メイン、デザートは黒板のメニューから選択。

Amuse Bouche + Appetizer + Seasonal Warm Appetizer + Main Dish + Dessert+ Coffee, Espresso or Tea

Please select an appetizer, main dish and dessert from the black board menu

 

 

DINNER

 

Menu Michel 4,800 yen

 

アミューズ + 前菜 + 肉 + デザート + 食後の飲物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶・ハーブティー )

Amuse Bouche + Appetizer + Meat + Dessert + Dessert+ Coffee, Espresso or Tea

 

Chef’s Menu 7,800 yen

 

アミューズ + 前菜 + 温前菜 + 魚 +肉 + デザート + 食後の飲物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶・ハーブティー )

Amuse Bouche + Appetizer + Warm Appetizer + Fish + Meat + Coffee, Espresso or Tea

 

和牛、キャビア、フォアグラ、オマール海老など高級食材を堪能する特別コース

Special tasting menu to savor gourmet ingredients such as wagyu beer, caviar, foie gras and lobster

12,000 yen

前日までの要予約 Please reserve at least one day in advance 

 

アミューズ + 前菜 + 温前菜 + 魚 + 肉 + デザート + 食後の飲物(エスプレッソ・コーヒー・紅茶・ハーブティー) 

Amuse Bouche + Appetizer + Warm Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

 

メゾン・ミッシェルではアラカルトでもディナーを楽しんでいただけます。

Maison Michel also offers dinner a la carte! 

TOP

DRINKS

ワインは全てフランス産で赤白合わせて約100種類あり、4,500円から6,000円前後のものが人気ある。

シャンパンは8,000円から7種類あり、スパークリング・ワインは6,000円のものが1種類ある。

グラスは赤白3種類づつ720円から。シャンパンはグラスで1,350円でスパークリング・ワインは720円。

Maison Michel stocks an approximate total of 100 red and white French wines. The most popular of these are priced at around 5,000 yen to 6,000 yen. 

Maison Michel also stocks seven Champagnes priced at 8,000 yen, along a sparkling wine, priced at 6,000 yen.

By the glass, the restaurant offers three daily reds and three daily whites priced from 750 yen. Champagne by the glass is 1,450 yen, and the sparkling wine is priced at 750 yen. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
中央区入船3-1-13 Center Village 築地 2F
2nd Fl. 3-1-13 Irifune, Chuo-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ 有楽町線 新富町 
Tokyo Metro: Shintomicho (Yurakucho Line)
Tel
03-5244-9345
平均予算 Average Cost
LUNCH
1,500 yen (Weekdays)
3,000 yen (Weekends)

DINNER
7,500 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:45 - 15:00 (L.O.13:15)
DINNER: 18:00 - 23:00 (L.O.21:00)

Closed on Mondays

日曜日はランチ営業のみ。
Open for lunch only on Sundays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter