ルグドゥノム・ブション・リヨネ
神楽坂・飯田橋 / フレンチ

Lugdunum Bouchon Lyonnais
Kagurazaka-Iidabashi / French

03-6426-1201
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

Foie gras de canard poêlé, rhubarbe confite

鴨のフォワグラのポワレ リュバーブのコンフィ添え

Pan Fried Foie Gras of Duck Served with Rhubarb

メインビジュアル
メインビジュアル

Eclair d’escargots, fondue de tomate, beurre ail & persil

エスカルゴのエクレア仕立て トマトのフォンデュ ニンニクとパセリ風味

Escargots “Eclair Style” Served with Tomato, Flavored with Parsley & Garlic

メインビジュアル

Assiette de cochonnaille « Bouchon lyonnais »

コショナイユ ブションリヨネ風

Assorted Delicatessen Platter Bouchon Lyonnais style

メインビジュアル
メインビジュアル

Crème de maïs glacée, baby maïs frit

冷たいトウモロコシのクリームスープ ベビーコーン添え

Chilled Corn Cream Soup, Fried Baby Corn

メインビジュアル

Original Lugdunum Burger, tomate fruit Original Lugdunum Style Burger served with fruit tomato

自家製リヨン風ソーセージのルグドゥノム ブション リヨネ スタイル

Original Lugdunum Style Burger Served with Fruit Tomato

メインビジュアル

Artichaut & coquillages, gelée à la coriandre

アーティチョークと春の貝 コリアンダー風味のゼリー

Artichoke & Shellfish, Coriander Flavored Jelly

メインビジュアル

Tatin de Boudin Noir aux pommes

ブーダン・ノワール りんごのタタン仕立て

Homemade "Boudin Noir" with Apples, Tatin’s Tart Style

メインビジュアル

Aile de raie à l’arête, beurre noisette aux câpres

骨付きエイのポワレ ケッパー風味の焦がしバター

Skate Fish Served with “ Beurre Noisette” and Capers

メインビジュアル

Homard juste poêlé, aubergines fondantes, sauce citronnelle

オマール海老のポワレ ナスのフォンダン レモングラスの軽いソース

Pan Fried Lobster Tail Served with Eggplant & Lemon Grass Sauce

メインビジュアル

Filet de canard de Challans Burgaud, polenta d’olives

シャラン産の鴨胸肉 オリーヴとマスカルポーネのポレンタ添え

Roasted Duck of Challans Served with Polenta Mascarpone & Olive

メインビジュアル

“ Paris – Lyon” le cousin du Paris - Brest

パリ–リヨン  パリ–ブレストの従兄弟

"Paris - Lyon" cousin of Paris – Brest

メインビジュアル

Traditionnelle tarte aux pralines rose & son œuf à la neige Traditionnal pink praline tart & snow egg style

リヨン名物のタルト・プラリヌとウフ・ア・ラネージュ

Traditionnal Pink Praline Tart & Oeufs à la Neige (Floating Island)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-06-21

 

 

ジャック・ラセーニュの2代目当主を迎えて5種類のシャンパーニュを楽しむディナーが開催されます。

 

生産量は少ないながらも、その品質が評価されフランス大統領が国賓を招いて催すパーティなどで選ばれるのが、ジャック・ラセーニュのシャンパーニュです。

 

 

シャンパーニュの

モンラッシェ

 

ジャック・ラセーニュの葡萄畑はシャンパーニュ地方の南、トロワに近いモングーという名前の村にあり、クレ(Craie)という白亜質に恵まれたテロワールはシャンパーニュのモンラッシェと呼ばれています。

 

10年振りに

来日する2代目の当主

 

このシャンパーニュはジャック・ラセーニュ本人が兄弟4人でつくり始めたのですが、今回のディナーには10年振りの来日となるジャックの息子で2代目の当主となるエマニュエル・ラセーニュ氏が特別ゲストとして参加することになっています。

 

 

Amuse bouche

アミューズブーシュ

 

Les Vignes de Montgueux 

Magnum 

Extra Brut

 

Artichaut & coquillages

gelée à la coriandre

アーティチョークと春の貝

コリアンダー風味のゼリー

Artichoke & Shellfish,

Coriander Flavored Jelly

 

Le Cotet 

Extra Brut

 

Galantine de volaille fermière des Landes

édamamés & champignons

ランド産地鶏のガランティーン

枝豆とキノコ

Landes Chicken 

« galantine »

Edamame & Mushrooms

 

Côteaux Champenois 

2010 

Blanc

 

Saumon fumé et confit

espuma de pomme de terre & truffe  

軽く燻製したサーモンのコンフィ 

じゃが芋のエスプーマ仕立て 

トリュフを添えて

Smoked Salmon Conft 

with Potato Espuma
Truffle Flavored

 

La Colline 

Inspirée 

Extra Brut

 

Poitrine de canard de Challans, quinoa aux fruits secs 

シャラン鴨の胸肉  

キヌアとドライフルーツと

野菜のクスクス仕立て 

Roasted Challans Duck served with vegetables & dry fruits Quinoa

 

Millésime 

2006 

Brut Nature

 

Sablé aux myrtilles, crémeux d’Ange, sorbet Gin Tonic

苺と長野産リュバーブの

サブレ仕立て 

バニラとオリーブ・オイルの

アイスクリーム

Sablé Style

Strawberry & Rhubarb 

from Nagano

Vanilla & Olive Oil 

Ice Cream

 

Mignardises & Café ou Espresso ou Thé

小菓子と

コーヒー・エスプレッソ・紅茶

Mignardises & Coffee, Espresso or Tea

 

 

DATE

 

7月13日(木)

 

TIME

 

受付開始 18:30

ディナー開始 19:00

 

Doors open at 6:30 

and dinner starts at 7:00

 

PRICE

 

18,000 yen

(サービス料10%別)

(10% Service charge to be added)

 

 

ご予約・お問い合わせ: 

『ルグドゥノム ブション リヨネ』03-6426-1201

 

For reservations and inquiries, 

please call 

Lugdunum Bouchon Lyonnaise at 

03-6426-1201.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

ルグドゥノム・ブション・リヨネ。この憶えるのは殆ど不可能と思われる長い名前の、多少カジュアルでありながらも、フレンチ通を唸らせる料理を食べさせてくれる店は、神楽坂の本多横丁で存在感を輝かせる。

 

再開発を逃れ、過度に商業化される事もなく、かつての東京の面影を残すのが神楽坂。近隣には「日本の中のフランス」と呼ばれる日仏学院があり、多くのフランス人が生活しているエリアでもある。必然的に、彼らフランス人の生活の大きな一部となるレストランやビストロが多く集まる。そんな中、その名前が象徴するように、ルグドゥノム・ブション・リヨネは、他のレストランやビストロとは一線を画すユニークな存在として国籍を問わず多くの人に受け入れ、重宝されている。

 

このルグドゥノム・ブション・リヨネのオーナー・シェフ、クリストフ・ポコの誇りは、自分が生まれたリヨンがフランスの食文化の中心であり、その象徴となるブションにはパリのビストロよりも長い伝統があるという事。まさにリヨンにとってのブションとはビストロと似て非なるもの。

 

そんな伝統的なブションを、細部に至るまで妥協せず再現したのがルグドゥノム・ブション・リヨネ。ブションには無くては成らない銀色に輝くスズ製のカウンター、ワイン・カー ヴ、テーブルと椅子、そして床に敷かれたタイルに至るまで、全てシェフが自らの生まれ故郷リヨンから引いてきたもの。壁にはリヨンの今と昔を伝える多彩な絵が架かる。

 

