マルティニーク
武蔵小山 / フレンチ

Martinique
MusashiKoyama / French

03-6426-9159
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル

ブーダン・ノワール

Boudin Noir

メインビジュアル
メインビジュアル

モンサンミッシェルのムール貝のノルマンディー風

Normandy Style Mussels from Mont Saint-Michel

メインビジュアル

パテ・ド・カンパーニュ

Pâté de Campagne

メインビジュアル

長谷川農産のマッシュルームのサラダ Salad with Hasegawa Farm Mushroom

Salad with Hasegawa Farm Mushroom

メインビジュアル

エスカルゴのブルゴーニュ風

Escargot Burgundy Style

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

カスレ

Cassoulet

メインビジュアル
メインビジュアル

タブリエ・ド・サプール、グラタン・ドフィノワを添えて、グリヴィッシュ・ソース

Tablier de Sapeur with Gratin Dauphinois, Sauce Gribiche

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

フォアグラ

Foie Gras

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

みやび鯛の岩塩焼き

Rock Salt Crusted Miyabi Sea Bream

メインビジュアル

みやび鯛の岩塩焼き

Rock Salt Crusted Miyabi Sea Bream

メインビジュアル

タルト・フランベ

Tarte Flambée

メインビジュアル

牛テールの煮込み

Braised Oxtail

メインビジュアル

クレーム・キャラメル

Crème Caramel

メインビジュアル

ババ・オ・ラム

Baba au Rhum

メインビジュアル

キャラメリゼしたバナナのタルト

Caramelized Banana Tart

メインビジュアル

カヌレ

Canelé

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

マルティニークはクリストファー・コロンブスが「世界で最も美しい場所」と呼んだカリブ海に浮かぶ小さな島。フランスの海外県ということもあり、周辺の他の島や国よりも美味しい料理が食べられると評判の島でもある。

 

一方で、都内最長のアーケードとして知られる武蔵小山商店街から、ほんの少しだけ横に入った場所にあるマルティニークは味も量も満足できる王道のビストロ料理を楽しめる空間。

 

それにしても何故マルティニークなのか?

 

極めてストレートな答えは、このビストロの共同経営者でシェフの宮川和大は、ひょんな事からマルティニークに行って魅了されちゃったから。

 

そして面白いのは宮川がマルティニークに行くまでのストーリー。義務教育を終え高校に進学するも直ぐに中退した宮川は、冬は山にこもり働きながらスノーボード三昧。さらにアルバイトして貯めた軍資金で、バックパックを背負って世界を巡る。

 

クラブでDJをしたり、バンドではドラムを任されたりしていた宮川は、モロッコの砂漠で民族衣装を着て現地の人と一緒に踊ったり、太鼓を叩いたり、さらにはタジンをつくってヨーロッパから来る観光客に振舞ったり。メキシコでは独立記念日にカンクン沖に浮かぶイスラ・ムヘーレスを訪れ、島全体が熱気に包まれる中、現地の料理人が音楽に合わせて体を揺らし、飲みながら料理する姿を見て感化されてしまう。

 

幼馴染が大学を卒業して就職し始める22歳の時、「他にやる事も、できる事もなかった」という前向きでない理由で料理人を志し大阪の調理師学校に入る。

 

その名門と言われる調理師学校を卒業し、社会人として最初の就職先となった東京の超有名フランス料理店は、自由に生きてきた宮川には厳し過ぎたようで半年後には逃げ出してしまう。

 

ところが東京で一緒に暮らしていた大阪出身のお笑い芸人の卵の稼ぎはゼロ。宮川は朝から深夜までレストランやホテルでの仕事を掛けもちして2人分の家賃を稼ぐという壮絶な生活を、なんとか芸人が独り立ちできるようになるまで4年間も続ける。

 

マルティニークとの出会い

 

その後ようやく調理師学校で学んだフランス料理の技術を生かす為に入ったのが麻布十番のビストロ・コティディアン。そこで本物のビストロ料理に出会い、次のステップは本場フランスと考え始めるが……偶然デザートに使っていたフランス産のラムの瓶を見ながら、ボルドーで熟成されるラムの原産地が実はマルティニークという事に気付いてしまう。

 

 

急遽、フランス行きは、マルティニーク行きに変更。そして実際にラムを勉強する為にマルティニークに行って驚いたのは、そこには豊かなフランスの食文化が根付いていたという事。一旦は日本に戻るが、完全にマルティニークに魅了されてしまった宮川は再度マルティニークに渡りホテルやレストランでフランス料理をつくり、さらにクレオールという現地のユニークな食文化にも出会う。

 

因みに、ビストロ・コティディアンの須藤シェフは、マルティニークの宮川シェフについて「とても真面目に働いてくれて…人柄も良いし…宮川の相棒のシニア・ソムリエも面白い奴ですよ…」と語る。

 

武蔵小山のマルティニークでは、ビストロ料理に欠かせないキャロット・ラペの代わりに青パパイヤが使われていたり、見た目は王道のフランス料理でも少しエキゾチックな香辛料が効いていたり。たっぷりマルティニーク産のラムをかけて生クリームと一緒に食べるババ・オ・ラムは人気で、熱狂的なファンがいたりする。

 

ソムリエのいるフランス料理の店という事で、地元の人にとっては高級店になるらしいマルティニークだが、周辺に住むフランスの歴史や文化に詳しい人は何か特別なものを感じて頻繁にマルティニークに通う。

 

面白い事に、このマルティニークのある品川区と、カリブ海に浮かぶフランスの海外県マルティニークの人口は400,000人前後とほぼ同じ。東京にもマルティニーク島で生まれ育った人や、マルティニークがルーツのフランス人がいるようで、どうやって見つけたのか、仲間を連れて武蔵小山までやってくる。

 

勿論、我々日本人でもフランス料理が好きならばマルティニークは、行く価値大の少しエキゾチックでユニークな存在。

 

Martinique is an island in the eastern Caribbean sea. Christopher Columbus landed on the island in 1502 and called it the most beautiful place on the planet. These days, Martinique is an overseas region of France and known for its culinary culture, which is considered the most sophisticated in the Caribbean.

 

And for a slice of it in Tokyo, you’ll find the restaurant Martinique near the shopping arcade of Musashi-Koyama. It’s a unique eatery with solid bistro fare.

 

“So why Martinique?” you might ask. Well, the answer is simply that co-owner Chef Kazuhiro Miyakawa has long been fascinated by the island and its food and drink culture.

 

After dropping out of high school, Miyakawa went to a mountain where he worked and snowboarded through winters. This was how he saved money to backpack around the world.

 

In Morocco, Miyakawa hid his face with tribal robes, dancing and playing percussion with locals in front of European tourists, and even cooking tajine for travelers. In Mexico, he went to Isla Mujeres, a popular resort island in the Caribbean Sea off the coast from Cancun, on Mexican Independence Day. Here, in the festive atmosphere, Miyakawa saw a chef and his staff cooking as they drank and danced to music. 

 

It was in this way that as his childhood friends were graduating from college, Miyakawa decided to go to culinary school. Graduating eventually from the most prestigious culinary school in Tokoy, Miyakawa’s first job was at a renowned French restaurant, where the free-spirited young man only lasted six months.

 

Back then, Miyakawa’s roommate was an aspiring comedian with no solid source of income, so Miyakawa was left juggling restaurant jobs and hotel work to support both himself and his roommate for four years until his roommate started making money!

 

Discovering Martinique

 

When he was finally able to focus on French cuisine, Miyakawa started work at Bistrot Quotidien, in Azabu-Juban, where he learned authentic bistro fare under the watchful eye of Chef Ryosuke Sudo. He started thinking about going to France to develop his skill, and one day was looking at a bottle of rum imported from France, only to realize that though it was aged and bottled in Bordeaux, it was originally distilled in Martinique. 

 

Intrigued, Miyakawa traveled to Martinique to learn about rum, and was surprised to see that French culinary culture had taken root all over the island. After his rum expedition, Miyakawa returned once more to Martinique, working for a restaurant and hotel, and learning not just French cuisine, but also a type of Caribbean cuisine called creole.

 

At his own bistro in Musashi-Koyama, Chef Miyakawa enjoys adding exotic spices to authentic bistro fare and sometimes using ingredients like green papayas to garnish his dishes. His most popular dessert, too, is powerfully spiked with rum from Martinique.

 

 

 

Interestingly, Shinagawa ward has a population of 400,000, which is roughly the same as Martinique’s. There is also a small community in Tokyo of people from Martinique or France, with roots in the Caribbean. Chef Miyakawa says, “I have no idea how these people found us, but they seem to enjoy coming here!”

 

Martinique attracts locals who are passionate about not only French food but also French culture in general. So if you are passionate about it too, Martinique is a place you’ll want to add to your list of restaurants to visit!

TOP

MENUS

 

基本的にアラカルトで食事を楽しむのがマルティニークのスタイル。

 

最初にメニューを見ながら摘めるような前菜の前菜的な小皿5種類は500円。

 

前菜は20種類弱が1,000円未満からあり、一番人気のマッシュルームのサラダは1,260円。

 

メイン5種類は3,000円未満からあり、マルティニークでも人気の、ビストロを象徴するようなバヴェット・ステーキは3,650円。もう1つ人気の岩中豚の骨付ローストは3,250円なり。 

 

デザートは熱狂的なファンが何人もいるババ・オ・ラムを入れて5から6種類が630円。アイスクリームは常に5種類のフレーバーがある。

 

5名以上の場合は事前の予約で以下のコースが5,000円

 

アミューズ + プティ・ポタージュ + 前菜 + メイン + デザート

 

 

 

This is a bistro where you can casually dine a la carte.

 

Five small pre-appetizer dishes, ideal with a first glass of wine, are priced at 500 yen.

 

Approximately 20 appetizers are available, priced from less than 1,000 yen. The most popular appetizer, mushroom salad, is 1,260 yen.

 

Five main dishes are available, starting at less than 3,000 yen. The most popular is a quintessential beef dish of bavette steak (or flank steak in English,) which is 3,650 yen. Another popular main dish is the roast bone-in Iwachu pork, at 3,250 yen.

