トレフ ミヤモト
西麻布・六本木 / フレンチ

Treffe Miyamoto
NishiAzabu-Roppongi / French

03-5772-7755
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

てんとう虫仕立ての蟹と帆立貝のブランダード 赤ピーマンのクーリ

Ladybird Style Salad of Crab and Scallop Brandade with Red Bell Pepper Coulis

メインビジュアル

氷見産炙り寒ブリの青海苔ソース 彩り野菜添え

Seared Winter Yellowtail from Himi, Aonori Seaweed Sauce, Colorful Vegetables

メインビジュアル

ヴァニラ風味の葛切り ココナッツ・ミルク・スープ仕立て

Vanilla Flavored Kuzukiri on Soup Style Coconut Milk

メインビジュアル
メインビジュアル

モンブラン 2016

Mont Blanc 2016

メインビジュアル

モンブラン 2016

Mont Blanc 2016

メインビジュアル

モンブラン 2016

Mont Blanc 2016

メインビジュアル

駿河湾産本海老のクレープ・ヴォナシエンヌ 北海道産コーンのクーリ

Cêpes Vonnassiennes of Suruga Bay Shrimp, Hokkaido Corn Coulis

メインビジュアル

駿河湾産本海老のクレープ・ヴォナシエンヌ 北海道産コーンのクーリ

Cêpes Vonnassiennes of Suruga Bay Shrimp, Hokkaido Corn Coulis

メインビジュアル

グリオット・チェリー入りフォンダン・ショコラ ロング・ペッパーのアイス・クリームを添えて

Chocolate Fondant with Griotte Cherry with Long Pepper Ice Cream on the Side

メインビジュアル

駿河湾産赤座海老と聖護院かぶらのフラン ヴァニラ・ソース

Flanc of Japanese Lobster from Suruga Bay and Shogoin Turnip, Vanilla Sauce

メインビジュアル

スコットランド産の雷鳥のビスク フォアグラを添えて

Scotland Rock Ptarmigan Bisque with Foie Gras

メインビジュアル

鱈の白子のセジール ソース・ペリグー トランペット茸を添えて

Cod Milt Saisir, Sauce Périgueux, Trumpet Mushroom

メインビジュアル

鱈の白子のセジール ソース・ペリグー トランペット茸を添えて

Cod Milt Saisir, Sauce Périgueux, Trumpet Mushroom

メインビジュアル

江戸前穴子、フォアグラ、帆立貝、ワイルドライスの一皿 2色ソース

Edomae Garden Eel, Foie Gras, Scallop and Wild Rice, Two Colored Sauce

メインビジュアル

江戸前穴子、フォアグラ、帆立貝、ワイルドライスの一皿 2色ソース

Edomae Garden Eel, Foie Gras, Scallop and Wild Rice, Two Colored Sauce

メインビジュアル

スズキと帆立貝、ちりめんキャベツのポーピエット ソース・アルモリケーヌ

Paupiette of Sea Bass, Scallop and Savoy Cabbage, Sauce Armoricaine

メインビジュアル

京都産窒息鴨のロティ 赤ワイン・ソース

Kyoto Smothered Duck, Red Wine Sauce

メインビジュアル

京都産窒息鴨のロティ 赤ワイン・ソース

Kyoto Smothered Duck, Red Wine Sauce

メインビジュアル

蝦夷鹿ロース肉のポワレ ソース・ポワヴラード

Ezo Venison Rib, Sauce Poivrad

メインビジュアル

蝦夷鹿ロース肉のポワレ ソース・ポワヴラード

Ezo Venison Rib, Sauce Poivrad

メインビジュアル
メインビジュアル

クロメスキ(フォアグラとトリュフのソースの入ったコロッケ)

Cromesquis (Croquette stuffed with foie gras and truffle sauce)

メインビジュアル

クロメスキ(フォアグラとトリュフのソースの入ったコロッケ)

Cromesquis (Croquette stuffed with foie gras and truffle sauce)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-01-17

 

 

ルー・アンクルートとはスズキのパイ包み焼き。フランス料理の古典で、たい焼きを大きくしたよう形をしています。

 

Loup en croute is a classic French dish: sea bass in fish-shaped puff pastry.

 

 

この料理を40年近く前に食べて「頭のてっぺんに雷が落ちたような衝撃」を受けたのがトレフ・ミヤモトの宮本シェフ。

 

その瞬間に「この料理をつくれるようになりたい」、「こんな凄い料理を自分でも考えてつくりたい」と17歳だった宮本シェフは思ったようです。

 

And Chef Masahiko Miyamoto of Treffe Miyamoto still remembers first tasting the dish some forty years ago. He says he felt as though he was hit by lightning, and decided right then (at 17 years of age!) that he would someday be a good enough chef to cook this dish, and come up with his own version.

