サンパティック
新井薬師前 / フレンチ

Sympathique
Araiyakushimae / French

03-5942-5299
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

仔羊のロースト、バジリコ風味

Basil Flavored Roast Lamb

メインビジュアル

リードヴォーのポワレ、エストラゴン風味

Pan Fried Sweetbread Flavored with Tarragon

メインビジュアル

穴子のテリーヌ、燻製にしたニシンのタマゴを添えて

Terrine of Garden Eel with Smoked Pacific Herring Roe on the Side

メインビジュアル

仔羊の挽き肉のパータフィロ包み、バルサミコ・ソース

Pâte Filo Wrapped Minced Lamb, Balsamic Sauce

メインビジュアル

鴨と白レバーのパテ、コンソメ・ジュレ添え

Pâté of Duck and White Liver with Consommé Jelly

メインビジュアル

ミンク鯨のカルパッチョ、ニンニクとショウガ風味

Carpaccio of Minke Whale Flavored with Garlic and Ginger

メインビジュアル

オマール海老とホタテのロースト、アメリケーヌ・ソース

Roast Lobster and Scallop, Sauce Américaine

メインビジュアル

山鳩のロースト、フォアグラ入り赤ワインソース

Roast Wood Pigeon with Foie Gras Red Wine Sauce

メインビジュアル

チョレート・ムース、フレッシュ・パッションフルーツのソース

Chocolate Mousse with Fresh Passion Fruit Sauce

メインビジュアル

イチジクの温かいタルト、バニラ・アイス添え

Freshly Baked Fig Tart Topped with Vanilla Ice Cream

メインビジュアル

イチジクの温かいタルト、バニラ・アイス添え

Freshly Baked Fig Tart Topped with Vanilla Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

経験豊かなシェフのつくるフランス料理をリーズナブルな価格で味わえるサンパティックがある新井薬師前は高田馬場から西武新宿線でわずか3つ目の駅。

 

昔ながらの商店街の中で、夜の営業が始まる前には、買い物途中の常連が立ち寄って予約の日時や人数を告げて行ったりするサンパティックは新井薬師前の周辺に住む人にとって、地元で食事をするという日常と、フランス料理を食べるという非日常の両方を感じさせてくれるユニークな存在。

 

しかしながら本当の意味でのサンパティックの魅力は、ここではシェフでありオーナーでもある黒岩靖博のつくる手抜きなしの王道のフランス料理を味わえること。

 

新井薬師前から遠くない練馬区で育った黒岩が最初に料理人に憧れを感じたのは、海外航路の客船で料理していた伯父さんが、日本に戻るたびに外国土産をもってきてくれた幼少期。(最初にもらった土産物はワニの剥製!)

 

中学と高校では野球に明け暮れ、あと3試合で甲子園というところまで勝ち進む。卒業後に通った調理師学校で資格を得て、幾つかのレストランで下済み。銀座の老舗で過ごした最初の2年間でフレンチの基礎を身に付け、その店の先輩が独立して開いたレストランはケーキ屋を併設していたので、そこでデザートを学ぶ。オープニング・スタッフとして働いた有名ホテルでは氷細工をするが、これは役に立たずじまい。

 

そしてフランスに渡る前には、念願かなって広尾のアラジンで一年間働き、初めてジビエを料理する機会を得る。

 

フランスでの2年間は、ブルゴーニュのジュヴレ・シャンベルタンにあった『レ・ミレジム』とパリの『ヴィヴァロワ』という2つのミシュラン星つきのレストランで働いた黒岩は、「フランスに行って何が良かったか?」という質問に、「全てが良かった、レストランだけでなくブラッセリーやビストロまで全てがカッコ良かった」と振り返る。

 

しかしながら何よりも最高の食材だけを使って料理するというのはミシュランの星つきレストランでしか得られない経験であり、それこそが黒岩にとって最高の思い出。因みに、新井薬師前のサンパティックでアミューズ・ブーシュとして供される赤パプリカのムースは『ヴィヴァロワ』の伝説的なシェフ、クロード・ペローへのオマージュ。(黒岩は単なるパクリと謙遜するが…)

 

東京に戻った後は幾つかのレストランでシェフを任され、自らのレストランを開く為に動き始める前まで3年間シェフとして料理を任されていたのは丸の内のミクニ。

 

自ら新井薬師前に開いたサンパティックでは、「フランス料理は高いだけで、お腹が一杯にならない」という地元の人たちの意識を変えるべく奮闘中。なのでサンパティックは良心的な価格で、お腹いっぱい王道のフランス料理を食べさせてくれるビストロ感覚で使えるレストラン。

 

そんな料理の質と量、そして価格の三拍子が揃ったサンパティックを地元の人だけのものにしておくのは如何なものか?

 

 

Just three stops from Takadanobaba on the Seibu Shinjuku line, Araiyakushimae station is home to Sympathique – where experienced chef Kuroiwa is working to deliver authentic French cuisine.

 

Located on an old street full of Japanese mom-and-pop stores, locals often prefer to stop by during shopping trips to make reservations rather than calling up. For them, Sympathique is unique – a place where a night out at a local restaurant also happens to be an extraordinary chance to savor French cuisine.

 

But what truly makes Sympathique special is the emphasis on quality – Chef Kuroiwa refuses to cut corners when it comes to preparation.

 

Aspiring to the path of the chef while still in elementary school, Kuroiwa then thought becoming a chef would lead to overseas travel. These early dreams came about while his uncle was cooking on board a cruise ship that travelled a variety of countries.

 

However, through his middle school and high school days, Kuroiwa dedicated himself to baseball. In fact, in his senior year in high school, his team was only three games shy of qualifying for the Koshien national championship. But when his baseball days came to a close, Kuroiwa went to culinary school and acquired a cooking license.

 

His professional career started in Ginza, where he learned the fundamentals of French cuisine. He then grew to learn desserts at a restaurant with an attached cake shop, and spent time learning how to cook game meet at the renowned Aladdin in Hiroo. At one point in his career, Kuroiwa even learned ice sculptures at a major hotel in Yokohama!

 

During a two year culinary stint in France, Kuroiwa worked at two Michelin starred restaurants: Le Millésime in Bourgogne and Le Vivarois in Paris. When asked what he likes about France, Kuroiwa says, “Everything! From the bistros and the brasseries to the starred restaurants, it’s all great”. This experience is a treasured one for Kuroiwa, particularly for the chance to work with the kind of quality ingredients only available through Michelin starred restaurants

 

And speaking of Le Vivarois, the amuse bouche served at Sympathique, a Red Paprika Mousse, is a dish Kuroiwa first learned at Le Vivarois. It is his homage to great Chef Claude Peyrot, though he will humbly play down any comparisons.

 

Upon returning to Tokyo, Kuroiwa worked at a number of restaurants including highly acclaimed Mikuni Marunouchi, where he was chef for three years.

 

Now based in Araiyakushimae at Sympathique, Kuroiwa hopes to alter the perception that French food is too expensive for too little, so expect satisfaction in both quantity and quality, without breaking the bank.

 

When it’s a restaurant like Sympathique, it would be silly to let the locals keep it to themselves. 

TOP

MENUS

LUNCH

 

1,290 yen

サラダ又はスープ + 魚または肉 + 小さなデザート + コーヒー又は紅茶

Salad or Soup + Fish or Meat + Small Dessert + Coffee or Tea

 

1,940 yen

オードブル +魚または肉 + デザート盛り合わせ + コーヒー又は紅茶

Appetizer + Fish or Meat + Assorted Desserts + Coffee or Tea

 

 

DINNER

 

4,100 yen

アミューズ + オードブル + 魚または肉 + チーズ又はデザート + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouch + Appetizer + Fish or Meat + Cheese or Dessert + Coffee or Tea

 

5,180 yen

アミューズ + オードブル + 魚 + メイン + チーズ又はデザート + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouch + Appetizer + Fish + Main + Cheese or Dessert + Coffee or Tea

 

6,480 yen

アミューズ + オードブル1 + オードブル2 + 魚 + メイン + チーズ又はデザート + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouch + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Main + Cheese or Dessert + Coffee or Tea

 

上記のコース以外にアラカルト・メニューもあり。

A la Carte menu also available

TOP

DRINKS

ワイン・リストにある30種類のワインは2,600円からで、10,000円以上のものはない。最も人気のあるワインは5,000円代のもの。シャンパンは8,200円でスパークリング・ワインはヴァン・ムスーとクレマンが3,000円から。

グラスでは赤と白が、それぞれ3種類と2種類で500円からと、ヴァン・ムスーが750円からと極めて良心的な価格設定。

ワイン以外にも食前酒と食後酒の取り揃えがあり、全ては1,000円以下。

The Sympathique wine list features a total of 30 red and white wines. Pricing starts at 2,600 yen, but is never more expensive than 10,000 yen. The most popular choices hover around the 5,000 yen mark. Champagne is 8,200 yen, while sparkling wines like Vin Mousseux and Crémant start at 3,000 yen.

Wine by the glass is priced from 500 yen, with three red and two white wine selections offered daily. Sparkling wine by the glass starts from 750 yen.

Sympathique also has a selection of aperitifs and digestifs all less than 1,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル 1F
2-54-8 Kamiakada, Nakano-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
西武新宿線 新井薬師前
Araiyakushi-mae (Seibu Shinjuku Line from Takadanobaba or Seibu Shinjuku)
Tel
03-5942-5299
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,500 yen
DINNER: 5,500 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 14:00 (L.O.)
DINNER: 18:00 - 21:30 (L.O.)

水曜日はランチのみの営業。
Open seven days a week, but closed for dinner on Wednesdays
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB