ラクレ
駒沢大学・桜新町 / フレンチ

La Clef
KomazawaDaigaku-SakuraShinmachi / French

03-5799-7800
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

ホワイト・アスパラガスとホタルイカのサラダ仕立て、肝のソース

White Asparagus and Firefly Squid Salad Style

メインビジュアル

スモーク・サーモンのポテト包み、マスタードの香り

Potato Wrapped in Smoked Salmon with Mustard Flavor

メインビジュアル

新玉ねぎとトリュフのブラン・マンジェ、甘海老のタルタルを添えて

Spring Onion and Truffle Blanc Manger with Alaskan Pink Shrimp Tartare on the Side

メインビジュアル

真イワシのルロー仕立て、大葉と茄子をアクセントに

Sardine Roll Accented with Wild Sesame and Eggplant

メインビジュアル

マグレ鴨胸肉の燻製と鴨のクロケット、マッシュルームのカプチーノ仕立て

Smoked Magret Duck Breast and Duck Croquette on Cappuccino Style Mushroom

メインビジュアル

黒豚ばら肉と牛蒡のカラメリゼ、黒糖とシェリーヴィネガーの香り

Black Pork Back Rib and Caramelized Burdock, Flavored with Black Sugar and Sherry

メインビジュアル

宮城県産霧島鶏胸肉の昆布〆ロースト、山菜のフリットを添えて

Miyagi Kirishima Chicken Breast Roast with Fired Mountain Vegetables on the Side

メインビジュアル

チョコレートとノワゼットのマーブル仕立て、ローズマリー風味

Chocolate and Hazelnut, Rosemary Flavored

メインビジュアル

バナナのムースとカシス・オレンジのチュイル

Banana Mousse and Casis & Orange Tuile

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

美味しいフランス料理をリーズナブルな価格で食べさせてくれる小さなレストラン、ラクレがあるのは田園都市線の桜新町の駅から外に出て、246の旧道を西に歩いて5 分弱の距離。

 

『サザエさんの町』として知られる桜新町の駅前には比較的新しそうに見えながらも伝統ある商店街があり、その周辺に広がるのは閑静な住宅街。近くに住む人にとって、桜新町の駅からラクレまでの光景は日常的なものであろうが、ここを訪れるものにとっては、まさしく世田谷というブランドが象徴するような洗練され落ち着いたイメージをもったエリア。

 

そんな場所でフレンチ・レストランを経営するシェフの奈良芳信はこのロケーションに出会った瞬間に都心とは一線を画す雰囲気に魅かれ『世田谷の、ここでやっていきたいと確信した』と語る。

 

桜新町で自らのレストランを開く前は、横浜を皮切りに恵比寿や銀座のレストランで働き、オーナー・シェフを5年間に亘り務めた経験ももつ。しかしながら料理人としての奈良にとっての最大の転機は24歳から3年半を過ごしたフランスでの経験。

 

先ずパリで、評価を確立しつつあった新進気鋭のダビッド・ヴァン・ラーの『ル・バンボッシュ』で働く機会を得るが、新たな生活環境と仕事に慣れ始めた頃に移転・拡張の為に一時閉店となってしまう。そこでパリから離れて、南仏のトリュフとフォアグラの産地として知られるカオールに移動して『ル・バランドル』で半年を過ごす。そこでは日本には絶対に入って来ることのない新鮮で高品質のフォアグラを日々料理するが、奈良は『鮮度が高かったから余計な事はせず、塩とコショウを使っただけ』と謙虚に振り返る。

 

その後はパリに戻り『ル・バンボッシュ』から『ル・マクサンス』という名になって再出発した最初のレストランで星を獲得するという喜びを経験。結果的に『ル・バンボッシュ』と『ル・マクサンス』の両方で2年近くをダビッド・ヴァン・ラーの下で過ごす。

 

他にはフランスの食文化の中心であるリヨンから100キロ程の距離にある小さな村サン・ボネ・ル・フロワにある当時は2星で今は3星となった『オーベルジュ・クロ・デ・シーム』で4ヶ月間働く。この一年の半分、雪が積もらない時期しか営業しないレストランでは、既に伝説的な存在であるレジス・マルコンが休むことなくエネルギッシュに働くのを目の当たりしながら、そのシェフが醸し出す強いオーラに感化される。そしてパリに戻り、3星で働くという念願が叶い、日本に帰る前の3ヶ月間をルカ・キャルトンで過ごす。

 

これらのレストランのキッチンで3年半にわたり無我夢中に働きながらフランス人の気質に触れ、本場の空気を吸えたのが良かったと振り返る奈良が言うのは、フランスには日本的な先輩後輩と言う概念はなく、キッチンの中では全員がチームの一員として対等の立場で働くという事。

 

そして今、タフな経験をしてきた奈良が桜新町にある自らのレストランでつくるのは、世田谷の空気を反映したかのような穏やかで安心感を与えてくれるような優しい味わいのフランス料理。しかしながら何度かラクレで食事をしていると、時にシェフの気合いというか、凄みを感じるような、おそらくフランスで修羅場を経験したからこそ出せるような味わいにめぐり合う事もある。

 

まさしくラクレは田園都市線沿線に住んでいれば通いたくなるようなレストランであり、誰もが地元にあったらと願うようなレストラン。勿論、地下鉄を乗り継いで行く価値は大いにあり。

 

 

La Clef, or “the key” in English, is a cozy French restaurant serving high quality and reasonably priced cuisine. It is located approximately 5 minutes by foot from Sakura Shinmachi station on the Tokyu Denentoshi Line.

