リネディ
麻布十番 / フレンチ

L'inedit
AzabuJuban / French

03-6426-5589
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

キュウリのジュレ

Cucumber Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル

カブと栗

Turnip and Japanese Chestnut

メインビジュアル

さつま芋とレモン

Sweet Potato and Lemon

メインビジュアル

カボチャのスープ

Pumpkin Soup

メインビジュアル

舌平目のムニエル

Sole Meunière

メインビジュアル

ブイヤベース

Bouillabaisse

メインビジュアル

鴨と山ぶどう

Duck and Crimson Glory Vine

メインビジュアル

イチゴとワサビ

Strawberry and Wasabi

メインビジュアル

タルト・シトロン

Tarte au Citron

メインビジュアル

洋なしとチコリ

European Pear and Chicory

メインビジュアル

枝豆

Edamame

メインビジュアル

アマゾン

Amazon

メインビジュアル

軽いチョコレートのシャーベット

Chocolate Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

外苑東通りのロシア大使館の横から狸穴坂を下った辺りに拡がる東麻布にあるのがリネディ。

 

夜ここを目指して麻布十番の駅から歩いて狸穴公園のあたりに来れば、小さいながらも暖かい輝きを放つリネディが見えてくるはず。

 

 

リネディはパティシエールの北原富由美がオーナーの小さなレストランで、料理をつくる長年のパートナーもパティシエという珍しいスタイルのレストラン。

 

そんなレストランの存在感を高めているのは10年近くパティシエとしてフランスで働いてきた石毛嘉明のつくる料理。

 

石毛のフランスでの経験は長いだけでなく濃厚。最初にフランス中部のシャトールーという街にあった名も無いパティスリーで働き、その後は北東部のメッツ郊外にある、2004年には四代目のオーナーのフランク・フレッソンがMOFを受賞したことでも知られるパティスリー・フレッソンで働く。

 

石毛の10年近くにわたるフランスでの経験をユニークなものにしているのはトレトゥールでの経験。平たく言えばケータリング会社となるトレトゥールだが、日本のそれとは似て非なるもの。

 

石毛がいたのはフランスでも3本の指に入るトレトゥールの名門。その仕事はフランスの有名ブランドがルーブルなどの博物館や、テニスのローラン・ギャロなどのスポーツ・イベントで開催するパーティで料理やデザートを提供する事。参加者が数1,000人というのは日常茶飯事で、そんな巨大なオペレーションを仕切る料理とデザートそれぞれのトップは2人ともMOFなので規模も格も桁違い。

 

さらに石毛は名門ショコラ・メゾンとして知られるヴェイスでチョコレートづくりに携わった事もある。

 

「ショコラティエ、グラシエ、コンフィズリーなど全てができて一人前のパティシエ」というのが石毛の考え。それら全てをパティスリーやトレトゥールで経験した石毛は、次のステップとしてレストランで働き始める。

 

最初にロブションの愛弟子として知られるエリック・ ブリファーがいたミシュラン2つ星だった頃のレゼリゼで働いた後は、ロブションのレストランや日本に戻る前にはミシュラン3つ星のピエール・ガニェールで働く。

 

日本に戻った後は洞爺湖で開かれたサミットでデザートを任され、東京ではピエール・ガニェールでシェフ・パティシエを務める。そして遅ればせながら駆け出しの料理人としてレストランで料理に携わりながら独立に備える。

 

因みに、オーナーの北原はザ・ウィンザーホテル洞爺で石毛の右腕として働いた経験あり。その後フランスに渡り、どうしても働きたかったパリ7区のラ・パティスリー・デ・レーヴと、ホテル・ル・ムーリスの中にある3つ星のレストランでデザートづくりに携わる。パリの名門での仕事は厳しかったはずなのだが、その経験を「石毛の下で鍛えられてたから、最初から仕事はこなせた…」と北原は振り返る。

 

リネディで楽しむ石毛の料理は、軽薄に説明すれば「パティシエがつくる料理」となるのかもしれないが、実際に味わってみれば、それは10年間フランスで生活し、同じキッチンの中で超一流と言われる料理人の仕事を目の当たりにしてきた職人のつくる料理だと感じるはず。

 

そして何よりもリネディが魅力的なのは、ここで食事をした後は軽やかな気分で、静かな東麻布を歩いて帰路につけること。

 

 

L’inedit is located in a residential area in Higashi-Azabu. The French restaurant is just ten minutes on foot from the Azabu-Juban subway station, and you can find it warmly beaming over evenings near Mami-Ana Park and Mamiana-Zaka.

 

L’inedit is a small restaurant owned by patissiere Fuyumi Kitarahara and operated by her long time partner, Yoshiaki Ishige, who is also a patissier.

 

What makes this restaurant unique is Ishige’s background. He spent almost ten years in France working as a patissier, and his experience there was a well-rounded one. Ishige started his career at a nameless patisserie in Chateauroux in central France, then moved to Patisserie Fresson near Metz in northeast France, where he worked for the fourth generation owner, Franck Fresson. Fresson was awarded the 2004 Meilleur Ouvrier de France (MOF), an extremely prestigious award for highly skilled craftsmen.

 

Ishige’s experience is unique because he worked for one of France’s three most prestigious traiteurs, or caterers in English. However, this was no ordinary catering company, and Ishige found himself catering for receptions held in museums such as the Louvre and at sporting events such as the French Open; places that often include thousands of invitees. At these events, the food and dessert were managed by a head chef and head patissiere, both of whom had been awarded the MOF.

 

Ishige also worked at Weiss, a renowned chocolate maker, as he believes that patissieres must be skilled chocolatiers, confiseurs (candies and petit fours) and glaciers (cold and frozen desserts). Of course, he has experienced all of them. 

 

After working for patisseries and traiteurs, Ishige worked for a number of renowned restaurants, including Michelin double-starred Les Elysees by Chef Eric Briffard, and Chef Pierre Gagnaire’s eponymous triple-starred restaurant. 

 

On recalling his experiences, Chef Ishige says, “It was exciting that I could utilize the skills I acquired and combine them with playfulness to constantly come up with something new.” 

 

Back in Japan, Ishige was in charge of preparing desserts for foreign dignitaries at the 34th G8 summit held at Lake Toya, and was the chef-patissiere at Pierre Gagnaire in Tokyo. And prior to starting as chef at L’inedit, he worked as a cuisinier for three years.

 

 

The owner of L’inedit, Fuyumi Kitarahara, worked as Chef Ishige’s right-hand person at the Windsor Hotel Toya Resort & Spa in Hokkaido. She also worked for La Patisserie Des Reves in Paris 7th arrondissement, and a triple-starred restaurant in the luxurious Hotel Le Meurice. It can’t have been easy working in those super competitive kitchens, but Kitarahara says, “I had no problem working in Paris, as I was trained by Ishige.” 

 

Though it might be easy to doubt L’inedit’s dishes because they are prepared by a former patissier, once you taste them you’ll know they are prepared by someone who has lived and worked closely with France’s top chefs for almost ten years.

TOP

MENUS

 

5,000 yen

 

アミュース + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + デザート1 + デザート2 + デザート3

 

リネディを開くに際しては3年間レストランで料理人として働いた石毛シェフが意識するのは最初の一皿から最後のデザートまでなめらかにコースが流れるようにする事。「料理を考える時にパティシエとしての発想が役立つ時もある」と語るが、パティシエとしてだけでなく、フランスでの長い経験をもつ「自分らしい仕事をしたい」というのが石毛シェフの考え。

 

そして上記のコースの前菜から肉までの4皿は何種類もの異なる香りの自家製のパンに合わせて味わえるのもリネディならでは。

 

Amuse Bouche + Appetizer #1 + Appetizer #2 + Fish + Meat + Dessert #1 + Dessert #2 + Dessert #3

 

Having worked for three years as a cuisinier in addition to his ten year stint as a patissier, L’inedit’s Chef Yoshiaki Ishige makes sure his tasting menu flows smoothly from amuse bouche through to a series of desserts. Though he admits his experience as a patissier helps him come up with new dishes, he is most interested in using that experience to enhance what he learned working with top chefs. 

 

Interestingly, the four dishes above, from the first appetizer to the meat course in the tasting menu, are all paired with different home-baked breads.

 

 

 

夜になると小さいながらも暖かい輝きを放つリネディだが、昼間は目立たない存在。しかし自然光の入るスペースは気軽にブランチを楽しむのに理想的。特に以下のセットはシャンパーニュを飲みながら一度は楽しんでみる価値大いにあり。

 

At night this small restaurant is warmly lit, but it can be a little easier to miss during the day. Nonetheless, L’inedit is the ideal location for Sunday brunch, particularly with the set menu below and a glass of Champagne. 

 

980 yen

 

ヴィエノワズリーのセット

クロワッサン、クイニー・アマン、ボストック、パン・ノワゼットなどフランスではヴィエノワズリーと呼ばれる4種類にコーヒー or 紅茶 or オレンジ・ジュースの付いたセット。

 

Viennoiserie Set

The set comes with a croissant,  kouign-amann, bostock, and pain noisette, all called Viennoiserie in France. The set also includes a cup of coffee, tea or orange juice. 

 

 

他にも石毛シェフが季節の野菜などを玉子と一緒に味わってもらう為に考えた玉子のクレープ(550円)などもあり。

 

ブランチで人気のスパークリング・ワインは種類にもよるがグラスで1,000円を超える事はない。シャンパーニュもグラスで1,200円程度なので税込み3,300円程度で洒落たブランチを楽しめる。

 

For an additional 550 yen, you can also enjoy Chef Ishige’s egg dish with seasonal vegetables.  

 

By the glass, sparkling wine and Champagne are priced around 1,000 yen and 1,200 yen respectively. This means you can enjoy a comfortable brunch for slightly more than 3,300 yen including tax!

 

TOP

DRINKS

 

リネディで食事をする殆どの人が5,000円のコースに合わせてオーダーするのが3,800円で5種類のワインを楽しめるペアリング。

ペアリングで登場するワインを一杯800円程度で楽しむ事も可能。

ボトルでワインを飲む人が殆どいないリネディには印刷されたワイン・リストはないが、セラーの中には白20種類、赤とロゼ合わせて10種類ほどの取り揃えがる。そして小さなレストランにしてはデザート・ワインの取り揃えが充実しているのがリネディの特徴でもある。

Almost everybody dining at L’inedit opts for the 3,800 yen wine pairing set to go with Chef Ishige’s tasting menu. You can also enjoy the wines featured in the pairing option by the glass for around 800 yen.

Please note that L’inedit does not have wine list, as its guests rarely order wines by the bottle. However, twenty white and ten red wines are stocked in the cellar. 

Also, L’inedit has a selection of quality dessert wines.

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区東麻布2-10-7
2-10-7 HigashiAzabu, Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線 麻布十番 
Azabu Juban (Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-6426-5589
平均予算 Average Cost
Dinner: 9,680
Sunday Brunch: 1,800
営業時間 Business Hours
Dinner: 18:00 - 23:00
Sunday Brunch: 10:00 - 14:00

Closed on Thursdays
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB