サラマンジェ
銀座・東銀座・新富町 / フレンチ

Salle a manger
Ginza-HigashiGinaza-Shintomicho / French

03-6280-6481
メインビジュアル

ブーダン・ノワールとレンズ豆、りんご バナナのラグー

Boudin Noire (French Blood Sausage), along with Ragout of Lentil, Apple and Banana

900

メインビジュアル

パテ・アンクルート

Pate en Croute

1800

メインビジュアル

ガトー・ド・フォワとリ・ド・ヴォのフリカセ

Fricassee, Ris de Veau accompagnement de Gateau de Foie

1800

メインビジュアル

自家製アンドゥイエット

Homemade Andouillette (French Sausage)

1800

メインビジュアル

カワカマスのクネル *白身魚のクネル(¥1,800)もあります。

Redfin Pickerel Quenelle (Fish Meat Patty) *White Fish Quenelle also available

2500

メインビジュアル

うなぎのマトロート(赤ワイン煮)

Eel Matelote (Red Wine Stew)

2900

メインビジュアル

シュークルート

Choucroute (Dressed Sauerkraut)

2500

メインビジュアル

フランス産チーズいろいろ

Assortment of French Cheese

メインビジュアル

サバラン

Savarin

600

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

ハイエンドからファストファッションまで様々なブランドの大型ビルの登場で、表通りの様相は大きく様変わりした銀座だが、通り1つ入るとまだ昔の趣が感じられるエリアも結構残っている。新しい「サラマンジェ」はそんな銀座の7丁目、外濠通りから首都高速側に一本入った通り沿いのビルの地下にある。

 

エレベーターを降りた瞬間から広がる店内は、旧店舗とは一転(失礼・笑)、かなり華やかで良い意味で「銀座仕様」という印象。と言ってもいたずらに華美なわけでなく、シェフ自らが縫ったという赤白のチェックのテーブルクロス、クロスと同じ色遣いの格子模様の床等、「本物のリヨンのブション」への拘りが各所に表現されている。テーブル、カウンターを合わせて20席と決して「大きな店」ではないが、深みある赤紫色の壁紙が貼られた天井がかなり高く、またレイアウトの細部にまで工夫がなされており、実際の広さ以上に空間に余裕があるように感じられる。

 

さて、「本物のリヨンのブション」を最も感じられるのは、やはり何と言ってもシェフの供する料理である。メニューには、サラディエ リヨネ、自家製のアンドゥイエット、カワカマスのクネル・・・と肉、様々な内臓、川魚を使ったリヨンの郷土料理、伝統料理が並ぶ。1皿1皿に食材選びと調理に対する「プロの仕事」が詰まっており、特にメインの肉料理はどのプレートも肉好きには堪らない魅力がある。そして、「お腹いっぱい、おいしく食べてもらいたい。」という思いから、かなりのビッグポーション。オーダーの内容にもよるが、基本的には前菜・メインを一皿ずつで、平均以上に食べる方でも十分にお腹いっぱい楽しめる。ワインはかなり良心的な値付けで、気軽にボトルでオーダー出来る価格帯のものが多く揃っている。

 

自らのブログ内で「50歳の挑戦だっ(マジ)」と表現しているとおり、新しい店舗には(既にこの文章内でも何度か書いている)「本物のリヨンのブションを目指す。」という脇坂シェフの熱い思いが、銀座という場所に相応しい形で表現されている。「異性と2人で、素敵な時間を楽しみたい。」という際にも、全く問題無し!その異性がおいしいもの好きであれば、さらに言うこと無し!!もちろん、以前同様「純粋にフランス料理が好きな人が、気取ることなく、そして余計な緊張感なしに食事を楽しみたい。」という際もOKである。

 

往時に比較して「人が減った。」「客層が変わった。」という類の声はあるものの、隠れた名店からクラブまで様々な業態の飲食店が軒を連ねる外濠通りを挟んだ銀座7、8丁目周辺には、このエリアならではの独特な空気が流れている。サラマンジェが、このエリアの新たな「隠れた名店」となるよう、陰ながら応援したい。

最後に:

上記シェフのブログは、かなりユニーク。その日のテーマにもよるが、読み応えあり。シェフの素顔?を知りたい方は是非。 

Ginza’s main strip has dramatically changed over the past decade with the emergence of various retail shops of not only luxurious European brands but also new fashion brands. One can still feel the traditional atmosphere of old Ginza by stepping off the main street into the smaller side streets. Now transplanted to Ginza from its original location in Toranomon, Salle a manger is tucked away on one of these side streets in the basement of a building in Ginza 7-chome, between Sotobori Dori and the Shuto Expressway.

 

Guests take an elevator into the restaurant and will find the space and atmosphere very different from when the restaurant was in Toranomon. Simply put, it is flashy without being tacky. Chef Wakisaka has done a great job of recreating the atmosphere of a bouchon in Lyon. He has personally sewn table cloths of red and white gingham. And, the floor is tiled with a similar checker pattern with different colors. This is not a large restaurant as its seating capacity is only twenty. The feeling inside however is that it is much larger than it is actually because of its high ceiling. The chef has paid close attention to the smallest details to ensure you feel comfortable and relaxed dining here.         

 

However, what truly makes this place just like a bouchon in Lyon is what Chef Wakisaka dishes up in the kitchen. The menu features many of Lyon’s classic dishes such as saladier lyonnais, homemade andouillette, and quenelle. Chef Wakisaka is very professional: He takes pride in selecting the best ingredients available and sensibly applying his cooking skills. His passion is best manifested in the meat dishes. And, he is also passionate about filling you up. The portions are all large, and you would probably be very content with two dishes; an appetizer and a main. Wines are reasonably priced so guests will be comfortable ordering a bottle to enjoy with their meal.

 

Salle a manger in Ginza is Chef Wakisaka’s new challenge at age 50. The goal is to recreate an authentic bouchon in Ginza. And, he has successfully adapted himself and his venture to Ginza. If you are looking for an elegant place in Ginza to dine with someone special, this is definitely the right place. And, if your partner is a gourmet and gourmand it becomes even more enjoyable. Of course, this is also the place to savor French bistro fare, or should we say bouchon fare, unpretentiously with your friends, just as you used to in Toranomon.  

 

People say that Ginza has changed or lost its attraction lately. However, at least in the area surrounding Salle a manger, you still can sense the same air of good old Ginza with many classy bars and enticing smaller restaurants. Sallle a manger is now a welcome part of this scene. 

TOP

MENUS

Lunch:

¥1,500&\3,500のランチコース、及び夜のアラカルトメニュー

Two lunch courses at 1,500 yen and 3,500 yen.

A la carte menu from dinner hours is also available. 

 

Dinner:
アラカルトのみ。
A la Carte menu only.

メニューの詳細はこちらをご覧ください。 
For more Information about A la Carte menu,Please click here.
 

 

TOP

DRINKS

ブルゴーニュを中心に約100アイテム。
ドリンクの詳細はこちらをご覧ください。
グラス:¥600~ グラスシャンパーニュ:¥1,200。
ボトル:¥3,800~ 中心の価格帯:¥6,000~¥8,000

Carefully selected Burgundy centric wine list includes approximately 100 labels and these vary from time to time depending on availability.
Wine by the glass is available from 600 yen and Champagne is available from 1,200 yen.
For more information, please go to the restaurant website.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都中央区銀座7-2-8 TAKAYA-GINZAビルB1F
7-2-8 TAKAYA-GINZA Bld B1F GInza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ各線 銀座
Ginza(Tokyo Metro)
Tel
03-6280-6481
Fax
03-6280-6483
平均予算 Average Cost
夜の平均予算:¥7,000 
Average dinner cost: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
Lunch:
11:30 - 13:30(L.O.)

Dinner:
18:00 - 23:00(L.O.)

毎週日曜日、及び祝祭日・振替休日になっている場合の月曜日はお休みです。
Closed on Sunday, Also closed on Monday when it is a National Holiday.
Credit Card
VISA/Master/JCB/Diners Club/AMEX 他