南部亭
日比谷公園 / フレンチ

NambuTei
Hibiya Park / French

03-3591-1023
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

ゴールド・ラッシュ・コーンのスープ、マグロの燻製とプティ・トマトのバルサミコ・マリネ、穂紫蘇を載せて

Corn Soup Topped with Smoked Tuna, Balsamic Marinated Cherry Tomato and Shiso

メインビジュアル
メインビジュアル

ブーダン・ノワールを新しいスタイルで 

Modern Day Boudin Noir

メインビジュアル
メインビジュアル

ゴボウのスープ、アイナメのフライ

Burdock Soup with Fried Fat Greenling

メインビジュアル

モザイク仕立てのフォアグラと冬瓜のテリーヌとトリュフのスープ 

Terrine of Mosaique Foie Gras and Winter Melon on Truffle Soup

メインビジュアル
メインビジュアル

オマール海老とグルヌイユ、焼きリゾットとパセリのソース

Lobster and Grenouille on Grilled Risotto, Parsley Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

スズキのポワレ、山芋のソテー、オクラ

Pan Fried Sea Bass on Sautéed Japanese Mountain Yam, Topped with Okra

メインビジュアル

イサキとモンサンミッシェルのムール貝のナージュ

Chicken Grunt and Mussels from Mont-Saint-Michel

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

牛フィレ肉のポワレ、丸ナスとアワビ

Pan Fried Beef Fillet, Eggplant and Abalone

メインビジュアル

梁川産の仔羊を2種類の調理法で  

Yanagawa Lamb Cooked in Two Ways

メインビジュアル

伊豆・松崎産イノシシのシベ

Jugged Wild Boar from Izu Penninsula

メインビジュアル

ミルク・チョコレートとパッションフルーツのムース、パッションフルーツのアイスクリーム

Milk Chocolate and Passionfruit Mousse with Ice Cream of Passionfruit

メインビジュアル

マスカルポーネとオレンジのババロア、スイカのスープ仕立て

Bavarian Cream of Mascarpone and Orange in Water Melon Soup

メインビジュアル

チーズ・プラトー

Plate of Assorted Cheeses

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

レストランにとって最も大切なのは、料理とサービスであり、それに続くのがロケーションと空間。それら全てを象徴するような洒落た横文字の名前があれば完璧なレストランに何歩か近づけるのかもしれない。

 

こういった要素が全て揃えばグラン・メゾンと呼ばれたり、星を獲得したりするのだが、この南部亭という名前を聞いたり、建物を見たりしてフランス料理が食べられると思う人はいないはず。実際に入口の横にあるのは「西洋料理」と漢字で縦書きされた看板だけ。

 

その一方で、日比谷公園の中、左右にあるのは公会堂と図書館というロケーションは素晴らしく、銀座や表参道といった一等地の目抜き通りよりもフランス料理という贅沢に相応しい。

 

料理人:釜谷孝義

 

この南部亭にフレンチ・レストランとしての存在感、というか存在意義を与えているのは、ここでは釜谷孝義がつくる料理を味わえるという事。

 

釜谷は1993年から4年間にわたり南部亭にシェフとして勤めていたのだが、その頃の南部亭の雰囲気や釜谷の料理を憶えている人は少ないはず。

 

その一方で、当時から東京でフランス料理を食べ続けている人なら、90年代の後半から中目黒にあったコム・ダビチュードを憶えているはず。

 

 

コム・ダビチュードは我々の心の中に強い印象を残した店で、今でも「コム・ダビチュードが閉店すると聞いた時は呆然…」、「大好きなレストランがなくなって心に穴がポッカリ…」と当時を振り返る人がいる。

 

中目黒の伝説

 

コム・ダビチュードがオープンしたのは、まだフランス料理がモダンやクラシック、ビストロやガストロノミーと住み分けられる前。料理だけでなく、パンやチーズ、食前酒から食後酒まで、フランスの食文化をトータルで楽しめたコム・ダビチュードはオーナー・シェフの釜谷の情熱が具現化されたレストラン。そこはオープン・キッチンの中にいる釜谷とスタッフの表情だけでなく、料理する手元の動きまで見えるような密な空間で、いつも熱気ムンムン状態だった。

 

今は落ち着いた日比谷公園の中でフランス料理に携わる釜谷は「雰囲気はビストロだったかもしれないけど、意識していたのは常にガストロノミーなんです」と言って中目黒時代を振り返る。

 

因みに、このガストロノミーという単語は安易に美食と訳されがちだが、必ずしも美しく見栄えする料理を意味する単語ではない。

 

アルザスとロワールのレストランで2年間にわたり鍛えられた後、ブリュッセルにある3星のコム・シェソワ(Comme Chez Soi)に正式なスタッフとして迎え入れられ、2年間にわたりガストロノミーに携わった経験をもつ釜谷にとって、「食べること自体が目的となる料理」がガストロノミー。

 

劇やコンサートを楽しんだ後の食事であったり、特別な人に好印象を与えるための料理ではなく、その料理を食べるという目的のために人を誘い、スケジュールを入れる価値があるのがガストロノミー。勿論、その価値があるかどうか判断するのは食べる側なのだが、釜谷にとってガストロノミーを目指すのは料理人としての使命のようなもの。

 

修羅場をくぐって

 

まさに一世を風靡したコム・ダブチュードだが、訳あって中目黒から三宿に移転し、2011年に閉店。それから紆余曲折ありながらも、料理人として評価され、人として信頼されていた釜谷は引く手数多。雇われて料理しながら、「次は自分で気軽にワインを飲める食堂でもやろうか…」などと考えていたのだが、幸か不幸か、優れた料理人の人生そう簡単には行かない。

 

古巣から呼び戻され、シェフとして料理するだけでなく、レストランの殆ど全てを任され今がある。

 

ずっとフランス料理が好きだったなら、気さくで謙虚ながらも、タフに修羅場をくぐり抜けてきたシェフ釜谷の思いが詰まった料理を味わってほしい。それがガストロノミーかどうかの判断は自由だが、確実にフランス料理を味わう喜びは実感できるはず。

 

The two most important things in any restaurant are good food and good service. And if you have the right space at the right location, and a catchy name to go with your food and service, you’ve got a good chance at a covered Michelin star. Maybe even two or three!

 

But NambuTei bucks the trend, setting itself up in a location uncommon for French restaurants, and with a name that belies its heritage. The Japanese house that NambuTei calls home has a sign outside offering ‘western cuisine’ in Japanese kanji characters. 

 

 

But don’t be fooled. NambuTei – located between a public hall and library inside Hibiya Park – is a delightful surprise, and a wonderful location for savoring quality French cuisine.

 

Chef Takayoshi Kamatani

 

The true raison d'etre of NambuTei is Chef Takayoshi Kamatani, who recently returned to the restaurant in 2015, having worked there for four years back in 1993.

 

And though many don’t remember the restaurant of Kamatani’s dishes from that period, many still fondly remember Comme  d’Habitude – another home to Kamatani – which opened its doors in the late 90s in Nakameguro.

 

Legendary Restaurant in Nakameguro

 

When you mention Comme  d’Habitude, many still comment along the lines of, “I loved that place, I don’t even remember how many time I’ve been there” or “I was very upset and disappointed when it closed down.” 

 

Before French cuisine was categorized into bistro or gastronomy and classic or modern, Comme  d’Habitude was the place to go for freshly baked bread, imported cheese, and varieties of aperitif and digestif. The restaurant really was top-class French culinary culture. 

 

And Comme  d’Habitude’s success was the result of Chef Kamatani’s passion. Kamatani and his staff cooked in an open kitchen, as earnest diners watched their orders prepared before their eyes. It was a place filled with an air of excitement. 

 

Looking back at his days at Comme  d’Habitude, Kamatani says, “It definitely had a bustling bistro atmosphere, but I was always striving to achieve gastronomy.”

 

After spending two years at restaurants in Alsace and Loire, Kamatani moved to Comme Chez Soi, a Michelin triple starred restaurant in Brussels. This was where he gained first-hand experience in gastronomy. 

 

For Kamatani, gastronomy is not for entertaining or impressing people. Instead, he sees it as the kind of food that’s worth going out for, and the kind of food you’ll arrange your schedule around just to eat.

 

And though in the end it’s the diner who decides what is or isn’t gastronomy, Kamatani is set on striving for his own gastronomy, and so far it’s been a success!

 

Overcoming Difficult Times

 

Though Comme  d’Habitude was tremendously popular, it was forced to relocate to Mishuku, and eventually closed in 2011 after an issue with a real estate agent. Fortunately for Kamatani, his high renown and trustworthy nature meant he was never out of work, but it was not easy to stay passionate. Kamatani thought about opening a small wine-bar eatery, but things did not pan out as he thought. 

 

Around this time, he was contacted by the owner of NambuTei. The restaurant was having a hard time retaining old clientele and acquiring new customers, and Kamatani was asked to return not just as chef, but as a partner, too. 

 

For those passionate about French cuisine, NambuTei is a restaurant you cannot afford to skip. The friendly and humble Chef Kamatani dishes up his own kind of gastronomy, and we’re certain you’ll rediscover the pleasure of French cuisine!

TOP

MENUS

LUNCH

 

4,500 yen 

前菜 + メイン +  小さなデザート

又は

前菜1 + 前菜2 + メイン + デザート

Appetizer + Main + Small Dessert

or

1st Appetizer + 2nd Appetizer + Main + Dessert

 

6,000 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + チーズ又はアヴァン・デゼール + デゼール + ミニャルデーズ

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Cheese or Avant Dessert + Dessert + Mignardises

 

 

DINNER

 

11,000 yen

アミューズ + アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 +アヴァン・デゼール + デゼール +  ミニャルデーズ

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Avant Dessert + Dessert + Mignardises

 

15,000 yen

シェフのお任せ。コースの構成や使用する食材に関しては、事前に釜谷シェフと相談しながら決めていただけます。

Chef Kamatani’s Omakase Menu. Please let the Chef know of any preferences or budgets. 

TOP

DRINKS

ワイン・リストに網羅されているのは全てフランス産のワイン。その過半数を占めるのはロワールのもの。これは料理人としてフランスに渡った若き釜谷シェフがロワールにあるミシュラン2星のシャルルバリエで働いている時に料理とワインを一緒に楽しむ喜びに目覚めたから。

赤と白それぞれ約100種類づつのワインは6,000円前後からで、シャンパン8種類は9,000円から。

グラスでは赤と白が2種類づつ1,000円から。シャンパンのグラスは1,600円。

The wine list at NambuTei lists French wines only, with more than half the selection from Loire, due to Chef Kamatani’s discovery of wine and cuisine while working under Charles Barrier at his namesake restaurant which in Loire. 

The wine selection includes approximately 200 wines, red and white combined, and prices start from around 6,000 yen. Eight Champagnes are also offered, priced from 9,000 yen.

By the glass red and white wines are priced from 1,000 yen. By the glass Champagne is 1,600 yen.  

 

 

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
千代田区日比谷公園1-2
1-2 Hibiya Koen, Chiyoda-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
内幸町 (都営地下鉄:三田線)
霞ヶ関 (東京メトロ:千代田線・丸ノ内線・日比谷線)

Uchisaiwaicho (Toei Subway Mita Line)
Kasumigaseki (Tokyo Metro Chiyoda, Marunouchi and Chiyoda Lines)
Tel
03-3591-1023
平均予算 Average Cost
LUNCH: 5,500 yen
DINNER: 16,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH

Weekdays
11:30 - 14:00 (L.O.)
Saturday
12:00 - 14:00 (L.O.)

DINNER

17:30 - 21:00 (L.O.)
18:00 - 20:30 (L.O.)

Closed on Sundays and National Holidays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA