ヴァンノ
幡ヶ谷・初台 / イタリアン

VANNO
Hatagaya-Hatsudai / Italian

03-6383-3427
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

戻り鰹の燻製カルパッチォ 蕪のソース ベルガモットの香り

Smoked Skipjack Tuna Carpaccio, Turnip Sauce, Flavored with Bergamot Orange

メインビジュアル

戻り鰹の燻製カルパッチォ 蕪のソース ベルガモットの香り

Smoked Skipjack Tuna Carpaccio, Turnip Sauce, Flavored with Bergamot Orange

メインビジュアル

嶽きみ(とうもろこし)のムース トマトのジュレ 帆立

Dakekimi Corn Mousse, Tomato Jelly and Scallop

メインビジュアル
メインビジュアル

烏賊墨のタリオリーニ 新烏賊のアーリオ・オーリオ 自家漬けイクラ添え

Squid Ink Tagliolini and Sauid Aglio e Olio Topped with Ikura

メインビジュアル

烏賊墨のタリオリーニ 新烏賊のアーリオ・オーリオ 自家漬けイクラ添え

Squid Ink Tagliolini and Sauid Aglio e Olio Topped with Ikura

メインビジュアル

名残り鱧・松茸・姉崎冬瓜のココット・ヴァポーレ

Cocotte Steamed Daggertooth Pike Conger, Matsutake and Anesaki Wax Gourd

メインビジュアル

名残り鱧・松茸・姉崎冬瓜のココット・ヴァポーレ

Cocotte Steamed Daggertooth Pike Conger, Matsutake and Anesaki Wax Gourd

メインビジュアル
メインビジュアル

炭火で焼いたかずさ和牛と舞茸のリゾット

Charcoal Grilled Wagyu Beef and Maitake Risotto

メインビジュアル

蝦夷鹿と巨峰 姉崎南瓜とリコッタ・チーズ・マルサラ・ワインのソース

Ezo Venison & Kyoto Grape, Sauce of Anesaki Wax Gourd, Ricotta Cheese and Marsala Wine

メインビジュアル

蝦夷鹿と巨峰 姉崎南瓜とリコッタ・チーズ・マルサラ・ワインのソース

Ezo Venison & Kyoto Grape, Sauce of Anesaki Wax Gourd, Ricotta Cheese and Marsala Wine

メインビジュアル

フロマージュ・ブランのムース 無花果のマリネと蜜柑のグラニータ

Mousse of Fromage Blanc and Marinated Fig and Honey Granite

メインビジュアル

フロマージュ・ブランのムース 無花果のマリネと蜜柑のグラニータ

Mousse of Fromage Blanc and Marinated Fig and Honey Granite

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

東京では、時に日々の生活と全く縁のないエリアで食事をして、その料理の味わいに驚かされたりすることがある。初台の新国立劇場の背に拡がる閑静な住宅街の中に佇むヴァンノは、そんな東京のレストラン・シーンの魅力を象徴するかのような小さなレストラン。

 

ヴァンノは不動通り商店街から少しだけ横に入った路地にあるのだが、そんな控えめな場所を選んだのは「商店街の雰囲気が良かったから」とオーナーの伴野真穂呂シェフは話し、敢えて商店街に面した場所でなく、目立たない路地にレストランを開いたのは「目立つよりも、じっくり時間をかけて地元の人に見つけてもらいたかった」からと説明する。

 

 

想定外の
ターニング・ポイント

 

オープンしてからメジャーな媒体に取り上げられることは皆無。少しづつ近所に住む人たちに受け入れられ、控え目なロケーションながらも存在感を確立しはじめる。

 

想定していなかったのは、この住宅街には何十年にもわたり美味しいものを食べている人が多く住んでいるということ。その中には料理だけでなく、食材や調理法にも詳しいマニアックな人も多く、そんな人たちに気に入ってもらえたのがヴァンノにとって大きなターニング・ポイントになる。

 

その結果なのか、オープンから2年近く経ったころから、ヴァンノには少しづつ遠方からもマニアックな食通が顔を出すようになる。

 

 

因みに、料理とは関係ないのだが、伴野が高校を中退してまで目指していたのは競馬の騎手。しかしながら今よりも小柄だった体は少しづつ成長し、減量するのが厳しくなり、騎手になる夢を諦める。高校に戻り、手に職を付けようと考えていた時に思いついたのが料理人、というか食べ物。それは明らかに「減量で食べたいものを食べられなかった反動」と伴野は当時の切実な状況を振り返る。イタリア料理を志したのは、「サッカーが好きだったのでイタリアには興味があった」という軽い理由から。

 

 

味わいを通して
個性を感じてもらう…

 

この店を良く知る人には「イタリア料理の知識も技術も凄いのに、それを全くアピールしようとしない」と言われるシェフ伴野がつくる料理は、イタリアで何年か過ごしたシェフが現地で学んだものをストレートに再現する王道と言われるような料理とは一線を画す。

 

鱧のコンソメ・スープ
ライムとレモングラスの泡
Conger Pike Consommé Soup
Topped with Lime and Lemongrass Foam

 

シェフ伴野の料理は「日本の新鮮な食材をイタリアンの技法で調理するもの」で、「イタリアで働いたことのない料理人のつくるイタリア料理」というのも謙虚なシェフ本人の言葉。しかし決して伴野の料理は東京にありがちな繊細という形容詞で語られがちな、美しいながらも、インパクトに欠けるような料理とは一線を画すもの。

 

今でもシェフ伴野が大切にしているのは、「如何にして料理にオリジナリティを加えるか、料理を通して自分の個性をいかに表現するか常に意識しながら料理に向き合え!」という若いころから師匠として慕っている先輩からの言葉。実際にシェフ伴野の料理をコースで味わった人の中には「何皿も出てきたけど、しっかり個々の料理の味わいが記憶に残っている」と食後に振り返る人が少なくない。

 

 

小さいながらも
心地よい空間

 

まさにヴァンノは新国立劇場やオペラ・シティに来るに際して立ち寄るべき小さなレストランで、新宿駅周辺の雑踏からエスケープしたくなったら、タクシーに乗ってでも行く価値が大いにあり。

 

そして何よりも憶えておきたいのは住宅街の中にある小さなレストランだからこそ、ヴァンノでは落ち着いて気の利いたサービスを受けながら食事ができ、食後には控えめなシェフとの会話も楽しめるということ。

 

Once in a while you’ll find yourself impressed by the quality of food at an otherwise unknown restaurant in an area you’re not familiar with. That’s Vanno in a nutshell, a restaurant tucked away in the residential area of Hatsudai, behind the New National Theatre Tokyo.

 

Vanno is located off the Fudo-Dori Shotengai. Chef Mahoro Banno says he liked the atmosphere of the area, and that it fit the vision he had for his restaurant. “We didn’t want to pounce into the eyes of the locals,” he says, “rather, we wanted them to discover us.” 

 

 

An Unexpected
Turning Point

 

Though Vanno has yet to be picked up by the magazines restaurants often rely on for publicity, this small Italian restaurant has started attracting locals, establishing a presence in spite of its low-key location.

 

 

The quiet neighborhood turned out to be full of seasoned foodies. Some of them are connoisseurs; knowledgeable about ingredients and cooking methods. Vanno has since become one of their go-to local restaurants.

 

Two years since first opening, Vanno has begun attracting serious foodies even from outside of its neighborhood, too, thanks to word-of-mouth.

 

 

A Chef Who Initially
Wanted to Be a Jockey

 

Chef Banno initially wanted to be a jockey, going so far as to drop out of high school to pursue the career. Unfortunately, he had to give up when his body grew in spite of his strict diet. In thinking about what to do next, Banno decided to work with food and become a chef; it was something he often missed dearly as an aspiring jockey. 

 

 

Expressing Character
and Adding Originality

 

One of the regulars of Vanno says, “Even though the Chef has knowledge and skills when it comes to Italian cuisine, he’s not a show-off.” 

 

The Italian food Chef Banno cooks is different from the straightforward fare often prepared by Japanese chefs with experience in Italy. Chef Banno explains, “My dishes are the product of seasonal Japanese ingredients and Italian cooking techniques.” He humbly adds, “It’s Italian cuisine cooked by a Japanese chef who hasn’t cooked in Italy.” That said, the taste of Vanno is authentic in its own way. Chef Banno’s dishes differ from the Italian you often find in Tokyo, which is aesthetically appealing if lacking impact when it comes to taste and flavor.

 

When Chef Banno was still a young aspiring cook, his culinary mentor encouraged him to always express his character through his dishes, and to add his own originality to them. The Chef still takes this encouragement to heart.

 

As his regulars wrap up their meals, they often say, “I tasted so many dishes tonight but I clearly remember all of them from appetizer to dessert.” It’s a testament to Banno’s style.

 

 

A Small
but Comfortable Space

 

If you’re visiting Tokyo Opera City or the New National Theatre Tokyo, or just in the area, keep Vanno in mind. It’s a small restaurant in a quiet residential area, making it a great restaurant for comfortably enjoying lunch or dinner with the sommelier’s attentive service. And, after finishing all your courses, you can indulge in conversation with the Chef himself.

TOP

MENUS

LUNCH

 

Menú di Primo
2,200 yen

本日の前菜 + プリモ#1 + プリモ#2 + コーヒー

プラス500円でデザートを追加可能

Appetizer of the Day + Pasta or Risotto #1 +  Pasta or Risotto #2 + Coffee

Optional dessert is 500 yen.

 

Menú Completo
4,200 yen

本日の前菜#1 + 本日の前菜#2 + パスタ + メイン + デザート + コーヒー

Appetizer of the Day #1 + Appetizer of the Day #2 + Pasta + Main + Dessert + Coffee

 

Menú Stagione
6,800 yen

季節のおまかせコース(要予約)

Seasonal Omakase“ Menu (Reservation Required)

 

上記のコース全てにには自家製のパンが付き、プラス550円でワイン(赤・白・スパークリング)を飲める。

 

All menus above come with home-baked bread. By the glass wine (red, white and sparkling) with lunch is 550 yen.

 

ほぐし鮎 ズッキーニと肝のソース
冷製のタリオリーニ
Chilled Tagliolini
Topped with Zucchini
and Ayu Sweet Fish

 

DINNER

 

夜のメニューは全7皿おまかせの8,000円のコースのみ。コースの最初から最後まで全ての料理を、その時々にもっとも美味しい食材を使い伴野シェフが1人でつくる。(アレルギー等に関しては予約の段階で伝えるべし)。

 

Dinner is an 8,000 yen seven course “omakase” tasting menu. All courses are prepared exclusively by Chef Banno using the freshest seasonal ingredients. Please let the restaurant know of any allergies and/or ingredients you would like to avoid in advance.

 

 

「予備知識なしで料理を味わってほしい」というシェフの考えからヴァンノには料理名などを明記したディナー・メニューはなく、サービス・スタッフからの料理の説明もなし。代わりにデザートが出てくるころに持ち帰れる短冊形のメニューで食材や調理法などが種あかしされるのがヴァンノのスタイル。

 

Please note that the restaurant does not offer a menu or explain about dinner dishes in advance. Chef Banno wants his diners to taste his dishes without any preconceived notions. Instead, you’ll receive a reed-shaped paper detailing the ingredients and cooking methods after the main course.

TOP

DRINKS

座席数8の小さなヴァンノのリストにあるのはイタリアの北部から南部のワイン赤白合わせて30種類以上のワイン。価格は5,000円台から20,000 円程度まで。リストに載っているもの以外にも、希少な自然派ワインや熟成の進んだバックヴィンテージワインの取り揃えもあり。 

イタリアのワイン以外にもソムリエ大森優が選んだフランスのワインが赤白合わせて数種類づつある。

スパークリング・ワインはプロセッコが5,000円台から、フランチャコルタが8,000円台からあり、シャンパーニュも2種類取り揃えがある。

Vanno offers a little over 30 wines (red and white combined) from across Italy. They are priced from less than 6,000 yen up to around 20,000 yen.

In addition to Italian wines, Vanno also offers a few French wines selected by sommelier You Oomori.

Italian sparkling wines are also available. Prosecco is priced from less than 6,000 yen and Franciacorta from less than 10,000 yen. Champagnes is also available.

 

グラスでは赤と白、スパークリングそれぞれ数種類ずつの選択肢があり、800円から2,000 円程度で味わえる。 

By the glass, selections of red, white and sparkling wines are available from 800 yen up to around 2,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区本町2-28-4 
2-28-4 Honcho, Shibuya 
最寄り駅 Nearest Station(s)
京王新線 初台
Hatsudai (Keio-Shinsen Line)
Tel
03-6383-3427
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,000 yen
DINNER: 12,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 14:00 L.O.
DINNER: 18:00 - 21:00 L.O.

Closed on Thursdays and the 1st and 3rd Wednesday every month
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB