アタゴール -オリエントエクスプレス-
木場 / フレンチ

A ta gueule -Orient Express-
Kiba / French

03-5809-9799
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

スコットランド産のベキャス(山シギ)マッカランの香りのサルミ・ソース

Woodcock from Scotland, Samis Sauce Flavored with Macallan Single Malt Scotch Whisky

メインビジュアル

スコットランド産のベキャス(山シギ)マッカランの香りのサルミ・ソース

Woodcock from Scotland, Samis Sauce Flavored with Macallan Single Malt Scotch Whisky

メインビジュアル

信州下諏訪の日本鹿もも肉とフォアグラのテリーヌ、鎌倉野菜のサラダと一緒に

Terrine of Shinshu Shimosuna Venison Leg and Foie Gras, with Kamakura Vegetable Salad

メインビジュアル

猪のパテのパイ包み焼きのテリーヌ仕立て、柚子の香り

Terrine of Wild Boar Meat Pâté, Yuzu Citrus Flavored

メインビジュアル
メインビジュアル

冬トリュフのコンソメスープと銀杏のパイ包み焼きき

Black Truffle Flavored Consommé and Gingko Pie Soup

メインビジュアル

冬トリュフのコンソメスープと銀杏のパイ包み焼きき

Black Truffle Flavored Consommé and Gingko Pie Soup

メインビジュアル

冬トリュフのコンソメスープと銀杏のパイ包み焼きき

Black Truffle Flavored Consommé and Gingko Pie Soup

メインビジュアル

ラビオリの入ったセイコ蟹ビスク・スープのパイ包み焼き

Snow Crab Bisque Soup Pie with Ravioli

メインビジュアル

ラビオリの入ったセイコ蟹ビスク・スープのパイ包み焼き

Snow Crab Bisque Soup Pie with Ravioli

メインビジュアル
メインビジュアル

フォアグラのソテー、金柑のコンポート、ヴィンコット・オイル

Sauteed Foie Gras, Kumquat Compote and Vincotto Oil

メインビジュアル

マリア・カラスへのオマージュ - 冬トリュフ、ファオグラ、コンソメのアンサンブル

Hommage to Maria Callas - Ensemble of Black Truffle, Foie Gras and Consommé

メインビジュアル
メインビジュアル

エゾボラ貝のエスカルゴ・スタイル

Escargot Style Whelk

メインビジュアル
メインビジュアル

瀬戸内海の相生から届いた真牡蠣のグラタン「カークパトリック」2種類のキャビエを添えて

Oysters Kilpatrick (Oyster Gratin) with Two Kinds of Caviar (Oysters are from Seto Inland Sea)

メインビジュアル

瀬戸内海の相生から届いた真牡蠣のグラタン「カークパトリック」2種類のキャビエを添えて

Oysters Kilpatrick (Oyster Gratin) with Two Kinds of Caviar (Oysters are from Seto Inland Sea)

メインビジュアル

ノバ・スコシア産のオマール海老、ナンチュア・ソース

Nova Scotia Lobster, Sauce Nantua

メインビジュアル

ノバ・スコシア産のオマール海老、ナンチュア・ソース

Nova Scotia Lobster, Sauce Nantua

メインビジュアル

玄界灘のアラのブイヤベース、サフランの香り

Bouillabaisse with Saw-Edged Perch from Genkai Sea, Saffron Flavored

メインビジュアル

白神山地の天然のキノコ達とポルチーニ茸

Wild Mushrooms from Shirakami-Sanchi and Porcini

メインビジュアル

白神山地の天然のキノコ達とポルチーニ茸のフレンチ・ニョッキ

French Gnocchi with Wild Mushrooms from Shirakami-Sanchi and Porcini

メインビジュアル

白神山地の天然のキノコ達とポルチーニ茸のフレンチ・ニョッキ

French Gnocchi with Wild Mushrooms from Shirakami-Sanchi and Porcini

メインビジュアル

熟成短角牛のランイチのステーキ アタゴール風

A Ta Gueule Style Aged Short Horn Sirloin Steak

メインビジュアル

タスマニ産アンガス牛のフィレ肉、新鮮な西洋ワサビを削って

Tasmania Angus Beef Fillet with Shaved Fresh Horseraddish

メインビジュアル
メインビジュアル

タスマニ産アンガス牛のフィレ肉、新鮮な西洋ワサビを削って

Tasmania Angus Beef Fillet with Shaved Fresh Horseraddish

メインビジュアル

イベリコ豚の肩ロースのロティ、バスク風

Basque Style Roast Iberian Pork Shoulder

メインビジュアル
メインビジュアル

房総産のウリ坊の骨つきロース肉、フランダース風

Flanders Style Bone-in Wild Boar Loin

メインビジュアル

房総産のウリ坊の骨つきロース肉、フランダース風

Flanders Style Bone-in Wild Boar Loin

メインビジュアル
メインビジュアル

飛騨高山の網獲り青首鴨 、ベルジュ・ソース

Net Caught Mallard from Hida Takayama, Verjuice Sauce

メインビジュアル

飛騨高山の網獲り青首鴨 、ベルジュ・ソース

Net Caught Mallard from Hida Takayama, Verjuice Sauce

メインビジュアル

コム・シェ・ソワ風 ビターチョコレートの温製スフレとピスタチオ・アイスクリーム、ベルヴェンヌの香り

Comme Chez Soi Syle Warm Chocolat Souffle with Pistachio Ice cream

メインビジュアル

バニラ・アイスクリームのアフォガット Vanilla Ice Cream Affogato

Vanilla Ice Cream Affogato

メインビジュアル

クラシック・ベルギー・ワッフル、洋ナシのタタンとキャラメルのアイスクリームを添えて

Classic Belgian Waffle with European Pear Tart and Caramel Ice Cream

メインビジュアル

紅玉リンゴとアップル・ティーのジュレの”パリ・ソワール”ブルージンジャーのアイスと一緒に

Paris Soir with Jonathan Apple and Apple Tea Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

記念日には、カービングやチョコレートデコレーションによる特別プレートもアレンジ可能。

For special occasions, such as anniversaries, Chef Somura is happy to prepare special plates with curving or chocolate decorations.

メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2018-12-04

 

 

今年は少し遅れ気味ですが、それでもアタゴールでは他のレストランよりも先にジビエの王様と呼ばれるベキャス(山しぎ)を味わっていただけます。

 

Though the woodcock, also known as the king of game birds, has been spotted later than usual this winter, A Ta Gueule has still managed to get a hold of it before any other restaurant in Tokyo!

 

 

スコットランドで猟師が仕留めたベキャスなのですが、曽村シェフは頭や内臓も無駄にせず、シングル・モルトのマッカランを効かせた贅沢なサルミ・ソースで味わっていただきます。さらにテーブルの直ぐ横でフランべして、切り分けたものを盛り付けてくれるのもアタゴールならでは。

 

 

Known for their quality game meat dishes, expect the woodcock to be served with Chef Somura’s famous salmis sauce, spiked with the premium single-malt Scotch whisky Macallan, for flavor. The woodcock is also flamed (flambe in French) table-side with a portable stove called a rechaud. 

 

 

勿論、このベキャスの一皿はコースのメインとしてだけでなく、アラカルトでも味わっていただけます。

 

Diners can enjoy the woodcock both a la carte or as a main course in the A Ta Gueule set menus.

 

 

料理人なら

誰もが憧れる媒体

 

このEATPIAのニュースレターを受け取っている人の中には、「専門料理」というレストラン業界誌を読まれている方も少なくないはず。

 

この料理人なら誰もが憧れる媒体で新たに始まる、オープンして10年以上になるレストランを紹介していくシリーズの第一弾としてアタゴールが登場するのですが、曽村シェフの、特にジビエをつかった料理を味わってみれば、なぜフランス料理を愛する人に長きに渡りアタゴールが支持されているのか分かっていただけるはずです。

 

Trade Publication

Aspired by Culinary Specialists

 

Senmon Ryori (Specialty Cuisine in English) is a monthly trade publication aspired to by chefs in Japan. 

 

The magazine is now starting a new monthly series featuring restaurants that have seen success over ten years, and A Ta Gueule has been selected as its first featured restaurant!

 

But even if you don’t read the story, a taste of Chef Somura’s game meat dishes will tell you exactly why A Ta Gueule was selected!

 

 

ご予約・お問い合わせ

アタゴール 

03-5809-9799

 

年内の営業は12月31日(月)のランチまで、来年は1月4日(金)のディナーから営業開始となります。

 

For reservations and inquiries, please call A Ta Gueule at 03-5809-9799.

 

A Ta Gueule will be open for lunch hours on Monday, December 31st, and will resume regular business hours from dinner on Friday, January 4th of 2018.



2018-09-18

 

 

今年もスコットランドから雷鳥が届いたというニュースを心待ちにしていた人は少なくないはずです。

 

If you’re a fan of wild game-meat, this is the news you have been waiting for: rock ptarmigan from Scotland has arrived.

 

ヨーロッパで最も早く狩猟が解禁となるスコットランド産という事もあり、アタゴールの曽村シェフはシングル・モルトのマッカランを効かせたソース・サルミに合わせて、この貴重な食材を贅沢な一皿に仕上げてくれます。

 

Because the hunting season starts earlier in Scotland than it does in other countries, rock ptarmigan is a symbol of the beginning of the game meat season at A Ta Gueule. And once again, Chef Somura is cooking the bird and serving it with a classic sauce salmis, flavored with Macallan single malt Scotch whisky!  

 

 

アタゴールは、ご存知のようにレストランであって、ビストロではありません。そして東京で少なくなりつつある、今でもアラカルトで食べたいと思う料理や、お薦めの一皿を選んで味わっていただけるレストランです。

 

勿論、この雷鳥の一皿もアラカルトで、お好みの赤ワインに合わせて味わっていただいたり、コースのメイン・ディッシュとして選んだりしていただけます。

 

It’s important to note that A Ta Gueule is a restaurant, not a bistro, and it’s also one of the few French restaurants in Tokyo where a la carte is available. The rock ptarmigan, too, can be enjoyed both a la carte or as main course in the A Ta Gueule set menus.

 

是非、今年もジビエ・シーズンの到来をスコットランドの雷鳥を味わいながらアタゴールで祝ってみては如何でしょうか。

 

So why not celebrate the arrival of the game meat season with this wild game bird dish?

 

 

ご予約・お問い合わせ

アタゴール 03-5809-9799

 

必ず雷鳥を味わいたいという方は、事前にご予約くださいませ!

 

For reservation and inquiries,

please call A Ta Gueule

at 03-5809-9799.

 

Please be sure to let the restaurant know if you would like to try rock ptarmigan when making reservations.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

東京メトロ東西線の木場の駅から4分ほど、緑豊かな木場公園の向かい側にあるヨーロッパの列車「オリエント急行」をイメージして日本で3両だけつくられた青い列車「夢空間」がアタゴールの目印。

 

実際にオリエント急行唯一の日本人シェフとして知られる曽村譲司シェフが、長距離列車とロンドンのヴィクトリア駅をイメージしたダイニング・スペースから成るアタゴールを開いたのは2012年の2月。しかしながら曽村シェフは骨太なフランス料理をつくる料理人として、アタゴールが恵比寿にあった小さな、というか少し窮屈なレストランだった2005年からオーセンティックなフランス料理を愛する人達のあいだで知られた存在。

 

レストランの規模が大きくなったり、まったく違う場所に移転したりすると、「昔は良かったのに…」「ちょっと行きづらくなった…」といった声を聞くようになるのだが、当時から今でもアタゴールに通う人は少なくない。

 

シェフの曽村がフランス料理の基礎を厳しく教え込まれたのはホテル・オークラ。レストランとバンケットで供される料理のレベルは東京のトップと評価されていたホテル・オークラは、世界中の日本大使館に料理人を派遣する役割を担っていて、曽村はブリュッセルの日本大使館に公邸料理人として送り込まれる。

 

そして古巣のホテル・オークラに戻って出会ったのがオリエント急行。次なるステップを模索していた曽村はオリエント急行の長い歴史の中で料理に携わる初の日本人となる。

 

「おまかせ」ではなく

時代に逆行しても

「おすすめ」を楽しめるレストラン

 

走る列車の限られたスペースで料理しながら曽村が目の当たりにしたのは、オリエント急行で贅沢な旅を楽しむヨーロッパの裕福な乗客たちが、メニューを見たり、「今日のお薦めは?」とサービスを担当するスタッフに訊いたりしながら、何をオーダーするか決めていく姿。

 

なのでアタゴールでは、オリエント急行の乗客がそうしていたように、お薦めの料理が並ぶメニューから気になる料理を選んだり、スタッフとの会話を楽しみながら何をオーダーするか決めるのが良し。

 

小ぶりな料理が何皿も出てくる「おまかせ」と呼ばれるコースだけを提供するレストランが増えている東京で、曽村シェフは自らのスタイルを「時代に逆行している…」と言って謙遜するが、アタゴールは「出て来る料理ではなく、食べたい料理を選んで食べる」というスタイルの楽しさを再発見できる貴重な存在。

 

魅力的な選択肢が幾つも並ぶメニュー

 

アタゴールのメニューに並ぶのは、最初に東京の名門ホテルとベルギーで鍛えられ、後にオリエント急行で異なる国籍・宗教の仲間と一緒に働いたり、シンガポールのラッフルズ・ホテルで働いたりして学んだ少しエキゾチックなフレーバーが心地良く効いた曽村シェフの骨太な春夏秋冬のフランス料理の数々。

 

特に寒い季節にはヨーロッパや日本の各地から届く何種類ものジビエをつかった料理がメニューに並ぶようになる。

 

勿論、こういった曽村シェフならではの料理もコースとアラカルトの両方で味わえるという事もアタゴールを特別な存在にしている。

 

さらに食事の後は、「夢空間」の客室に移って、コーヒーや食後酒を飲みながらリラックスできるのもアタゴールならでは。

A Ta Gueule is approximately four minutes walk from Kiba station on the Tozai line. You’ll find it opposite the clean and green Kiba Park, and it’s easy to spot; just look for the blue train car that is part of the restaurant! 

 

This train car is one of only three manufactured in the late 80’s by Japan Rail. Called the Yume Kukan, meaning Dream Space, these were inspired by the Orient Express.

 

Owner-chef of A Ta Gueule, Joji Somura, is the only Japanese with experience cooking on the Orient Express. Inspired by this experience, and Victoria Station in London, Chef Somura built his restaurant in February 2012. But well before this, Somura was known as a chef of bold, authentic French cuisine, when A Ta Gueule was just a tiny restaurant in Ebisu, in 2005.

 

Chef Somura was initially trained at Hotel Okura, known as the best hotel for food in Japan. The hotel has also been the training grounds for the aspiring cuisiniers who become chefs at Japanese embassies across the world. Somura, too, was once assigned to the Japanese embassy in Brussels, Belgium.

 

And it was after this stint as a culinary diplomat, while looking for new challenges, that Chef Somura came across the opportunity to cook on the Orient Express.

 

No “Omakase” Menu

Ask for Recommendations

 

On board the train, Somura witnessed many wealthy tourists deciding on dishes by asking their servers, “What do you recommend?” At A Ta Gueule too, diners are encouraged to engage in conversation with their servers when deciding on dishes to order. 

 

Chef Somura understands this might be somewhat old school, among an increasing number of restaurants with only tasting menus, but he also simply wants his diners to eat what they want to eat. This is a chance to rediscover the joy of selecting and eating dishes in a free and easy way. 

 

A Menu Full of Tempting Dishes

 

The A Ta Gueule menu is full of tempting dishes, inspired by the colleagues Somura worked with on board the Orient Express and at Raffles Hotel in Singapore. This is carefully prepared, full-bodied French cuisine infused with not only the flavor of other European countries, but also with the herbs and spices of the Orient.

 

Especially during winter, Chef Somura’s signature dishes include a variety of game meats sourced from across Japan and Europe. 

 

And of course, you can enjoy these dishes as a part of a set menu or a la carte. To wrap up dinner, diners then move to a compartment of the A Ta Gueule train car, for a cup of coffee or a glass of digestif, in a wondrous environment harking back to times past.

TOP

MENUS

 

 

1,700 yen 

平日のみ 

アミューズ + サラダ + メイン + グラニテ + コーヒー + 小菓子

Weekdays Only

Amuse Bouche + Salad + Main + Granite + Coffee + Petit Four

 

3,600 yen

アミューズ + 前菜 + グラニテ + メイン + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Granite + Main + Cofee + Petit Four

 

4,300 yen

アミューズ + 前菜 + グラニテ + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Granite + Main + Dessert + Coffee + Petit Four

 

5,900 yen

アミューズ + 前菜 + グラニテ + 魚  + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Granite + Fish  + Main + Dessert + Coffee + Petit Four

 

 

5,500 yen

アミューズ + 前菜 + グラニテ + メイン + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Granite + Main + Coffee + Petit Four

 

6,950 yen

アミューズ + スープ + 前菜 + グラニテ + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Soup + Appetizer + Granite + Main + Desser + Coffee + Petit Four

 

7,400 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜 2 + グラニテ + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer #1 + Appetizer #2 + Granite + Main + Dessert + Coffee + Petit Four

 

8,900 yen

『ムニュ・デギュスタシオ』

アミューズ + 前菜1 + 前菜 2 + 魚 + グラニテ + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

“Menu Degeustation”

アミューズ + 前菜1 + 前菜 2 + 魚 + グラニテ + メイン + デザート + コーヒー + 小菓子

Amuse Bouche + Appetizer #1 + Appetizer #2 + Fish + Granite + Main + Dessert + Coffee + Petit Four

 

 

曽村シェフの料理は、コースで味わうだけでなく、アラカルトでも味わえるのがアタゴールの魅力。メニューに目を通して気になる料理を、食べられる数だけ選んでください。

 

勿論、上記のランチとディナーのコースでも、アラカルトのメニューから前菜・メイン・デザートを選べるので、本当に食べたいと思う料理を味わえます。

 

For the lunch and dinner set menus above, diners can select an appetizer, main dish and dessert from A Ta Gueule’s a la carte menu.

 

And of course, Chef Somura’s dishes are also available a la carte if you don't feel like a set menu.

 

 

別途サービス料(5%)及び消費税(8%)を頂戴します。

8% Consumer tax and 5% service charge to be added.

 

 

 

記念日には、カービングやチョコレートデコレーションによる特別プレートもアレンジも可能です。

 

 

For special occasions, such as anniversaries, Chef Somura is happy to prepare special plates with curving or chocolate decorations.

TOP

DRINKS

アタゴールのワイン・リストに載っているのは主にフランスのワイン。

赤ワインはブルゴーニュとボルドーのものが合わせて30種類程度あり、価格は8,000円前後から。ローヌのものは10種類以上が6,000円前後から。アルザスやロワール、ラングドックなどのワインも5,000円前後のものからある。

白ワインは、大半がブルゴーニュのもので10種類ほどあり、価格は6,000円前後から。その他のフランスのワインも10種類ほど5,000円程度から取り揃えあり。

シャンパンは7種類が10,000円前後からあり、リーズナブルな価格のスパークリング・ワインもある。

赤白ともにフランス以外のヨーロッパのものや、ニューワールドや日本のワインなどもリストに載っている。

グラスではワインが赤白それぞれ3種類づつ900円からと、シャンパンが1,600円。

Listed on A Ta Gueule’s wine list are mainly French.

Approximately 30 red wines on the list hail from Burgundy and Bordeaux, and are priced from around 8,000 yen. There are also more than 10 red wines from Rhone, priced from around 6,000 yen. Wines from other regions like Alsace, Loire and Languedoc, start from around 5,000 yen. 

The wine list features 10 white wines from Burgundy, which are priced from around 6,000 yen, along with 10 white wines from other regions at around 5,000 yen. 

The list also features 7 Champagnes priced from 10,000 yen, and a reasonably priced sparking wine. 

In addition to French wines, there are also a few wines from other European nations, New World, and even Japan. 

By the glass, 3 red and 3 white wines are available. Champagne by the glass is 1,600 yen. 

 

食前酒や食後酒なども取り揃えがあり、特に食前酒としてベルギーのビールを味わえるのはアタゴールならでは。

A Ta Gueule has aperitifs and digestifs as well. Regulars of this restaurant often enjoy Belgian beer for aperitif.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
135-0042 東京都江東区木場3-19-8
3-19-8 Kiba, Koto-Ku, Tokyo 135-0042
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄東西線 木場
Kiba (Tokyo Metro)
Tel
03-5809-9799
Fax
03-5809-9466
平均予算 Average Cost
夜の平均予算¥8,000
Average dinner cost: 8,000yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30 - 13:30(L.O.)
Dinner:17:30 - 21:30(L.O.)

Closed on Tuesday
Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX  他

ニュースレターNews letter