 

「何がそんなに凄かったの?」と奥様に訊かれ、シェフが言ったのは…

 

「パイ生地に包まれた美味しいスズキを食べているとソースが欲しくなる。ソースと一緒に食べると、もっと美味しくなる。そうするとソースがもっと欲しくなる。そしてキレイに皿の上には何も残らない…両方が溶け合った味わいの余韻は今でも頭の中に残ってるよ…」

 

When asked what really shocked him, Miyamoto says, “The sea bass in puff pastry tasted really good, and this made its sauce better. So I wanted more sauce, and I discovered that more sauce made the sea bass even better. I cleared that plate so fast. I still remember how it tasted, and how I felt.”

 

 

この宮本シェフの運命を決めた一皿、ポール・ボキューズのスペシャリテでもある大きな魚の形をしたスズキのパイ包み焼きを食いしん坊4人で分けて、ソース・ショロンに合わせて味わってみてはどうでしょうか?

 

This dish is known as a specialty of Paul Bocuse, a legendary grand chef, and it defined young Miyamoto’s future.

 

We recommend sharing a sea bass in puff pastry as a party of four food enthusiasts. The dish is made with sauce choron, a variation of Bearnaise sauce. 

 

 

ご予約・お問い合わせ:

『トレフ・ミヤモト』

03-5772-7755

 

For reservations and inquiries,

please call Treffe Miyamoto

at 03-5772-7755



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

レストランが常にオープンし続ける東京では、新しいレストランに関する情報が雑誌やインターネットに溢れ、どうしても話題の店に行ってみたくなるもの。

 

その一方で、食べ歩くのが好きな人には、新しいレストランに行くだけでなく、何年も前から同じレストランに通い続けている仲間がいたりする。

 

トレフ・ミヤモトは必ず年に何回か食事をしに来る人が多いレストラン。シェフの宮本雅彦は90年代の前半に今では伝説のクラブ・ニュクスで料理長を務めていたので、当時から宮本シェフの料理を食べ続けている人も少なくないはず。

 

他では食べられなくなったフランス料理を今でも食べれるのがトレフ・ミヤモトの魅力の1つなのだが、それは必ずしも昔と変わらぬ味わいを楽しんでノスタルジーに浸るという事ではない。

 

宮本シェフは「フランス料理の基礎を大切にし、伝統を守りながら、自分の個性を表現していく」と自らの料理感を語るので、どうしてもクラシックもしくは古典と呼ばれるような料理をつくると思われがち。しかしながら決して宮本シェフは後ろ向きで、伝統や古典といったものに固執しているわけではない。

 

大切なのはフランス料理の古典を古臭いものにしない事。なので「同じ料理を同じように作り続けても古くなるだけ」と語る宮本シェフは、新たな閃きを求めて若いシェフと交流する会を催したりしている。

 

クラシックでも

斬新なものでも

全部がフランス料理

 

勢いのある若いシェフでも、宮本シェフが来ると「ビビる」らしいのだが、「伝統や古典について説教されるのかと思ったら、全然そうじゃなかった」とホッとしたり、「あの世代のシェフは頭がガチガチの人が多いけど、宮本さんは柔軟」と驚く若いシェフがいたりする。

 

 

その一方で、マダムとして接客に携わる奥様によるとシェフは「フランス料理の技術は全て試してみないと気が済まない」らしく、「すぐ新しい調理器具を買ってきちゃう」、でも「飽きて使わなくなっちゃう」といった困った一面もあるらしい。

 

フランスでも

日本でも修羅場をくぐって…

 

トレフ・ミヤモトは多くの人にとって特別な存在。ここには多くを経験し、修羅場をくぐった人にしか醸し出せない深い味わいがあるからかもしれない。

 

神戸で約10年間にわたり殆ど丁稚奉公のように働いて、1988年にフランスに渡るが、それは日本人の料理人が重宝されるようになる遥か前のこと。星の付いていないレストランの最下層からスタートして、ミシュラン星付きのレストランでポワソニエやシェフ・ドゥ・パティシエなどの地位にステップ・アップ。さらに3つ星のジョルジュ・ブランでは料理の要となるソースの責任者であるソーシエに抜擢されるまでになる。(実際にトレフ・ミヤモトで食事をしてみれば宮本シェフのソースの味い深さ、香りの高さには驚くはず)

 

日本に戻ってきてからはクラブ・ニュクスで料理長を務めた後、96年に西麻布にあったクリニャンクールのオーナー・シェフとなり、2004年に六本木でトレフ・ミヤモトを開くが、その間には何度か修羅場をくぐり、本人曰く「だから髪の毛がなくなっちゃた…」という状態になる。

 

それでも店を構えて料理し続けるのは、良い客に恵まれたから。

 

とりあえず一度は行っておこうと思う話題のレストランが多々ある東京で、トレフ・ミヤモトは話題になっても、ならなくても行く価値ありのレストラン。そして多くの人にとっては話題になって欲しくないレストランでもある。

New restaurants constantly open in Tokyo, and our attention is often drawn to new places because information is abundant, both on the internet and in print media.  

 

However, every foodie knows a fellow foodie or two who visits the same place time and time again; the kind of restaurant people have been visiting regularly for years, but you never see in the media.

 

Treffe Miyamoto, in Roppongi, is a restaurant like that. Many regulars still remember owner-chef Masahiko Miyamoto from when he was the chef at now legendary Club NYX in the 90s, and some have even been eating his authentic French cuisine since then, too. 

 

Treffe Miyamoto is home to the kind of French cuisine becoming increasingly hard to find in both Tokyo and Paris. But this is not to say Treffe Miyamoto is a place for nostalgia and classic French cuisine. Chef Miyamoto says, “I treasure the basics and tradition of French cuisine, and use them to express myself.” 

 

There’s a healthy respect in Miyamoto for French culinary tradition, but he is not retrospective or bogged down in tradition or the archaic. Miyamoto believes that it’s important to keep an eye on the present; making the same dishes over and over only results in them becoming outdated, so he enjoys getting together with younger chefs and learning about new trends.

 

Classic or modern…

They are all French cuisines.

 

Up-and-coming chefs are often intimidated by Chef Miyamoto, and many assume he’ll preach about the importance of French culinary tradition. Surprisingly, however, it is usually Miyamoto trying to learn from his younger peers, and this attitude impresses younger chefs.  

 

According to Mrs. Miyamoto, who is in charge of taking care of the diners, her husband is a compulsive learner, and a man who hates not knowing everything about French culinary techniques. He has to have all the new cooking devices, but according to Mrs. Miyamoto, he also “gets tired of new toys rather quickly.”

 

Through thick and thin 

in France and Japan

 

Treffe Miyamoto is a special restaurant for many; it has a character and charisma that only an experienced chef can bring.  

 

Miyamoto initially worked an apprenticeship for almost ten years in Kobe. Afterwards he went to France, at a time decades before Japanese cuisiniers were treasured in the kitchens of prestigious restaurants. Miyamoto started his stint in France working at an unheralded restaurant; he became the poissonnier, or chef in charge of fish dishes, and later worked as pastry chef at Michelin double and triple starred restaurants. 

 

At the Michelin triple-starred Georges Blanc, Miyamoto was even appointed the saucier (chef in charge of sauces,) arguably the most coveted position under the chef de cuisine, being that sauces are considered the most important element of traditional French cuisine. Taste the sauces at Treffe Miyamoto and you will understand; Miyamoto’s French culinary tour of duty was well worthwhile.

 

Back in Japan, Miyamoto opened his own restaurant, Clignancourt, in 1996 after working as chef at Club NYX. Then, he opened Treffe Miyamoto in Roppongi in 2004. The man has been through thick and thin, and says with a smile: “This is how I lost my hair.”

 

Tokyo is full of newly opening restaurants, and these are often heavily publicized. Treffe Miyamoto is rarely picked up by mainstream media, but that’s neither here nor there; it is still a restaurant worth visiting. And perhaps what you’ll find is that once people discover Treffe Miyamoto, they won’t say anything about it; they’ll want to keep it all to themselves.

TOP

MENUS

DINNER

 

10,000 yen

 

『セゾン』

アミューズ 1 + アミューズ 2 + 季節の前菜 + クロメスキ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー + お茶菓子

 

“SAISON”

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + Seasonal Appetiser + Cromesquis + Fish + Meat + Dessert + Coffee + Mignardises

 

15,000 yen 

 

『プレステージ』

宮本シェフこだわりの食材をつかった特別コース

アミューズ + 季節の前菜 1 + クロメスキ + 季節の前菜 2 + 魚 + 肉 + 小さなデザート + デザート + コーヒー + お茶菓子

 

 “PRESTIGE”

Chef Miyamoto’s Special Tasting Menu

Amuse Bouche + 1st Seasonal Appetizer + Cromesquis + 2nd Seasonal Appetizer + Fish + Meat + Small Dessert + Dessert + Coffee + Mignardises

 

 

 

上記2つのディナー・コースで味わっていただく「クロメスキ」は宮本シェフのスペシャリテの一口サイズのコロッケで、中にはフォアグラとトリュフのソース入ったものです。

 

Cromesquis, featured in the two dinner menus above, is Chef Miyamoto’s speciality. It’s a bite size croquette stuffed with foie gras and truffle sauce.

 

 

特に人気の幸せを呼ぶと言われるテントウ虫を思わせる蟹と帆立貝のブランダードは一度は食べてみる価値ありなので、予約時に「テントウ虫のサラダ」が食べたいとお伝えください。

 

And if you’re interested in the ladybird salad, another specialty of Chef Miyamoto, we recommend telling the restaurant when you make a reservation. The ladybird salad is very popular, and ladybirds are known as a good-luck charm in Japan.

 

 

宮本シェフはテーブル毎に異なる料理の数々でコースを構築します。

しっかりと仕込みをして完成度の高い料理を提供する為にも、

上記どちらのコースにするか予約の時点でお伝えください。

 

Chef Miyamoto cooks different dishes for each table, so he starts preparations well in advance. For the best possible dining experience, the restaurant recommends you let them know which menu you would like to order when making reservations. 

 

 

苦手な食材や、特に食べたい料理がある場合も予約の時点にお伝え下さい。

 

And be sure to let the restaurant know of any allergies or ingredients you would like to avoid. 

 

 

LUNCH 

(土曜・日曜・祝日のみ)

(Saturday, Sunday and National Holiday Only)

 

5,000 yen

『ドゥジュール』

アミューズ + 前菜 + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー + お茶菓子

 

“de JOUR”

Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert +  Coffee + Mignardises

 

8,000 yen 

 

『プレステージ』

アミューズ 1 + アミューズ 2 + 季節の前菜 + クロメスキ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー + お茶菓子

 

 “PRESTIGE”

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + Seasonal Appetizer + Cromesquis + Fish + Meat + Dessert + Coffee + Mignardises

 

平日でも6名以上であれば事前に予約することでランチを楽しむことが可能。

 

The restaurant is sometimes able to open for lunch on a weekday for parties of six or larger, so please make reservations in advance. 

 

上記の金額すべてはサービス料込み、税別となっています。

 

The prices above include service charge. Consumption tax to be added.

TOP

DRINKS

トレフ・ミヤモトにあるのは赤白合わせて80種類程度のワイン。7,000円台からあるが、最も人気のあるのは15,000円前後のワイン。

グラスでは赤白それぞれ3種類づつが1,200円から1,800円で、シャンパン2種類は1,600円から。

Treffe Miyamoto has approximately 80 wines, red and white combined. The most popular wines are priced at around 15,000 yen, but there are also options from around 8,000 yen.

Three red and three white wines are available by the glass from 1,200 to 1,800 yen. Two by-the-glass Champagnes start at 1,600 yen. 

勿論、ワイン・リストはあるのだが見る人は少なく、殆どの人がグラスでもボトルでもワインの選択はマダムに任せるのが特徴。

マダムはソムリエの資格をもっていないので「ワインに関して幅広く深い知識があるわけではない」と謙虚に語るが、誰よりも宮本シェフの料理を理解しているマダムにワインを任せるのがベストというのがトレフ・ミヤモトの常連の考え。

そして「他のレストランよりもワインが出る見たい…」というのはマダムの言葉なのだが、その理由は宮本シェフの料理を味わってみればわかるはず。

Treffe Miyamoto has a wine list, but regular diners rarely look at it. Instead, they are happy to let Mrs. Miyamoto select their wines. 

Mrs. Miyamoto humbly admits “I am not a certified sommelier. I don’t have an extensive knowledge about wines.” That said, she knows wines and more importantly, knows her husband’s dishes better than anybody. Sommelier or not, you can rely on her for help and advice.

Interestingly, Mrs. Miyamoto adds, “It seems people drink more wine here than other restaurants.” So let’s assume quality French cuisine makes you thirsty!

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区六本木7-17-20
7-17-20 Roppongi, Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線
都営地下鉄大江戸線
六本木
Roppongi
(Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-5772-7755
平均予算 Average Cost
Dinner: 16,000
Lunch: 8,000 (Saturday, Sunday and National Holiday Only)
営業時間 Business Hours
DINNER

18:00 - 21:30 (L.O)

LUNCH
(土曜・日曜・祝日)
(Saturday, Sunday and National Holiday Only)

12:00 - 13:30(L.O)

6名以上であれば事前に予約することで平日にもランチを楽しむことが可能です。

Closed on Mondays

If a national holiday falls on a Monday, the restaurant will be open that day and instead be closed on the following Tuesday.

月曜日が定休日となっていますが、月曜日が祝祭日の場合は営業となり、代わりに翌日の火曜日が休みとなります。
Credit Card
merican Express / Diners Club / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter