壽修(寿修・じゅしゅう)
西麻布・六本木 / 和食

Jushu
NishiAzabu-Roppongi / Japanese

03-6427-5167
メインビジュアル

毛蟹とクレソンのお浸し

Horsehair Crab and Watercress

メインビジュアル

小蕪風呂吹き

Boiled Soft Turnip

メインビジュアル

めじ鮪たたき

Tuna Tataki

メインビジュアル

平目、ボタン海老、あおりイカ

Bastard Halibut, Pandalid Shrimps and Bigfin Reef Squid

メインビジュアル

スッポン真丈

Soft-Shelled Turtle Puree

メインビジュアル

鴨と百合根コロッケ エゾ鮑オカキ揚げ

Roquette of Duck and Lily Bulb, Crisply Fried Abalone

メインビジュアル

赤貝日向夏みぞれ和え

Blood Cockle with Hyuganatsu Citrus

メインビジュアル

佐賀牛炭火焼

Charcoal Grilled Saga Beef

メインビジュアル

豊年ご飯

Hounen Rice

メインビジュアル

どら焼き

Dora Yaki

メインビジュアル

キャラメルアイス

Caramel Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

壽修(じゅしゅう)とは、「殀寿(ようじゅ)貳(たが)はず身を修む。」という孟子の言葉であり、現代の言葉で簡単に言うと「日々を大切に生きていくことが肝要である。」といった意味になる。

 

正直、一般的には馴染みやすいとは言えないこの言葉を何故店名としたのか?『かつて祖父が漢詩を教えていて、彼の家に飾ってあったこの言葉にすごくインパクトを受け、「将来、もし自分の店を持ったらこの言葉を店名にしよう。」と昔から思っていたから。』(大将、先崎)。ちなみに、店の看板等にも、祖父の家にあった文字をそのまま使っているとのこと。

 

「和食の基本形とも言える茶懐石。そのメイン料理である煮物椀には、特にこだわっていきたい。」と語る先崎。店名の意味と由来、そしてこの言葉を聞くと真面目一辺倒な堅い人物を想像するかもしれない。しかし、実際の彼はどちらかと言えばのんびりとしたムードで、「芯は強いがかなり柔軟」という印象を受ける。

 

その「柔軟さ」が端的に現れているのが、この店で供される料理。基本的には「¥15,000のお任せ」のみなのだが、押し付けのお任せではなく、食べ手の食事や飲み物の進み具合、そしてその場の雰囲気に応じて、酒のつまみ的なものから、ボリュームある焼物、そして飯・汁に至る迄が、絶妙なバランスで登場する。上述の「煮物椀」の発言で分かるとおり、和食の基本はきちんとしており仕事も丁寧なのは、言うまでもない。個人的には、「最後は、お菓子とお茶でホッコリとして欲しいので。」ということで登場する自家製のドラ焼きとアイスの素朴な味わいも、◎である。

 

「西麻布で、お任せのみの和食。」と聞くと最初はちょっと身構えてしまうかもしれない。が、この店の¥15,000は極めてまともな価格付けで、使っている食材等はもっともっと高額な店と比較しても全く遜色ないと言える。そして『決して「何でも屋」にはなりませんが、遅い時間のお客様であれば軽く飲んで焼物にご飯とか、逆におつまみとお酒だけとかでも大丈夫です。またお料理をひと通り食べて頂いた上で、次回は例えば「メインの焼物をボリュームアップして。」といったリクエストにも対応します。』(大将 先崎)と、やはり柔軟性豊かなのである。

 

根津美術館横の坂を下りて、道が2つに分かれたすぐあたりのかなり静かなエリア。カウンター5席にテーブル席が2つという小さな店だが、天井が高く贅沢な開放感が感じられる。「西麻布の行きつけの和食店」として、様々なシチュエーションで重宝するであろう貴重な一軒。

Jushu is a Mencius ethic reminding us of the importance of living with discipline one day at a time.

 

The owner of this Japanese restaurant, Senzaki-san named his restaurant Jushu, even though the two characters making up the name are not exactly very familiar to all of us. He explains that he learned the meaning of this Mencius ethic from his grandfather who taught Chinese poetry. He had the writing framed and it is hung on the wall at home. Ever since then, Senzaki-san has been honing his skills to have his own restaurant and to name it Jushu. In fact, the characters on the name board have the same calligraphy with the ones in his grandfather’s place.   

 

Senzaki-san is especially passionate about authentic Kaiseki cuisine which is considered the very foundation of washoku, or Japanese cuisine, and Kaiseki’s main dish which is simmered. As the name of the restaurant suggests, he is disciplined and committed to what he is very passionate about. However, it does not necessarily mean that he is overly stoic or hardheaded. He has a friendly and laidback demeanor.

 

The restaurant serves only a 15,000 yen omakase set course menu. However, Senzaki-san is very flexible: He pays close attention to the pace of his guests. He serves up small bites, solid dishes, rice and soup depending on the pace of his guests eating and drinking. All dishes are, of course, made with great care. To wrap up the set course, he serves ice cream with dorayaki, Japanese round sponge cake sandwiching a filling of sweet red bean paste for dessert.   

 

You might feel hesitant about a Nishi Azabu Japanese restaurant offering only one set course menu. However, the 15,000 yen omakase set course menu at this restaurant is definitely a fair deal as all ingredients Senzaki-san sources are not at all inferior to those used in more expensive restaurants. While he refuses to become a jack of all trades, he would be happy to serve up only a main dish and rice for regulars coming in for late dinner or even small bites with drinks for those making a quick late night stop. And, please make sure to give him your feedback on the 15,000 yen set course menu. He would be happy to tweak it based on your preferences when you come back next time.

 

This diner friendly Japanese restaurant is situated in a very quiet area of Nishi Azabu, not too far away from Nezu Museum. Even though it is a small venue with 5 seats along the counter and two tables, it has a high ceiling and classy relaxing air. This is a kind of place you might want to treasure for various occasions.

TOP

MENUS

Dinner:

¥15,000 の「お任せ」コース。

*消費税、及びサービス料10%を別途頂戴します。

*22:00以降は、ご要望に応じて軽めの内容でも承ります。

 

15,000 yen (Consumer tax & 10% Service charge exclusive) Omakase set course menu

The restaurant can accommodate your request for lighter menu after 10 pm.

TOP

DRINKS

『日本酒は、自分の出身地である佐賀の「鍋島」を中心に常時7~8種類。ワインは、値頃感があって日本料理に合わせやすいものをセレクトしています。』(大将の先崎さん)
日本酒(一合):¥900~¥1,500

ワインボトル:¥7,500~ ワイングラス:¥1,000~

 

Senzaki offers at least seven different sakes from Nabeshima, Saga where he is originally from. He also has reasonably priced wines with flavor profiles matching his kaiseki dishes. Sake and wine by the glass are available from 900 yen and 1,000 yen respectively. Bottled wines are available from 7,500 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区西麻布2-16-1 斎田ビル 1F
Saita Bld 1F 2-16-1 Nishiazabu Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄半蔵門線、銀座線、千代田線 表参道、又は千代田線 乃木坂
Omotesando(Tokyo Metro) Nogizaka(Tokyo Metro)
Tel
03-6427-5167
Fax
03-6427-5167
平均予算 Average Cost
平均価格(夜):¥17,000 ~¥18,000
Average Dinner Cost: 17,000 yen to 18,000 yen
営業時間 Business Hours
Dinner: 18:00 – 24:00 (L.O. 23:00)

Closed on Sunday & National Holidays

<当日のキャンセルについて>
ご予約当日にキャンセルされた場合は、コースの全額を頂戴いたします。
<Cancellation Policy>
A cancellation on the day of a reservation will result in a cancellation fee of 12,000 yen.
Credit Card
JCB/VISA/Master/AMEX  他