25 ハドソン
木場・東陽町 / フレンチ

25 Hudson
Kiba-Toyocho / French

03-6666-7045
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

前菜の盛り合わせ

Assorted Appetizer

メインビジュアル

前菜の盛り合わせ

Assorted Appetizer

メインビジュアル

三陸産の牡蠣とグラス・フェッド・ビーフ、凍らしたココナッツ・パウダーとオイスター・リーフを添えて

Oyster from Sanriku and Grass Fed Beef with Frozen Coconut Powder and Oyster Leaf

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

清澄白河の「野菜のちから」から仕入れた野菜のサラダ

Salad with Vegetables Sourced from “Yasaino Chikara” in KiyosumiShirakawa

メインビジュアル
メインビジュアル

黒鯛と桜海老

Black Sea Bream & Sakura Shrimp

メインビジュアル

鴨と鮎

Duck and Ayu

メインビジュアル

鴨と鮎

Duck and Ayu

メインビジュアル
メインビジュアル

深川チーズケーキ

Fukagawa Cheesecake

メインビジュアル

奄美大島のパッションフルーツのチーズケーキ、沼津の抹茶のテリーヌ、クーベルチュール・チョコレートのテリーヌ、ブルーベリーのソルベ

Cheesecake Made with Passionfruit from Amami Osima, Numazu Green Tea Terrine, Couverture Chocolate Terrine and Blue Berry Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

フランス料理のレストランらしからぬ”25 Hudson”(ニジュウゴ・ハドソン)という名前の由来はオーナー・シェフの能勢雄介が10年に渡り働いていたニューヨークのトライベッカにあったレストランの住所。

 

それは"Ninja NY"という如何にもアメリカ人ウケをねらった名前のレストラン。そのオープニング・スタッフとして能勢は28歳の時にニューヨークに渡る。当初"Ninja NY"は懐石料理のレストランだったが、全く鳴かず飛ばず。2年目から「寿司も食べられるフレンチ・レストラン」という何とも微妙なコンセプトに変わるのだが、それと同時に能勢がシェフに抜擢されたのが功を奏し、少しづつ売り上げが伸び、外には人が並ぶようになる。

 

現地ではThe New York Timesで星を獲得しないと生き残れない。パリでは神のように崇められるフランス人シェフの店が鳴り物入りでオープンしても、ニューヨーカーには受け入れられず、閉店に追い込まれたりする。そんな光景を見てきた能勢は「どんなに頑張ってもNY Timesの星は獲れなかったけど、10年も続けられた…」と多少の達成感と共に当時を振り返る。

 

競争が激しいニューヨークだが、能勢は他のレストランとの付き合いを楽しみ、特に"Ninja NY"の向かい側のNY Timesで常に星を獲得している「ブーレイ」のスタッフとは近所付き合い。そして何度も来日し、和の要素を積極的に取り入れる事で知られるシェフのデービッド・ブーレイに可愛がってもらい、フランス料理への思いを深める。

 

 

最初は単なる自己満足…

 

静岡で育った能勢は小学校3年の頃から料理を始める。「自分でつくった料理が美味しいと嬉しくて…」と話すが、それは「自分でつくった料理を自分で食べて、自分が美味しいと思った時…」という事なので当初は単なる自己満足。

 

義務教育の後は沼津で調理師学校に通い、16才で大阪のホテルで働く事になる。ホテルの寮に住んでいたので家賃も食費も殆どタダ。能勢は給料の殆どを食べ歩きに費やし、高校生と変わらない分際で名店と呼ばれるようなレストランで食事をし、ワインの美味しさに目覚める。

 

さらに研修の一環として先輩と一緒にフランスに行き、そこでも休みの日は必ず食べ歩き。食べたものは全て美味しかったと語る能勢は、いくつかミシュラン3つ星のレストランに行って「お前みたいなガキが来るところじゃないんだよ…」といった店内の雰囲気をビシビシと感じながらも食事を満喫する。

 

20歳になった後は東京のレストランで働いたり、出身地の沼津のパティスリーでデザートを学んだり、知り合いのワイン・バーでシェフを務めたり。

 

次のステップは必然的に本場フランスに行って経験を積む事だったのだが、偶然ニューヨークのフランチ・レストラン事情について書かれた本に出会って、目的地をニューヨークに変更する。

 

小さなレストランで…

 

トライベッカの"Ninja NY”の座席数は120、スタッフの数はキッチンだけで25。一方、東京メトロ東陽町の駅周辺、地元の人が深川と呼ぶエリアにある「25ハドソン」の座席数は16だけ。全ての料理はオーナー・シェフの能勢の手によるもの。

 

世界中から人が集まるニューヨークに10年もいたシェフが、今は深川の人たちにフランス料理を食べてもらう…それで果たして料理人として幸せなのか?

 

そんな意地悪な質問に「ここでは仕上がった料理が3秒後にはテーブルに届いて、その3秒後には「美味しい!」という声が聞こえてくる…こんな事ニューヨークでは経験できないですよ!」と能勢は小さなレストランで料理することの喜びを説明してくれる。

 

 

深川フレンチ?

 

ここで能勢がシェフとして目指すのは「深川フレンチ」をつくる事。シェフは同じ江東区の清澄にある、新鮮で力強い個性をもった野菜が全国から集まる「野菜のちから」から仕入れるものを使う。さらに「25ハドソン」のチーズケーキの味わいに深みを加えているのは「深川ワイナリー」で醸造されるワイン。

 

そして何よりも憶えておきたいのは「深川フレンチ」は「深川プライス」で味わえるという事。

The owner-chef of 25 Hudson, Yusuke Nose, spent ten years in New York.

 

 

In fact, the name 25 Hudson was the address of the restaurant he helmed as the executive chef.

 

The restaurant was in Tribeca, and was called Ninja NY. Nose moved to New York at the age of 28 to work there. The restaurant began as a kaiseki restaurant but times were hard, so the following year it changed its concept and became a French restaurant where diners could also enjoy sushi. Nose was promoted to executive chef, and his work with the new concept resulted in people lining up outside of the restaurant for both lunch and dinner.

 

Success and survival for restaurants in New York means earning a star rating from the New York Times. Nose saw many French chefs revered as gods in Paris fail with their restaurants in New York. Looking back, Nose says, “We couldn’t get a star from the Times, but I’m still proud of how hard we worked to survive ten years in the city.”

 

 

In the Beginning…

 

Nose started cooking when he was a 3rd grader growing up in Shizuoka prefecture. He recalls, “It was exciting every time I came up with something tasty.” However, back then he was only cooking only for himself. 

 

Instead of going to high school, Nose went to local culinary school. At 16, he started working at a hotel in Osaka. Since accommodation was provided and almost fully paid by the hotel, Nose was able to spend most of his earnings on dining out. Even as a high schooler, he was already dining at expensive restaurants in Osaka. He was already drinking wine, too!

 

The hotel in Osaka gave Nose the opportunity to visit France with his senior colleagues. He went to a variety of restaurants, including some with three Michelin stars. He remembers the cold looks he received from diners and service staff, but still truly enjoyed the food and wine. 

 

Upon his return to Japan, he worked at a restaurant in Tokyo, a patisserie, and his friend’s wine bar in his home town in Shizuoka. Though his next step was to go back to France to eat and to cook, he received a chance to work in New York, which you know all about from above.

 

 

A Small Restaurant…

 

At Ninja NY, Chef Nose managed a kitchen staff of 25 for a seat capacity of 120. However, at 25 Hudson near Toyocho station on the Tokyo Metro Tozai line, Chef Nose prepares everything himself for a seating capacity of 16. 

 

It’s a spot for local diners who call the neighborhood Fukagawa, but 

one has to wonder: is he happy cooking by himself for the locals? 

 

To this Nose says, “The dishes I prepare here get to tables within a couple of seconds, and a few seconds later I can hear diners getting excited. This is something no Chef in New York can experience!”

 

Fukagawa French?

 

Chef Nose calls the dishes he concocts Fukagawa French, because he tries to source as many ingredients as possible from the Fukugawa neighborhood. All the vegetables are supplied by a select greengrocer in Kiyosumi in the same ward, and wine from Fukagawa Winery gives depth to the taste of Chef Nose’s cheesecake.

 

And even better,  Fukagawa French is Fukagawa-priced!

TOP

MENUS

 LUNCH

 

1,000 yen

サラダ + メイン

Salad + Main

 

1,800 yen

前菜の盛り合わせ + メイン + デザートの盛り合わせ

Assorted Appetizer Plate + Main + Dessert

 

2,500 yen

前菜の盛り合わせ + 魚 + 肉 + デザートの盛り合わせ

Assorted Appetizer Plate + Fish + Meat + Dessert

 

DINNER

 

3,800 yen

アミューズ + 前菜の盛り合わせ + メイン + 深川チーズケーキ

Amuse Bouche + Assorted Appetizer Plate + Main + Fukagawa Cheese Cake

 

4,800 yen

アミューズ + 前菜の盛り合わせ + 魚 + 肉 + 深川チーズケーキ

Amuse Bouche + Assorted Appetizer Plate + Fish + Meat + Fukagawa Cheese Cake

 

6,800 yen

シェフのお任せ フォアグラや雲丹、キャビアなど贅沢な食材をつかった6皿のコース

Chef Nose’s “omakase” six course tasting menu with premium ingredients such as foie gras, sea urchin and caviar. 

 

アラカルトもあり。

A la carte menu available.

TOP

DRINKS

この小さなレストランで、ニューヨークで経験を積んだシェフのつくる深川フレンチに合わせて味わうのはフランス産のワイン。赤白合わせて50種類ほどのワインの中に多いのはアルザス、ローヌ、ブルゴーニュのワイン。赤白ともに3,000円前後から取り揃えがあるのだが、最も人気があるのは4,000円台のもの。シャンパンは4,500円から。

25 Hudson brings diners dishes prepared by a Chef trained in New York, with wines from France. They stock approximately 50 wines (red and white combined,) mainly from Alsace, Rhone and Burgundy. The wine selection is priced from around 3,000 yen, and the most popular choices range from 4,000 to 5,000 yen. Champagne starts from 4,500 yen.

グラスでは赤白3種類づつが700円からで、シャンパンは800円。グラスで飲める日本酒もあり。

By the glass, you can taste three white and three red wines priced from 700 yen. By the glass Champagne starts from 800 yen. Additionally, Japanese sake by the glass is also available. 

お薦めの、能勢シェフが個人的に気に入っているシャブリのマルセル・セルヴァンのワインはグラスで900円、ボトルで4,800円。

Chef Nose’s personal favorite, Marcel Servin from Chablis (a region in the northernmost wine district of the Burgundy) is 900 yen by the glass and 4,800 yen by the bottle.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄東西線 東陽町
Toyocho (Tokyo Metro Tozai Line)
Tel
03-6666-7045
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,000 yen
DINNERE: 6,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH 11:30 - 14:00(L.O.14:00
DINNER: 17:30 - 22:00(L.O.21:00)
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA