ディアログ
下北沢・東北沢 / フレンチ

Dialogue
ShimoKitazawa-HigashiKitazawa / French

03-6804-8820
photo credit : Chisato Hikita
メインビジュアル

ブルー・チーズのブランマンジェと帆立のサラダ

Salad with Bleu Cheese Blanc Manger and Scallop

メインビジュアル

ブルー・チーズのブランマンジェと帆立のサラダ

Salad with Bleu Cheese Blanc Manger and Scallop

メインビジュアル

赤い野菜とクスクスのサラダ

Couscous Salad with Red Vegetables

メインビジュアル

グリル野菜のテリーヌ

Grilled Vegetable Terrine

メインビジュアル

帆立のカダイフ包み揚げ カレー・ヴィネグレット

Crispy Fried Kadaif Wrapped Scallop with Curry Vinaigrette

メインビジュアル
メインビジュアル

豚頭肉のカリカリ焼き ラビゴット・ソース

Crispy Pig Head Meat Sauce Ravigote

メインビジュアル

ブーダン・ノワールとキノコのオムレット

Boudin Noir and Mushrooms Omelette

メインビジュアル

鴨とフォアグラのパイ包み焼き ポルト酒ソース

Duck and Foie Pie Port Wine Sauce

メインビジュアル

牛赤身サガリ肉のステーキ・フリット

Bifteck Frites (Skirt steak with fries)   

メインビジュアル

牛赤身サガリ肉のステーキ・フリット

Bifteck Frites (Skirt steak with fries)   

メインビジュアル

カスレ(自家製のソーセージ、鴨のコンフィ、豚肉と白インゲン豆の煮込み)

Cassoulet (Homemade sausage, duck confit pork and common beans stew)

メインビジュアル

ピスタチオのクレーム・ブリュレ

Pistachio Crème Brûlée

メインビジュアル

サヴァラン オー マッカラン

Savarin au Macallan

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-11-11

 

 

この閑静な住宅街の中にあるディアログでは、ビストロらしく4皿のカチッとしたコースに合わせて6種類のワインを味わっていただくディナーが勤労感謝の日に開催されます。

 

This bistro, which is located in a quiet area between Shimokitazawa and Higashikitazawa, is hosting a four course dinner menu with six select wines on Labor Thanksgiving Day, November 23rd!

 

以下にあるように4皿のコースの中の2皿の前菜とメイン・ディッシュでは、蝦夷鹿やスコットランド産の山ウズラ、フランス産の真鴨などのジビエを楽しめ、少し贅沢に6種類のワインの中にはプルミエ・クリュが2つ含まれています。

 

The four course menu below features a wide variety of game meats, including ezo venison, partridge from Scotland, and Mallard from France. These will be accompanied by a selection of six wines, including two premier crus!

 

 

Chilled Appetizer

 

下仁田ネギのヴィネグレット 

蝦夷鹿のハムを添えて

Shimonita Welsh Onion

Vinaigrette

with Ezo Venison Ham

 

Warm Appetizer

 

スコットランド産

ペルドロー

(山うずら)

栗と茸の

パートフィロ包み焼き

Partridge

from Scotland

Chestnuts and Mushroom

Pâte Filo

 

Main Dish

 

真鴨のロワイヤル

Mallard Royale

 

Dessert

 

洋梨の赤ワイン・コンポート
Red Wine Compted

European Pear

 

 

Champagne 1er Cru 

Rilly La Montagne 

Grand Réserve

[Domaine Vilmart]

 

Côtes du Rhône 

Blanc

[Château Gigognan]

 

Givry 1er Cru Crémillons

[Seguin Manuel]

 

Crozes Hermitage 

Rouge

[Alain Graillot]

 

Châteauneuf du Pape 

Rouge

[Château Gigognan]

 

Late Harvest 

Sauvignon Blanc

[Viña Errazuriz]

 

 

DATE

 

11月23日(木・祝)

Thursday, November 23rd

(National Holiday)

 

TIME

 

18:30 スタート

Dinner starts at 6:30

 

PRICE

 

12,000 yen

(税込み)

(Tax Included)

 

これから年末にかけて忙しくなる前に、今月の祝日の夜は閑静な住宅街の落ち着いた雰囲気の中でジビエとワインを楽しんでみては如何でしょうか?

 

So if you’re looking for a nice place to dine and relax before the hustle and bustle at the end of the year, Dialogue is offering you just that!