本物のブションを再現するという自らの夢をかなえた、クリストフ・ポコの料理人としてのCVは目覚しい。来日しル・コルドン・ブルーの東京校で教鞭をとった後、ソフィテル東京でエグゼクティブ・シェフなどの要職を歴任。それ以前は、15歳でキッチンに入り、フランス各地でミシュランの星を獲得している幾つものレストランで実績を重ねてきた。

 

勿論、このブションでも、一般的にビストロ料理と呼ばれるものとは全く異なるレベルの味わいを期待すべし。そして見事に、その期待に応えるのがクリストフ・ポコの真骨頂。ブションの伝統を裏切ることなく、それ以上の味わいを楽しませてくれる。

 

実際に、ここで食事をするフランス人が驚くのは、近年フランスでは自家製の料理を食べさせてくれるビストロやブションが少なくなっているのに、この神楽坂のルグドゥノム・ブション・リヨネではブーダン・ノワールやアンドゥイエット、そしてリヨンではコショナイユと呼ばれるシャルキュトリー等、全ての料理が自家製である事。(因みに、リヨンと世界中にあるブションと名乗る店でミシュランの星を獲得しているのは、このルグドゥノム・ブション・リヨネ以外にはない)

 

是非、ここ神楽坂にしかない本物のブションで、フランス食文化の中心リヨンの昔ながらの味わいを楽しむべし。

 

 

A gourmet destination since opening its doors in Autumn of 2007, this comfortably casual dining spot is not to be missed. The name, Lugdunum Bouchon Lyonnais, is perhaps a bit of a mouthful, but you will long remember your first experience here. Located in the Honda Yokocho section off Kagurazaka’s main sloping street, you will already be in the mood for French as you approach this fine example of the cuisine of Lyon.

 

Neither overly commercialized nor developed, Kagurazaka is one of the few areas of Tokyo that retains the atmosphere of the old metropolis while attracting large numbers of French students, French expats, and their families. This is due to the L'institut Franco-Japonais de Tokyo in nearby Iidabashi. Naturally, this area is complete with high quality French restaurants, bistros and brasseries catering to this microcosm of France in the heart of Tokyo. Among the tempting array of French eateries, Lugdunum Bouchon Lyonnais, as is exemplified by its name, is definitely one of a kind.

 

The simple and warmly welcoming bouchons of Lyon are similar to the bistros of Paris, but not identical. Owner-chef Christophe Paucod, born in Lyon, is very proud that it is recognized as the culinary heart of France, and its bouchons have a longer tradition than do the bistros of Paris.

 

He has now completely recreated in great detail the kind of bouchon he dreamed of by bringing back all the essential elements of a true Lyon bouchon, including an authentic zinc counter, a wine cave, and even tables and floor tiles from his native city. Moreover, he has elegantly decorated the restaurant with a variety of framed pictures that create an atmosphere true to his hometown.

 

Examining Paucod’s culinary resume also leaves one impressed. When he first arrived in Tokyo he taught at the highly acclaimed French culinary school, Le Cordon Bleu’s Tokyo branch, from where he was recruited to work as executive chef at the Sofitel Tokyo. In France, after his apprenticeship, he worked for several Michelin starred restaurants. Amazingly, he has been cooking professionally since he was 15 years old.

 

Obviously this means you can expect a quality of food a notch or two above regular bistro fare – exactly what Paucod strives to offer while being true to the spirit of bouchon.

 

This manifests itself in the fact that everything at this bouchon is homemade. Many French chefs visiting Tokyo are pleasantly surprised to find that quintessential bouchon items such as boudin noir, andouillette and charcuterie (which Chef Paucod proudly calls cochonnaille as they do in Lyon,) are all made in house, as it is increasingly common in France recently for restaurants to source those items from outside suppliers. Perhaps it is touches like this that makes Lugdunum Bouchon Lyonnais the only bouchon in the world awarded with a coveted Michelin star. 

 

At this bouchon in Kagurazaka, you can experience the heart and soul of French culinary tradition as it is only presented in the city of Lyon.

TOP

MENUS

LUNCH

 

Le Menu Express (平日のみ)(Available on weekdays only)

1,850 yen 

サラダとリヨン風サラディエ + メイン・ディッシュ + エスプレッソ /  コーヒー / 紅茶

Salad and Lyon Style “Saladier” + Main Dish + Coffee, Espresso or Tea

 

Le Menu du Déjeuner

2,850 yen

前菜 + メイン・ディッシュ + デザート + エスプレッソ /  コーヒー / 紅茶

Appetizer + Main Dish + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

Le Menu des Canuts

3,850 yen

前菜 + スープ + メイン・ディッシュ + チーズ + デザート + エスプレッソ /  コーヒー / 紅茶

Appetizer + Soup + Main Dish + Cheese + Dessert + Coffee, Espresso or Tea

 

Le Menu Dégustation (平日のみ)(Available on weekdays only)

6,850 yen

5皿のシェフのお任せコース

(一緒に食事をされる全員合わせてのオーダーとなります)

Chef’s 5 Course “Omakase” Tasting Menu

(To be served to all guests at the table)

 

上記の価格全てには消費税が含まれています。 ランチでの5%のサービス料は別となっています。

All prices indicated above include tax. The 5% service charge to be added for lunch.

 

DINNER

 

3,850 yen

前菜 + メイン・ディッシュ

Appetizer + Main Dish

 

4,850 yen

前菜 + メイン・ディッシュ + デザート

Appetizer + Main Dish + Dessert

 

6,850 yen

Spécialités Lyonnaises

リヨン料理のスペシャリティー5皿

Lyon Themed 5 Course Set Menu

 

9,850 yen

Menu Dégustation   

(一緒に食事をされる全員合わせてのオーダーとなります)

5皿のシェフのお任せコース

Chef’s 5 Course “Omakase” Tasting Menu

(To be served to all guests at the table)

 

上記の価格全てには消費税が含まれています。ディナーでの10%のサービス料は別となっています。

All prices indicated above include tax. The 10% service charge to be added for dinner.

TOP

DRINKS

食通の街として知られるリヨンの伝統的なブションを再現したルグドゥノムで楽しむのは、リヨンの近隣に位置するブルゴーニュ、コート・デュローヌ、やボジョレそして日本では珍しいリヨンのワインなど。赤白共にボトルは5,000円台から、比較的高価ものまで並んでいる。シェフ自らがデザインする、ワインリストの一番上にはシャンパンだけでなく、カジュアルに楽しめるクレマンも載っている。

 

Wines for you to enjoy at this re-creation of a bouchon from Lyon in Kagurazaka are all sourced from the regions accessible from Lyon; Burgundy, Cote du Rhone and Beaujolais. Also available are the lesser known wines from Lyon. Bottles are available at the 5,000 yen level. Very expensive top shelf wines are also on the wine list designed by the chef. And, it is noteworthy that, along with bottles of Champagne, a bottle of reasonably priced Cremant is also on the list.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
162-0825東京都新宿区神楽坂4-3-7 海老屋ビル1F
1st Floor, Ebiya Building, 4-3-7 Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・地下鉄各線 飯田橋駅、又は都営大江戸線 牛込神楽坂駅
Iidabashi (JR & Tokyo Metrro) Ushigome Kagurazaka (Toei Subway)
Tel
03-6426-1201
平均予算 Average Cost
LUNCH
2,500 yen 平日 Weekdays
3,500 yen 土日 Saturday and Sunday

DINNER
8,500 yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30 - 14:00 (L.O.)
Dinner: 18:00 - 21:30 (L.O.)

毎週月曜日と毎月の第1および第3火曜日定休。
Closed on Mondays and the 1st and 3rd Tuesday every month
Credit Card
American Express / VISA / Master / MICard

ニュースレターNews letter