コンフル
駒沢大学・桜新町 / フレンチ

confl.
KomazawaDaigaku-SakuraShinmachi / French

03-3419-7233
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

前菜の盛り合わせ 

Assorted Appetizers

メインビジュアル

マリネしたサーモンとウイキョウのサラダ、ビーツのソース

Marinated Salmon and Fennel Salad, Garden Beets Salad

メインビジュアル

ロワール産ホワイト・アスパラガスのソテー、自家製ハムとポーチド・エッグ

Sautéed White Asparagus from Loire with Homemade Dry Cured Ham and Poached Egg

メインビジュアル

馬肉のタルタルステーキ フレンチ・フライを添えて

Horse Meat Steak Tartare with French Fires

メインビジュアル

エビのソテー マルサラの香り

Marsala Wine Flavored Sautéed Shrimps

メインビジュアル

牛ハラミのステーキ 自家製ハーブ・バター添え カフェ・ド・パリ・スタイル

Skirt Steak with Homemade Herb Butter, Cafe de Paris Style

メインビジュアル

子羊の背肉のロースト タイムの香り 子羊のジュ

Thyme Flavored Roast Lamb Rack au Jus

メインビジュアル

鴨胸肉のロティ、赤ワインのソース

Roast Duck Breast, Red Wine Sauce

メインビジュアル

デザートの盛り合わせ

Assorted Desserts

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

田園都市線の駒沢大学の最寄りの出口から歩いて約3分弱という距離にあるのがコンフル。駒沢大学の駅の真上には国道246号が、さらに上には高速道路が通る非常に交通量の多いエリアなのだが、コンフルがあるのは静かな住宅街のなか。

 

駅から3分少々の距離にある閑静なエリアの昔ながらの民家を改築したレストランのドアを開ければ、そこには静けさではなく心地良い熱気のようなものが漂っていることに気づくはず。その空気をつくっているのはコンフルのオーナーでサービスを担当する倉田俊輔とスタッフたち。

 

オーナーの倉田俊輔は大学生だった90年代の後半に東京で飛ぶ鳥を落とす勢いだった飲食チェーンでアルバイトをして接客の楽しさを知り、そのまま正社員となる。しかしながら急な店舗展開とともにファミレス化されていく職場に違和感をもって外に出ることを決意。その後は幾つかの「カッコ良い」と思ったレストランで働きながら勢い余って20代後半で自らのレストランを今のロケーションで開くに至る。

 

しかし上馬四丁目の路地裏で洒落たフランス料理をコースだけで食べてもらうというコンセプトは全く機能せず、シェフとの関係もギクシャク。店名をビストロ・コンフル(これが今でも正式な店名)に変え、新たなシェフを迎えて再スタートする事で立ち直り、倉田が理想とするレストランに一歩近づく。

 

倉田が理想とするのは美味しい料理だけでなく、何かを感じてもらえるレストラン。その何かとはスタッフの表情や気持ちであり、そのケミストリーがレストランを心地良い空間にする、というのが倉田の考え。

 

そのケミストリーを醸し出すのは倉田ではなく、オープン・キッチンの中で働く女性スタッフたち。楽しそうに働いているが、丁寧に時間をかけて料理を仕込んでいることは食べてみれば分るはず。以前からコンフルで働き、その前には他の店でも働いてきた彼女たちは、「もっと経験あるシェフは沢山いるけど、食べる人を思う気持ちでは負けてないはず」と少し自信あり。

 

食べている人の表情を見るだけでなく、彼女たちは自然な会話をしながら料理に関してのフィードバックを引き出し、改善に役立てる。食べる側もフレンドリーな彼女たちには率直な感想を伝えやすい。

 

フランス語のレストランという言葉の由来となったのは「回復する」「元気になる」といった意味合いのラテン語らしいのだが、ここで彼女たちの料理を食べていると実際に元気になってきたり、テキパキと働く姿を見ていると「また明日から頑張ろう」といった気分にもなってくる。

 

店名のコンフルは”confluence”という「2つ以上の河川が交わるポイント」を意味する単語の短縮系で地図の上で使われたりするもの。

 

この駒澤大学の駅の近くにある”confl.”も心地よいサービスと王道のフランス料理を提供するスタッフの”confluence”であり、それを楽しみに様々な人が集まる”confluence”であったりもする。

You’ll find Confl in a quiet residential area near KomazawaDaigaku station, on the Denentoshi Line. It’s below the ever-busy Route 246, where a highway runs above.

 

Confl is a relatively large, old residential space converted into restaurant. There’s a comfortable air of enthusiasm about it the moment you open the door. The space is a creation of Shunsuke Kurata, the owner and manager of service, together with two other staff members. 

 

Kurata entered the restaurant business in the 90s, when he started working part time at a tremendously popular restaurant in Shibuya. He enjoyed it so much he began working full-time after graduating from college. Unfortunately, the company that owned the restaurant expanded so quickly its restaurants started to lose the character that once attracted so many diners, and Kurata decided to leave. Afterwards, he worked for a couple of restaurants he thought were cool, and while still in his 20s, decided to open his own restaurant.

 

Kurata’s first restaurant was French, and served a single tasting menu. It was a concept that might have worked in a fancy neighborhood, but failed in the  backstreets of Kamiuma 4 chome. Though Kurata lost his chef, he started from scratch, with a new concept in the same location - a casual French eatery now known as Bistro Confl. 

 

For Kurata, the ideal restaurant needs something more than good food. It needs a charismatic character. Kurata believes this is created through a chemistry generated by the passion of everyone working at the restaurant. 

 

As for the name confl, it’s an abbreviation of the word ‘confluence,’ which means a place where two join to become one. The abbreviation is often used on maps.

 

It’s an apt name: Confl is a confluence of people passionate about working in the restaurant industry, and French food lovers.

TOP

MENUS

LUNCH

 

1,500円のセット・メニュー3種

Three set lunch menus priced all at 1,500 yen

 

DINNER

 

ビストロならではの黒板メニューにあるのはビストロ料理でありながらも典型的なものよりも少し洗練された料理の数々。

 

Confl’s blackboard menu features standard bistro fare, but with a higher level of sophistication than you’ll find in the average bistro.

 

 

アラカルトで料理を選んで食事を楽しむのがコンフルのスタイル。合計10種類ほどの前菜は全て2,000円以下で1,000円以下のものも幾つかあり。メイン・ディッシュは旬な魚が1種類と肉料理が6種類あり、全て2,500円前後から3,000円。

 

前菜とメイン・ディッシュはポーション大き目なので仲間と一緒にシェアしながら何皿か違う料理を味わえるのが良し。

 

6種類のデザートは全て700円前後。特に薄力粉を使わない濃厚なガトー・ショコラはチョコレートのテリーヌといった感じで人気あり。

 

さらにメニューには500円程度から1,000円未満の小皿料理が幾つかあり。少し遅めの時間に立ち寄ってカウンターで小皿料理と一緒にワインを飲むという楽しみ方もコンフルでは大いにあり。

 

à la carte

 

At Confl, diners can freely select dishes from the la carte menu, including around ten appetizers priced at less than 2,000 yen, and some less than 1,000 yen. The main dishes - one fish and six meat dishes - are all priced at between 2,500 yen to 3,000 yen.

 

As the appetizers and main dishes are large enough to share, diners are encouraged to order and taste a variety of dishes with friends. 

 

The six desserts are all priced at around 700 yen, including a tremendously popular chocolate cake  made without using cake flour. 

 

The blackboard menu also features small dishes priced from around 500 to 1,000 yen, and are ideal for stopping by for a couple of glasses of wine.

TOP

DRINKS

ワイン・リストに載っているのは赤15種類と白15種類だけだが、その何倍もの種類のワインがセラーにあるので、リストに目を通すだけでなくオーナーの倉田と話しながら料理に合ったワインを選ぶのが良し。

価格は4,000円代から9,000円代までで、最も人気のあるのは5,000円から6,000円程度のもの。

因みに、フランス料理を味わうビストロでありながらも、イタリアやスペインのワインもあるのがコンフルの特徴。「美味しいワインをフェアな価格で楽しんで貰おうとしていたらフランス以外のワインの数がいつのまにか増えた」というのが理由。もう一つの特徴はボルドーがない事。

倉田が好きなのは作り手の情熱を感じるようなワインの数々。「必ずしも自然派にこだわっているわけではないが、オーガニックなものが多いのは確か」というのも倉田の言葉。

グラスでは赤白5種類づつのワインを1,000円前後で味わえる。

シャンパーニュはボトルで9,000円、グラスでは1,400円で味わえ、スパークリング・ワインはロワール産のものがボトルは5,000円、グラスは900円で味わえる。

 

 

The wine list features only 15 reds and 15 whites, but many more are stocked in the cellar, so diners are encouraged to speak with Kurata when ordering wine. 

The wine is priced from around 5,000 to 9,000 yen, with the most popular options hovering around the 5,000 to 6,000 yen price range.

Though Confl is a French bistro, the wine selection also includes Italian and Spanish options. Kurata says he started stocking these because he wanted to offer delicious wine at a fair price.

Kurata likes wine through which he feels the passion of winemakers. He is not a natural wine fanatic, but does stock a fine selection of organic wines.

By the glass, 5 reds and 5 whites are available daily. These are priced at around 1,000 yen.

Champagne is priced at 9,000 yen by the bottle, and 1,400 yen by the glass. Sparkling wine from Loire Valley is 5,000 yen by the bottle, and 900 yen by the glass. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都世田谷区上馬4-3-15
4-3-15 Kamiuma, Setagaya, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急田園都市線 駒沢大学
KomazawaDaigaku (Tokyu Denen Toshi Line)
Tel
03-3419-7233
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,500 yen
DINNER: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 15:00 (L.O. 14:00) 
DINNER: 18:00 - 23:00 (L.O. 22:00) 

Closed on Tuesdays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA / Diners Club