來経(来経・きふ)
神楽坂・飯田橋 / 和食

Kifu
Kagurazaka-Iidabashi / Japanese

03-3268-6033
メインビジュアル

黄韮煮浸しと万願寺唐辛子の辛胡麻酢 酒煎り海老そぼろ

Chilled Garlic Chives Parboiled and Sesame Vinegar Spiced with Manganji Pepper, Shrimp Soboro Flavored with Vapored Sake

メインビジュアル

新秋刀魚のつみれ 松茸みぞれ椀

Tsumire Fish Ball of Pacific Saury, Matsutake Mushroo Soup

メインビジュアル

活〆白身魚の焼霜梅肉しょうゆ すだちのジュレと共に *写真は、天然真鯛、蒸しアワビ、車海老

Ikejime Red Sea Bream, Steamed Abalone and Kuruma Prawn with Pickled Ume Soy Sauce, Sudachi Citrus Jelly

メインビジュアル

冷たい蟹みそパスタ いくら醤油漬け 山葵のムース添え

Chilled Pasta with Kanimiso Crab Butter, Soy Sauce Marinated Red Caviar, Mousse of Mountain Vegetables

メインビジュアル

鱧の温製湯引き 淡路産玉葱のスライスと八丁バルサミコソース

Boiled Conger Pike with Thinly Sliced Awaji Onion, Hatcho Miso Balsamic Sauce

メインビジュアル

銀ダラの柚庵焼とさつま芋とトリュフのピュレ 海老白味噌仕立て

Grilled Sablefish Flavored with Yuzu Citrus, Puree of Sweet Potato and Truffle, Shrimp White Miso

メインビジュアル

山梨産健味鶏の低温グリル 森の恵フォアグラソース

Low Temperature Grilled Yamanashi Kenmidori Chicken, Foie Gras Sauce

メインビジュアル

鉄小鍋でつくる烏賊すみ雲丹リゾット 小玉葱を添えて

Squid Ink Risotto in Iron Pod with Sea Urchin and Baby Onion

メインビジュアル

南瓜のプディング 黒胡麻アイスクリーム 巨峰添え

Pumpkin Pudding, Black Sesame Ice Cream, Kyoho Grape

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

*2014年夏に、リニューアルオープンしました。

 

神楽坂周辺では、1本通りを過ぎる毎に或いは1つ角を曲がる度に、時に全く違う空気を感じることがある。飯田橋を背にして坂の左手、人と店が織り成す熱気が一段落し、戦前から営まれているという銭湯「熱海湯」や古い果物屋、年齢不詳な飲食店が軒を並べるちょっと不思議な道路を進んだ先に、「來経(きふ)」がある。

 

この店の佇まいがまた不思議である。外見は黒いモダンな「箱」。通りに小さな看板は出ているのだが、最初は「どこから入るのか?」と迷うかもしれない。黒い壁の一部が開くようになっていて、その中にある木目の扉が入り口である。初めて訪れた際には、隠れ家の扉がスッと開くような不思議な感じを受けるかもしれない。

 

中は一転、和の空間が広がっている。カウンター席に2つの個室と決して大きくはないが、上記の「箱」の中という構造を活かしたレイアウトにより、実際以上の奥行きが感じられる。インテリアや色遣いはシンプルでやさしく、非常に居心地が良い。

 

新しい料理長 加川は、日本での修業後、NYの様々な和食の店で約20年にわたって腕を揮ってきたというユニークなバックグラウンドを持つ。新たにこの店に臨むに際して、『わび・さびを常に忘れずに、出汁、醤油の使い方という和のベースはきちんと守りながら、自分の経験を活かした特徴ある料理を出していきたいです。通常の和のコースではインパクトがやや薄いメインの肉料理にも拘っていきます。少し大仰に言えば、神楽坂という伝統的なエリアで自分の「和食」がどこまで通用するか、慎重且つ大胆に攻めます!』と、静かな口ぶりながらはっきりと語っている。

 

そんな彼のつくる「お任せコース」には、和の献立をベースにしながら随所に洋の素材やソースを組み合わせた品々が登場する。時には「これが和食?」と感じるものもあるかもしれないが、食してみると、素材同士が決して主張しすぎることなく「1つの味」が出来上がっており、どんどん箸が進んでいく。「料理のイメージに合わせて、自分の好きなものを中心に選びました。」(料理長)というドリンクは、ビール、日本酒、焼酎からシャンパン、ワインまで、幅広く揃えられている。

 

店に足を踏み入れた瞬間から「ホスピタリティ」が感じられ、それは細かいところまで行き届いている。接待を含めて大事な人との静かな時間を楽しみたい時、食通の友人に「面白い店がある。」と誘いたい時などに、特にお薦めしたい。

 

「來経」とは「年月が訪れて過ぎ去っていく」との意味。移ろいゆく季節の中で、これから加川がどのような品々を供するのか、そして新生「來経」がどのように成熟していくのか、じっくりと見守りたいと思う一軒である。

Reopened with a New Chef in Summer 2014

 

Kagurazaka is a very unique area – narrow backstreets intersect, and each turn brings a different atmosphere, as though each street has its own character. From Iidabashi station, head up the slope and you’ll find a relatively relaxed area featuring Atamiya, a sento (public bath) that has served the local community since before World War II. This area is also home to an old fruit shop, some other shops, and restaurants that exude a feel of indeterminable history.

 

It’s in this mysterious section of Kagurazaka that you will find Kifu.       

 

The aura of Kifu is somehow mysterious. Even though it has a small sign, the restaurant is a large black box, seemingly without entrance. Look carefully, however, and you’ll find a section of black wall which can be opened. Inside this is a wooden door. It might bring to mind images of stepping into ninja yashiki, or ninja’s house.

 

Through the door is a small space of counter seats and two private dining rooms, but it’s all laid out efficiently – Kifu feels much bigger than it is. It’s simple, with a color scheme that ensures that you won’t feel claustrophobic.

 

Newly arrived Chef Kagawa has a very unique background. After an apprenticeship in Japan, he moved to New York where he spent 20 years working for Japanese restaurants. Now back in Tokyo, he is determined to establish his own style of washoku –one that maintains the basics of Japanese food such as soy sauce and dashi, and injects the traditional Japanese beauty of wabi-sabi. He is especially eager to create a solid main dish of meat, often considered the weakest link in washoku courses. He calmly and confidently states he is eager to see how his dishes will match up in Kagurazaka – a place far from lacking in quality Japanese restaurants.

 

Interestingly, while his omakase set menu is based on the washoku tradition, it does feature western ingredients. Though you may initially question the validity of this Japanese cuisine,  going through the courses will reveal a careful balance of ingredients, all combined in a unique Japanese way. Chef Kagawa has also selected a wide range of drinks to enjoy with his dishes, and these include sake, shochu, beer, champagne, and wine.

 

As soon as you take your first step inside this restaurant, you’ll feel the sense of hospitality. It is obvious that the staff pay attention to detail. Simply put, Kifu is an ideal Japanese restaurant to consider when looking for a place to dine, entertain someone important, or go somewhere interesting with friends.

 

The name Kifu means ‘time passing by slowly.’ With this in mind, it will be interesting to take part in the journey Chef Kagawa takes to establish his own style of Japanese cuisine, and to see how his restaurant thrives in the Kagurazaka area.

TOP

MENUS

Dinner:
¥12,000 のお任せコース*ページ最初の写真は、全て9月のコースより

21:30以降は、アラカルトでのオーダー可能。

 

12,000 yen Omakase Tasting Menu *All pictures above are from the latest menu. (as of September 2014)

You can order a la carte after 9:30 pm.

 

*上記の金額には、消費税、及びサービス料10%が別途掛かります。

All price indicated here does not include tax and 10% service charge.

TOP

DRINKS

ビール、日本酒、焼酎、シャンパン、ワインと幅広い品揃え。

『料理にマッチすることをベースに、自分の好きな銘柄を選びました。ケンゾーエステイトのワインと焼酎の「伊佐美」は、特にお薦めです。』(加川料理長)
日本酒(一合):¥750~  スパークリングワインボトル:\5,000~ ワイン(白・赤)ボトル:¥4,800~
焼酎グラス:¥550~  ワイングラス:¥950  生ビール:¥800

 

Kifu’s varied drinks list features sake, shochu, beer, champagne and wine.

Chef Kagawa especially recommends wines from Kenzo Estates and shochu Isami.

 

Bottled red and white wine are priced from 4,800 yen, while sparkling wine starts at 5,000 yen a bottle.

Sake 1 go (180 ml.) is from 750 yen. By the glass,shochu, wine and draft beer are priced from 550 yen, 950 yen and 800 yen respectively.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒162-0827 東京都新宿区若宮町14-7 kif 1階
kif 1F 14-7 Wakamiyacho, Shinjuku-ku, Tokyo 162-0827
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・地下鉄各線 飯田橋、又は都営大江戸線 牛込神楽坂
Iidabashi (JR & Tokyo Metro) Ushigome Kagurazaka (Toei Subway)
Tel
03-3268-6033
Fax
03-3268-6033
平均予算 Average Cost
夜の平均予算:¥15,000
Average dinner cost: 15,000yen
営業時間 Business Hours
Dinner:17:30 -

Closed on Sunday & National Holidays

Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX 他