ターブル・モトオ
西麻布・六本木 / フレンチ

TABLE MOTOH
NishiAzabu-Roppongi / French

03-6384-5885
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル

海のフラン

Ocean Flavored Flanc

メインビジュアル

寒ブリのカーチョエペペ

Winter Amberjack Cacio e Pepe

メインビジュアル

〆鯖とインカの目覚め クミンの香り

Cumin Flavored Salted and Vinegared Mackerel

メインビジュアル

〆鯖とインカの目覚め クミンの香り

Cumin Flavored Salted and Vinegared Mackerel

メインビジュアル

ホロホロ鳥と鴨のパテアンクルート

Pâté en Croûte with Guinea Fowl and Duck

メインビジュアル

仔羊のクスクス

Lamb Couscous

メインビジュアル

小甘鯛の鱗焼き 柚子のブールブラン・ソース

Unscaled Tilefish, Yuzu Flavored Beurre Blanc Sauce

メインビジュアル

小甘鯛の鱗焼き 柚子のブールブラン・ソース

Unscaled Tilefish, Yuzu Flavored Beurre Blanc Sauce

メインビジュアル

仔羊のロティ モロッコの香るスパイス

Roast Lamb Flavored with Moroccan Spices

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

マダム・ビュルゴーの鴨胸肉のロティ

Roasted Madame Burgaud's Duck Breast

メインビジュアル

蝦夷鹿のロティ ソース・ポワヴラード

Roast Ezo Venison, Sauce Poivrade

メインビジュアル

アンガス牛のザブトンのロティ 

Roast Angus Beef ‘Zabuton’

メインビジュアル

アンガス牛のザブトンのロティ 

Roast Angus Beef ‘Zabuton’

メインビジュアル

洋梨のスモア 塩キャラメルのアイスクリーム 

European Pear S’more with Salted Caramel Ice Cream

メインビジュアル

タコ飯

“Tako Meshi”

メインビジュアル

タコ飯

“Tako Meshi”

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

フランス料理が好きならば、誰もが気軽にワインと料理を楽しめるビストロのような店が地元にあればと思うはず。それは仕事帰りに立ち寄って小腹を満たしたり、自宅に戻ってカジュアルな服に着替えて行けたりするような身近でリラックスできる空間。

 

まさにターブル・モトオはそんな感じの場所なのだが、あるのは私鉄沿線などではなく、都会の真ん中といった感じの六本木のミッドタウンの近く。ここは六本木にいながらにして、六本木からエスケープできるような、目立たないからこそ、居心地の良い空間。

 

黒いテーブルの上で撮影された料理写真を見れば、垢抜けた、どこかのデザイナーがプロデュースしたかのような空間を想像するかもしれないが、そんなイメージと実際は真逆なのがターブル・モトオの魅力。

 

この店名にあるターブルという単語に込められているのは、ターブル=食卓であり、それを囲うように食いしん坊たちが集まるような空間になること。なのでターブル・モトオは「食堂」であって、レストランやビストロといった一般的なカテゴリー分けには当てはまらない。

 

オーナーの菊地基央シェフが自らの店を開くに際して意識したのは、過剰に演出された非日常的な空間にしない事。「日常的だからこそ、飾らずに、本来の自分を取り戻してもらえる」というのが菊地シェフの考え。

 

因みに、フランス語の”restaurant”という単語の由来は、回復させる、元気を取り戻させるといった意味合いの”restore”という動詞。そういった意味ではターブル・モトオはレストラン…というか食堂の本来あるべき姿なのかもしれない。

 

そんな空間で味わうのは、パテ・アンクルートのような古典的なフランス料理であったり、少し遊び心を感じさせてくれる料理であったり。その背景にあるのは菊地シェフが積み上げてきたユニークな経験の数々。

 

高校を卒業するに際して「特にやりたい事がなかったから…」という菊地は姉に薦められて調理師学校に進学する。その夏休みに東京を脱出してアルバイトしたのが軽井沢の名門ホテル。そこで初めてフランス料理に出会い、大ベテランのシェフの下で働きフランス料理にのめり込む。調理師学校を卒業した後は、そのまま軽井沢のホテルに就職しフランス料理の基礎を6年にわたり叩き込まれる。

 

 

20代半ばで東京に戻ってからは代官山にあったカフェ・ド・フェシエにスー・シェフとして迎えられる。名前にはカフェとあるが、ここは週末になると本場のビストロ料理を求めてフランス人が集まり常に満席状態。ここで菊地はフランス人の為にフランス料理をつくるという貴重な経験をするだけでなく、仲間と一緒にテーブルを囲み、楽しそうに料理とワインを味わうフランス人の姿を目の当たりにし感化される。

 

その後は鉄板焼きでフランス料理をつくる店で働いたり、今ではミシュランの星付きとなったレストランで働いたり。さらにカテゴリーを超えた斬新な料理で1つの時代をリードした代官山のタブローズでシェフを務めたりもする。

 

このターブル・モトオはフランス料理をカジュアルに楽しめる「食堂」なのだが、菊地シェフは「食材は国産のものが多いし、フレンチにガチガチに縛られたくはないんです」と自らのスタイルを説明してくれる。

 

店内にはモータウンからマドンナまで幅広い選曲の洋楽が流れ、遊び心ある料理を楽しませてくれるので、ここは「食堂」ではなくネオ・ビストロ的な存在なのかもしれないが「そんなにカッコ良くないですよ…」と菊地シェフは謙遜する。

 

 

だからこそ我々にとってターブル・モトオは魅力的な存在。気の合う同僚や、ワイン好きの飲み仲間を誘って気軽に行ける場所でありながら、「軽くシャンパンでも飲んでこうか…」といった感じのフレーズで誰かを誘って、チョッとした贅沢を楽しめる食堂がターブル・モトオなのである。

If you like French food, you long for bistros or wine bars in your neighborhood; the kind of place you can stop by after work, or just as easily visit after getting changed at home. This is exactly the feel of Table Motoh.

 

However, Table Motoh is not the typical neighborhood dining experience. Located near Tokyo Midtown in Roppongi, it’s a place so obscure that visiting feels like escaping from Roppongi while still being in Roppongi. 

 

Table Motoh is a place for down-to-earth diners. Though pictures of its food look like that of a modern, sophisticated restaurant, rest assured that Table Motoh is more focused on the dining experience than it is just the appearance of its dishes.

 

 

Chef Motoh Kikuchi named his restaurant with the word “table” because of a desire to attract foodies the way home-cooked meals attract family and friends. For that reason, it might be best to think of Table Motoh more like a diner than your typical French restaurant or bistro. 

 

There’s a hint of the ordinary to Table Motoh that makes it comfortable and easy to be at. Chef Kikuchi says this is intentional. “Because it’s ordinary,” he says, “you can relax. You don’t have to put on airs. This is a place where you can be yourself.”

 

At Table Motoh, Chef Kikuchi cooks a combination of classic dishes like pâté en croûte meat pie, and his own playful concoctions. His dishes are the result of experiences accumulated through a career spent at a variety of restaurants. 

 

During his first summer vacation as a student at culinary school, Chef Kikuchi went to Karuizawa to work at an old, prestigious hotel. It was here he was introduced to authentic French cuisine, and learned under the watchful eyes of an elderly chef. Kikuchi actually stayed there a total of six years after graduating! 

 

In his mid-20s, Chef Kikuchi returned to Tokyo and began working as a sous chef at the legendary Cafe de Fascie, a bistro in Daikanyama. The place was packed with French expats every weekend, and Kikuchi witnessed them joyfully gathering around tables to enjoy lunches and dinners with wine and quintessential French bistro. 

 

Chef Kikuchi also worked at a French-inspired teppanyaki restaurant, and a few restaurants that now boast Michelin stars. Prior to opening Table Motoh, he was the chef at Tableaux, which was once at the forefront of Tokyo’s dining scene with its contemporary fusion cuisine. 

 

Table Motoh is a place to casually enjoy French cuisine, but Chef Kikuchi likes to experiment and play. It’s for this reason he also enjoys using Japanese produce in his dishes.

 

In the end, whether it’s the casual playful dishes or the classic French cuisine, Table Motoh is a place to casually drop by with work colleagues or fellow wine lovers. It’s also a place to invite someone special to with a casual invitation like, “Let’s have a glass of Champagne or two.” Casual, easy, and it won’t break the bank; that’s Table Motoh.

TOP

MENUS

LUNCH

 

定番の仔羊のクスクスとミニ・サラダのセットは1,650円。他にも2,000円以下で食べられるランチのセットがある。サラダとメイン・ディッシュのセットは2,000円。

 

The most popular lunch menu is a set of lamb couscous and mini-salad for 1,650 yen. Table Motoh also has other lunch set menus priced under 2,000 yen.

 

菊地シェフのランチ「おまかせ」コース(要予約)

3,300 yen

本日の前菜 + 本日のメイン・ディッシュ + 本日のデザート

 

Chef Kukuchi’s “Omakase” Lunch Menu (Please reserve in advance)

3,000 yen

Appetizer of the Day + Main + Dessert of the Day

 

 

DINNER

 

基本的にターブル・モトオのディナーはアラカルト。通常5種類の前菜は全て2,000円以下で、1,000円以下のものもある。メイン・ディッシュ5種類は2,000円前後からで、3,000円以上のものはなし。そして〆の炭水化物としてシェアして食べる人が多い大人気のタコ飯とパスタの2皿は1,200円。

 

Dinner at Table Motoh is a la carte. The five appetizers listed on the menu are all less than 2,000 yen, with a few less than 1,000 yen. The five main dishes are around 2,000 yen, and none are more than 3,000 yen. We recommend wrapping up dinner with risotto or pasta just as Japanese diners do. The most popular dish for this is tako-meshi, which literally means octopus rice, and is 1,200 yen.

TOP

DRINKS

リストに載っている赤白合わせて60種類以上のワインは主にフランスのものだが、イタリアやスペインなどヨーロッパの他の国のものもあり。さらにニューワールドや日本のワインもリストに網羅され、価格は5,000円程度から。

菊地シェフの右腕としてサービスを担当する須山雄太に相談すれば5,000円の予算で、オーダーする料理の数、飲みたいワインの種類や量に合わせてペアリングを提案してくれる。

There are more than 60 red and white wines combined on the wine list. Most are from France, but the selection also includes other European countries, the new world, and even Japan. These are priced from around 5,000 yen.

If you would like to taste a wide range of wines, ask Yuta Suyama, Chef Kikuchi’s right hand man. He’s great at spontaneously coming up with a wine selection based on your preference, and within a budget of 5,000 yen.

グラスで楽しめるワインは1,000円未満から赤と白それぞれ6種類づつと取り揃えが充実している。

By the glass, six white and six red wines are available. Some of them are priced under 1,000 yen.

そしてシャンパンが「めちゃ安いんです」と須山が言うように1,100円(税込)という値段でシャンパンをグラスで味わえるのは非常に魅力的。因みに、シャンパンの銘柄はコンスタントに変わるので、常連になる事で何種類ものシャンパンをリーズナブルな価格で味わっていける。

シャンパンのボトルは5,000円からで、この価格は須山の言葉を借りるとは「税・サ・愛情込み」となる。 

なので「軽くシャンパンでも飲んでこうか…」といった感じで、チョッとした贅沢を楽しめる食堂がターブル・モトオなのである。

Yuta Suyama also wants to make it clear: “Champagne is reasonably priced here!” A glass of Champagne is priced at only 1,100 yen including tax. As Table Motoh constantly changes their Champagne brand, regulars have a great chance to expand their knowledge of Champagne, too. 

By the bottle, Champagnes are priced from 5,000 yen including tax. 

This is why you can invite someone to Table Motoh with a phrase like “Let’s have a glass of Champagne or two.”

 

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区六本木7-3-15 鈴や第2ビル B1F
B1F 7-3-15 Roppongi Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
六本木(東京メトロ日比谷線 都営地下鉄大江戸線)
Roppongi (Tokyo Metro & Toei Subway)  

乃木坂(東京メトロ千代田線)
Nogizaka (Tokyo Metro Chiyoda Line)
Tel
03-6384-5885
平均予算 Average Cost
Lunch 1,900 yen

Dinner 8,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH
On Weekdays & National Holidays
11:30 - 15:00 (L.O. 14:00)

DINNER
On Weekdays & Saturdays
18:00 - 23:00 (L.O. 22:30)

Closed on Sundays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA