ル スプートニク
西麻布・六本木 / フレンチ

le sputnik
NishiAzabu-Roppongi / French

03-6434-7080
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

帆立のが柑橘マリネ 蕪の泡

Citrus Marinated Scallop in Turnip Foam

メインビジュアル

紫さつま芋のコルネ ブーダン・ノワールのムース 五郎島金時のチュロス

Purple Sweet Potato Corne, Mousse of Boudin Noir, Goro Kintoki Potato Churro

メインビジュアル

稚鮎の牛蒡フリット

Baby “Ayu” (sweet fish) Fried Crisply with Burdock

メインビジュアル

焦がしネギ 鰻 葱のクリーム

Burnt Leek, Unagi Eel, Cream of Leek

メインビジュアル

鯖の瞬間燻製 ロックフォール

Smoked Mackerel with Roquefort

メインビジュアル

鯖の瞬間燻製 ロックフォール

Smoked Mackerel with Roquefort

メインビジュアル

鯖の瞬間燻製 ロックフォール

Smoked Mackerel with Roquefort

メインビジュアル

薔薇 フォアグラ ビーツ

Red Rose - Foie Gras & Garden Beets

メインビジュアル

茸のクレープ グラス ポーチドエッグ

Mushroom Crêpe, Ice Cream and Poached Egg

メインビジュアル

フォアグラ ロティ メロン

Roast Foie Gras Melon

メインビジュアル

松茸と鱧

Matsutake & Conger Eel

メインビジュアル

鮑 黒米と紫キャベツのリゾット

Abalone & Black Rice Risotto with Purple Cabage

メインビジュアル

甘鯛の松笠焼き モンサンミッシェルのムール貝とハーブのブール・ブラン

Tilefish, Mont Saint-Michel Mussels, Herb Infused Beurre Blanc Sauce

メインビジュアル

蝦夷鹿の芯玉ロースト ソース・シヴェ

Roast Ezo Venison Knuckle, Sauce Civet

メインビジュアル

チョコレート オレンジ 抹茶

Chocolate, Orange and Green Tea

メインビジュアル

カシス モンブラン

Casis Flavored Mont Blanc

メインビジュアル

カシス モンブラン

Casis Flavored Mont Blanc

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

東京も捨てたもんじゃない…

 

ル・スプートニクのようなレストランで食事を楽しんでいるとそう思えてくるはず。

 

パリやニューヨークにはスター・シェフの名を冠した、グラン・メゾンと呼ばれるようなレストランが煌びやかな目抜き通りに連なるが、ひっそりとル・スプートニクが佇むのは六本木の裏通り。そんな目立たない場所にある小さなレストランで、日本人シェフのつくる斬新なフランス料理を心地良いサービスと共に味わえるという事は、東京を訪れる外国人にとっては驚きであり、東京で生活する我々にとってはちょっとした誇りだったりする。

 

21世紀初頭の東京、ガストロノミーという名の下でヴィジュアル重視の料理を創作するシェフは少なくない。ル・スプートニクの髙橋雄二郎シェフがつくる料理の中にも絵画を思わせるものがあったり、オブジェのように立体感あるものもあったり。しかしながら美しい料理を口に入れてみれば視覚的なインパクトは二次的なもので、料理人として髙橋が追い求めるのは「味わい」であるという事が瞬時にわかるはず。

 

なのでル・スプートニクは単に面白い料理を楽しむ場所ではなく、美味しい料理を味わう為の空間。そこには過度な演出はなく、シンプルだからこそエレガント。じっくりと料理とワインを味わうに相応しい安心感や信頼感といった落ち着きが漂う。

 

フレンチの古典に軸足を置きながら…

 

オーナーとして六本木にル・スプートニクを開く前は、恵比寿から代官山に向かう途中にあるル・ジュー・ドゥ・ラシエットでシェフを任され、ミシェランの星を獲得することに貢献した髙橋雄二郎は当時からフレンチの古典に軸足を置きながらも斬新なフランス料理をつくる事で知られた存在。その頃から髙橋にとってのフランス料理とは、自らの感性を表現する事で受け手の気分を高揚させる事ができるもの。

 

その一方で、日々キッチンの中で体を張って働く料理人に求められるのは、必ずしもアーティストとしての感性ではなく、優れたアスリートがもつ強いモティベーションと研ぎ澄まされた集中力だと語る一面もあり。

 

 

実際にシェフを志していた若き髙橋を心身ともに鍛えたのはパリにある今も昔も大人気のシェ・ラミジャン。このバスク料理ならではのシェルキュトリーを味あわせてくれるビストロのキッチンでの経験を、「毎日が修羅場で、毎日が祭りの一年だった」と髙橋を振り返る。

 

ガストロノミーとは…

 

ガストロノミーとしてのフランス料理を追求する髙橋の感性に大きな刺激を与えたのは、ミシュラン3つ星ルドワイヤンでの経験。因みに、髙橋にとってのガストロノミーとは「そこでしか味わえない料理」。パリのグラン・メゾンでも修羅場をくぐった髙橋は、「誰にでもつくれる料理をつくる為に今まで苦労してきたわけではない」と語る。

 

そんな強い思いが込められているのがル・スプートニクというユニークな名前。スプートニクとはソビエト連邦が1957年に打ち上げた世界初の人工衛星。その名前に”le”という冠詞をつける事によってフランス語となる。フランス料理とは伝統や古典といった過去を大切にしながら、たとえ異国のものであっても常に新しい要素を取り入れながら進化し続けるもの。そう考えるとル・スプートニクという大胆な名前は決して奇をてらったチープなものではない事が分かるはず。

 

そして人工衛星のスプートニク(Спутник)という単語の本来の意味は日本語にすると「旅仲間」や「旅の伴侶」といったものになる。

 

是非、この六本木の裏通りに佇むル・スプートニクで食事をする我々は、ガストロノミーの理想を追い求める髙橋雄二郎の良き仲間として旅《Journey》を一緒に楽しもうではないか。

 

 

Tokyo is a good place for discerning foodies.

 

It’s something you realize when you dine at a restaurant like Le Sputnik. 

 

In Paris, New York or any other major city in the world, large restaurants - often named after their star chefs - are common on main boulevards. Le Sputnik, on the other hand, is a cozy restaurant tucked away in the quiet backstreets of Roppongi. Ex-pats and tourists might be surprised; this is a home to modern, cutting edge French cuisine by a Japanese chef. The service is attentive, and the atmosphere comfortable. Long time residents should  be proud of the city having such a restaurant.     

 

In any era, in any city, there are always chefs pushing the culinary envelope. In Tokyo, the city is full of them, each coming up with dishes appealing to unique aesthetics. And Chef Yujiro Takahashi of Le Sputnik is no exception: some of his dishes are reminiscent of paintings, or vertically constructed art objects. However, what Chef Takahashi strives for is taste and flavor. Each dish is beautiful, to be sure, but when you place a morsel in your mouth, you taste the real beauty of their design.

 

Le Sputnik is a place for discerning foodies; those who are not fooled by visual aesthetic alone. The restaurant, too, is not pretentious in its decoration. The simple, elegant interior creates an atmosphere conducive to enjoying quality food and wines.

 

 

Prior to opening Le Sputnik, Chef Takahashi was the chef at Le Jeu de L’Assiette, and he worked their while the restaurant earned its first Michelin star. Even then, Takahashi was known for a unique approach to modern French cuisine - one based on solid fundamentals and a belief that French food has the power to arouse feelings of ecstasy and bliss.

 

Many chefs pursuing gastronomy often take inspiration from artists or scientists. However, Chef Takahashi downplays the importance of artistic sensibility. Instead, he is drawn more to the kind of powerful motivation and intensity found in great athletes. This is the kind of feeling he aims to bring to his kitchen.

 

While still a young and aspiring cuisinier, Takahashi toughened up at Chez L'Ami Jean, a tremendously popular bistro in Paris, known for its Basque charcuterie. He describes his experience as working in a chaotic kitchen, and days that were simultaneously war and festival, all at once.

 

 

Takahashi has also worked at the Michelin triple starred Ledoyen in Paris, where he was exposed to and inspired by real gastronomy. While the word gastronomy is widely used, its definition is often vague. Chef Takahashi says his own gastronomy is, “something so original you cannot eat it anywhere else.” After surviving the tough kitchens of Paris, Takahashi says that he intends to create dishes no other chefs can imagine. He is clearly not afraid of walking his own path.

 

Le Sputnik is named after the first satellite launched by the Soviet Union in 1957. Takahasi gives it a touch of French by adding, “le”. While French culinary culture never fails to pay homage to its own tradition and classics, it is also constantly adapting new elements. In that sense, the restaurant name hints at a blend of cultures and tastes.

 

It’s also interesting to note that the word sputnik originally means companion, or fellow traveller. And it’s here, at Le Sputnik, that each diner becomes a fellow traveler on Chef Takahashi’s journey along the path of gastronomy.

TOP

MENUS

ここでは昼も夜も髙橋シェフの「おまかせ」コース。なのでル・スプートニクにメニューはない。

日々ベストな状態の食材をつかってコースを組み立てるので、その日によって料理の皿数が前後することもあり。

 

At Le Sputnik the menu is not printed out - both lunch and dinner are the chef’s omakase tasting menu.

 

The number of courses, too, varies daily. Chef Takahashi’s constructs his menus using the best ingredients available. We’ve added an approximate number to each dining option.

 

LUNCH

 

6,000 yen

8皿前後のコース

8 courses

 

DINNER

 

10,000 yen

10皿前後

10 courses 

 

15,000 yen

13皿前後

13 courses

 

上記どのコースでも「必ずお腹いっぱいになってもらいます!」というのは髙橋シェフの言葉だが、個々の料理の完成度の高さがル・スプートニクの本当の魅力。

 

Chef Takahashi is confident in the depth of his menu, saying, “I make sure you leave my restaurant with a full stomach, no matter which menu you choose.” But what truly amazes is not the portion size, but the quality of dishes.

TOP

DRINKS

ワイン・リストに掲載されているのは赤白それぞれ40種類程度。6,000円台のものもあるが、もっとも取り揃えが多いのは8,000円台から18,000円前後。

The Le Sputnik wine list boasts approximately 40 red and 40 white wines. Prices start at less than 7,000 yen, but the majority hover within the range of 8,000 yen to 18,000 yen.

シャンパンは7,000円から約20種類の取り揃えがある。

Additionally, there is a selection of approximately 20 Champagnes, priced from 7,000 yen.

グラスでは赤3種類と白6種類の選択肢があり、価格は1,200円から。シャンパンはグラスで1,500円。デザート・ワインの取り揃えもあり。

Le Sputnik usually offers 3 red wines and 6 white wines starting at 1,200 yen a glass, while by-the-glass Chamapgne is 1,500 yen. There are also a couple of dessert wines on the list.

上記にあるようにワインの価格設定は良心的ではあるが、お薦めしたいのはワインのデギュスタシオン。高橋シェフの料理を知り尽くしたソムリエに当日のメニューに合わせたワインを選んでもらう事で、より充実したディナーを楽しめるはず。

基本的にコースに合わせたワイン6種類を6,000円で味わえるのがデギュスタシオンの目安になるが、何種類のワインを味わいたいか、どの程度の量を飲みたいか等をソムリエに伝えれば可能な限り柔軟に対応してくれる。

Diners are of course, free to select wine at their leisure, but we recommend leaving wine pairing options in the hands of the sommeliers, who have a thorough knowledge of the dishes being served.

The standard wine pairing option is 6,000 yen, and includes six glasses of wine, but the sommeliers are happy to accommodate any requests. Be sure to let them know your budget in terms of price or amount, and they’ll do what they can to help.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区六本木7丁目9-9 リッモーネ六本木1F
7-9-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線: 六本木
Roppongi (Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-6434-7080
平均予算 Average Cost
LUNCH: 10,000 yen
DINNER: 20,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH

12:00 - 13:00 (L.O.)  
3時半に閉店
Close at 15:30

DINNER

18:00 - 20:30 (L.O.) 
11時に閉店
Close at 23:00

Closed on Mondays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA