カイラダ
銀座・東銀座・新富町 / フレンチ

KAIRADA
Ginza-HigashiGinaza-Shintomicho / French

03-3248-3355
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

アオサのテリーヌ 春菊のソース

Terrine of Sea Lettuce, Crown Daisy Sauce

メインビジュアル

真鴨のロースト サルミ・ソース

Roast Mallard, Salmis Sauce

メインビジュアル

真鴨のロースト サルミ・ソース

Roast Mallard, Salmis Sauce

メインビジュアル

鬼笠子のブイヤベース風のソース

Scorpionfish Bouillabaisse Style Sauce

メインビジュアル

穴熊の煮込み 山椒風味のスープ仕立て

Stewed Bear Meat in Japanese Prickly Ash Spiced Soup

メインビジュアル

フォアグラの入った本州鹿のパイ包み焼き ポワヴラード・ソース

Foie Gras and Honshu Venison Pie, Poivrade Sauce

メインビジュアル

熊肉の白ワイン煮込み

White Wine Stewed Bear Meat

メインビジュアル

山ウズラとフォアグラのパイ包み焼き キャベツのソース

Foie Gras and Daurian Partridge Pie, Cabbage Sauce

メインビジュアル

尾長鯛のポワレ キノコのソース

Pan Fired Flame Snapper, Mushroom Sauce

メインビジュアル

ウズラのソテー ブルー・ドゥ・ベルニュのソース

Sautéed Quail, Bleu d’Auvergne Sauce

メインビジュアル

雷鳥のロースト 香草粒マスタード・ソース

Roast Rock Ptarmigan, Herb and Del Mustard Sauce

メインビジュアル

マグレ鴨の自家製スモーク

Home Smoked Magret Duck

メインビジュアル

フランス産チーズの盛り合わせ

French Cheese Assortment

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

タスマニア産サーモンのマリネ、ディル・ソース

Marinated Tasmania Salmon, Dill Sauce

メインビジュアル

古白鶏と人参、2色のオリーブのテリーヌ

Terrine of Kohaku Chicken, Carrot, Two Kinds of Olives

メインビジュアル

黒ムツのソテーと帆立貝、赤ワイン・ソース

Sautéed Gnomefish and Scallop, Red Wine Sauce

メインビジュアル

本日入荷鮮魚のソテー、韮のブルギニオン風ソース

Sautéed Fishes of the Day, Burgundy Style Sauce with Garlic Chives

メインビジュアル

サーモンと帆立貝のパイ包み焼き、トマトとケッパーの入った白ワイン・ソース

Baked Pie Crusted Salmon and Scallop, Tomato and Caper White Wine Sauce

メインビジュアル

鶉のファルシィ、マディラ酒ソース

Quail Farci, Madeira Wine Sauce

メインビジュアル

骨付仔羊のソテーと仔羊のロール・キャベツ、エストラゴン風味のソース

Sauteed Lamb and Cabbage and Lmab Roll, Tarragon Flavored Sauce

メインビジュアル

猪肉の白ワイン煮

White Wine Stewed Wild Boar Meat

メインビジュアル

フランス産の鳩のロースト、プロバンス風

Roast French Pigeon, Provence Style

メインビジュアル

リードヴォーとフォアグラのソテー、トリュフ入りクリーム・ソース

Sautéed Sweet Bread and Foie Gras, Truffle Cream Sauce

メインビジュアル

コンポートの盛り合わせ、ヴァニラ・アイス添え

Compote of Assorted Fruites, with Vanilla Ice Cream on the Side

メインビジュアル

ソテーしたバナナのタルト、ダークチェリーとコニャックのソルベ

Sautéed Banana Tart with Dark Cherry and Cognac Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

ソースに徹底的にこだわった王道のフランス料理を味あわせてくれるKAIRADAがあるのは銀座2丁目の東の端。東京メトロ有楽町線の新富町の駅の近くの、以前は木挽町と呼ばれ、今は静かながらも庶民の銀座とも呼ばれるエリア。勿論、銀座や東銀座の駅からも歩ける距離。

 

このKAIRADAというローマ字の店名からは、フレンチ・レストランというよりは、少しエキゾチックな海外の地名を思ったりもするが、それは気さくなオーナー・シェフ皆良田光輝が自らの名字を店名にしたもの。まさしくカイラダは皆良田シェフが今までの充実、というか充実し過ぎたような経験を基につくるクラシックで重厚なフランス料理を普段着で味わう為のレストラン。

 

『良い素材を使うのは当然、でも素材だけに頼った料理はつくりたくない』と語る皆良田シェフにとって、フランス料理を他の料理と単純に比較できないものにしているのはソースの存在。そのソースへのこだわりは2008年12月に44歳の時にカイラダをオープンする前に働いていたレストラン、そして師事してきたシェフの影響が限りなく大きい。

 

実際に料理人としての皆良田の全ての根幹にあるのは有楽町のアピシウスでの13年間にもわたる経験。アピシウスは、「無駄の価値がわからない人間はつまらない」という口癖があまりに有名な故・森一氏が1983年にオープンしたグラン・メゾン。究極的なグルメであり、エピキュリアンとして目先の利益に囚われることなく、金は出すが口は出さないという姿勢を貫いたオーナーのレストランでは手に入らない食材はなく、賄いすら贅沢だったと皆良田シェフは振り返る。しかし仕事は厳しく、結果的に10年間かけて、ようやく最も重要な肉のソースのポジションに昇り詰め、完璧なソースをつくる為に何日も費やす経験をする。

 

しかしながらアピシウスでは全てのポジションを経験しても次のステップに進めるのは上にいる人が辞める時だけ。13年目に身の振り方を考えざるを得なくなった時に、アピシウスがオープンした時から料理長を務めていた高橋徳男氏が独立して店を出す際に誘われ、それがスープとパイ包み焼きなどに特化した店だとは知らずに、ふたつ返事で付いて行く事に。そこでは日本のフランス料理の歴史に名を残す巨匠がフレンチの基本に立ち戻り日々パイ生地をこねる姿を目の当たりにし、皆良田もキッチンの中で料理するだけでなく、レジの打ち方を覚え、来店する人の顔を覚え会話を交す楽しみを知る。

 

そしてオープンした自のレストランではオープン・キッチンから店全体を見て、食事をする人と会話をし、自らライブ感を満喫しながら料理に携わる。

 

 

そんな皆良田がシェフを務めるレストランに集まるのはオトナの男女。男性なら会社を経営したりしながら接待などでシェフの古巣のアピシウスや、銀座のグラン・メゾンなどを利用している人が休日に家族を連れてきたり、少しお忍びで来たりする事も。女性は男性に比べると年齢層が少し下がるが、それでも仕事をこなしながら自信をもって自らの人生を楽しんでいるような人が多いのが特徴。

 

さらに特徴的なのは、カイラダは庶民の銀座にある普段着で食事を楽しめるレストランでありながらも、毎年必ず記念日に訪れる人が多々いるという事。その事が物語るのは、やはりカイラダは見てくれや雰囲気だけでは納得しない本当に食べる事が好きな大人の集まるレストランであるという事のはず。

 

時代の先端を行くような料理を追いかける事に多少なりとも疲れを感じているなら、カイラダで気さくな皆良田シェフの人柄に触れながら、地に足着いた王道のフランス料理を食べホッと一息ついてみてはいかがだろうか。

 

Serving French cuisine with an emphasis on grand traditional sauces, KAIRADA is located at the east side of Ginza 2-chome, near the Shintomicho subway station. The area, formerly called Kobikicho, has a more relaxed atmosphere than glitzy central Ginza, though well within walking distance.  

 

The name of this restaurant, KAIRADA, might conjure a feeling of an exotic location, but not necessarily a French restaurant. It is, in fact, the last name of the chef, Kouki Kairada, who owns this jewel of a restaurant. Savor Chef Kairada’s very authentic French cuisine-- casually without fuss or pretension.

 

“I select and use quality ingredients, but I don’t like to solely rely on their characters,” said Chef Kairada. Sauces are as important as produce, if not more important, he believes. In fact, Chef Kairada believes it is the sauces that separate French cuisine from other countries’ cuisines.

 

Years of learning and experiencing legendary French cooking have given Kairada perspective and a sturdy base for creating masterful meals. The most important experience he acquired working at the legendary French restaurant, Grand Maison Apicius, in Yurakucho, owned by Mr. Hajime Mori, a true gourmet and epicurean. He invested a fortune to establish the restaurant in the early 1980’s, without seeking return, as if he was a cultural benefactor, motivated by a desire that people experience gorgeous French cuisine. There were no ingredients the restaurant could not source. Staff meals were nothing but sumptuous. Of course, life in Apicius’ kitchen was extremely rigorous. It took 10 years for Chef Kairada to receive and work the highest and most coveted position, saucier, just below the head chef, preparing a variety of sauces for meat dishes.

 

At Apicius, despite operating every position in the kitchen, the industrious Chef Kairada had to wait until someone ahead of him left, in order to advance. In his 13th year at this prestigious French restaurant, he tossed around the idea of seeking other opportunities, even looking outside of Apicius. That’s precisely when an important piece of news became known. Life changed for Kairada as he found out that Mr. Norio Takahashi, Chef ever since the restaurant opened its doors 15 years prior, decided to leave and open his own restaurant. Chef Takahashi asked Chef Kairada to join him and together they built a restaurant from scratch. It was an extremely valuable time, especially for Kairada, working tandem with one of the most important chefs in the history of French cuisine in Japan.

 

Years later, in 2008, when Kairada was 44 years old, he opened his namesake, restaurant Kairada, in a humble part of Ginza. Since then, his restaurant has been attracting mature customers, many of whom are business owners or executives at large corporations. Kairada’s regular clientele often dine at Apicius, Kairada’s “alma mater”, or other luxurious French restaurants in Ginza for a fine business-dinner. They may saunter-in to Kairada to relax and simply enjoy good food, often with their families.

 

While Kairada is indisputably reverent to the dining experience and its fine upbringing, one does not feel compelled to dress up to dine in this small, unpretentious restaurant. It is rather like being among family. Customers return every year for wedding anniversaries and other celebratory dinners. Kairada has earned respect and loyalty with sincerity and natural elegance.

 

This is an ideal restaurant to visit when fed up with dishes that look tantalizing, but disappoint upon taste. There is no false pretense here; it is lovely through-and-through. At KAIRADA, you will connect with Chef Kairada’s frank personality and simply, blissfully relax, enjoying authentic and real French cuisine.

 

TOP

MENUS

LUNCH

 

1,500 yen 平日限定 Weekday Only

本日のスープ + 魚又は肉 + コーヒー又は紅茶

Today’s Soup + Fish or Meat + Coffee or Tea

 

2,500 yen平日限定 Weekday Only

本日のオードブル + 魚又は肉 + コーヒー又は紅茶

Today’s Hors d'Oeuvre + Fish or Meat + Coffee or Tea

 

3,500 yen

本日のオードブル + 本日のスープ + 魚又は肉 + デザート + コーヒー又は紅茶

Today’s Hors d'Oeuvre + Today’s Soup + Fish or Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

4,500 yen

本日のオードブル + 本日のスープ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー又は紅茶

Today’s Hors d'Oeuvre + Today’s Soup + Fish or Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

DINNER

 

7,500 yen

アミューズ・グール + 冷製オードブル(3品) + フォアグラのフラン+ 魚又は肉 + デザート + コーヒー、エスプレッソ又は紅茶

Amuse-Gueule + Assortment of 3 Cold Hors d'Oeuvres + Foie Gras Flan + Fish or Meat + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

11,000 yen

アミューズ・グール + 冷製オードブルの盛り合わせ + フォアグラのフラン+ 本日のスープ +魚 + 肉 + デザートの盛り合わせ + コーヒー、エスプレッソ又は紅茶

Amuse-Gueule + Assortment of Cold Hors d'Oeuvres + Foie Gras Flan + Today’s Soup + Fish + Meat + Assorted Desserts + Coffee, Espresso or Tea

 

TOP

DRINKS

ワインは全て自分で飲んで選ぶと言う皆良田シェフの選択基準は「講釈は抜きにして、飲んで美味しいと思うもの」と単純明快。リストに並んでいるのは全てフランスのワイン。『以前はボルドー一辺倒だったが、最近はブルゴーニュの比率が上昇中』とはシェフの言葉。その他の地域のものでも、美味しいものであれば積極的に取り入れていく予定。

 赤白18種類ずつのワインの価格は白が4,200円から、赤が4,600円からで、人気があるのは白が5,000円台で赤は6,000円台のもの。シャンパンを含むスパークリングは10種類でクレマンが6,500円からシャンパンが8,700円から。

 グラスは赤白2種類ずつ全て1,000円以下。

Chef Kairada self-selects every wine with this very simple criterion: The wines must taste great without connoisseur-type explanations. His wine menu used to be predominately composed of Bordeaux wines. However, the chef has recently brought in more Burgundies to share the spotlight.

Kairada features 18 white wines and 18 red wines. White wines are priced from 4,200 yen, while red wines are priced from 4,600 yen. The most popular white wines are usually priced between 5,000 yen to 6,000 yen; most favored red wines are 6,000 to 7,000 yen.

Chef Kairada’s celebrated list also includes 10 sparkling wines priced at 6,500 yen. The most reasonably priced Champagne is 8,700 yen.

Two red and two white wines are available by the glass, daily, and priced at less than 1,000 yen. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都中央区銀座2-14-6 第2松岡ビル1F
2-14-6 Ginza, Chuo-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座 
Higashi Ginza (Tokyo Metro Hibiya Line & Toei Subway Asakusa Line)

東京メトロ有楽町線 新富町 
Shintomicho (Tokyo Metro Yurakucho Line)
Tel
03-3248-3355
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,000 yen
DINNER: 10,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30~15:00(L.O.14:00)
DINNER: 18:00~22:30(L.O.21:30)

Closed on Sunday

Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA