オーコアンドゥフー
渋谷・代官山・中目黒 / フレンチ

Au Coin du Feu
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / French

03-6412-8212
メインビジュアル

厚切りサーモンの瞬間燻製、温泉卵添え

Thickly Sliced Smoked Salmon with Slow Boiled Egg

メインビジュアル

ズワイ蟹・帆立のクープ、オマール海老のコンソメジュレとウニ添え

Coupe of Scallop and Snow Crab

メインビジュアル

豚足・豚耳のクロケット、ラヴィゴット・ソース

Pig's trotters and Ear Croquette with Sauce Ravigote

メインビジュアル

フォアグラ入りパテ・ド・カンパーニュ

Country Style Pate with Foie Gras

メインビジュアル

カスレ

Cassoulet

メインビジュアル

帆立のムースと鮮魚の白菜包み、ブールブランソース

Scallop Mousse and Fresh Fish Wrapped in Napa Cabbage, Beurre Blanc Sauce

メインビジュアル

仔羊背肉のロースト

Roast Lamb Rack

メインビジュアル

フランス・ブレス産仔鳩のロースト、その内臓のソースで

Bresse Free Range Pigeon Roast

メインビジュアル

白桃のコンポート、ジュレ仕立て

Peach Compote on a Bed of Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

オーコアンドゥフーは中目黒の駅から歩いて数分の距離でフランス料理を楽しめる使い勝手の良い店。便利なロケーションながらも、喧騒から逃れて食事を楽しむのに理想的なレストラン、というかビストロで、やはりレストランでもある。

 

オーコアンドゥフーの店内の壁には黒板のメニューが架けられ、テーブルには白いクロスの代わりにランチョン・マットがのっている事からすると典型的なビストロと言っても差し支えないが、何故かレストランを思わせる空気が流れているのがオーコアンドゥフーの不思議な魅力。

 

ここではカジュアルにフランス料理を楽しむ男女のカップルや女性だけのグループの横で、少しドレスアップした年配の女性が落ち着いた雰囲気を醸し出しながら食事を楽しみ、直ぐ近くにある大きなビルの中にオフィスを構えるフランス人が日本語を流暢に話しながら食事していたりする。

 

そんなビストロ、というかレストランのオーナー・シェフ山口潤の経歴はユニーク、且つユーモラス。料理人を志すようになったのは何故かと訊かれ、『料理人になろうなんて思ってなかったんすよ』と山口は即答。

 

10代の後半、ロクに学校も行かず、住み込みで働けるという理由だけでバーテンダーの仕事に応募し採用されるが、まだ未成年なので配属されたのは洋食の厨房。数年後に半ば強制的に横浜のフランス料理の店に送り込まれるが、どうしても料理の仕事は好きになれず。

 

ようやく念願かなって辞める事になった時、餞別代わりに連れていかれたのが四谷の北島亭。その日の事をシェフは『もー驚いちゃって、その日は興奮して一晩中寝られなかったスよ』と回想。結局、その後1ヶ月間に3回も北島亭で食事をして完全にフランス料理に目覚めてしてしまう。

 

その後も紆余曲折を経ながら、フランスに全く言葉が判らない状態で渡り、パリや地方、そして日本人が絶対に来ないような田舎でフランス人の優しさに触れながら3年間、『厨房の中のフランスの空気』を吸って過ごす。

 

日本に戻ってきた後は、働いていたレストランで奥様と出合い結婚。2人で横浜の元町で苦戦していたレストランの立て直しを任され、見事に数カ月でレストランを軌道に乗せ、料理だけでなく数字の管理にも携わり、独立に向けての貴重な経験をする。

 

中目黒のオーコアンドゥフーのメニューにある『温泉卵を添えた厚切りサーモンの瞬間燻製』や『ズワイ蟹・帆立のクープ』などは横浜元町時代からの料理。それらの料理を少し発展させた最新版を食べに横浜から中目黒まで来る昔からの常連も少なくない。

 

そして何人かの常連は、必ず帰り際に『フレンチなのにポーションが大き過ぎる・・・』と文句を言いながらも、数週間後には友人を連れて中目黒に戻ってきたりする。そんな事も、ここオーコアンドゥフーには不思議な魅力がある事の証明。

 

因みに、オーコアンドゥフーという名前は暖炉、すなわち暖か味ある空間を意味するフランス語。この中目黒の裏道に佇むオーコアンドゥフーは、まさしく誰にとっても居心地の良い空間である。

 

 

Au Coin du Feu is a restaurant which is located approximately five minutes by foot from Nakameguro station. Even though it is close to the station, it is a quiet area. And, Au Coin du Feu is a place where you can enjoy quality French cuisine in a very comfortable and relaxing atmosphere.

 

Is it a bistro or restaurant?

 

You can say that this is a bistro because there is a large black board inscribed with a menu written in chalk handing on a wall and there are luncheon mats placed on tables, instead of white tablecloths covering them. However, if you dine at this place, you will somehow feel the air reminiscent of more discerning restaurants.

 

Quite often at Au Coin du Feu, you see a wide range of customers dining. You might see couples and groups of ladies dining right next to an older lady dressed up dining by herself, and a French businessman with his office in a nearby large building treating his customer to French fare and speaking fluent Japanese. It does not matter if this is a bistro or restaurant to them: They know how to use and enjoy this place.

 

Owner-chef of this place, Jun Yamaguchi’s background is very unique, and even humorous. Being asked what initially made him aspire to become a chef, he said, “Nothing. I never wanted to become a chef!” When he was very young, he stopped going to school and applied for a bartending job which provided lodging. He was accepted but told to work in the kitchen instead as he was still too young to make cocktails. Then he was sent to Yokohama to work for a French restaurant. There he did not enjoy cooking French food at all and wanted to quit but could not because he needed a place to live.

 

A couple of years later, when he was finally preparing to leave, his boss took him to Kitajimatei, very famous French restaurant in Tokyo as a farewell gift. He still very clearly remembers what he experienced by saying, “I was completely dumfounded as I had never tasted anything so good. I was too excited to sleep that night”. He ended up going back to Kitajimatei three times within next 4 weeks. Now he was completely willing to commit himself to French cuisine.

 

Having gained more experience in Yokohama, he went to France with absolutely no knowledge of French language. He ended up spending the next three years cooking in Paris and rural areas where no Japanese tourists venture. He was breathing the air of French cuisine.

 

After coming back to Japan, he met his wife who was then working for the same restaurant with him. Then, they were asked to manage a struggling restaurant. There they got the very valuable experience of reestablishing a restaurant, which gave them confidence to start their own.

 

On Au Coin du Feu’s menu, you find dishes such as “Thickly Sliced Smoked Salmon with Slow Boiled Egg” and “Coupe of Scallop and Snow Crab” which were very popular at their previous restaurant in Yokohama. There are customers from Yokohama coming to this restaurant to taste slightly updated version of these dishes.

 

There are also customers “complaining” that portions are too big every time they come. They however always come back with new customers. Customers like them are the proof that this place has something special.  

 

By the way, au coin du feu means fireplace or warm place to gather in French. Naturally, this Au Coin du Feu has something to for people to gather around.

TOP

MENUS

LUNCH

 

2,500 yen

前菜 + スープ + 主菜 + デザート + コーヒー

Appetizer + Soup + Main Dish + Dessert + Coffee

 

3,500 yen

前菜 + 前菜または魚料理 + 主菜 + デザート + コーヒー

Appetizer + Appetizer or Fish + Main Dish + Dessert + Coffee

 

5,500 yen

旬な食材でつくるシェフの「おまかせ」コース

Chef’s tasting menu with seasonal ingredients

 

DINNER

 

5,000円 毎日変わるメニューのプリフィクスコース 5,000円

一口オードブル + 前菜1 + 前菜2 + 魚もしくは肉 + デザート + コーヒー

5,000 yen Today’s Prix Fixe Menu

Amuse Bouche + Appetizer 1 + Appetizer 2 + Fish or Meat + Dessert + Coffee

 

6,800円 季節のおまかせフルコース

一口オードブル + 前菜1 + 前菜2 + 本日の鮮魚 + 肉 + デザート + コーヒー

6,800 yen Seasonal Omakase Full Course

Amuse Bouch + Appetizer 1 + Appetizer 2 + Fish + Meat + Dessert + Coffee

 

シェフのオーダーメイド・コース 8,500円~

その日入った、最高の食材でお客様の好みに合わせてシェフがつくるコース

Chef’s Omakase Course with Best Ingredients Available priced from 8,500 yen

TOP

DRINKS

リストに網羅されているワインは赤白40種類ずつ。全てフランス産でブルゴーニュとボルドーが半々で大半を占めるが、アルザス、ロワール、ローヌのワインも見つける事ができる。

The wine list has 40 red and 40 white wines. They are all from France namely from Burgundy and Bordeaux. However, on the list you see wines from Alsace, Loire and Rhone as well.

ボトルでの値段は3,200円から。スパークリングとシャンパンは、それぞれ3,200円と5,000円から。グラスでは数種類の選択肢が毎日あり、赤白共に600円から。スパークリングとシャンパンは、それぞれ600円と1,200円から。

Bottles are reasonably priced from 3,200 yen. Sparkling wines and Champagnes are available from 3,200 yen and 5,000 yen respectively. By the glass red and white wines are priced from 600 yen, while sparkling wines and Champagnes are priced from 600 yen and 1,200 yen respectively.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都目黒区上目黒2-7-2
2-7-2 Kamimeguro, Meguro-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒
Nakameguro(Tokyu Toyoko & Tokyo Metro)
Tel
03-6412-8212
平均予算 Average Cost

Lunch: 3,000 yen
Dinner: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH
11:30 – 13:30 L.O.
15:00に閉店。Close at 3:00 pm
ご予約は12:30最終受付け。
Please make reservations by 12:30 pm.

DINNER
18:30 – 22:30 L.O.
23:30に閉店。Close at 11:30 pm
ご予約は20:00最終受付け。
Please make reservations by 8:00 pm.

Closed on Wednesday and the 3rd Tuesday every month.
定休日: 毎週水曜日および第3火曜日
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA
ランチでは現金での支払い、ディナーでも10,000円未満の場合は現金での支払いとなっています。
Please be reminded that the restaurant does not accept credit card during lunch hours. Also, please pay by cash if the total amount for dinner is less than 10,000 yen.