アンクゥー
恵比寿・広尾 / フレンチ

un coup
Ebisu-Hiroo / French

03-6277-0889
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

有機野菜のガスパチョ 、鯵のマリネとバジル・ソルベ添え

Gazpacho of Organic Vegetables with Marinated Trevally and Basil Sorbet

メインビジュアル

大山鶏、煮穴子、フォアグラ、アンズのプレッセ

Presse of Daisan Free Range Chicken, Conger Eel, Foie Gras and Apricot

メインビジュアル

ライム風味の地金目のカルパッチョ

Lime Flavored Carpaccio of Splendid Alfonsino

メインビジュアル

ズッキーニで包んだサーモンのタルタルとホワイトアスパラガス

Zucchini Wrapped Salmon Tartare and White Asparagus

メインビジュアル

フォアグラのテリーヌ、自家製ブリオッシュとリュバーブ

Terrine of Foie Gras with Homemade Brioche and Rhubarbe

メインビジュアル

イサキのポワレ、パセリソース、ジロール茸のマリネを添えて

Pan Fried Chicken Grunt, Parsley Sauce, with Marinate Girolle Mushrooms

メインビジュアル

ラングスティーヌ、リードヴォーのポワレ、オレンジ風味 ラングスティーヌのジュ

Scampi, Pan Fried Sweetbread, Orange Flaovred Scampi au Jus

メインビジュアル

青森産仔鴨のロティー、カシス・ソース、ラタトュイユを詰めた花ズッキーニ添え

Roast Aomori Pigeon, Cassis Sauce, Zucchini Blossom Stuffed with Ratatouille

メインビジュアル

ニュージーランド産・仔羊背肉のロースト、トマトのベニエとともに

Roast New Zealand Lamb Rack with Tomato Beignet

メインビジュアル

丹波黒鶏を2種の調理法で

Tanba Black Chicken Cooked in Two Ways

メインビジュアル

パートフィロで包んだパイナップルとチョコレート

Chocolate and Pineapple Wrapped in Pate Fillo

メインビジュアル

パートフィロで包んだパイナップルとチョコレート

Chocolate and Pineapple Wrapped in Pate Fillo

メインビジュアル

チョコレートのテリーヌ 

Chocolate Terrine

メインビジュアル

グレープ・フルーツのブランマンジェ、牛乳のアイスクリーム

Grapefruit Blancmange with Ice-cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

この広尾の駅と天現寺の交差点の中間、ビルの2階にひっそりと隠れるように佇んでいるアンクゥーの正式な名前はビストロ・アンクゥー。しかしながら敢えてビストロという単語を省きアンクゥーとだけ呼ぶのは、ここは普通のビストロではないから。

 

アンクゥーは、ビストロの定番的な料理ではなく、新鮮な野菜を大胆に取り入れ、カジュアルながらも都会的で洗練された料理を、自然派のワインと一緒に味わう場所。こういった店がパリにあれば、ネオ・ビストロと呼ばれるのかもしれない。

 

そんなユニークな存在に一早く気付いたのは近所にあるフランス大使館や駐日EU代表部で働くフランス人。日本での任期を終え母国に戻るに際しては、引き継ぎの一環として後任にアンクゥーを紹介したり、歓送迎会を行ったり。そんな人達を魅きつけるのは料理やワインだけでなく、ソムリエを務める飯野瑞樹とシェフの宮崎和幸のフランスへの思い。

 

高校の3年間をファミリー・レストランでのアルバイトに費やした飯野は、そのまま正社員になるが、配属されたのは何故か横浜にあるブラッセリー。  初めてフランス料理に触れ、小遣いを貯めて23歳の時にブルゴーニュに旅行し、職場のコネを活用し幾つかのワイナリーを訪れる。

 

その後は、ブルゴーニュ・ワインの充実した取り揃えで知られる青山のレストランに転職し4年間みっちりとワインを勉強。そしてロマネ・コンティのオーナーが所有するプライベート・セラーで働けるという、  願ってもないチャンスを得てブルゴーニュへ….しかし現地に着いてみると言葉がネックとなりプライベート・セラーの話はチャラ。

 

捨てる神あれば拾う神あり。そんな時に声をかけてくれたのはボジョレーのマルセル・ラピエール。この自然派ワインの偉大な先駆者が手掛けたワインを飲んだ瞬間に「ボジョレーはヌーヴォー」といった先入観は吹き飛び、飯野は求道すべきものを見出す。そして2年間にわたりマルセル・ラピエールの下でワインを造り、日本に戻った後も自らの店で自然派ワインの啓蒙を続ける。

 

今では自然派ワインを愛するものにとって教祖であり、限りなく神に近い存在のマルセル・ラピエールだが、広尾のアンクゥーの壁に描かれている似顔絵から分かるのは、氏の気さくな人柄。そして店名のアンクゥー(un coup)は、飯野の師が優しく「まあ取りあえず一杯….」といったニュアンスでワインを勧めてくれた時の言葉。

 

 

自然派のワインに合わせて味わう、ビストロ・アンクゥーの料理をつくるシェフの宮崎和幸のフランスへの想いも強し。10代の半ばで『料理の鉄人』などのテレビ番組を見たのがきっかけでフランス料理に携わる料理人を志す。何故フレンチなのかという問いに、『ただの憧れようなもの…』と控えめに応えるが、『とにかくフランスに行きたかった』と語るシェフ宮崎のフランスへの思いは抽象的であっても、かなり強かったはず。

 

フランスではパリだけでなく、日本人が全くいないようなアヴィニョンの外れの田舎のレストランや、ニース近郊のリゾート地にあるホテルなどで働きながら4年弱を過ごす。フランス人と一緒にキッチンの中で長時間にわたり働くだけでなく、一緒に生活することで現地の生活に浸かり、何よりもフランス人ならではの考え方に触れられたのが良かったと、シェフ宮崎はフランスでの経験を振り返る。

 

そんな宮崎にとってフランスの食文化は今でも憧れの対象。東京では日本人だけでなくフランス人、そして世界中の人に味わってもらう為にフランス料理をつくる。そして大切なのは日本人としての自らの感性をフランス料理に反映させる事と語るが、時には数ヶ月間にわたりフランスに戻り、原点に立ち戻ったりすることもある。

 

ここ広尾のアンクゥーでは、取りあえず一杯からスタートし、2杯目3杯目と飯野が薦める自然派のワインに合わせて、シェフ宮崎の料理の数々を味わいながら2人のフランスへの思いを感じるのが良し。

 

 

Un Coup is tucked away on the second floor of an unassuming building between Tokyo Metro’s Hiroo Station and the Tengenji Crossing. Though the official name is Bistro Un Coup, it’s more casually referred to as simply Un Coup.

 

In Paris, Un Coup would likely be called a neo-bistro - its gastronomy inspired dishes and quality natural wines stand in stark contrast to most other bistros in the Tokyo area.

 

Interestingly, the first people to take notice of Un Coup were French ex-pats working at the nearby Embassy and Delegation of the European Union. Welcome and farewell parties are often held here, and its become a rite of passage for those returning home overseas to introduce Un Coup to their successors. And it’s not just the food and wine - it’s the feeling of home that sommelier Mizuki Iino and Chef Kazuyuki Miyazaki bring to the atmosphere.

 

 

Iino started his career at a casual family chain restaurant, working there three years during high school before landing a job at a brasserie in Yokohama. It was here that Iino was first exposed to French food and wine - a fateful meeting that resulted in him saving his money and traveling to Burgundy at the young age of twenty three.

 

Upon his return, Iino looked to increase his knowledge of French wines, and moved to a restaurant in Aoyama known for its extensive Burgundy-centric wine collection. After four years of studying Burgundy wines, Iino received the chance of a lifetime - the opportunity to work at a private cellar belonging to one of the owners of Romanée-Conti in Burgundy. However, it was not to be - Iino’s French linguistic skills, at the time, were not yet sufficient.

 

But when one door shuts, another opens, and Iino soon met Marcel Lapierre, who offered him a chance to work in Beaujolais. Though Iino’s initial image of Beaujolais was somewhat less than positive, everything changed with the taste of a a glass of wine offered by Monsieur Lapierre - it blew him away, to the point that he found in that glass the very thing he wanted to do with his life. And after working under Marcel Lapierre for two years, Iino returned to Japan, and dedicated himself to promoting natural French wines.

 

Natural wine enthusiasts worship Marcel Lapierre as a legendary, god-like figure, but his portrait on the wall of Un Coup seems unpretentious and friendly. In fact, the name Un Coup comes from a phrase Lapierre used when offering wine during breaks from work. In the original French, it’s translated as, “How about a glass of wine?”

 

Chef Kazuyuki Miyazaki, who prepares the dishes to go with the wines, is also passionate about France. He was originally inspired to become a cook through television programs like Iron Chef. When asked why he chose French cuisine, Miyazaki answers vaguely, “It was my longing…”. And then, “I wanted to go to France for reasons I don’t remember”. Clearly, the man was mesmerized.

 

In addition to working in Paris, Miyazaki worked for a restaurant inside a nice resort hotel outside of Nice and a small countryside restaurant in Avignon. During his four year long culinary stint in France, Miyazaki not only spent long hours working in the kitchen, but he also lived with French people. Looking back, he sees that time immersed in French life and French ways of thinking as a great experience.

 

Even now, Chef Miyazaki is inspired by French culinary culture. He enjoys cooking French food not only for Japanese people, but also the French and other expats living in Tokyo. Miyazaki believes it is crucial to add a Japanese touch to the Un Coup cuisine whilst treasuring the basics he acquired in France. It was with this goal in mind, in fact, that Miyazaki returned to France to remind himself of what is truly important. 

 

At Un Coup, you can sit back, relax, and start with a glass of wine. And while you savor Chef Miyazaki’s gastronomy inspired dishes, be sure to let Iino recommend your second and third glasses of wine; you won’t regret it. 

TOP

MENUS

LUNCH

 

Manu Plaisir 1,650 yen

サラダ又はスープ + メイン + コーヒー

Salad or Soup + Main + Coffee

 

Menu Légumes 1,650 yen

ベジタリアン・メニュー

サラダ + 野菜のメイン + スムージー

Vegetarian Menu

Salad + Vegetable Main Dish + Smoothie

 

Menu Sympa 2,350 yen

前菜 + メイン + コーヒー

Appetizer + Main + Coffee

 

Menu Spécial 3,100 yen

前菜 + スープ + メイン + デザート + コーヒー

Appetizer + Soup + Main + Dessert + Coffee

 

DINNER

 

Menu à Prix Fixe 4,500 yen

前菜 + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー

Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Coffee

Or

前菜1 + 前菜2 + 魚or肉 + デザート + コーヒー

1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish or Meat + Dessert + Coffee

 

Dégustations de Vins et Cuisine 9,450 yen and Up

4皿の料理に合わせて、シャンパーニュからスィート・ワインまで計5種類のワインを味わっていただけるコースです。

A four course tasting menu paired with five wines (including Champagne and dessert wine.)

 

Menu Dégustation 6,000 yen and Up

お好みの食材や予算に合わせてシェフが特別に用意する「おまかせ」コースです。

The chef’s “Omakase” set menu. Please inform the chef of any preferences or budgets.

 

Menu Mademoiselle 3,300 yen

月曜日と火曜日限定の女性の方だけにオーダーしていただけるメニュー。

アラカルト・メニューより料理を2品選んでいただけます。グラス・ワイン一杯が含まれています。

A special set menu exclusively for ladies. Available on Monday and Tuesday only.

Made up of two dishes selected from the a la carte menu, and includes includes a glass of wine.

 

アラカルト

 

ワインを飲みながら摘む小さな前菜は全て1,000円前後で、最も高価なシャルキュトリの盛り合わせでも1,550円。前菜は人気の『フォアグラのミキュイ、カカオのクランキー、山ブドウのジュレ』が2,100円で、他は全て1,500円前後。メインとなる魚と肉は全てが2,000円代。デザートは 全て1,000円未満。

 

A la Carte

 

These small appetizers, ideal with wine, are mostly priced around 1,000 yen, though assorted Charcuterie (cold cut meat) is 1,550 yen. The most popular appetizer “Foie Gras Mi Cuit Breaded with Cacao with Mountain Grape Jelly” is 2,100, but other appetizers are around 1,500 yen. Fish and meat main dishes are all less than 3,000 yen, with desserts priced under 1,000 yen.

TOP

DRINKS

故マルセル・ラピエールの下で働きながら、休日には師のワインを携えて他のワイナリーを周り、帰りには訪れた先のワインを託され戻って来るという生活を2年間続け、訪れたワイナリーの数は約140にもなるソムリエの飯野が自ら開いたアンクゥーで扱うのは自然派ワインのみ。勿論、全てはフランスのもの。

ワイン・リストに掲載されているのは赤白合わせて50本程だが、実際にストックされているのは150本ほど。価格帯は4,800円からで、もっとも人気のあるのは7,500円前後のもの。シャンパンは4種類が9,800円から。

常時15種類程度の赤と白のワインを850円からグラスで味わえる。グラスのシャンパンは1,400円。

While working for Marcel Lapierre, Iino visited approximately 140 wineries on his days off. On these days Iino would bring his master’s wine to the wineries he was visiting, and bring back one of their own. At Un Coup, all the wines are, of course, natural wines from France.

The wine list contains a combination of approximately fifty red and white wines. These are priced from 4,800, though the most popular wines are around 7,500 yen. The four Champagnes on offer start at 9,800 yen.

There are a combined total of fifteen red and white wines available by the glass, priced from 850 yen. By the glass, Champagne is 1,400 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都港区南麻布4-2-49 2F
2nd Floor 4-2-49 Minami Azabu, Minato-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線: 広尾
Hiroo (Tokyo Metro Hibiya Line)
Tel
03-6277-0889
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,400 yen
DINNER: 8,500 yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30-14:00 (L.O.)
Café: 14:00~15:45 (L.O.)
Dinner: 18:00-22:00 (L.O.)
Wine Bar: Until 24:00

料理のラスト・オーダーの後でも12時迄であればカウンターでワインを楽しんでいただけます。

Even after the last order, visitors are welcome to come and enjoy wines at the bar counter until midnight.

Closed on Sundays
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB