セレブール
赤坂・赤坂見附 / フレンチ

Celebourg
Akasaka-AkasakaMitsuke / French

03-5545-3775
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

香り高いトリュフのフラン

Truffle Flan

メインビジュアル

クミン香る〆鯖のカルパッチョ、インカの目覚めとサワー・クラウト

Cumin Flavored Cured Mackerel Carpaccio with Potato and Sauerkraut

メインビジュアル

蝦夷鹿・猪・山鳩のクロケット、エストラゴンを効かせた自家製タルタル・ソース、紅玉のピューレ 

Croquette of Ezo Venison, Wild Boar and Oriental Turtle Dove with Taragon Flavored Homemade Tartare Sauce

メインビジュアル

鱈のブイヤベース、アイオリを添えて

Bouillabaisse with Cod, served with Aioli

メインビジュアル
メインビジュアル

真ツブ貝のオーブン焼き、ブルゴーニュ風

Burgundy Style Oven Grilled Whelk

メインビジュアル

鰯のコンフィとインカの目覚め、焦がしバター・ソース

Confit of Sardine and Potato, Browned Butter Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

NZ産牧草牛フィレ肉のロースト、ソース・ペリグー

Roast New Zealand Beef Fillet, Sauce Périgueux

メインビジュアル

苺のパルフェ

Strawberry Parfait

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2019-08-26

 


充実したワイン・リストと何種類もの贅沢なワインをグラスで味わえる赤坂のセレブールで、リーデルのセミナーが開催されます。

 

Highly acclaimed for its quality wine selection, Celebourg in Akasaka is also known for often offering rare vintage wines by the glass. 

 

 

このイベントでは、ワインの味わいがグラスの形状によって変わるという事を、リーデル社から「グラス・エデュケーター」を迎え、料理と一緒にワインを味わいながら実感していただきます。

 

On September 24th, this wine centric restaurant will host an interesting event in conjunction with Riedel, a renowned wine glass maker: a chance for wine lovers to learn how the shape of a wine glass affects the taste of wine, over a wonderful dinner.

 

 

DATE

 

9月24日(火)

Tuesday

September 24th

 

TIME

 

受付開始:19:00 

ディナー開始:19:15

Doors open at 7:00 

dinner starts at 7:15

 

PRICE

 

21,600 yen

(税・サ込み)

(Tax & service charge included)

 

上記の会費には、もちろん味わっていただく料理とワインの両方が含まれています。

 

The above price includes food and wine.

 

 

お土産はリーデルの

ヴィノム・シリーズ 4種のグラス

 

Four Riedel Glasses

as a Souvenir

 

 

更に、このセミナーは、お土産として梱包されリーデルの紙袋に入ったヴィノム・シリーズのグラス4脚を持ち帰っていただく、とても太っ腹な企画になっています。

 

The price above very generously includes four glasses of the Riedel Vinum Series. Each diner will take their glasses home in the way they would if they bought them at Riedel: boxed and presented in paper bag.

 

 

是非、この機会にセレブールを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

So if you’re a fan of wine and curious as to the impact of the glass on the overall experience, this is an opportunity not to be missed!

 

 

ご予約・お問い合わせ: 『セレブール』03-5545-3775

 

予約のキャンセルはセミナーの1週間前までとなり、それ以降のキャンセルは会費の50%、当日は会費の100%をキャンセル料として支払っていただく事になるので、ご注意ください。

 

For inquiries and reservations,

please call Celebourg at

03-5545-3775.

 

Please also note that when a reservation is cancelled, the following cancellation fees apply:

 

Within a week before:  50% of the menu price

On the day: 100% of the menu price



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

一ツ木通り沿いのビル、入り口は赤坂見附の駅がある外堀通りから浄土寺の方に抜ける近道に面したビルの中に2001年2月から佇んでいるのがセレブール。

 

4階にあるセレブールのドアを開けて、ノスタルジアのようなものを直感するのは、おそらく東京がバブルの熱気に覆われていた頃にフランス料理やワインを嗜むという贅沢を知った大人たち。

 

そんな大人たちは「若い子たちが可哀想なのは行きつけの店をもってない事だよ…」と話したりする。セレブールは、仕事を定時で切り上げて親しい仲間と会話を楽しみながら、ゆっくり食事をしたり、残業を終えた後に遅めのディナーを食べにやって来る常連が多い店。

 

細長い空間にはバー・カウンターがあるので、仕事がらみの付き合いで食事をしたり飲んだりした後、寄り道して一人で好みのワインを飲みながらリラックスするのも良し。

 

奥の方には半個室があり、個々のテーブルはカーテンで仕切られプライベート感があり、「こういった居心地の良い店が一昔前は幾つもあったのに…」と懐古する人がいたりもする。

 

その一方で、上司や親に連れられてセレブールに来る、バブルは遥か昔、前世紀の夢物語のように思っている世代にとっては、セレブールの内装や雰囲気が、新鮮でカッコ良く思えたりするらしい。

 

ここで食事をするのは、雑誌やインターネットの情報に踊らされるような人とは一線を画す、仲間同士でレストランを紹介したり、されたりしながら、通いたくなるような店に出会ってきた人たち。

 

昨今の東京、レストランで美味しいフランス料理を楽しんでいる人の大多数は女性だったりするのだが、セレブールではスーツを着た男性だけのグループが食事をしながら、何本もボトルを空けていくような光景は日常茶飯事。

 

しかしながら少し遅い時間には、一人でカウンターに座ってワインを飲んでいる女性が多かったりもする。

 

この居心地の良さを演出するのはGMの三沢雄一。学生時代にパリやミラノに旅をした後、ファッションの勉強をしながら、素晴らしい夜景を売りにした洒落たレストランで働いていた。

 

当時の経験を「とても刺激的だった」と振り返る三沢だが、セレブールでの毎日も違う意味で刺激的。「ここに来る人は本物を知っている」と三沢は話すが、それはワインやフランス料理に造詣が深いだけでなく、レストランで自然に振舞える人がセレブールには集まるという事。「笑顔で接しても、それが上辺だけのものなら、すぐに見破られる…」というのは痛い経験を経ての三沢の言葉。

 

そしてセレブールにレストランとしての存在感を与えているのはシェフ小松高士がつくる料理の数々。

 

勿論、セレブールで味わう料理はフレンチなのだが、小松は国賓をもてなす際に選ばれる高級な鉄板焼きレストランで、VIPと呼ばれるような人の目の前でステーキを焼いたり、東京を離れ2年間にわたり皿作りにのめり込んだりした事もある。

 

小松は料理人でありながらもソムリエの資格を持っているので「常に料理の側にはワインがあると言う事を意識する」と語り、如何にしてワインと料理のシナジーを食事をする人に楽しんでもらうかに重きを置く。さらに「ワインの勉強をしてサービスのスタッフとの関係が絆のように深まった…」と小松は感じている。

 

シェフ小松の料理は、ソムリエの三沢の言葉を借りると「一皿一皿、何を食べたか記憶に残る」となり、「特に肉の火入れに関しては常連の方々から評価が高い…」のでメインの肉料理には期待すべし。

 

まさにセレブールは、ワインを味わうことが生活の大切な一部になった大人がリラックスできる空間で、若い人にとってはワインを味わいながら非日常に出会えるようなレストラン。

Since February 2001, Celebourg has been tucked away in a building near Jodoji Temple, not far from Akasaka Mitsuke station.

 

Located on the 4th floor, Celebourg brings with it a nostalgia that hearkens back to the good old days of the bubble economy era in Tokyo. Many diners here are those who started their careers at that time; fortunate people who enjoyed dining out with quality wines while taking advantage of company expense accounts. 

 

These people – now often dining with friends or stopping by after work for a glass of wine – can sometimes still be heard saying, “It’s very unfortunate that young people these days don’t have any places they can be considered regulars at.”

 

But young people visit Celebourg too, often together with their senior colleagues or bosses, and many of them are charmed by the interior of the place, which appears refreshing and new.

 

The dining space of Celebourg is made up of tables elegantly parted by curtains, and a bar counter for those who prefer to drink. A regular thinks of it like a remnant of the past, saying, “There used to be many comfortable places like this in Tokyo when we were young.”

 

 

Celebourg is unique among French restaurants, and bucks many common trends. Here you’ll find just as many men as women excited to dine, and just as many women as men visiting by themselves to chat with the sommelier and enjoy a few glasses of wine. 

 

This unique atmosphere is the creation of Yuichi Misawa, the general manager of Celebourg. Misawa started his career working for a fashionable restaurant circa 2000, and found the experience stimulating. 

 

Misawa says the same of Celebourg, except that the clientele are different: mature and knowledgeable about French cuisine and wine. “These are people who know how to behave in and enjoy a restaurant,” he says, “and it is a pleasure serving them, even through the tough times.”

 

Dishes are handled by Chef Komatsu, who once worked at a prestigious teppanyaki restaurant, serving steak to foreign dignitaries and celebrities. At Celebourg, however, it’s purely French cuisine!

 

Chef Komatsu is also a certified sommelier, though he feels the certificate is not as important as ensuring that diners enjoy the synergy between the dishes and the wine.

 

According to Misawa, who acts as restaurant sommelier, Celebourg’s regulars speak very highly of Chef Komatsu’s main dishes with various meats, which makes them an easy recommendation for new diners. He’s also of course happy to recommend wine to go with them!

 

Celebourg is a restaurant for people to relax with quality wine and quality food. It’s where grown ups can be a little young, and the young can feel a little grown up, and everyone leaves satisfied.

TOP

MENUS

Menu Celebourg 

8,000 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 前菜3 + メイン + デザート

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 3rd Appetizer + Meat + Dessert

 

Menu Supreme

12,000 yen

上記の8,000円のメニューと構成は基本的に同じながらも、上質な食材をつかった少し贅沢なメニュー。

This is an upgraded version of the Menu Celebourg. Dishes featured are made with select gourmet ingredients.

 

A La Carte

 

少し遅い時間なら、アラカルト・メニューから料理を幾つか選んで、好みのワインをグラスで飲みながら少しカジュアルにディナーを楽しめる。メニューにある冷前菜と温前菜、合わせて10種類以上は1,500円前後から。メインの肉料理5種類ほどは3,000円前後から。他にもパスタやリゾット、そしてワインを飲みながらつまめるパルマ産の生ハム(1,300円)やチーズの盛り合わせ(1,200円から)などもあり。

 

 

If you are starting dinner late, you are encouraged to select dishes from Celebourg’s a la carte menu and enjoy them with wine by the glass. The a la carte menu features approximately 10 appetizers priced at around 1,500 yen. Five main dishes are priced at around 3,000 yen, and the menu also features pasta and risotto. An assortment of cheeses is priced from 1,200 yen and Prosciutto di Parma is also 1,200 yen, and both are ideal dishes together with wine. 

TOP

DRINKS

セレブールのワイン・リストに網羅されているのはボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュを中心としたフランスのワイン400種類。

ボトルは7,000円程度からあり、15,000円以上のワインや2000年以前のビンテージを選ぶ人も少なくないのがセレブールの特徴。それらのワインをリーデルのグラスで味わえる。

ゆっくりとリストに目を通しながらワインを選んでも良し、ソムリエとの会話を楽しみながら選ぶのも良し。

Celebourg boasts 400 wines mainly from Burgundy, Bordeaux, and Champagne.

They are priced from around 8,000 yen. However, the restaurant’s regulars often order bottles priced at around 15,000 yen, or vintages prior to 2000.

These wines are often available by the glass, and diners are encouraged to take their time with the wine list, and talk with the sommelier to decide on the ideal glass or bottle.

グラスで味わえるワインの選択肢が充実しているのもセレブールの特徴。ボルドーやブルゴーニュのワイン赤白5種類づつ(1,500円から)とシャンパーニュも5種類程度(1,800円から)を日々グラスで味わえる。

しかしながらセレブールの本当の魅力は、他のレストランではボトルでしか味わえないような高級なワインがグラスで味わえる事。仲間と一緒に飲みたいワインがリストにあれば、それを開けてグラスで提供してもらえる可能性もあり。遅い時間にセレブールに立ち寄れば、それらのワインに巡り会える事もある。

Celebourg has an impressive by the glass wine program featuring five red and five white wines, priced from 1,500 yen, along with five different Champagnes by the glass, priced from 1,800 yen.

However, what truly makes Celebourg a go-to restaurant for wine lovers is that the restaurant sometimes opens rare vintage wines and offers them by the glass, a rare occurrence among French restaurants. So it’s worth asking the sommelier about the wines on the wine list, or dropping by when the mood strikes - you might find a rare wine waiting for you.

コースで食事をするに際しては、個々の料理をワインとのペアリング(7,000円と10,000円)で楽しむ事を検討する価値も大いにあり。

Celebourg’s two wine pairing options of 7,000 and 10,000 yen are something to consider when selecting the two set menus. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区赤坂3-18-7 パラッツォカリーナ 4F
4th fl. 3-18-7 Akasaka, Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ千代田線:赤坂
Akasaka (Tokyo Metro Chiyoda Line)

東京メトロ銀座線&丸ノ内線:赤坂見附
AkasakaMitsuke (Tokyo Metro Ginza & Marunouchi Lines)
Tel
03-5545-3775
平均予算 Average Cost
ワインを飲みながら、しっかり食事をする場合の平均単価は15,000円程度になるが、軽く食べながら気になるワインをグラスで味わう程度なら5,000円前後で大丈夫。

The average dinner cost is around 15,000 for set menus and wines by the glass, but for casually enjoying dinner by the a la carte menu together with a glass of wine, the cost is often around 5,000 yen.
営業時間 Business Hours
Weekdays: 18:00 - 24:00
料理のラスト・オーダーは23:30。ワインに関しては24時までに入店すれば2時ごろまで提供可能。
Last order for food is at 11:30 pm. If you arrive before midnight, you are welcome to drink until 2:00 am.

Saturdays: 18:00 - 23:00
料理のラスト・オーダーは23:00。ワインに関しては23時までに入店すれば2時ごろまで提供可能。
Last order for food is at 11:00 pm. If you arrive before 11:00 pm, you are welcome to drink until 2:00 am.
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA / JCB

ニュースレターNews letter