 

Five or six desserts are available daily, starting at 630 yen. Every day Martinique prepares five flavors of ice cream.

 

For parties of five or larger, we recommend the 5,000 yen set menu below.

 

Amuse Bouche + Small Soup + Appetizer + Main + Dessert

 

 

ランチは平日は1,380円、週末は1,580円で2皿(前菜 + メイン)のプリフィックス。

 

Martinique has a two course (appetizer and main) prix fixe lunch menu priced at 1,380 yen on weekdays, and 1,580 yen on weekends.

TOP

DRINKS

リストにあるのは赤白合わせて100種類ほどのワイン。フランスのものが殆どなのだが、ヨーロッパの他の国(スペイン・ドイツ・イタリア)やニューワールド(カリフォルニア・南米・オーストラリア等)のワインもある。価格はビストロらしく白は3,000円から、赤は3,500円から。

While almost all of the 100 wines, red and white combined, are from France, you can also find wine from other European countries like Germany, Italy, and Spain, and New World wine from Australia, South America, and the US. White wines are priced from 3,000 yen and red wines from 3,500 yen. 

シャンパン8種類は7,500円から、スパークリング・ワイン4種類は3,500円からと良心的な価格設定。

Eight Champagnes are priced from 7,500 yen. Four sparkling wines are available from 3,500 yen. 

グラスでは白赤それぞれ4種類づつの選択肢があり、白は780円からで、赤は800円から。スパークリング・ワインは780円。

By the glass, four white and four red wines are available daily, priced respectively at 780 and 800 yen. Sparkling wine by the glass is 780 yen.

そして食後酒にはワゴンで運ばれてくるマルティニーク産のラムを楽しむのがマルティニークならではのスタイル。

This bistro also has good selections of Martinique rum. So we recommend wrapping up dinner with a glass of rum as digestif.

ワインを選ぶのはマルティニークの共同経営者で、ビストロ・コティディアンの須藤シェフが「面白い奴…」と言う佐々木健哲。シェフの宮川の調理師学校時代の同期で、マルティニークを開くに際しては煽てられて社長になってしまう。

当初は料理人を志していた佐々木だが、最初に働いたのはボルドーとブルゴーニュのワインしか扱わない今はミシュランの星付きとなったレストラン。そこで上司にも恵まれ、サービスの楽しさに目覚め軌道修正。

Martinique’s wines are selected by Takeaki Sasaki, co-owner of Martinique and a certified senior sommelier. Sasaki was initially an aspiring cuisinier, and actually took some classes with Chef Miyakawa in culinary school. 

The first restaurant Sasaki worked at after school was known for its wine list, and consisted exclusively of Bordeaux and Burgundy wines. He began work as a service staff member, and enjoyed it thanks to the manager he worked under.

ボルドーは苦かった…

しかし19歳の時に初めて連れて行かれたワインの試飲会でボルドーをテイスティングした時の感想は「苦いだけ…」という悲惨なもの。幸いソーテルヌのデザート・ワインを何種類かテイスティングして、まだ未成年だった佐々木は世の中には美味しいワインもあるという事を知る。

そんな佐々木も今はシニア・ソムリエの資格を取得しているのだが、シニア・ソムリエの証となるバッジを付けることはなく、ワインの話はしても、自分の話はしないので、年配の常連に「君は案外ワインに詳しいね…」と褒められる事があったりする。

Did not like Bordeaux wine….

Sasaki was just 19 years old when he tasted Bordeaux wines for the first time, at a wine tasting event. He still remembers not liking them and thinking they all tasted the same: very bitter. However, after trying the dessert wines from Sauternes, Sasaki was convinced that there were good, drinkable wines as well.

Now as a certified senior sommelier, Sasaki talks about wine but does not enjoy showing off his knowledge. In fact, he doesn’t even wear the coveted badge of the senior sommelier, so many of his guests do not know he even has a vast knowledge of wine. Some of his wine loving customers commend his wine knowledge with comments like, “You know a little about wine, don’t you?”

因みに、マルティニークの常連が持ち帰りたいと言うほど絶品なカヌレを焼くのは佐々木の仕事。

But it’s not just the wine; Sasaki also makes Martinique’s popular canelé, a small French pastry flavored with rum and vanilla, every day.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
品川区荏原 3-3-25 2F
2nd Floor, 3-3-25 Ebara, Shinagawa-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急目黒線:武蔵小山
MusashiKoyama (Tokyu Meguro Line) 
Tel
03-6426-9159
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,300 yen
DINNER: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday and Saturday
LUNCH: 12:00 - 13:30 (L.O.) Close at 15:00
DINNER: 18:00 - 22:00 (L.O.)

Sunday and National Holiday
LUNCH: 12:00 - 13:30 (L.O.) Close at 15:00
DINNER: 18:00 - 21:00 (L.O.)

Closed on Mondays

If a national holiday falls on a Monday, the restaurant will be open that day and instead be closed on the following Tuesday.

月曜日が定休日となっていますが、月曜日が祝祭日の場合は営業となり、代わりに翌日の火曜日が休みとなります。 
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA