オー ペシェ グルマン
幡ヶ谷 / フレンチ

Au Peche Gourmand
Hatagaya / French

03-6276-6332
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

人参のムース ウニ、コンソメジュレ添え

Carrot Mousse, Sea Urchin and Consommé Jelly

メインビジュアル

野菜スティックのアンチョビ・ソース

Stick Vegetables with Anchovy Sauce

メインビジュアル

自家製田舎風テリーヌ

Homemade Pâté de Campagne

メインビジュアル

鶏白レバーの濃厚テリーヌ いちじくの赤ワイン煮添え

Terrine of White Chicken Liver with Red Wine Stewed Fig on the Side

メインビジュアル

旬の野菜のテリーヌ バジルソース

Seasonal Vegetable Terrine with Basil Sauce

メインビジュアル

蛤の香草バターオーブン焼き

Herb Butter Grilled Clams

メインビジュアル

ポーチド・エッグの載ったリヨン風サラダ

Lyon Style Salad Topped with Poached Egg

メインビジュアル

ヤリイカのオレンジ煮込み、セート風

Orange Stewed Squid, Sète Style

メインビジュアル

生ハムで包んだ仔牛ひれ肉のロースト、粒マスタード・ソース

Ham Wrapped Roast Veal Filet, Deli Mustard Sauce

メインビジュアル

生ハムで包んだ仔牛ひれ肉のロースト、粒マスタード・ソース

Ham Wrapped Roast Veal Filet, Deli Mustard Sauce

メインビジュアル

仔羊と野菜のトマト煮込み クスクス添え

Tomato Stewed Lamb and Vegetables with Couscous

メインビジュアル

仔羊と野菜のトマト煮込み、クスクス添え

Tomato Stewed Lamb and Vegetables with Couscous

メインビジュアル

赤カブのポタージュ

Red Turnip Potage

メインビジュアル

真鯛と旬の野菜のポワレ、浅利のスープ仕立て 春菊ソース

Pan Fried Red Seabream and Seasonal Vegetables Clam Soup Style, with Crown Daisy Sauce

メインビジュアル

温かな林檎のパイ、バニラ・アイス・クリーム添え

Warm Apple Pie Topped with Vanilla Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

オー・ぺシェ・グルマンがあるのは京王新線の幡ヶ谷の駅から笹塚にむかって甲州街道沿いを5分程度歩いた場所。首都高速4号新宿線が上を走っているので交通量は多いが、歩いている人は少なく、周辺に良いレストランがありそうな雰囲気はない。

しかしながらオー・ぺシェ・グルマンの前まで来れば、外からでも美味しいものが食べられると直感するはず。さらに行く前から期待感を高めてくれるのは「オー・ぺシェ・グルマン」という店名のもつ意味合い。

この店名は、大食もしくは暴飲暴食の「罪」といった意味をもつフランス語。これはフランスの人口の70%が信仰するカトリックの教えの中にある、人を罪に導く7つの欲望や感情の中の1つ。因みに、他の6つは傲慢・物欲・嫉妬・憤怒・色欲・怠惰。

その一方で、濃厚なチョコレートのデザートなど、止めたくても止められない大好きなものが誰にでも1つはあるはず。そういった禁断の食材や料理への断ち切れない思いをフランス人は、「私のペシェ・グルマン」“C’est mon péché gourmand”、と言って表現したりする。

 

このフランス語ならではのニュアンスをセンス良く、「食いしん坊の罪」と訳すオーナー・シェフの吉澤美智子は謙虚に自分の店を「食堂」と呼び、料理は「酒の肴」と説明。確かに、ビストロという意味では食堂であり、ワインと一緒に美味しく味わえる料理は酒の肴に違いない。

 

しかしながら、ここで味わえるのは単なる酒の肴ではなく、本場フランスを感じさせてくれる料理の数々。シェフの吉澤がフランスに初めて行ったのは調理師学校の2年目。頑張った甲斐あって最後の半年はフランス東部、パリから約400キロも離れたヴォナという小さな村にある3つ星のジョルジュ・ブランで働くチャンスを得る。

厨房の中で朝から晩まで一心不乱に働き、仲間から信頼され親しみを込めて「シェフ・ド・ミーザンプラス(仕込みシェフ)」と呼ばれるまでになるが、3星レストランの厨房の中は完全分業制。吉澤は全てのセクションを経験するが、それは精密機械の小さな歯車でしかない。何よりも、自分が少しでも携わった料理を誰が食べているのか見えない事に違和感をもつ。

東京では幾つかの小さなレストランで経験を積んだ後、下北沢でレ・リヤンという名のレストランを約4年間経営。ビルの取り壊しに伴い幡ヶ谷に移転する前は、フランスに戻りコート・デュ・ローヌのコンドリューにある家族経営のホテル・ベルヴューで9ヶ月を過ごす。そこではオーナー・シェフのジャン・パレがメニューにある料理全てのレシピを教えてくれただけでなく、吉澤が開こうとしていたレストランに大切な名前を授けてくれる。

幡ヶ谷のオー・ぺシェ・グルマンで味わえるのは東京で食べられる普通のフランス料理とは一線を画すもの。丁寧に出汁をとるベトナム料理の店で働いた事もある吉澤シェフの料理の中には、カイエン・ペッパーやクミンなどの香辛料やハーブを取り入れたエキゾチックなアクセントが効いたものがあったり、チャツネを添えたメイン・ディッシュがあったり。さらにモロッコ生まれのフランス人から教えてもらったクスクスもある。

このオー・ぺシェ・グルマンは家庭的な雰囲気の小さなビストロ。そんな暖か味ある空間で、美味しいものを思う存分に食べて飲んでも、罪に問われる事は無い…はずである。

 

 

As soon as you arrive at Au Péché Gourmand, you get the sense that, even from outside, it’s a good place to dine. And if you happen to know what au péché gourmand means, then you’ll also know this is a haven for food lovers.

 

Au Péché Gourmand, meaning the sin of gluttony, is located five minutes from Hatagaya station on the Keio Shinsen line. It’s not the kind of place most would expect to find a quality eatery - it’s on the Koshu Kaido, with a highway running above.

 

And just like the sin of gluttony, for all of us there are the meals and desserts which we are powerless to refuse. The French often use the phrase “C’est mon péché gourmand” to describe the items that fall into such a category.

 

Michiko Yoshizawa, the owner-chef of Au Péché Gourmand, translates the name as kuishinbo no tsumi (食いしん坊の罪), a term which can be literally translated to “the sin of the foodie”. Yoshizawa describes her place as nothing more than a regular eatery, and her food simply nibbles to go with wine. And she’s in part telling the truth - what is served in the open kitchen is indeed a fantastic complement to a glass of wine, and the bistro is perfect for a casual drop by.

 

However, Yoshizawa is overly humble when it comes to both the quality and the quantity that awaits at Au Péché Gourmand. It’s all solid French food. Yoshizawa first went to France during her second year in culinary school, where she earned an opportunity to work at Michelin triple starred Georges Blanc in the small village of Vonnas, approximately 400 kilometers from Paris

 

Here, she was fondly called “Chef de Mise en Place” (chef in charge of set up) by both real chefs and her fellow stagiaires alike, as she worked faster and took on more work than anybody else. However, the experience left Yoshizawa feeling like a small cog in a large machine - even though it was one of the best kitchens in the world, there was always the feeling that she couldn’t get to know the diners who ate the dishes she worked on.

 

After her first stint in France, Yoshizawa worked for a number of small restaurants until starting her own place in Shimokitazawa - Les Liens. Before moving from Shimokitazawa to Hatagaya to open Au Péché Gourmand, Yoshizawa first returned to France and worked for a family owned restaurant called Hôtel le Bellevue in Condrieu, south of Lyon. It was here that Jean Paret, the chef, taught Yoshizawa how to cook everything on the menu - in a staggering nine months! Paret even gave her the name for the restaurant!

 

There’s something slightly different to the taste at Au Péché Gourmand - it’s unique when compared to other French restaurants in Tokyo, because Yoshizawa isn’t afraid to accent her dishes with exotic spices like cayenne pepper from French Guiana or cumin. She’ll sometimes serve her main dishes with chutney, and she even serves a couscous learnt from a French friend born in Morocco. In fact, she also has experience working at a Vietnamese restaurant in Tokyo.

 

This is a cozy bistro with a comfortable family atmosphere, where you’re best off forgetting the guilt that comes with committing the sin of the foodie… that is, unless you seriously overeat.

TOP

MENUS

料理は全てアラカルトで楽しめるので、気軽に立ち寄ってワインを飲みながら食事できるのがオー・ぺシェ・グルマンの魅力。

 

Dishes can be ordered freely from Chef Yoshizawa’s a la carte menu.

 

メニューには数多くの選択肢が並ぶが、殆どの人が必ずオーダーするのがサラダ。地方の生産者から直接取り寄せる15種類の野菜を使ったサラダはニース風やリヨン風を入れて5種類ある(1,100円から1,600円)。

 

While the menu boasts a wide range of dishes, the regulars almost always order a salad. Yoshizawa regularly prepares five different kinds of salad, including Salade Lyonnaise and Salad Niçoise, all made with fifteen kinds of vegetables (these are priced from 1,100 yen to 1,500 yen).

 

メニューの前菜の欄に並ぶのはビストロ料理の数々だがコショウの代わりにカイエン・ペッパーやキャトル・エピスを使ったものもある。「レモン風味のトリッパの煮込み」や「フォアグラのテリーヌ」などは全て2,000円以下で1,000円未満の皿も幾つかあり。もしも2人で食事をするなら3,200円の「シェフおまかせ前菜の盛り合わせ」がお薦め。

 

Listed in the appetizer section of the menu are the bistro classics. Chef Yoshizawa makes some of them with exotic spices such as cayenne pepper or quatre-epice, instead of regular black pepper. Dishes such as “Lemon Flavored Stewed Tripe” or “Terrine of Foie Gras” are all priced at less than 2,000 yen. Some appetizers are even priced at less than 1,000 yen. Parties of two are recommended to order the omakase appetizer plate, which is 3,200 yen.

 

メイン・ディッシュのシャラン鴨やブランド豚を使った料理や、「クスクスを添えた仔羊と野菜のトマト煮込み」は全て2,000円代前半。

 

The main dishes, including “Tomato Stewed Lamb and Vegetables with Couscous” are all priced from 2,100 yen to 2,500 yen.

 

自家製オレンジピール添えたガトー・ショコラや温かなリンゴのパイなどのデザート4種類は全て800円未満。

 

The four desserts including hot apple pie and chocolate cake with orange peel are all priced less than 800 yen.

 

通常のメニュー以外にも、黒板のメニューには旬な食材をつかった料理が幾つも載っているので要チェック。

 

And be sure to check the black board menu, as it features all dishes prepared with seasonal ingredients.

TOP

DRINKS

ワイン・リストに並ぶのは白30種類と赤40種類。フランスの殆どの産地が網羅されているが、特に多いのはブルゴーニュとコート・デュ・ローヌ。4,000円代のものから、高いものでは40,000円近くのものまであるが、もっとも人気のあるのは5,000円から6,000円前後のワイン。

Au Péché Gourmand’s wine list features approximately 30 white wines and 40 red wines, most of which are from major wine regions in France, particularly Bourgogne and Côtes du Rhône. While they are priced from around 5,000 yen, the most popular selections range from 5,000 to 6,000 yen.

グラスでは赤白3種類ずつを800円から1,300円で味わえる。そしてグラスで味わえるワインは全てカラフェでも味わえる。

By the glass, you can taste three white and three red wines priced from 800 yen to 1,300 yen. All wines available by the glass are also available by carafe.

シャンパンはグラスで1,100円。ボトルでは7,000円代のものが2種類ある。

The list also features two Champagnes by the bottle. By the glass Champagne is 1,100 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都渋谷区幡ヶ谷2-24-2
2-24-2 Hatagaya, Shibuya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
京王新線 幡ヶ谷
Hatagaya (Keio-Shinsen Line)
Tel
03-6276-6332
平均予算 Average Cost
DINNER: 6.200 yen
営業時間 Business Hours
Monday, Wednesday, Thursday and Friday and Saturday
18:00 - 23:00 L.O.

Sunday and National Holiday
18:00 - 22:00 L.O.

SUNDAY LUNCH

12:00 - 15:00 L.O. Close at 15:30

Closed on Tuesdays and the 3rd Wednesday every month
Credit Card
VISA / Master