 

 

ご予約・お問い合わせ:

『ディアログ』

03-6804-8820

 

For reservations and inquiries, 

please call Dialogue at 

03-6804-8820



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

小田急線の東北沢と下北沢の駅の間に広がる静かな住宅街を抜ける通り沿いにあるのがディアログ。

 

通りすがりに車の中から見ただけで、ディアログは美味しい料理をワインと一緒に楽しめる店だと気づくような存在。外にはフランス国旗がはためいているが、それが無くてもディアログがビストロだという事はわかるはず。

 

普段は下北沢で買い物したり食事したりしている人にとってディアログは少し背伸びして大人の食事をするのに理想のレストラン。周辺に住んでいる人にとってはフランス料理とワインを気軽に楽しめる馴染みのエスケープ先。交通量の少ない静かな通り沿いにあるディアログでは誰もが仲間との食事を楽しみながらリラックスできる。

 

このディアログ(dialogue)という店名はフランス語でも英語でも人と人との会話という意味の単語。

 

ここは友人との会話を楽しんだり、グラスを片手にソムリエの下川亮平と話したり、カウンター越しにシェフの好井祐輔と話したりできる場所。まさしくディアログでは会話を楽しみながら心地良くランチやディナーを食べられるのだが、そのベースにあるのは下川と好井の会話。

 

この店をパートナーとして開く前からシェフとソムリエという立場で一緒に働いたり、食事したりしてきた2人は、シェフがオーナーの店ではスタッフが客ではなくシェフの方を見ていたり、ソムリエが経営者の場合は料理人が食べる人ではなく、ソムリエの好みに合わせて料理をしている場合があることに気づく。

 

 

ディアログの好井シェフとソムリエの下川は50/50のパートナー。お互いの存在を意識しながら料理とサービスの両方のレベルを高めていくのが2人のアプローチ。ソムリエとして下川が「フランス料理とワインは一緒に楽しむもの」と言えば、シェフの好井もフランスでの経験を振り返りながら「フランス人は料理とワインの両方に情熱的」と語る。2人の関係は、この料理とワインのあり方に似ているかもしれない。

 

因みに、ソムリエの下川がシェフの好井と一緒に店を開こうと思ったのは「良い奴で美味しい料理をつくる」という単純な理由。

 

フランス東部のアルボアにある2つ星のレストランで働いた好井だが、フランスで得た最も大切なものは「素晴らしい人たちに、家族のように受け入れてもらった」という事。今でも連絡を取り合う仲間と一緒に生活しながら目の当たりにしたのは、料理をつくる、食べる、ワインを飲むという時間を大切にし、情熱的に日々を楽しんでいるフランス人の姿。

 

そんな好井のつくる料理にワインを合わせるソムリエの下川は「フランス料理は時間をかけて味わうもの…そして時間の価値を高められるのもフランス料理」と考える。

 

ワインと料理を楽しむ為なら喜んで時間を費やす我々にとって、暖かみあるアンティーク調の椅子やテーブルが並ぶディアログは理想的なスペース。ここでは何を食べて飲むかだけでなく、いかに会話を楽しむかによって過ごす時間の価値が高まっていく。

Dialogue is located between Shimokitazawa and Higashikitazawa stations, on a street running through a quiet residential area. It’s a place for the enjoyment of good food and wine. People usually notice it for the French flag flying outside, but even without it you can tell it’s a nice bistro.  

 

For those who frequent Shimokitazawa for shopping and dining, Dialogue is a place to go for a touch of fine dining. For locals, however, Dialogue is a home away from home, and a place to casually enjoy quality French cuisine. But no matter who you are, Dialogue is great for eating, drinking, and enjoying good conversation.

 

The word dialogue has the same meaning in French - a conversation between two or more people.

 

And the name sums it up: Dialogue is a place for dialogue. Sometimes it’s with friends over food, or with sommelier Ryohei Shimokawa over wine, or with chef Yusuke Yoshii over the kitchen counter. But above all, it’s the dialogue between chef and sommelier that is the most important here. 

 

Ryohei Shimokawa and Yusuke Yoshii have worked together at different restaurants and visited many more prior to opening Dialogue. They saw service staff paying more attention to the chef than the diners, and chefs cooking dishes to please the sommelier instead of considering their customers.

 

Shimokawa and Yoshii put pleasing the diner first, and are 50/50 partners at Dialogue. Shimokawa says, “French food and wine are to be enjoyed together.” Chef Yoshii, looking back his experience in France, adds, “French people are passionate about food and wine equally.”

 

Shimokawa knew he wanted to open a restaurant with Yoshii as a chef. Putting it simply, he says, “I knows he’s a good guy who cooks good food.”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chef Yoshii has worked in restaurants including a Michelin double starred restaurant in Arbois, eastern France. But more than experiences in the kitchen, Yoshii remembers the people he met saying, “They accepted me as family.”  While in France, Yoshii was fascinated by the passion for making and eating good food, and drinking good wine.

 

Shimokawa, who recommends the wines for Yoshii’s dishes, believes that French cuisine is worth taking time to savor. He also believes that French food maximizes the value of time.

 

Dialogue, then, is a treasure for those passionate about spending quality time with good food and wine in an atmosphere of antique chairs and tables. The name itself, too, reminds us how communication and conversation can improve our dining experiences.

 

TOP

MENUS

LUNCH

 

880 yen 

クロック・マダム + サラダ + ドリンク

Croque Madame + Salad + Drink

 

2,200 yen

プリフィクス

前菜 + スープ + メイン + デザート

Prix Fixe

Appetizer + Soup + Main + Dessert 

 

3,200 yen

プリフィクス

前菜2品 + スープ + メイン + デザート

Prix Fixe

Two Appetizesr + Soup + Main + Dessert or Cheese

 

プリフィクスのコースにはパンとコーヒー又は紅茶が付いています。

Prix fixe menus come with bread and coffee or tea. 

 

DINNER

 

ディアログでは好井シェフの料理をコースで味わう事もできるが、気軽にアラカルト・メニューから気になる料理を選んで自分たちだけのコースを組んでディナーを楽しめるのが良し。

 

Dialogue offers three set menus, but dishes are also available a la carte. Why not select dishes you like from the a la carte menu and build your own tasting menu?

 

前菜は18種類前後あり、その半分は1,000円以下で、基本的に全ては1,500円未満。

 

The a la carte menu features 18 appetizers, half of which are priced at less than 1,000 yen, but all all of which are under 1,500 yen. 

 

 

メイン・ディッシュは約7種類の殆どが2,000円前後で、人気のステーキ・フリット(250g)は1,880円だが、3,400円のダブル・ポーション(500g)を食べる人も少なくない。

 

The menu offers seven main dishes priced around 2,000 yen. The popular steak frites (250g) is 1,880 yen, but many of Dialogue’s regulars enjoy a dish double portioned (500g) serving of the dish, priced 3,400 yen.

 

デザート4種類は全て700円前後。

 

The four offered desserts are all priced around 700 yen.

 

DINNER SET MENUS

 

4,500 yen

季節のコース

前菜1 + 前菜2 + 前菜3 + メイン + リゾット + デザート

Seasonal Set Menu

Appetizer 1 + Appetizer 2 + Appetizer 3 + Main + Risotto + Dessert

 

6,000 yen

好井シェフ「おまかせ」コース

Chef Yoshii’s “Omakase” Menu

 

7,000 yen

季節のワイン・ティスティング・コース

前菜1 + 前菜2 + 前菜3 + メイン + リゾット + デザート

(3種類のワインのペアリング含む)

Seasonal Wine Tasting Menu

Appetizer 1 + Appetizer 2 + Appetizer 3 + Main + Risotto + Dessert

(including three tasting glasses of wine)

TOP

DRINKS

ディアログのワイン・リストにあるのは赤白合わせて100種類ほどのワイン。殆どはフランス産だが中には日本のワインもあり。

ボトルでは3,000円以下のハウス・ワインもあるが、最も人気があるのは4,000円台のワイン。

「シェフの料理はクラシックなので、テロワールの個性が明確に表現されたワインとの相性が良い」というのがソムリエの下川の考え。

スパークリング・ワインはシャンパーニュも含んで8種類が5,000円程度からで、シャンパーニュは8,000円前後から。

毎日グラスでは赤白4種類づつが600円からあり、スパークリングは900円。

その他、デザート・ワインが1,000円からあり、食後酒のマール、コニャック、カルバドスや数種類のリキュールもあり。

 

Dialogue’s wine list boasts around 100 wines, red and white combined, almost all of which are from France, though a few Japanese wines are also available.

House wines are often less than 3,000 yen, though the most popular options tend to fall between 4,000 and 5,000 yen. 

Sommelier, Shimokawa says, “Our chef enjoys cooking classic French dishes. Those dishes are enhanced when paired with French wines that offer the clear characteristics of their respective terroirs.”  

The wine list also includes eight sparkling wines including Champagne. Sparkling wines are priced from around 5,000 yen, and Champagne from around 8,000 yen.

Four red and four white wines are available by the glass from 600 yen. Sparkling wine by the glass is 900 yen.

Dialogue also has a dessert wines starting at 1,000 yen, along with digestifs like Cognac, Calvados, marc and liqueurs.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都世田谷区北沢3-23-21
3-23-21 Kitazawa, Setagaya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
小田急線 東北沢
HigashiKitazawa (Odakyu Line)
Tel
03-6804-8820
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,000 yen
DINNER: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 15:00 (14:00 L.O.)
DINNER  18:00 - 0:00 (23:30 L.O.)

Closed on Tuesdays
Credit Card
VISA / MASTER / 楽天

ニュースレターNews letter