ヴァンノ
幡ヶ谷・初台 / イタリアン

VANNO
Hatagaya-Hatsudai / Italian

03-6383-3427
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

本日の熟成魚のカルパッチョ

Aged Fish Carpaccio of the Day

メインビジュアル

鱧のコンソメ・スープ、ライムとレモングラスの泡

Conger Pike Consommé Soup Topped with Lime and Lemongrass Foam

メインビジュアル

ほぐし鮎 ズッキーニと肝のソース 冷製のタリオリーニ

Chilled Tagliolini Topped with Zucchini and Ayu Sweet Fish

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

自家製キタッラ、スカンピとトマト、ピスタチオのソース

Homemade Chitarra with Scampi, Tomato and Pistachio Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

焼きなすのメッツァルーナ、鴨と焼きトウモロコシのラグー・ソース

Mezza Luna with Eggplant, Duck and Grilled Corn Ragù Sauce

メインビジュアル

ブラック・アンガス牛のT-ボーン・ステーキ

Black Angus Beef T-Bone Steak

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

かずさ和牛A5ランクの藁包み焼き、マデラ酒のソース

Straw Grilled A5 Ranked Kazusa Wagyu Beef  

メインビジュアル

バジルのカッサータ、グレープフルーツのゼリーとカモミールのムースを添えて

Basil Cassat with Grapefruit Jelly and Chamomile Mousse

メインビジュアル

桃のコンポート、アールグレイのゼリー 何種類ものスパイスを効かせたジェラート 

Peach Compote with Earl Grey Jelly and Gelato with Various Spices

メインビジュアル

ココナツのビアンコ・マンジャーレ、パイナップのマリネ ライム風味

Coconut Bianco Mangiare with Marinated Pineapple Lime Flavored

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

「ただシンプルに美味しいと思える料理を…」と語るシェフが奥様と2人でやっている小さなレストランがあるのは、初台の新国立劇場の裏に拡がる閑静な住宅街。

 

「近所のレストラン…」というフレーズは日常会話に頻繁に登場するが、よほど洒落たエリアに住んでいない限り、実際に近所で美味しいイタリア料理を日常的に食べている人は多くないないはず。そういった意味では渋谷区の最北端に拡がる住宅街で生活する人たちはラッキー。

 

ヴァンノがあるのは初台の不動通り商店街から少しだけ横に入った路地。目立たないといった意味では明らかにレストランには不向きなロケーション。そんな場所に自らのレストランを開いたオーナー・シェフの伴野真穂呂は「自宅から自転車で通える距離」でロケーションを探しながら不動通り商店街に出会う。

 

「商店街の雰囲気が良かったから」と語る伴野だが、敢えて商店街に面した場所でなく、目立たない路地にレストランを開いたのは「目立つよりも、じっくり時間をかけて地元の人に見つけてもらいたかった」から。

 

その狙いは見事に的中…オープンしてからメジャーな媒体に取り上げられることは皆無。いまだに「こんな良いレストランが近所にあるなんて知らなかった…」と地元の人に驚かれるのは日常茶飯事。しかしながら商店街で働く人たちが食べに来てくれ、その人たちから買い物する近所の人たちに評判が拡がり、控え目ながらも話題のレストランとなる。

 

 

ワインを飲みながらヴァンノで食事をしていると、小さなレストランでありながらも、そこには心地良い空気が流れている事に気付くはず。それは奥様もシェフも控え目だから。「シェフはイタリア料理の知識も技術もあるのにアピールしない」と話す奥様のサービスも自然体で食べる側をリラックスさせてくれる。

 

因みに、奥様にとってヴァンノは初めて働くレストラン。それでも「一緒に働けば絶対うまくいくと思った」というのは旦那としてのシェフの言葉。

 

今ではオーナー・シェフの伴野だが、高校を中退してまで目指したのは競馬の騎手。しかしながら今よりも小柄だった体は少しづつ成長し、減量するのが厳しくなり、騎手になる夢を諦める。

 

高校に戻り、手に職を付けようと考えていた時に思いついたのが料理人、というか食べ物。それは明らかに「減量で食べたいものを食べられなかった反動」と伴野は当時の切実な思いを振り返る。しかしイタリア料理を選んだのは、サッカーが好きだったのでイタリアには興味があったという、ありがちな理由から。

 

人生のパートナーと一緒に自らのレストランを開く前に伴野が働いてきた殆どは山手線の外側にあるレストラン。それらは近所に住んでいれば自慢したくなるようなレストランで、遠くからでも行く価値が大いにありのレストラン。

 

実際にヴァンノで食事をしてみれば、伴野が今まで真っ当なレストランで経験を積んできたと事がわかるはず。

 

控え目な2人のレストランだが、ヴァンノで味わう料理は決して控えめではない。「繊細と言われるような味わいじゃなくて、多少なりとも存在感のある料理を…」と話すシェフ伴野の料理を食べているのは閑静な住宅街に住みながら、長年にわたり美味しい料理を都心で食べてきた人たち。

 

年齢層は広く、家族連れも多いのだが、中には一人で赤ワインを飲みながらアンガス牛のT-ボーン・ステーキを平らげる強者もいるらしい。

 

ヴァンノという名前を憶えておけば、オペラ・シティや新国立劇場に行った後、どこで食事をしようか迷わずに済むはず。さらにヴァンノは、新宿駅周辺の雑踏に圧倒されたらタクシーに乗ってでも行く価値のあるレストラン。

 

そして何よりも、この小さなレストランでは、余程ワインを飲み過ぎない限り、控えめな予算でディナーを楽しめる事を憶えておくべし。

Vanno is a small restaurant owned and operated by a chef and his wife. Tucked away in the residential area of Hatsudai behind the New National Theatre Tokyo, it’s a place to enjoy dishes the chef happily describes simple yet tasty.  

 

Neighborhood restaurants are a subject of many conversations, but in reality, it’s usually only those living in really nice neighborhoods that have quality Italian cuisine nearby. This is why those living near the residential area at the northern end of Shibuya are so fortunate to have Vanno. 

 

At first glance Vanno doesn’t seem like an ideal place to start a restaurant. Located off the Fudo-Dori Shotengai, Chef Mahoro Banno says that initially the spot appealed to them because they wanted to ride their bicycles to work. However, they liked the atmosphere of the shopping street, and decided the location fit their vision for the restaurant. 

 

“We did not want to jump into the eyes of the locals,” says Banno, “instead, we wanted them to discover us even if it took some time.” 

 

Though Vanno has yet to be picked up by the sorts of well-known magazines restaurants often rely on for publicity, it’s not uncommon for new customers to discover the location and say, “I’ve lived in this neighborhood for so many years but had no idea about this place until now!” Little by little, nearby shop owners started visiting Vanno and spreading word to their customers, so little by little Vanno is becoming another piece of the local community.

 

There’s a cozy, comfortable air inside Vanno, likely due to the humility of its owners. Says Mrs. Banno: “Even though my husband has knowledge and skills when it comes to Italian cuisine, he does not enjoy showing off at all.” And though Mrs. Seiko Banno had never worked at a restaurant until Vanno, the Chef himself says, “I was confident everything would go well if we worked together.” 

 

 

Chef Banno initially wanted to be a jockey, and even dropped out of high school to pursue the career, but had to give up when his body grew in spite of a strict diet. In thinking about what to do next, he decided to become a chef so as to do something with food; something he dearly missed as an aspiring jockey. 

 

Banno gained experience at restaurants outside of the Yamanote loop; the kind of restaurants locals like to brag about, and also the kinds of restaurants that helped inspire what Vanno is now.

 

Banno says that Vanno is not about dishes that can be described with adjectives like nicety or subtlety; he’s striving for dishes with solid character. And perhaps this is why Vanno attracts a wide range of locals, from families getting together for weekend dinners to lone diners ordering large black angus beef T-bone steaks with a glass of red wine.  

 

So keep Vanno in mind, especially when visiting Tokyo Opera City or the New National Theatre Tokyo (both adjacent to Hatsudai Station on the Keio Shinsen Line) or if you’re overwhelmed by Shinjuku Station and looking for an escape. Best of all, you won’t break the bank at Vanno unless you’re a big wine drinker!

TOP

MENUS

この小さなレストランの常連の殆どはアラカルトで好きな料理をメニューから選んでオーダーする。定番の料理を網羅した通常のメニューだけでなく、季節の食材を使った料理が並ぶメニューにも目を通すべし。

 

Banno’s regulars tend to select dishes from the a la carte menu. The restaurant’s a la carte menu features dishes prepared with seasonal ingredients, and there is also a regular menu with Banno’s popular cuisine. Be sure to check both of them.

 

10種類ある前菜は全て2,000円以下で、1,000円以下のものも幾つかあり。特に熊本県天草市の港から届く魚をつかった前菜はおすすめ。

 

Ten appetizers are all priced less than 2,000 yen, while some of them are less than 1,000 yen. We especially recommend the appetizers with fish sourced from Amakusa port in Kumamoto.

 

パスタは殆どは手打ちで、リゾットと合わせて7種類が1,200円から。

 

Seven pasta dishes including risotto are priced from 1,200 yen.

 

 

メイン・ディッシュ7種類は2,000円からで、もっとも高価なブラック・アンガス牛のT-ボーン・ステーキ(500グラム)は5,000円で、殆どの人はシェアして食べる。

 

Seven main dishes are priced from 2,000 yen. The most expensive is the 5,000 yen black angus beef T-bone steak (500 gram) which most regulars share.

 

 

デザート3種類は全て1,000円以下。

 

Three desserts are priced less than 1,000 yen.

 

 

 

アラカルトで料理を選ぶだけでなく、以下のコース・メニューで伴野シェフの料理を起承転結で味わってみるのもお薦め。

 

伴野シェフのおまかせメニュー 5,000円

ストゥッツィキーノ + 前菜 + パスタ1 + パスタ2 + メイン肉 + デザート 

 

If you are visiting Banno for the first time, you might want to opt for Chef Banno’s tasting menu below. 

 

Chef Banno’s Tasting Menu 5,000 yen

Stuzzichino + Appetizer + Pasta#1 + Pasta#2 + Meat + Dessert

TOP

DRINKS

小さいながらもヴァンノには地下にセラーがあり100種類近くのワインの取り揃えがある。(ワイン・リストに全てが網羅されているわけではない)殆どはイタリアのワインで、自然派のワインが多く、赤ワインの比率が高め。Banno has a small basement cellar which stocks approximately 100 different wines (not all of the selection is on the wine list). The majority are natural wines from Italy, with more reds than whites on the list.

赤ワインは4,000円台からで、白ワインは4,000円未満のものもあり。

Red wines are priced from less than 5,000 yen while white wines are priced from less than 4,000 yen.

スパークリング・ワインは4,500円からで、フランチャコルタ、プロセッコ、そしてシャンパンもある。

Sparkling wines like Franciacorta, Prosecco and Champagne are priced from 4,500 yen.

グラスでは白赤 3種類づつ700円からで、スパークリング・ワインは1種類700円。

Banno has 3 reds and 3 whites available by the glass, priced from 700 yen. By the glass sparkling wine is also 700 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区本町2-28-4 
2-28-4 Honcho, Shibuya 
最寄り駅 Nearest Station(s)
京王新線 初台
Hatsudai (Keio-Shinsen Line)
Tel
03-6383-3427
平均予算 Average Cost
LUNCH
1,500 yen 平日 Weekdays
3,000 yen 土曜・日曜 Saturdays & Sundays

DINNER
7,500 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 14:00 L.O.
DINNER: 18:00 - 22:00 L.O.

Closed on Thursdays and the 1st Wednesday every month
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB