西麻布 拓
西麻布・六本木 / 和食

Nishiazabu Taku
NishiAzabu-Roppongi / Japanese

03-5774-4372
メインビジュアル

金時草のおひたし

Boiled Kinjiso Leaves (Kanazawa indigenous spinach like leafy vegetable)

メインビジュアル

刺し身の盛り合わせ

Assortment of Sashimi

メインビジュアル

かますの押鮨

Barracuda (Lightly Pressed)

メインビジュアル

さよりの笹焼き

Halfbeak Grilled with Bamboo Grass (asparagus-like shoot)

メインビジュアル

雄柳葉魚(おすししゃも)の燻製

Smoked Male Shishamo Smelt

メインビジュアル

煮ダコ

Boiled Octopus

メインビジュアル

岩のりの茶碗蒸し

Pot-steamed custard with Laver

メインビジュアル

大トロの炙りのづけ

Seared Fatty Tuna Marinated in Soy Sauce

メインビジュアル

握り(さわらの昆布〆、コハダ、芝海老のすり身の玉子)

Nigiri of Spanish Mackerel with Dried Kelp, Gizzard Shad (River Herring), and Egg with Minced Shiba Shrimp

メインビジュアル

空豆のアイスクリーム

Japanese Broad Bean Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

初めて入るには何だか敷居が高く、食事の最中にも妙な緊張感が・・・・・。食の様々なジャンルにおいて、供し手、食べ手双方の形やルールが多様化している昨今においても、それなりの値段の鮨屋に対してはそんなイメージを持っている方が、いまだに結構いるのではないだろうか。しかし特に2000年代の中盤以降、昔ながらの「鮨の文化」はしっかりと継承しながら、各店の個性が前面に現れた「きちんとした寿司を肩肘張らずに楽しめるお店」が、増えてきている。

六本木、銀座と都内の老舗で修行を重ね、途中、和食の経験もあるという佐藤 卓也が西麻布に開いた「西麻布 拓」は、そんな一軒。基本は、旬の魚を中心とした握りと種類豊富なつまみがバランス良く登場する「おまかせ」スタイル。しかし「お客様の好み、飲まれているもの、そしてお腹具合に応じて、臨機応変に対応します。」とのことなので、カウンター越しに遠慮なく希望を伝えて欲しい。出来れば「握りだけでパパッと。」というよりは、お店お薦めのつまみ類を含めて、ゆっくりと堪能したい。

ドリンクリストには、日本酒・焼酎に加えてワインやシャンパンが並び、ソムリエがサービスしてくれる。ワインの種類は決して多くはないが、フレンチレストラン等のワインリストと比べるのは無粋というもの。また、むやみにワインを薦めるわけではなく、「色々と飲んでみて、寿司屋の楽しみ方を広げて頂きたい。」というスタンス。ちなみに大将曰く、「握りに一番合うのは、やっぱりお茶です。」

「独立を決めた当時は、西麻布の寿司屋は少なかったんです。寿司は、銀座といった雰囲気もあったし。(笑)。だったら、西麻布という街のスタイルに合った寿司屋を作ってみるかと・・・」と語る通り、上記のドリンクリストに加えて、深夜迄の営業、モダンな内・外装、カウンター付きの個室など様々な部分で従来の寿司屋のイメージを良い意味で裏切ってくれる。カップルで訪れても、夜中にふらっと1人で行ってもいいし、仲間内のちょっと贅沢な集まりや外国人の接待にも使える。

冒頭に「供し手、食べて双方の形やルールが多様化している」と書いたが、一方で変わらないこともある。例えば、それなりのお店の「馴染み」になりたいという願望はどうだろう?「西麻布 拓」は、「久しぶり」と訪れて、カウンター越しの会話を楽しみながらゆっくりと食事のひと時を楽しむ=正に「馴染み」になりたいと思わせる一軒である。

Authentic sushi restaurants in Tokyo are oftentimes on the conservative side, and unless you’re a frequent diner, you might feel a little nervous during your meal. However, there are a number of quality sushi restaurants with traditional authenticity and an easy going feel, and Nishi-Azabu Taku is definitely among them.

 

Prior to opening Nishi-Azabu Taku, Takuya Sato honed his skills at traditional and upper scale sushi restaurants in Ginza and Roppongi. He also used this time to experience and learn other forms of traditional Japanese cuisine.   

 

Nishi-Azabu Taku does things ‘omakase’ style, meaning you leave the selection to the chef. This is a great way to enjoy a variety of nigiri-sushi with fresh seasonal fishes and tsumami-appetizers. And there’s no need to be shy, as Taku are happy to react to diners and match their pace as best they can. That said, the restaurant is not a place for a hasty meal; it’s best for relaxing, taking your time, and enjoying an authentic sushi experience.


What makes Taku unique is that it has a professional sommelier serving wine and champagne, as well as Japanese sake and shochu. Though the wine list is on the small size compared to most French and Italian restaurants, they have a solid purpose; to allow guests the chance to discover new ways to savor sushi. The chef himself, however, says the best drink to go with good sushi is a simple cup of green tea!

When Sato decided to open his own restaurant, there were not many sushi places in the area. At the time, there was an idea that good sushi was only available in Ginza, so Sato wanted to make his restaurant in a way that matched with Nishi-Azabu. To that extent, it has a modern interior and exterior, and a private dining room with its own counter. It even welcomes diners to order sushi late into the night, and on into the morning.
 

You can think of Nishi-Azabu Taku as a new generation sushi restaurant, that maintains the quality expected of authentic, traditional sushi, but with the added bonus of a relaxed atmosphere, and the chance to chat easily with the chef and staff alike. It’s a place you go to and keep going to, until eventually you become another ‘najimi’, or regular.

TOP

MENUS

おまかせで¥17,000位
Chef’s Omakase starts around 17,000 yen

TOP

DRINKS

ブルゴーニュを中心とした白ワインを、寿司と一緒に楽しむことが出来る。
グラス:¥1,000~ グラススパークリング:¥1,000~
ボトル:¥9,000~
日本酒(一合):¥900~ 焼酎(一合):¥900~

White wines, mainly from Burgundy, are available here to accompany the sushi.
Bottles are available from 9,000 yen. Wine is also available by the glass priced at 1,000 yen and up. Sake and shochu are available by the glass from 900 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒106-0031 東京都港区西麻布2-11-5 カパルア西麻布1F
2-11-5 Kapalua Nishiazabu Bld 1F Nishi-Azabu, Minato-ku, Tokyo, 106-0031
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄千代田線 乃木坂、又は日比谷線&大江戸線 六本木
Nogizaka(Tokyo Metro) Roppongi(Tokyo Metro)
Tel
03-5774-4372
Fax
03-5774-4372
平均予算 Average Cost
夜の平均予算:¥20,000
Average dinner cost: 20,000yen
営業時間 Business Hours
18:00 - 25:00

Closed on Sunday, National Holidays

<当日のキャンセルについて>
ご予約当日にキャンセルされた場合は、¥15,000/お1人様 を頂戴いたします。
<Cancellation Policy>
A cancellation on the day of a reservation will result in a cancellation fee of 15,000 yen.
Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX 他