イル ヴィスキオ
参宮橋・代々木八幡・代々木上原 / イタリアン

Il Vischio
Sangubashi-YoyogiHachiman-YoyogiUehara / Italian

03-5309-2366
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

新鮮な野菜をつかったバーニャ・カウダ

Bagna Cauda with Fresh Vegetables

メインビジュアル

サフラン風味のリゾットと仔牛の煮込みが入ったアランチーニ

Arancini with Safron Flavored Risotto and Braised Veal

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ガーリック・ポークとカチョカヴァッロ・チーズのプーリア風肉巻き

Puglia Style Grilled Garlic Pork and Caciocavallo Cheese

メインビジュアル

ホワイト・アスパラガスのソテー、ミラノ風

Millan Style Sautéed White Asparagus

メインビジュアル

ホワイト・アスパラガスのソテー、ミラノ風

Millan Style Sautéed White Asparagus

メインビジュアル

天然活け締め真鯛の香草ソテー、フルーツ・トマトのオーブン焼きと一緒に 

Herb Sautéed Ikejime Red Seabream with Oven Grilled Fruit Tomato

メインビジュアル

レンズ豆のトスカーナ風スープ 

Tuscany Style Lentil Soup

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

アマトリーチェ風パンチェッタと玉ねぎのトマト・ソースのブカティーニ

Amatriciana Style Bucatini with Pancetta and Tomato Sauce

メインビジュアル

アマトリーチェ風パンチェッタと玉ねぎのトマト・ソースのブカティーニ

Amatriciana Style Bucatini with Pancetta and Tomato Sauce

メインビジュアル

鰯とウイキョウのシチリア風ブカティーニ

Bucatini with Sardine and Fennel

メインビジュアル

アンチョビ、ケッパー、黒オリーブのトマト・ソースの娼婦風スパゲッティ娼婦風

Spaghetti alla Puttanesca, Tomato Sauce with Anchoby, Caper, Black Olive

メインビジュアル
メインビジュアル

アンチョビ、ケッパー、黒オリーブのトマト・ソースの娼婦風スパゲッティ娼婦風

Spaghetti alla Puttanesca, Tomato Sauce with Anchoby, Caper, Black Olive

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

活け蛸のラグー手打ちスパゲッティ

Homemade Spaghetti with Octopus Ragout

メインビジュアル

仔牛のカツレツ、マリナーラ・ソース 

Veal Cutlet, Marinara Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

ホロホロ鳥のコンフィ、ウンブリア風レバーソース

Guinea Fowl Comfit, Umbria Style Liver Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ガーリック・ポークのロースト 

Roast Garlic Pork 

メインビジュアル

デザート盛り合わせ(林檎のセミフレッド・フランス産チョコレートを使ったガトー・ショコラ・御なたね油をかけたパンナコッタ)  

Assortment of Desserts (Apple Semifreddo, Gâteau au Chocolat made with French premium chocolate, Panna cotta Dressed with Canola Oil)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

北海道産・乳飲み仔牛のミラノ風カツレツ

Hokkaido Suckling Veal Cotoletta alla Milanese

メインビジュアル

蝦夷鹿のテリーヌ、マルサラ風味のハチミツがけ

Terrine of Ezo Venison Topped with Marsala Flavored Honey

メインビジュアル

香草パン粉を詰めた子持ちヤリイカのソテー、シチリア風

Sicilian Style Herb Bread Stuffed Sautéed Spear Squid

メインビジュアル
メインビジュアル

イイダコのトマト煮、ルチアーノ風

Luciano Style Tomato Stewed Octopus

メインビジュアル

仔牛のトルテリーニ・イン・ブロード

Veal Tortellini in Brodo

メインビジュアル

仔牛のトルテリーニ・イン・ブロード

Veal Tortellini in Brodo

メインビジュアル

和牛ボロネーゼのパッパルデッレ

Pappardelle with Wagyu Beef Bolognese Sauce

メインビジュアル

オーセンティックなローマ風カルボナーラのスパゲッティ

Authentic Roman Style Spaghetti alla Carbonara

メインビジュアル

サルディーニャ産カラスミのスパゲッティ

Spaghetti with Sardinian Botargo

メインビジュアル

フランス・シャロレー牛のタリアータ、パルミジャーノのせ

French Charolais Beef Tagliata with Parmigiano Reggiano

メインビジュアル

国産牛ホホ肉の赤ワイン煮、ポレンタ添え

Red Wine Stewed Japanese Beef with Polenta

メインビジュアル

仔羊のローマ風ロースト

Roman Style Roast Lamb

メインビジュアル

本日のチーズ・プレート

Today’s Cheese Plate

メインビジュアル

デザートの盛り合わせ(ガトーショコラ、リンゴのタルト、パンナコッタ)

Assorted Desserts (Chocolate Cake, Apple Tart and Panna Cotta)

THE LATEST NEWS

2019-10-08

 

 

今年もイタリア産の白トリュフの芳醇な香りをイル・ヴィスキオで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

毎年イル・ヴィスキオの常連の方々が楽しみにしているのが前菜からデザートまで、全てをイタリア産のトリュフの香りと一緒に味わっていただく特別コースです。

 

Every year, regulars at Il Vischio look forward to this time of year; it’s the season for enjoying Chef Nakata’s special menu featuring Italian white truffles in every dish from appetizer to dessert!

 

 

コースの価格は時価

 

例年トリュフの価格はシーズンの後半にかけて上昇し、12月の後半には当初の1.5倍くらいになります。この特別コースの価格も相場によって変動するのですが、目安として15,000円程度(税・サ別)からとなっています。

 

中田シェフによると、10月下旬から11月中旬にかけてが、香り的にも価格的にも一番お薦めの時期となるようです。

 

The Menu and Market Price

 

The special menu starts at around 15,000 yen (tax & service charge not included), but this price is subject to change slightly due to the rising price of white truffles towards the end of the season in December.

 

According to Chef Nakata, for quality and price, Italian white truffle is best enjoyed between late October and mid-November, but we recommend calling ahead and contacting the restaurant about the price ahead of time.

 

 

アルバ産の最高級の白トリュフ

 

そして「最高級の白トリュフを!」という方にはアルバ産の白トリュフがお薦めです。目安として20,000円程度(税・サ別)からの価格で、毎年この季節に白トリュフ祭りが開催され、最高品質の白トリュフの産地として知られるピエモンテ州のアルバの白トリュフの芳醇な香りを満喫していただけます。

 

Tartufo Bianco d'Alba

 

If you’re after the best in white truffles, Chef Nakata recommends those from Alba in Piedmont, which are largely considered the highest standard among gourmet connoisseurs. The Il Vischio special menu featuring premium white truffle starts at around 20,000 yen (tax & service charge not included).

 

 

中田シェフと話しながら…

 

コースに含まれる5皿から6皿の料理は基本的に入手できるベストな食材を使ったものになるのですが、特別なリクエスト等があれば、予約の際に中田シェフと相談してみてはどうでしょうか。

 

勿論、トリュフを1つ丸ごと買って、好きなだけ削りながら思い切り白トリュフの芳醇さを楽しみたいといった、大胆なリクエストにも対応してくれるはずです。

 

Special Requests?

 

The special menu features five to six courses utilizing seasonal ingredients. There’s also some flexibility; if you have any special requests, please speak with the Chef in advance. He’s happy to accommodate as much as he can!

 

As a bonus, you can even buy a whole white truffle to shave and accentuate the dishes yourself!   

 

 

ご予約・お問い合わせは 

イル・ヴィスキオ 

03-5309-2366

 

For reservations and inquiries, 

please call Il Vischio at 

03-5309-2366



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

この小田急線の参宮橋の駅から歩いて数十秒、もしくは数十歩の距離にあるイル・ヴィスキオで味わうのは、じっくり時間をかけてオーナー・シェフの中田淳がつくるイタリア料理。

 

それは流行りのトラットリアで食べた瞬間にインパクトを感じるような押しの強い料理とは一線を画すもの。

 

多くの人にとって、イル・ヴィスキオの料理は、ゆっくりと暖かみが伝わってくるような料理。中には「ほっこりした味…少しベタな表現だけど…」と言う女性がいたりする。

 

シェフの中田は、レシピは出来るだけシンプルなまま、時間を惜しむことなく料理を仕込んで、仕上げていく。それは日本におけるイタリア料理の歴史の中で最も重要な存在と言って過言ではない落合務シェフの下で学んだことであり、イタリアで体得したものでもある。

 

5つの州

5つのレストラン

 

イル・ヴィスキオで味わう料理の数々は、南はシチリアから北はピエモンテまで中田が働いた5つのレストランで実際につくっていた料理であったり、その地域で食べていた料理であったり。

 

ナポリ近郊の海岸沿いのヴィーコ・エクエンセの町にあるミシュラン2つ星のトッレ・デル・サラチーノでは、南イタリアの魅力が凝縮されたかのような料理に出会い、シシリアのパレルモから少し離れた小さな町にある1つ星のバイ・バイ・ブルースでは現地の伝統的な料理を進化させたかのようなモダンな郷土料理に出会う。

 

ブーツの形をした、イタリア語ではロ・スティバルと呼ばれるイタリア半島のヒールの部分にあるブリンディシのアドリア海に面したカロヴィーニョにある星付きのオステリア・ジャ・ソット・ラルコで働いてから中田はイタリア半島を北上する。

 

ペルージャのヴィラ・ロンカッリで働いていた時には、地元のチームで活躍していた同じ名字の日本人サッカー選手の従兄という噂が流れ地元の新聞の一面を飾ったりもする。

 

さらにピエモンテ州クーネオ県のサルッツォにあるロストュ・ディ・ヴァロスで働いた時には、南のオリーブ・オイルやトマトをふんだんに使う料理とはまったく異なる、北イタリアならではの料理に携わる。

 

15種類もの新鮮な野菜

とてもクリーミーなバーニャ

 

ピエモンテを象徴する料理の1つがバーニャ・カウダなのだが、この参宮橋のイル・ヴィスキオで味合うのは契約農家から届く15種類もの新鮮な野菜をつかったもの。

 

中田シェフはバーニャ(ソース)をつくるのに青森県産のニンニクを何時間もかけて茹でてから、アンチョビとエキストラ・ヴァージン・オイルと一緒に熱を加える。なので味も食感もクリーミーなのだが、クリームは使っていない。

 

シンプルかつ洗練された空間

 

イタリアの郷土色をアピールするような装飾は何もない、シンプルながらも洗練された空間をデザインしたのは、何年も前から中田の料理を食べてきた食いしん坊な一級建築士の女性。

 

中田は自らの料理を「イタリアでつくったり、食べたりしていたもの」と話すが、この白を基調にした空間で、日本の職人がつくる皿の上に盛り付けられた料理を見れば、それは一般的に郷土料理という言葉で括られるようなイタリア料理ではない事に気付くはず

 

しかしながら中田がイタリア語でカーボロ・ネロと呼ばれる黒キャベツなどの野菜を炒め、じっくり2時間もかけて煮込んでつくるトスカーナ風のスープを飲んでみれば、動物性の出汁を加えること無く、野菜だけでも深い味わい出すトスカーナの人への中田の抱く畏敬の念を感じるはず。

 

まさにイル・ヴィスキオは、シェフ中田が時間をかけてつくる暖かみあるイタリアの料理を、じっくりと味わう為のレストラン。

 

 

At Il Vischio, Chef Jun Nakata prepares each day’s menu with time and care. His dishes are different from the straightforward, hastily prepared types one often thinks of when thinking of trattoria, and many regulars describe the dishes as hearty and wholesome. One regular used the word hokkori, meaning heartwarming and comforting, to describe her feelings about the dishes.

 

And though Chef Nakata is happy to take the longer, more painstaking route when it comes to cooking, he keeps his recipes very simple. It’s a lesson he learned under the keen eye of Chef Tsutomu Ochiai, considered one of the most important figures in the history of Italian cuisine in Japan.

 

Five States 

Five Restaurants  

 

Located less than a minute from Sangubashi Station on the Odakyu Line, Il Vischio is a place for the tasting and enjoyment of dishes Chef Nakata once cooked and ate during his stint in Italy, a journey that included five restaurants in five states, and stretched from Sicily in the south to Piedmont in the north. 

 

Nakata was introduced to quintessential southern Italian fare at the Michelin double starred Torre del Saracino, located in Vico Equense by the beautiful coast facing the Gulf of Naples. Later, on the island of Sicily, Nakata worked at the Michelin starred Bye Bye Blues, a place famous for serving a modern version of the island’s traditional cuisine. 

 

Nakata also worked at a Michelin starred ristorante called Osteria Gia' Sotto Larco, in Carovigno in Apulia, before moving up north along the Italian peninsula. Here, while working at Villa Roncalli in Perugia, a rumor spread that Nakata was the cousin of a popular Japanese soccer player with the same last name, who played for the local team, A.C. Perugia Calcio. Because of this, Nakata even made the cover of the local newspaper!

 

But it was at L'Ostu dij Baloss in a town called Saluzz in Piedmont, where Nakata was exposed to true northern Italian cuisine, an experience entirely different from the olive oil and tomato-centric Southern Italian cuisine he was most used to.  

 

Very Creamy Bagna

with Fifteen Kinds of Fresh Vegetables

 

Arguably the most famous dish in Piedmont is bagna cauda, a hot dip in which Northern Italians dip fresh or lightly cooked vegetables. At Il Vischio, Chef Nakata sources an average of fifteen different vegetables from a contracted farmer for this appetizer. 

 

To prepare the sauce called bagna in Italian, Nakata boils and softens garlic from Aomori over several hours, then adds anchovy and extra virgin oil. This brings out a creaminess in terms of taste and texture. 

 

A Simple yet Sophisticated Space

 

Inside the cozy Il Vischio, you won’t find decorations reminiscent of Italy. Instead, you’ll find a simple yet sophisticated ambience, produced by an established female architect who was a fan of Chef Nakata’s cuisine even before he opened his own restaurant.

 

And it’s in this comfortable ambience that diners can experience Chef Nakata’s past; a collection of the dishes he cooked and ate while working in the north and south of Italy, served on plates made by Japanese craftsmen.

 

The tastes of these dishes is authentic, and a testament to Nakata’s preparation. For his Tuscany style soup made with black cabbage called cavolo nero, Nakata avoids animal broth, and so spends two hours braising the vegetables to maximize their umami. 

  

And with that in mind, perhaps the best way to enjoy Il Vischio’s dishes is slowly; it’s a slow food restaurant for the leisurely enjoyment of dishes prepared with time and care.

TOP

MENUS

LUNCH

 

平日

Weekdays

 

1,000 yen 

本日の前菜の盛り合わせ + パスタ

Today’s Assorted Appetizers + Pasta

 

1,500 yen

本日の前菜の盛り合わせ + 有機野菜のバーニャカウダ + パスタ

Today’s Assorted Appetizers + Organic Vegetable Bagna Càuda + Pasta

 

2,100 yen

本日の前菜の盛り合わせ + 有機野菜のバーニャカウダ + パスタ + 本日の肉料理

Today’s Assorted Appetizers + Organic Vegetable Bagna Càuda + Pasta + Main Dish of the Day

 

上記のコースには、デザートの盛り合わせ(+300円)とコーヒー(+200円)を追加できます。

The the set menus above, you can add assorted desserts of the day (300 yen) and coffee (200 yen) 

 

土・日・祝日

Saturdays, Sundays and National Holidays

 

本日の前菜の盛り合わせ + 有機野菜のバーニャカウダ + パスタ + デザートの盛り合わせ + コーヒー

Today’s Assorted Appetizers + Organic Vegetable Bagna Càuda + Pasta + Assorted Desserts of the Day + Coffee

 

 

DINNER

 

4,700 yen

本日の前菜の盛り合わせ + 前菜#1 + 前菜#2 + パスタ + 魚

+ デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ + コーヒー

Today’s Assorted Appetizers + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Pasta + Fish

+ Assortment of Desserts or Assortment of Cheeses + Coffee

 

4,700 yen

本日の前菜の盛り合わせ + 前菜#1 + 前菜#2 + パスタ + 肉

+ デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ + コーヒー

Today’s Assorted Appetizers + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Pasta + Meat

+ Assortment of Desserts or Assortment of Cheeses + Coffee

 

5,500 yen

本日の前菜の盛り合わせ + 前菜#1 + 前菜#2 + パスタ + 魚 + 肉

+ デザートの盛り合わせ or チーズの盛り合わせ + コーヒー

Today’s Assorted Appetizers + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Pasta + Fish + Meat

+ Assortment of Desserts or Assortment of Cheeses + Coffee

 

 

ディナーのコース全てでデザートの代わりにチーズを楽しめるのがイル・ヴィスキオの特徴。『イタリアの食卓には必ずチーズがあった』と語る中田シェフにとって、チーズは食事のオマケや、ワインのツマミではなく、しっかりと食事の一部として食べるもの。

 

Il Vischio’s cheese plate is included in all dinner set menus listed above as an alternative to dessert. Chef Nakata is very passionate about cheese as he remembers there was always cheese on the table when he was dining with friends in Italy. To him, cheese is not merely something to nibble with wine or a throw-in for your dinner.

TOP

DRINKS

イル・ヴィスキオのリストにあるワインは、赤白それぞれ25から30種類程度。

Il Vischio’s wine list boasts approximately 60 wines, red and white combined. 

『本物のイタリア料理に合わせて味わって欲しいワインは世界中にある』という中田シェフの考えに基づいて、ワインの半分はイタリア産で、その他の半分はイタリア以外のヨーロッパのワイン、更にはカリフォルニアやオーストラリアなどニューワールドのワインまで取り揃えあり。時には国産のワインまで見かける事も。(スプマンテだけでなくシャンパンの取り揃えもあり)

He believes that authentic Italian fare deserves good wine, not only from Italy, but also from global vineyards. Half of the wines listed are from European nations such as France and Spain. The list also includes new world wines from Australia, New Zealand, and the US. You may find a Japanese wine, from time to time.  

価格は赤白共に4,000円前後からで、最も充実しているのは5,000円から8,000円の価格帯。

Wines are priced from 4,000 yen, while the most popular pricing ranges between 5,000 yen and 8,000 yen. 

リストにあるワインの半分近くはグラスでも提供され、それらは1,000円以下から1,500円程度で味わう事ができる。(グラスのスプマンテとシャンパンは、それぞれ700円と1,300円)

Almost half of the wines listed are available by-the-glass, usually priced from 1,000 yen to 1,500 yen. By-the-glass Spumante and Champagne are from 700 yen and 1,300 yen, respectively.

さらに最も高価なワインとしては120,000円のDRCもリストに掲載されているが、そんなワインでも気分次第でシェフはグラスあたり5,000円程度の根付けで提供してしまうこともあり。

You will also enjoy DRC wine, priced 120,000 yen on the list. Chef Nakata sometimes offers it by the glass priced around 5,000 yen to his regulars, when he is feeling especially generous.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都渋谷区代々木4-6-5 A&U 1F
4-6-5 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
小田急線 参宮橋
Sangubashi (Odakyu Line)
Tel
03-5309-2366
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,500 yen
DINNER: 9,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 13:30 L.O. (Close at 15:00)
DINNER: 18:00- 22:00 L.O.

Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA / JCB

ニュースレターNews letter