キエチュード
浅草・稲荷町 / フレンチ

Quiétude
Asakusa-Inaricho / French

03-5826-8995
メインビジュアル

レモン・クリームの入ったグジェールと山菜で巻いたマダコ

Gougère Stuffed with Lemon Cream & Wild Mountain Vegetable Wrapped Octopus

メインビジュアル

宮崎県産の地鶏 芽キャベツ 帆立

Miyazaki Free Range Chicken, Brussels Sprout and Scallop

メインビジュアル
メインビジュアル

ダチョウ ピサラディエール クレソン

Ostrich Meat, Pissaladière and Watercress

メインビジュアル
メインビジュアル

鳥取県産のイノシシ ハニー・マスタード エディブル・フラワー

Wild Boar from Shimane, Honey Mustard and Edible Flowers

メインビジュアル

赤貝 新玉ねぎ フェンネル

Bloody Clam, Spring Onion and Fennel

メインビジュアル
メインビジュアル

スッポン ホワイト・アスパラガス タイム

Chinese Softshell Turtle, White Asparagus and Thyme

メインビジュアル

鎌倉野菜 ハモン・セラーノ 鶏ガラのブロスのフォーム

Kamakura Vegetables, Jamón Serrano and Chicken Broth Foam

メインビジュアル

長崎県産のハタ インゲン 桜の葉

Nagasaki Grouper, Common Beans and Cherry Leaves

メインビジュアル
メインビジュアル

桜鯛 ブール・ブラン ブロッコリー

Cherry Bass, Beurre Blanc and Broccoli

メインビジュアル
メインビジュアル

ブイヤベース風の岩手県産の帆立とズワイ蟹 芽キャベツ

Bouillabaisse Style Iwate Scallop and Snow Crab with Brussels Sprout

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

フランス産オーブラック牛 春野菜 黒ニンニク

French Aubrac Beef with Spring Vegetables and Black Garlic

メインビジュアル
メインビジュアル

和牛ホホ肉 鎌倉野菜のブラジール ポルチーニ茸のパウダー

Wagyu Beef Cheek and Braised Kamakura Vegetables with Powder of Porcini Mushroom

メインビジュアル

プラリネのブリュレ ラズベリーと練乳

Praline Brulee with Raspberry and Condensed Milk

メインビジュアル

ガトーショコラ 金柑 ラズベリー

Chocolate Cake, Cumquat and Raspberry

メインビジュアル

ミニャルディーズ

Mignardises

メインビジュアル

ミニャルディーズ

Mignardises

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

フランス語で静けさを意味するキエチュード(Quiétude)と名付けられたレストランがあるのは東京メトロ銀座線の稲荷町の駅のすぐ近く、下谷神社の大鳥居をくぐった場所。

 

「神社の近くにフレンチの名店あり」と書いたフランス料理に造詣が深いブロガーがいるが、キエチュードも例外ではない。

 

カジュアルながらも洗練され、心地良い空気が流れるキエチュードで味わうのは料理人としてエリート・コースを歩んできたオーナー・シェフ荒木栄朗のつくる料理の数々。

 

若くしてエリート・コースへ

 

「教室の中でジッとしていられなかった」と子供の頃を振り返る荒木は、中学を卒業して直ぐに、何人もの優秀なシェフを輩出している大阪の調理師学校に入り、年上の同級生と一緒にフランス料理に目覚める。卒業後は出身地の熊本にあるホテルで料理人としての最初の4年を過ごす。

 

その後、勉強嫌いにも関わらず調理師学校に戻りリヨンにあるフランス校で最初の半年を過ごし、その後の半年はフランス南部のエクス・アン・プロヴァンスにある2つ星のクロ・ドゥ・ラ・ヴィオレットの厨房の中で過ごす。

 

海外での初めての生活だったが、キッチンの中で飛び交う罵詈雑言に慣れれば、そこは都。さらに働いていたクロ・ドゥ・ラ・ヴィオレットがニューヨークに出店する事となり、そこで働く事になっていたのだが、ビザの関係で実現せず。

 

フランスの何に魅了されたのか?という質問に荒木は「世界最高峰のレストランがあるから」と答え、「そこで働きたい、働く自信もあった」と当時を振り返る。

 

日本では連日満席状態だった博多のレストランひらまつで4年半ほど働き、その後は渡仏してパリのレストランひらまつに移る。そこではアラカルトで前菜とメインを食べた後にチーズかデザートを選ぶフランス人と、必ずコースで食事する日本人観光客の両方に対応する為に、日々狂乱状態のキッチンで1年半にわたり生き延びる。

 

エリート・コースから脱線して…

 

名門と言われる調理学校や、フランスと日本の有名店での経験が料理人としての荒木の根幹にあるのだが、キエチュードで味わうシェフ荒木の料理を特別なものにしているのは、日本とフランス以外の国での経験かもしれない。

 

パリで知り合ったフランス人の仲間から紹介され働くことになったモントリオールにあるビストロでは、フランスのものとは違うフランス語とフランス料理に出会う。

そこからナイアガラの滝を経由してアメリカに入り、さらに中南米を経て南アメリカまで回って、幾つもの世界遺産や、イグアスの滝を訪れる。さらに南米からアフリカ大陸に飛びヴィクトリアの滝を見て、世界で最も有名な3つの滝を制覇。

 

バックパックを背負っての貧乏旅行、贅沢とは縁がなかったが、いく先々の料理を食べ新鮮な発見をする。

 

カナダから約2年かけて訪れた国の数は35。旅の終盤に訪れたのは大西洋と地中海に面した北アフリカのモロッコ。そこではバックパッカーとして旅しているとありがちな、知り合いの知り合いという縁で知り合ったモロッコ人のカサブランカにあるレストランで3ヶ月間ひたすらクスクスとメルゲーズをつくり続ける。

 

下町にあるキエチュードで荒木シェフの料理を味わってみれば、そこにはラセラヌーなどエキゾチックな香辛料が微かに効いていると感じることがあるかもしれない。

 

ガストロノミーを

ビストロ感覚で味わう

 

そして荒木がオーナーとしてキエチュードを開く前の1年間を過ごしたのは銀座にあるミシュラン2つ星のエスキス。そこでは素晴らしい人柄と、日本人にはない発想力を兼ね備えたフランス人シェフの下で働くという貴重な経験をする。

 

となるとキエチュードは東京で最も気軽にガストロノミーと呼ばれるようなフランス料理を味わえる場所かもしれない。

 

そうならば銀座から地下鉄に乗って15分弱の稲荷町は決して遠くない。

You’ll find Quiétude next to the quiet Shitaya Shrine near Inaricho station on the Tokyo metro Ginza line. And if the blogger who wrote the line, “Good French restaurants are often accompanied by shrines,” is anything to go by, then you can certainly add this French restaurant to the list!

 

 

The casually comfortable dining space of Quiétude is a place for savoring dishes concocted by Chef Hideo Araki.

 

Head Start

 

Chef Araki says he went straight to culinary school instead of high school, because he “did not like school at all, and was too hyperactive in the classroom.” Because he was only interested in cooking, Araki left his hometown of Kumamoto for Osaka, where he studied cooking fundamentals with a crowd usually older than himself.

 

After finishing a one year program, Araki worked for a hotel restaurant in Kumamoto, and went back to culinary school to attend a program in Lyon, France. After six months, he was given an opportunity to work at Michelin double starred Clos de la Violette in Aix-en-Provence, the south of France.

 

Though he initially had a hard time in the kitchen, he eventually came to  love the atmosphere, and the way his colleagues cursed back and forth in their native French.

 

Looking back, he says, “It was great because I was around the world’s best restaurants. I wanted to work there and I was confident that I was capable”.

 

Though Araki was expected to work for Clos de la Violette’s New York location, visa issues barred his path and he instead elected to return to Japan, where worked at the highly renowned Restaurant Hiramatsu in Fukuoka. After four years there, he was transferred to Hiramatsu’s location in Paris, where he prepared the a la carte menu for French diners while simultaneously preparing set prix fixe menu for visiting Japanese tourists.    

 

Backpacking the World

 

Although Araki learned his craft at culinary school and at acclaimed restaurants in France and Japan, what makes his dishes at Quiétude special is the experiences he gained outside of these places. 

 

In Montreal, he worked at bistro and was exposed to a French cuisine different to what he knew. From here, he saw Niagara Falls and traveled through the U.S. to Latin America. He visited many World Heritage Sites and Iguazu Falls on the border of Argentine and Brazil. He even traveled to see Victoria Falls in southern Africa!

 

Throughout his travels, he indulged in local delicacies because he could not afford luxury, gourmet foods. He did this through 35 countries over a span of two years, and ended up in Morocco, cooking couscous and merguez sausages at a restaurant in Casablanca.

 

At Quiétude, too, you can taste these experiences in Araki’s dishes, which including subtle flavors and exotic spices, like ras el hanout.

 

Gastronomy in a Bistro Set Up

 

Prior to opening his own restaurant, Araki worked at the Michelin double starred ESqUISSE in Ginza. Recalling his time there, Araki says, “It was great because the chef had a great personality, and the kind of culinary inspiration that Japanese cuisiniers usually lack.” 

 

And it’s in the culmination of all of these experiences that makes Quiétude a unique place to enjoy gastronomy-inspired cuisine in a casual bistro atmosphere.

TOP

MENUS

 

1,500 yen

 

前菜 + メイン +  プティ・デザート +  コーヒー

Appetizer + Main Dish + Small Dessert + Coffee

 

3,000 yen

 

前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー

1st Appetizer  + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Coffee

 

 

5,000 yen

 

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + デザート1 + デザート2 + ミニャルディーズ + コーヒー

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + 1st Dessert  + 2nd Dessert + Mignardises +  Coffee

 

TOP

DRINKS

コンパクトなワイン・リストに載っているのは殆どがフランス産のワインで、3,000円前後から赤白15種類づつ。

シャンパンは7,800円でスパークリング(クレマン)は6,000円。

グラスで味わえるのは赤白3種類づつで750円から。グラスのシャンパンは1,400円。

Quiétude’s concise wine list features 15 red and 15 white wines priced from around 1,500 yen. Almost all of them are French, with a few exceptions from Australia and New Zealand.

The wine list also features a Champagne priced at around 8,000 yen, and Crémant sparkling wine priced at around 6,000 yen.

By the glass, Quiétude daily has three red and three white wines available, priced from 750 yen. By the glass Champagne is 1,400 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
台東区東上野3-35-1
3-35-1 Higashi Ueno, Taito-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
稲荷町(東京メトロ銀座線)
Inaricho (Tokyo Metro Ginza Line)

上野(東京メトロ銀座線・日比谷線 & JR)
Ueno (Tokyo Ginza & Hibiya Lines and JR)
Tel
03-5826-8995
平均予算 Average Cost
Lunch: 2,000 yen (Weekdays) 4,000 yen (Weekend)
Dinner: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30 - 14:00 (L.O.)
Dinner: 18:00 - 20:30 (L.O.)

Closed on Wednesdays
Credit Card
VISA / Master Card / American Express / JCB / Diners Club