シェオリビエ
市ヶ谷 / フレンチ

Chez Olivier
Ichigaya / French

03-6268-9933
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

Aji marinés, basquaise de légumes, crème shiso, coulis de poivrons, tapenade

鯵のマリネ、バスク風野菜の煮込み、シソ・クリーム、パプリカのクーリ、タプナード

Marinated Jack Mackerel, Basque Style Vegetable Stew, Shiso Cream, Paprika Coullis, Tapnade

メインビジュアル

Foie gras de canard francais pané au pain d’ épices, mangue, coulis de povre de Sichuan

パンデピスをまとった仏産鴨のフォラグラ、マンゴー、山椒のクーリ

French Foie Gras in Pain d'Epices, Mango and Sichuan Coulis

メインビジュアル

Salade de Saumon de Tasmanie mariné gravelax, crème acidulée au raifort, blinis

サラダを包んだタスマニア産サーモンのマリネ・グラブララックス風、ホースラディッシュを効かせたクリーム、ブリニス

Marinated Tasmanian Salmon Gravlax Wrapped Salad, Horseradish Cream, Blinis

メインビジュアル

Gaspaacho en gelée, crème d’avocat, crevettes amaebi

ガスパチョのジュレ、アボカド・クリーム、甘エビ

Gazpacho Jelly, Cream of Avocado, Sweet Shrimp

メインビジュアル

Filet de Isaki poêlé, boulghour comme un taboulé, émulsion aux agrumes

天然イサキのポワレ、タブレ風ブルグール、柑橘類のエミュルション

Pan Fried Chicken Grunt, Tabbouleh Style Bulgur, Citrus Emulsion

メインビジュアル

Kimmedai à la vapeur, risotto à l’encre de seiche, émulsion de roquette et gingembre

天然金目鯛の蒸し焼き、イカ墨のリゾット、ルッコラと生姜のエミュルション

Steamed Splendid Alfonsino, Sepia Risotto, and Rucola and Ginger Emulsion

メインビジュアル

Râble de lapin farci au foie gras, abricots, amandes, patate douce a l’huile de noisette, jus aux herbes

フォアグラを詰めたウサギ゙の背肉、アプリコット、アーモンド、ヘーゼルナッツ・オイルの香りのさつま芋、ハーブのジュ

Rabbit Saddle Stuffed with Foie Gras, Apricot, Almont, Sweet Potato, Hazelnut Oil, Jus of Herb

メインビジュアル

Poitrine de canard challandais “Burgaud” rôtie aux cerises

シャラン産”ビュルゴー家”の鴨胸肉のロティ、ブラック・チェリーの香り

Breast of Canard challandais "Burgaud” Roti, Black Cherry Flavored

メインビジュアル

Faux-filet de boeuf noir wagyu grillé, légumes du moment, sauce bordelaise

黒毛和牛サーロインのグリエ、季節の野菜、赤ワイン・ソース

Grilled Kuroge Wagyu Sirloin, Seasonal Vegetables, Red Wine Sauce

メインビジュアル

Jeu de texture avec le citron vert, sorbet

フレッシュ・ライムのムースとシャーベット

Fresh Lime Mousse and Sorbet

メインビジュアル

Mille feuille aux framboises

木苺のミルフィイユ

Raspberry Mille Feuille

メインビジュアル

Goumandise aux chocolats “Valrhona”, noisettes, macarons, glace

ヴァローナ社のチョコレートを使用した食いしん坊のチョコレート・デザート、ヘーゼルナッツ、マカロン、アイスクリーム

Special Dessert Made with “Valrhona” Chocolate for Gourmands; Hazelnut, Macaron and Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

シェ オリビエがあるのは千代田区九段南。最寄の駅は市ヶ谷。そこから外濠を隔てて、隣接する新宿区の東部には、フランス本国及びフランス語圏以外で、最も多くのフレンチ・レストランやビストロ、そしてブラッセリー等が集中しているのではないかと言われるエリア。実際に新宿区は都内で最も多くのフランス人が住んでいる自治体で、そのエリア内にある市谷船河原町には東京日仏学院があり、外濠の千代田区側には日仏学園リセ・フランコ・ジャポネ・ド・東京がある。

必然的に、このエリアでフレンチの店が繁盛する為には、『本物』であるという事が最も重要となるのだが、ここシェ・オリビエが『本物』だという事を証明するのは、オーナーであり自らシェフを務めるオリビエ・オドスの存在。

オリビエは16歳の時に料理人として働き始め、星を獲得している幾つものレストランでシェフを務めた経験をもつ。日本に来る前には、パリで当時2つ星だったラ・トウ―ル・ダルジャンで副料理長を務め、その時の料理長の推薦がきっかけとなり、2000年8月にル・コルドン・ブルーの料理教授として来日。その後9年間にわたり、東京と神戸の両方のル・コルドン・ブルーで教え、最終的にはテクニカル・デイレクター(東京校)とエグゼクティブ・シェフ(東京校・神戸校)という要職を務める。

 

そんな経験を経てオリビエが2009年9月に開いたレストランの根幹にあるのは、『フランス人シェフが作る、本物のフランス料理をリーズナブルな価格で』という極めて明確なコンセプト。

 

ボルドーで生れ育ったオリビエは、フランス人として自国の食文化に誇りを感じながらも、その伝統を単に継承するだけでなく、進化させた斬新な料理をつくる事に強くこだわる。そして四季を通して常にフランスの『今』を感じさせてくれる料理をつくり続ける事によって、『本物』を求めて集まる人を喜ばせる。

 

実際にシェ・オリビエで食事をしてみれば、かなり高い確率でフランス人が楽しそうに食事をしている光景に出くわすはず。さらにフランス人に囲まれてオリビエのつくる『本物』を味わえば、一瞬ここが東京だという事を忘れても不思議ではない。

 

しかしながらシェ・オリビエは気取ったレストランでもなければ、緊張しながら食事をするような場所でもない。

 

外にある大きな赤い看板と木製のドア、店内にある黒板のメニューなどは、シェ・オリビエが気軽に美味しいフランス料理を食べさせてくれるレストランであるということの証。

 

まさしくシェ・オリビエは少しドレスアップするだけでガストロノミーという単語が相応しい斬新なフランス料理を味わえる嬉しい存在のレストラン。

 

 

Chez Olivier, situated in Kudan Minami in Chiyoda ward, is to be found across the Sotobori moat in the eastern part of Shinjuku ward. It’s an area that arguably has a greater concentration of French restaurants, bistros and brasseries than any other area in the world outside of France and French speaking territories. In fact, Shinjuku ward boasts the largest French population registered in Tokyo. This area is home to L'Institut Franco-Japonais de Tokyo, and across the moat on the Chiyoda-ward side, you can find the international French school, the Lycee franco-japonais de Tokyo.

 

To survive and prosper in this area, the most important thing for a French themed eatery to consider is that it must be “genuine”. When it comes to Chez Olivier, what makes it “genuine” is Olivier Oddos, the owner and chef of this welcoming establishment.

 

Olivier Oddos started his discipline when he was merely 16 years old. He has worked as the chef at many starred restaurants and was the Sous-Chef at double starred La Tour d'Argent in Paris prior to coming to Japan. At the restaurant, he was encouraged by his chef to take a teaching spot at the highly renowned French culinary school, Le Cordon Bleu's Tokyo branch and so he came to Japan in August 2000. Since then, he has taught in both Tokyo and Kobe. He was the technical director for Tokyo and the executive chef for both Tokyo and Kobe when he left the school in August 2009.

 

And, in September 2009, he opened his namesake restaurant with the simple concept of “genuine French cuisine prepared by a French chef, and reasonably priced”. Since then, by carefully selecting the seasonally freshest ingredients for his simple approach, he has been catering to all of those patrons who require everything to be genuine.

 

As a Frenchman born and raised in Bordeaux, the chef values his French culinary tradition, but at the same time, is not afraid of adding a spin to create modern and characteristic dishes.

 

When you dine at Chez Olivier, you often find yourself in the company of many French patrons, joyfully eating their lunch or dinner. Surrounded like this, you might momentarily think you’re dining out in Paris instead of Tokyo.

 

However, Chez Olivier is not a restaurant for arrogant, self-proclaimed gourmet, nor is it a place you have to nervously act pretentious.

 

Elements like the large red sign, the matching red wooden door outside, and the hand-written black board menu all help to remind you that Chez Olivier is simply unpretentious – it’s a place to savor quality French cuisine deserving of the term gastronomy. 

TOP

MENUS

LUNCH

 

2,800 yen (平日のみ)(Weekdays Only)

前菜 + メイン + コーヒー

Appetizer + Main +Coffee

 

3.200 yen

前菜+メイン+デザート+コーヒー

Appetizer + Main + Dessert + Coffee

 

4,500 yen

前菜 + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー

Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Coffee

 

7,500 yen

シェフ・オリビエの『おまかせ』ランチ・コース

前菜 +  スープ + お魚 + お肉 + デザート + コーヒー (自家製バター)

Chef Olivier's Tasting Lunch Menu

Appetizer + Soup + Fish + Meat + Dessert +Coffee (Home made butter)

 

上記のランチの価格に関しては税・サービス料込みとなります。

All lunch prices indicated above include tax and service charge.

 

DINNER

 

4,300 yen

前菜 + メイン

Appetizer + Main

 

4,800 yen

前菜 + メイン + デザート

Appetizer + Main + Dessert

 

10,000 yen

オリビエの『おまかせ』コース

Chef Olivier's "OMAKASE" set course menu is available.

 

13,500 yen

ムニュ ドゥ シェフ

Menu du Chef

 

及びアラカルト・メニュー

A la Carte menu also available

 

記念日メニュー(3日前要予約)15,000円

To celebrate special occasions, the 15,000 yen Anniversary Set Course Menu is available. Please make reservation 3 days in advance.

 

上記のディナーの価格に関しては税込みで、10%のサービス料は別となります。

All dinner prices indicated above include tax. The 10% service charge to be added

TOP

DRINKS

ボルドー出身のシェフ、オリビエ・オドスは自分の出身地を中心に、フランスの主な生産地から、自らテイスティングしながら全てのワインを選ぶ。特にシェフのこだわりが表れるのはリストの中になるBIOワインの数々と食後酒の無農薬のコニャックやカルバドス。エレガントなビストロらしく、ワインの値段は赤白共にボトルで主に5,000円台から、グラスは1,000円から楽しめる。

Chef Olivier Oddos selects wines from all major wine regions of France. However, being from Bordeaux, he tends to select more wines from there. He also takes pride in listing not only many biodynamic wines but also Cognac and Calvados. For beginners and wine aficionados alike, the knowledgeable sommelier is more than willing to carefully guide you to the perfect pairing for each dish. At this casually elegant restaurant, wines are priced from 5,000 yen for bottles and 1,000 yen by the glass.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-1-10 1F
4-1-10 Kudan Minami, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0074
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR、地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線 市ヶ谷駅 
Ichigaya (JR, Tokyo Metro Yurakucho and Nanboku Lines, Toei Subway Shinjuku Line)
Tel
03-6268-9933
平均予算 Average Cost
¥2,350~¥6,800(昼) ¥3,850〜¥8,500(夜)

2,350 yen to 6,800 yen (Lunch)3,850 yen to 8,500 yen (Dinner)
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30 - 14:00 (L.O.)
Dinner: 18:30 - 21:30 (L.O.)
Closed on Sunday
For lunch and dinner on national holidays, please contact the restaurant.

Credit Card
VISA / Master / American Express / JCB