 

Coming up to street level from the underground Sakura Shinmachi station, you see a shopping street which seems relatively new but in fact has a long tradition. Walking down the street to the restaurant, you will sense that the area has a comfortable and sophisticated air which is typically only found in certain parts of central Tokyo. Surrounding the station and the street is the quintessential residential area of Setagaya, considered by many to be one of Tokyo’s nicer suburbs.  

 

Owner-chef of La Clef, Yoshinobu Nara instantly fell in love with this area and decided to start his own restaurant there when he was looking for a place for his new restaurant after closing his previous one located inside the Yamanote loop

 

Even though he is an established chef, he very humbly admits that he was not confident enough to own a restaurant in more competitive areas like Ginza and Aoyama. Prior to opening La Clef, he gained solid experience of cooking at restaurants in Yokohama, Ebisu and Ginza. However, what really established him as a chef was his three and half years of experience in France.

 

He went to France when he was 24 years old. First he got a job at Le Bamboche owned and operated by then up-and-coming chef, David Van Laer. Just when Nara was getting used to his new life in France, Chef Van Laer decided to move and open a larger restaurant. This gave Yoshinobu Nara a time to venture outside of Paris. He ended up in Cahors in Southern France famous for its foie gras and truffles. There he worked for Le  Balandre and for six months cooked locally produced fresh foie gras daily. Now chef Nara looks back on his experience of cooking foie gras and humbly says, “Since it was so fresh, putting salt and pepper on it was only thing I had to do”.     

 

Then he went back to Paris to work for David Van Laer’s new restaurant called Le Maxence. He was there when Chef Van Laer won his first Michelin star and ended up working for him for almost two years.

 

While he was in France, he also worked for four months for legendary Chef Régis Marcon at Auberge et Clos des Cimes which is now called Restaurant Regis et Jacques Marcon with three Michelin stars in the small town of Saint-Bonnet-le-Froid in south-central France. He finished up his culinary Tour de France by working for Lucas Carton, another triple starred restaurant in Paris.

 

He has worked and pursued his dream alongside highly dedicated cuisiniers in France’s top kitchens. There he not only acquired culinary skills but also gained a better insight into the French mindest and approach to the kitchen environment. He saw that inside the kitchens everyone works equally under the command of the Chef, and there is no pecking order among them. Those that could not work within that framework simply did not last very long.

 

Having been through very rigorous experiences, Chef Nara now cooks mild French cuisine that reflects the air of the area surrounding the restaurant. However, if you dine at this restaurant regularly, he will sometimes surprises you pleasantly with unusually powerful dishes which remind you that he is battle hardened from his time in France.

 

If you live nearby or use the same train line to commute, this is a restaurant you will enjoy going to regularly. If you do not live nearby, this is the kind of restaurant you will wish you had in your neighborhood. And, it is definitely worth making a detour to get there.

TOP

MENUS

LUNCH

 

2,200 yen

本日のスープ + メイン料理 + デザート

Today’s Soup + Main + Dessert

 

2,800 yen

アミューズ + 前菜 + ミニ・スープ + メイン料理 + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Mini Soup + Main + Dessert

 

4,000 yen

アミューズ + 前菜 + お魚料理 + お肉料理 + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert

 

DINNER

 

3,900 yen 

アミューズ + パルメザン・チーズのリゾット + 主菜 + デザート

Amuse Bouch + Parmigiano Reggiano Risotto + Main + Dessert

 

4,200 yen 

アミューズ + 前菜 + メイン + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Main + Dessert

 

5,500 yen 

アミューズ + 前菜 + プチ・スープ + メイン1 + メイン2 + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Small Soup + Main #1 + Main #2 + Dessert

 

8,000 yen 

アミューズ +前菜1 + 前菜2  + 魚 + 肉 + デザート1 + デザート2

Amuse Bouche + Appetizer #1 + Appetizer #2 + Fish + Meat + Dessert #1 + Dessert #2

TOP

DRINKS

ワイン・リストにあるのは全てフランス産で、基本的にブルゴーニュやボルドーなどのメジャーな産地のワインが赤白25種類ずつ。4,000円程度から13,000円まで。3種類のシャンパンは9,000円から10,000円。

シャンパン以外のスパークリングはヴァン・ムスーが3,200円から4,300円で3種類あるのと、グラスではスパークリングも含めて全て1,000円以下で楽しめる事からも、シェフが地元に根付いたレストランを目指している事がわかる。

The wine list has 25 red wines and 25 white wines from Framce’s major wine regions such as Burgundy and Bordeaux. They are priced from around 4,000 yen up to 13,000 yen. In addition, three Champagnes are on the list priced within a range of 9,000 yen to 12,000 yen.

Also available are 3 Vin Mousseux, sparkling wine produced outside Champagne region, very reasonably priced from 3,200 yen to 4,300 yen.

By the glass wines, including Vin Mousseux, are all priced less than 1,000 yen.     

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
世田谷区桜新町2-26-1
2-26-1 Sakurashinmachi, Setagaya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急田園都市線 桜新町
Sakurashinmachi (Tokyu Denen Toshi Line)
Tel
03-5799-7800
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,900 yen
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
Lunch
11:30~14:00(L.O.)
Dinner
17:30~21:30(L.O.)Tuesday through Saturday
17:30~21:00(L.O.)Sunday

Closed on Mondays
(月曜日が祝日の場合は営業し、翌日休業)
(The restaurant is open if a national holiday falls on a Monday. Instead, it is closed on the following Tuesday.)
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA
ランチでは現金での支払い、ディナーでも10,000円未満の場合は現金での支払いとなっています。
Please be reminded that the restaurant does not accept credit card during lunch hours. Also, please pay by cash if the total amount for dinner is less than 10,000 yen.