シック プッテートル
八丁堀 / フレンチ

CHIC peut-être
Hatchobori / French

03-5542-0884
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

蝦夷鹿 2つの部位を蝦夷鹿のコンソメで、季節の根菜を添えて。

Ezo Venison and its Consommé, with Seasonal Root Vegetables

メインビジュアル

毛ガニのウフ・ブリュイエ、トリュフの香り

Truffle Flavored Horse Crab Oeufs Brouille

メインビジュアル

数種の貝とキノコの軽いマリネ 百合根と青芽のサラダ クミンの香り

Marinated Shellfishes and Mushrooms, Salad of Lily Bulb and Shiso Herb, Cumin Flavored

メインビジュアル

ブーダン・ノワールのタルト、ジャガイモのソース

Boudin Noir Tart with Potato Sauce

メインビジュアル

北海道・鵡川のシシャモのベニエ 季節の摘み草をふんだんに H

okkaido Mukawa River Shishamo with Seasonal Hand Picked Herbs

メインビジュアル

山うずらのロティ、ちりめんキャベツのチャツネを添えて、しいたけのソース

Daurian Partridge Roti, Savoy Cabbage Chutney, Shiitake Mushroom Sauce

メインビジュアル

蝦夷鹿のロティ、アンポ柿のベニエとソシソンを添えて、ソース・ポワブラード

Ezo Venison Roti, Dried Persimmon Beignet and Saucisson, Sauce Poivrade

メインビジュアル

真鱈のポワレ、白子のポシェ、トリュフとセロリを効かせて

Pan Fried Pacific Cod, Poached Cod Milt, Truffle and Celery

メインビジュアル

青首鴨のロティ、血のソース、軽井沢・依田さんの葱のクリーム煮を添えて

Mallard Roti, Blood Sauce, Creamed Karuizawa Scallion

メインビジュアル

仏産乳飲み仔牛、金時人参とミモレット

French Suckling Veal, Kintoki Carrot and Mimolette

メインビジュアル

シャイン・マスカットとヨーグルトのムース、ディルの香り

Shine Muscat and Yogurt Mousse, Dill Flavored

メインビジュアル

キャラメルとマンゴー、フロマージュ・ブランのムース

Caramel, Mango and Fromage Blanc Mousse

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

この八丁堀にあるシック・プッテートルという少し風変わりな名前のフレンチ・レストランにあるのは、誰も上手く説明できない不思議な魅力。それはミスマッチであったり、矛盾であったり、幾つかのユニークな組み合わせであったり。

 

八丁堀には小さいながらも個性的な料理屋が多々ありながらも、基本的には飲み重視のエリア。料理を味わうというよりは、バルやバール、そしてワイン酒場などと呼ばれる店で飲みを楽しみながら食べるのが八丁堀。そんなエリアの隅にあるシック・プッテートルは八丁堀には少し不似合いな洗練されたフランス料理をワインと一緒に味わう為のレストラン。

 

勿論、シック・プッテートルのシックとは『お洒落な』もしくは『洗練された』などの意味合いをもったフランス語。その単語を店名に使ったのは、お洒落で洗練された、文字通りシックな人達に食事を楽しんで欲しいという、オーナーでソムリエとしてサービスを担当する星壽仁の願いから。そしてプッテートルが補足するのは、必ずしもシックと断言するのではなく、『シックかな?』や『シックかもね?』といったニュアンス。

 

そんなユニークな存在のレストランを星壽仁は、『ビストロやレストランといったカテゴリーにはこだわらない』と言うが、一度ディナーを楽しんでみれば、ここがビストロではなく、小さなレストランである事に誰もが気付くはず。

 

レストランを開くことを考えていた星がシェフの生井祐介に出会ったのは、軽井沢のレストランで生井が本当の意味での地産地消を実践していた時。客として生井の料理を初めて食べた時の印象を、『彩りがあって洗練された印象ながらも、見た目だけでない食べ応えがあった』と星は振り返る。さすがに八丁堀で地産地消は難しいが、シック・プッテートルで生井の料理を味わえば、多くの人が同じような印象を受けるはず。

 

因みに、それまで星が携わってきたのはイタリア料理。生井と出会って、フレンチに舵を切ったというエピソードもある。

 

生井のバックグラウンドも非常にユニーク。子供の頃に夢中だったのは絵を描いたり見たりする事。中学生になると音楽に目覚め、放課後は音楽室にこもりクラシック・ギターと戯れるが、初来日したローリング・ストーンズを見に行ってロックに目覚め、人生が狂い始める。更にはロックの原点であるブルースに傾倒し、プロのミュージシャンを志しながら、生活を支える為の手段として料理に出会ったのは25歳の時。

 

これまで絵を描いたり、音楽に携わったりしてきた生井にとって、料理人はアーティストではなく、職人であるべき存在。アーティストは自分自身の感性を表現し評価を後世に委ねるが、モノづくりに携わる職人は人が必要としているものを作り、喜んでもらうのが仕事。そんな生井にとって、フランス料理とは職人的なモノづくりが求められる魅力的な仕事。

 

その一方で、生井のつくる洗練された料理を見ると、アーティストとしての生井の感性が活かされている事は明らか。そして味わってみて判るのは、『しっかり仕事をしないと美味しいフランス料理はつくれない』という生井の料理人、というか職人としての姿勢。

 

美味しいものが好きならば、是非この八丁堀にある小さなレストランで食事をしながら、多少なりともシックな気分に浸ってみてはどうだろうか。

 

 

 

This French restaurant in Hatchobori with the curious name CHIC peut-être has a very unique character which nobody seems to be able to clearly explain. However, one thing for sure is that this place has combinations which seem almost mismatched and paradoxical. 

 

The area of Hatchobori has many small but high quality Japanese eateries. However, many people go to the area only for casual drinking get togethers at an izakaya or one of the newly emerging European style bars. Located on the edge of Hatchobori, CHIC peut-être is very different from the other places in the area in terms of quality of food and atmosphere. This is a place for you to relax and savor quality food and wine. Simply put, it is rather too sophisticated for the stereotype of Hatchorbori.

 

As you know the word chic means something like fashionable or sophisticated in French. The owner and sommelier of this restaurant, Kazuhito Hoshi decided to name his place Chic because he wanted people with a sense of sophistication to come to and enjoy eating and drinking. However, he is not decisive that his place is chic or not. He thinks that is something for his customers to decide. That’s why he named the place CHIC peut-être which roughly translates to something like probably chic.

 

To him, it does not make sense to decide if his place is more aptly called a bistro or a restaurant. However, we think that once you enjoy dinner here, you will understand that this is in fact a cozy restaurant more than a bistro.

 

Hoshi met Chef Yusuke Namai when the chef was enjoying cooking with the freshest ingredients locally produced, at a restaurant in Karuizawa, Hoshi very fondly recalls when he first tried Namai’s dishes, “They were all very aesthetic. But, they were not superficial. They had substance”. At CHIC peut-être in Hatchobori, customers are getting the same impression.

 

By the way, it is very interesting to know that Hoshi had been always involved with Italian restaurants, but when he met Chef Namai he decided to open his own French restaurant.

 

Namai’s background is also very unique. When he was very young, he indulged himself in drawing and looking at pictures. Then, he confined himself in the music room of his junior high school to play classical guitar every day. His life was changed when he saw the Rolling Stones when they came to Tokyo the first time. He eventually became a professional guitarist playing blues. However, just as other aspiring musicians, he had to have a job or two to sustain life. That’s how he started to work in a kitchen.

 

To chef Namai who has been involved in drawing and playing music, a cuisinier should be a craftsman, not an artist. Namai thinks that while artists express what they have inside and let other people and time judge them, craftsmen make things people need and please them with what they make. To Chef Namai, French cuisine is something which demands his being a craftsman and brings the best out of him.

 

On the other hand, it is very obvious that Namai’s artistic sense of aestheticism is well manifested in the dishes he creates. However, you will realize he is a craftsman when you taste them. He simply believes that, unless you pay attention to the smallest details, you will not create dishes with substance. That is his craftsmanship and attitude.

 

If you are always keen to try something new and tasty, you definitely should make a detour to Hatchobori to enjoy a quality dinner and feel chic.

TOP

MENUS

LUNCH

 

2,800 yen

平日のみの、契約農家の野菜たっぷりつかったランチ

Weekdays Only Lunch with Vegetables from Contracted Farmers:

 

5,000 yen
ポタージュ + 前菜 + 魚 + メイン + コーヒー

(平日のランチで下記のディナーのコース2を味わっていただくこともできます)

Potage + Appetizer + Fish + Main Dish + Coffee

(Dinner set menus below are also available during lunch hour on weekdays)        

 

6,000 yen

土曜日のみの旬の食材を使ったシェフの完全おまかせランチ・コース

Saturday Only Chef’s “Omakase” Tasting Lunch Menu

 

DINNER

 

EDITION 12,000 yen

旬の食材を使ったシェフの完全おまかせコース

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + メイン + デザート + 小菓子

Chef’s “Omakase” Tasting Menu

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Main Dish + Dessert + Petit Four

TOP

DRINKS

シック プッテートルで楽しめるのは赤白40種類ずつのワイン。殆どはフランス産だが、イタリアやニューワールドのワインの取り揃えも若干ある。価格設定は6,000円前後から。そしてシャンパンだけでなく、リーズナブルな価格設定のクレマンやカヴァなどのスパークリング・ワインの取り揃えがあるのも良心的。

CHIC peut-être stocks approximately 80 wines; both red and white, as well as sparkling wines. The majority of the red and white wines are from French and priced from around 6,000 yen. You can also find wines from Italy and new world such as Australia and New Zealan. It is noteworthy that the restaurant stocks not only Champagne but also very reasonably priced sparkling wines; Cremant and Cava.

コースの料理に合わせて7,000円程度の予算からで5~6種類のワインを楽しめる「おまかせ」グラス・ワインもあり。

If you are keen to try a variety of wines while you enjoy the set course menu, you should consider their “Omakase” wine pairing option from 7,000 yen for five or six wines.

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
中央区八丁堀3-6-3 高野サンパレスビル 1F
3-6-3 Hatchobori, Chuo-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線 八丁堀
都営地下鉄浅草線 宝町

Hatchobori (Tokyo Metro HIbiya Line)
Takaracho (Toei Subway Asakusa Line)
Tel
03-5542-0884
平均予算 Average Cost
Lunch: 2,800 yen
Dinner: 16.000 yen
営業時間 Business Hours
Monday through Friday
Lunch: 11:45~(L.O. 13:00)
Dinner: 18:00~(L.O. 21:00)

Saturday
Lunch: 12:00~(L.O. 13:00)
Dinner: 18:00~(L.O. 21:00)

Closed on Sunday and National Holidays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA