イル ヴィスキオ
参宮橋・代々木八幡・代々木上原 / イタリアン

Il Vischio
Sangubashi-YoyogiHachiman-YoyogiUehara / Italian

03-5309-2366
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

北海道産・乳飲み仔牛のミラノ風カツレツ

Hokkaido Suckling Veal Cotoletta alla Milanese

メインビジュアル

蝦夷鹿のテリーヌ、マルサラ風味のハチミツがけ

Terrine of Ezo Venison Topped with Marsala Flavored Honey

メインビジュアル

香草パン粉を詰めた子持ちヤリイカのソテー、シチリア風

Sicilian Style Herb Bread Stuffed Sautéed Spear Squid

メインビジュアル
メインビジュアル

イイダコのトマト煮、ルチアーノ風

Luciano Style Tomato Stewed Octopus

メインビジュアル

仔牛のトルテリーニ・イン・ブロード

Veal Tortellini in Brodo

メインビジュアル

仔牛のトルテリーニ・イン・ブロード

Veal Tortellini in Brodo

メインビジュアル

和牛ボロネーゼのパッパルデッレ

Pappardelle with Wagyu Beef Bolognese Sauce

メインビジュアル

オーセンティックなローマ風カルボナーラのスパゲッティ

Authentic Roman Style Spaghetti alla Carbonara

メインビジュアル

サルディーニャ産カラスミのスパゲッティ

Spaghetti with Sardinian Botargo

メインビジュアル

フランス・シャロレー牛のタリアータ、パルミジャーノのせ

French Charolais Beef Tagliata with Parmigiano Reggiano

メインビジュアル

国産牛ホホ肉の赤ワイン煮、ポレンタ添え

Red Wine Stewed Japanese Beef with Polenta

メインビジュアル

仔羊のローマ風ロースト

Roman Style Roast Lamb

メインビジュアル

本日のチーズ・プレート

Today’s Cheese Plate

メインビジュアル

デザートの盛り合わせ(ガトーショコラ、リンゴのタルト、パンナコッタ)

Assorted Desserts (Chocolate Cake, Apple Tart and Panna Cotta)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-10-31

 

 

このレストランの中田シェフは「イタリア料理に合わせて味わって欲しいワインは世界中にある」と考えています。

 

Chef Nakata of this Italian restaunrat believes that authentic Italian cuisine needs an equally good wine, and this includes wines from all around the globe.

 

そんなシェフが以前からイチ押ししているのがグリーン・ソングスのワイン。

 

Recently, Nakata has been recommending wines from Green Songs, a New Zealand winery owned and operated by a Japanese winemaker, Kohei Koyama.

 

 

このニュージーランドのワイナリーの栽培醸造家でオーナーでもある小山浩平氏をイル・ヴィスキオに迎えて以下の6種類のワインを味わっていただくメーカーズ・ディナーが開催されます。

 

And on November 15th, Koyama is coming to Il Vischio to showcase the six Green Songs wines listed below!

 

 

Green Songs

Nelson

Chardonnay 

2016

 

Atamai Village 

Sauvignon Blanc

2016

 

Atamai Village 

Funky

Sauvignon Blanc

2016

 

Atamai Village 

Pinot Gris

2016

 

Atamai Village 

Riesling

2016

 

Green Songs

Waipara 

Barrel-aged
Pinot Gris 2016

 

 

DATE

 

11月15日(水)

Wednesday, November 15th

 

TIME

 

19時から22時まで

Dinner starts at 7:00

is planned to finish around 10:00. 

 

PRICE

 

7,000 yen

(税込み)

現金でお支払いください。

(Tax included)

Please pay 

in cash

 

 

ディナーは立食形式で、小山氏との会話を楽しみながらグリーンソングスのワインを飲み比べていただきます。

 

This wine event includes a standing-buffet dinner. It’s a great chance to talk with Koyama while tasting his wines!

 

勿論、上記の金額には中田シェフが用意する料理も含まれています。

 

The price above includes both food and wine.

 

 

ご予約・お問い合わせ 『イル・ヴィスキオ』 03-5309-2366

 

For reservations and inquiries, 

please call Il Vischio at  

03-5309-2366



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

このイタリア語で宿り木を意味するイル・ヴィスキオという名のレストランがあるのは小田急線の参宮橋の駅から歩いて何十秒、もしくは何十歩の距離。勿論、このレストランには、駅の近くに美味しいレストランは無いという一般論は当てはまらない。

 

『イタリア風の料理ではなく、イタリアそのものの料理をやりたい』と語るイル・ヴィスキオのオーナー・シェフ中田淳の料理は愚直なまでに古典的なイタリア料理。

 

中田にとってのカルボナーラは、お馴染みのクリームを使ったものではなく、発祥の地ローマのレシピに忠実に従って、卵、パンチェッタ、パルメザンチーズ、黒胡椒を使ってシンプルに仕上げたもの。他にもイル・ヴィスキオではミラノ風のカツレツやアマトリーチェ風ブカティーニなど多くの地名が料理名の一部となって、郷土に根付いた本物のイタリア料理への中田の思いを象徴している。

 

そんな中田が初めてイタリア料理に触れたのは、青森県の弘前の高校を卒業して進んだ大阪の辻調理師専門学校。最初は和食を学ぶつもりだったが、その細かさに馴染めず苦戦していた時に授業の一環で触れたイタリア料理の豪快さに一目惚れ。

 

その調理師学校の授業で目の当たりにしたのが、おそらく日本におけるイタリア料理の歴史の中で最も重要な存在と言って過言ではない落合務シェフ。調理師学校を卒業した後、中田は落合シェフの赤坂のグラナータに就職し、プロの料理人としての最初の7年を過ごす。

 

青森から大阪、そして東京で働いた後は、シェフの言葉を借りると「勢い余って」日本を飛び出しバックパックを背負ってヨーロッパを放浪するという料理人としては稀な経験をして、古巣のキッチンに戻る。

 

落合シェフがグラナータから独立するに際しては、中田もグラナータを辞めてイタリア行きに備えるが、結局は師匠が開いたラ・ベットラ・ダ・オチアイで働く事に。この今でも予約のとれない事で有名なレストランで最も大切だったのは、何カ月も前に予約して来てくれる人の期待を裏切らない事。その為にも集中して圧倒的な仕事量をこなす濃厚な日々を送る。

 

ようやくイタリアに渡った中田は、南はシチリアから北はピエモンテまで5つのレストランで働くが、最初の一年間は遊んで過ごしたとの事。(イタリアやフランスでの経験を修業という言葉で表現する料理人は多々いるが、ウソかホントか「遊んでいた」と話すシェフは他にいないはず)。

 

イタリアでの2年半、ペルージャでは地元のチームで活躍していた同じ名字の日本人サッカー選手の従兄と触れ回ったあげく地元の新聞の一面を飾ったり、ナポリでは日本語を学ぶイタリア人の学生達と飲み歩いたり騒いだり。そうしながら気付いたのはイタリアでは金持ちでも貧乏人でも誰もが日々の生活を満喫しているという事。その姿はエネルギッシュでダイナミック。そんなイタリア人気質に中田は魅せられる。

 

この参宮橋にあるイル・ヴィスキオのメニューにあるのは、中田シェフがイタリアで好きだった料理の数々。「古臭い料理」と中田シェフは謙遜するが、何故かエレガントさを感じさせてくれるのが不思議な特徴。それらの料理を口にすれば、イタリアで食べた味わいを思い出し、イタリアにトリップするはず。

 

是非、この参宮橋のイル・ヴィスキオで、『日本人が美味しいと思う料理より、本物にこだわりたい』と確信犯的に語ってしまう中田シェフの料理を味わって、本物のイタリア料理に覚醒してみてはどうだろうか。

 

 

 

Tokyo’s discerning diners often assume there are no good restaurants near stations. Very obviously, Il Vischio certainly breaks the mold. Located less than a minute away from Sangubashi station on the Odakyu line, you can literally count the number of steps until authentic, gorgeous Italian cuisine greets you. (It should take approximately sixty steps, for those who wish to check).

 

As Jun Nakata, the owner-chef of Il Vischio says, “What I cook here is authentic Italian fare, not Italian-inspired Japanese cuisine.” He stubbornly stays true to classic Italian cuisine.

 

Nakata’s makes spaghetti alla carbonara in the Roman tradition-- simply with eggs, Parmigiano Reggiano, bacon, and black pepper. Unlike other Japanese chefs serving this dish, he omits cream, staying true to the authentic Italian recipe.

 

What you see at Il Vischio are dishes with their origins clearly stated, such as Cotoletta alla Milanese or Bucatini all'Amatriciana. This means that, for Chef Nakata, Italian cuisine is something deeply rooted Italy’s regional cultures.    

 

Chef Nakata was first exposed to authentic Italian cuisine at a culinary school in Osaka. He went to the school initially to learn traditional Japanese cuisine after graduating from high school in Hirosaki, within Aomori prefecture. It was love at first sight. He quickly changed his direction from Japanese to Italian.

 

Also, it was at this culinary school where he met Chef Tsutomu Ochiai, one of the most important figures in the history of Italian cuisine in Japan. After graduating from the culinary school, Nakata came to Tokyo to work for Granata where Chef Ochiai was at the helm. He spent seven years at Granata working closely under the watchful eye of Chef Ochiai.

 

When Chef Ochiai left Granata to set up his own restaurant, Nakata also left the restaurant to start preparing to go to Italy. However, he ended up working for Chef Ochiai’s newly- opened La Bettola, which quickly became the most difficult restaurant to acquire reservations at, within Tokyo. The most important goal for Nakata and the La Bettola staff was to never disappoint guests, especially as guests would wait in anticipation for months since their initial reservations. This whole experience carried with it immense pressure.  

 

Having released himself from one of the busiest kitchens in all of Tokyo, he finally journeyed to Italy to work for five restaurants across the country spanning two and a half years. Perhaps it was not all work; Chef Nakata innocently admits that he was merely playing during that first year.

 

In Perugia, he talked a lot that he was a cousin of a popular Japanese soccer player with the same last name playing for the local team, A.C. Perugia Calcio and even made the cover of the local newspaper. While in Naples, he hung out with local college students learning Japanese. Enjoying his time to the fullest in Italy, Nakata was impressed that Italians always enjoy the “everyday”, regardless of social status or strata. He brings this joy to the restaurant and it is infectious.  

 

At Il Vischio in Sangubashi, you find dishes Chef Nakata used to cook and eat while he was in Italy. He very humbly states that his dishes are rather archaic; however, it is not difficult to see an old world elegance shining through. Tasting only brings the remembrance of dishes enjoyed during a vacation in Italy. You may feel instantly transplanted to an Italian countryside, or zipping around on a Vespa on your own Roman holiday.

 

Chef Nakata boldly states, “I am not interested in dishes Japanese think tasty. I want them to taste real Italian food at my restaurant”. Il Vischio is as real as it gets when you crave authentic Italian fare.

TOP

MENUS

LUNCH

 

全7皿 2,150 yen (平日限定)

アミューズ + 旬の野菜の一皿 + 本日のパスタ + 本日のお薦めの料理 + 自家製フォカッチャ + デザートの盛り合わせ + コーヒ

Seven Courses 2,150 yen (Weekdays Only)

Amuse Bouche + Seasonal Appetizer + Pasta of the Day + Dish of the Day + Homemade Focaccia + Assorted Desserts + Coffee

 

全8皿 2,800 yen 

アミューズ + 旬の野菜の一皿 + 本日のパスタ + 本日のお薦めの料理 + 本日の肉料理 + 自家製フォカッチャ + デザートの盛り合わせ + コーヒ

Seven Courses 2,800 yen (Weekdays Only)

Amuse Bouche + Seasonal Appetizer + Pasta of the Day + Dish of the Day + Meat of the Day + Homemade Focaccia + Assorted Desserts + Coffee 

 

DINNER

 

全8皿 4,300 yen 

アミューズ + 本日のお薦め料理 1 + 本日のお薦め料理 2 + 本日のパスタ + 本日の魚料理 + 自家製フォカッチャ + デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ or 食後酒 + コーヒ

Eight Courses 4,300 yen

Amuse Bouche + 1st Dish of the Day + 2nd Dish of the Day + Pasta of the Day + Fish of the Day + Homemade Focaccia + Assorted Desserts or Assorted Cheeses or Digestif + Coffee 

 

全9皿 4,650 yen 

アミューズ + 本日のお薦め料理 + 本日のパスタ + 本日の魚料理 + 本日の肉料理 + 自家製フォカッチャ + デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ or 食後酒 + コーヒ

Nine Courses 4,650 yen 

Amuse Bouche + Dish of the Day + Pasta of the Day + Fish of the Day + Meat of the Day + Homemade Focaccia + Assorted Desserts or Assorted Cheeses or Digestif + Coffee 

 

全8皿 5,200 yen 

アミューズ + 本日のお薦め料理 1 + 本日のお薦め料理 2 + 本日のパスタ + 本日の魚料理 + 本日の肉料理 自家製フォカッチャ + デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ or 食後酒 + コーヒ

Eight Courses 5,200 yen 

Amuse Bouche + 1st Dish of the Day + 2nd Dish of the Day + Pasta of the Day + Fish of the Day + Meat of the Day + Homemade Focaccia + Assorted Desserts or Assorted Cheeses or Digestif + Coffee 

 

.................................................................................................................

 

ディナーのコース全てでデザートの代わりにチーズを楽しめるのがイル・ヴィスキオの特徴。『イタリアの食卓には必ずチーズがあった』と語る中田シェフにとって、チーズは食事のオマケや、ワインのツマミではなく、しっかりと食事の一部として食べるもの。

 

Il Vischio’s cheese plate is included in all dinner set menus listed above as an alternative to dessert. Chef Nakata is very passionate about cheese as he remembers there was always cheese on the table when he was dining with friends in Italy. To him, cheese is not merely something to nibble with wine or a throw-in for your dinner.

 

TOP

DRINKS

イル・ヴィスキオのリストにあるワインは、赤白それぞれ25から30種類程度。

Il Vischio’s wine list boasts approximately 60 wines, red and white combined. 

『本物のイタリア料理に合わせて味わって欲しいワインは世界中にある』という中田シェフの考えに基づいて、ワインの半分はイタリア産で、その他の半分はイタリア以外のヨーロッパのワイン、更にはカリフォルニアやオーストラリアなどニューワールドのワインまで取り揃えあり。時には国産のワインまで見かける事も。(スプマンテだけでなくシャンパンの取り揃えもあり)

He believes that authentic Italian fare deserves good wine, not only from Italy, but also from global vineyards. Half of the wines listed are from European nations such as France and Spain. The list also includes new world wines from Australia, New Zealand, and the US. You may find a Japanese wine, from time to time.  

価格は赤白共に4,000円前後からで、最も充実しているのは5,000円から8,000円の価格帯。

Wines are priced from 4,000 yen, while the most popular pricing ranges between 5,000 yen and 8,000 yen. 

リストにあるワインの半分近くはグラスでも提供され、それらは1,000円以下から1,500円程度で味わう事ができる。(グラスのスプマンテとシャンパンは、それぞれ700円と1,300円)

Almost half of the wines listed are available by-the-glass, usually priced from 1,000 yen to 1,500 yen. By-the-glass Spumante and Champagne are from 700 yen and 1,300 yen, respectively.

さらに最も高価なワインとしては120,000円のDRCもリストに掲載されているが、そんなワインでも気分次第でシェフはグラスあたり5,000円程度の根付けで提供してしまうこともあり。

You will also enjoy DRC wine, priced 120,000 yen on the list. Chef Nakata sometimes offers it by the glass priced around 5,000 yen to his regulars, when he is feeling especially generous.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都渋谷区代々木4-6-5 A&U 1F
4-6-5 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
小田急線 参宮橋
Sangubashi (Odakyu Line)
Tel
03-5309-2366
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,500 yen
DINNER: 9,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 13:30 L.O. (Close at 15:00)
DINNER: 18:00- 22:00 L.O.

Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA / JCB

ニュースレターNews letter