ルディック
浅草 / フレンチ

Ludique
Asakusa / French

03-5849-4169
photo credit : Chisato Hikita
メインビジュアル

フォアグラ最中

Monaka Stuffed with Foie Gras

メインビジュアル

生雲丹とカブのムース、下仁田ネギのオイル、カリカリのゴボウを添えて

Sea Urchin on a Bed of Turnip Mousse and Shimonita Bunching Onion Oil, Topped with Crispy Burdock

メインビジュアル

フォアグラのポワレ、レンズ豆のピューレ、エピスのクランブル、エスプレッソ・ソース

Pan Fried Foie Gras, Lentil Puree, Epice Crumbles, Espresso Sauce

メインビジュアル

青首鴨と蝦夷鹿のポルト・ワイン煮込み、フォアグラとトリュフのパイ包み焼き、サルミ・ソース

Port Wine Stewed Mallard and Ezo Venison, and Foie Gras and Truffle Stuffed Pie, Sauce Salmis

メインビジュアル

天然クルマ海老のアーモンド揚げ、バニラ風味の海老ジュ

Fried Almond Coated Kuruma Prawn, Vanilla Flavored Prawn Jus

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

蝦夷鹿のロースト、ソース・ポワヴラード

Roast Ezo Venison, Sauce Poivrade

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

いつも渋谷区や港区でフランス料理を味わっている人が浅草に行って最初に感じるのは、そこには東京とは違う東京があるという事。

 

日常の東京にはない古き良き下町情緒を求め浅草には世界中から観光客が訪れ賑わっているが、ルディックがあるのは落ち着いた地元の人にとって使い勝手の良さそうな小ぢんまりした店舗が点在するエリア。

 

ルディックも座席数15の小さなレストラン。7つあるカウンター席に座ってオーナー・シェフの大塚勝也が料理する姿を見ながら、そして時にはシェフとの会話を楽しみながらフランス料理を味わえる。

 

店名のルディックというのは「遊び心」といった意味合いのフランス語。確かにコースの前半に出てくるフォアグラの入った最中などはシェフの遊び心を感じさせるが、それらは全てフランス料理であって、決して創作フレンチと呼ばれるような軽薄な亜流ではない。

 

大塚が料理を学ぶためにフランスに渡ったのは24歳の時。観光ビサのままブルゴーニュとパリで1年間働き、しっかりビサを得てからはパリの名門パティスリーやミシュラン星付きのレストランで働く。

 

その一方で、パリにある星付きのレストランで時代の先端をいくようなテクニックを学ぶだけではなく、フランス料理のベースを体得する必要性を痛感したりもする。

 

南仏のニースやコート・ダジュールの料理に魅力を感じていた大塚は地中海のコルシカ島に渡り、1つ星のレストランに入る。そこで良かったのは、見た目重視の気取った料理ではなく、王道のフランス料理に南欧の香りを加味したような料理に出会えた事。それはドレッシングの代わりに、新鮮な野菜にレモンとオリーブ・オイルをかけたりする「今でも夏になると食べたくなる」ような料理の数々。

 

3年間にわたりフランスで料理に携わった後は、東京に戻りロアラブッシュで2年半働いた後に、その支店でシェフという肩書きを得て働くことになる。

 

その後は目黒のキャス・クルートでシェフとして40席分の料理を日々つくり、冬にはジビエを積極的に取り入れ、「流行りの料理ではなく、本当の料理をつくる」という事を心がけながら3年弱を過ごす。

 

面白い事に、大塚が最初に好きだったのはオムライスやハンバーグ。高校を卒業した後は、浅草と同じ台東区にある調理師学校に進むが、フランス料理のレストランと洋食屋で毎日アルバイトしていたので、しっかり実習には出ても講義はサボりがち。

 

因みに、アルバイト先の一つは大正14年創業の洋食の老舗として知られるレストラン香味屋。そこでは5,000円もする洋食弁当を浅草周辺に出前していたこともあるらしい。

 

ルディックで大塚シェフの料理を「おまかせ」のコースで味わって、デザートが出てくる頃になると、普段は寿司や天ぷらを食べているような少し年配のカップルがアラカルトで料理をオーダーし、ワインを飲み始めたりする。そういった人たちは近所にもパリッと洒落た装いで出かける先祖代々この東京に住んで美味しいものを食べてきた人たち。

 

そんな人たちは「これで地下鉄に乗らなくても美味しいフランス料理が食べられる」と口を揃える。

 

ならば我々も美味しいフランス料理のために、いつもと反対方向に向かう地下鉄に乗って浅草まで足をのばす価値は大いにあるはずだ。

If your Tokyo dining usually consists of visiting Shibuya or Minato ward, you’re in for an entirely different Tokyo when you visit Asakusa.

 

Asakusa still retains an attractive downtown atmosphere, and its here you’ll find the French restaurant Ludique, located just outside the more crowded areas. Ludique, like many restaurants in the neighborhood, is a local favorite.

 

The small restaurant holds only fifteen seats, including seven along the kitchen counter. Here you can see Chef Katsuya Otsuka preparing dishes, or talk with him when the restaurant grows quiet.

 

Ludique is a French word meaning ‘playful’. And though you’ll see some of Chef Otsuka’s playful nature in his appetizers, his dishes are solid French cuisine; neither too eclectic nor too inventive.   

 

Otsuka went to France for the first time at twenty-four years of age, and first worked in Burgundy and Paris without a proper working visa! Upon acquiring a visa however, he worked for a renowned patisserie and a prestigious restaurant with two Michelin stars. 

 

However, Otsuka was not content with simply learning the cutting edge culinary skills treasured in Paris. He needed to learn the fundamentals to truly grow. 

 

Otsuka had always liked the dishes of southern France, so he began looking for opportunities in Nice and the French Riviera, but ended up at a Michelin starred restaurant on the island of Corsica, in the Mediterranean Sea. There he cooked dishes of authentic southern flavors. He liked how people used olive oil and fresh lemon as salad dressing, and even in Tokyo, Otsuka often feels like eating these dishes during summer. 

 

After three years in France, Otsuka returned to Tokyo to work for the renowned Leau a la Bouche for three years before becoming chef at its spin-off restaurant.

 

Otsuka also worked as chef at Casse Croute in Meguro for three years prior to opening Ludique, and especially enjoyed cooking game meat dishes over winter. 

 

So its interesting to hear that at culinary school Otsuka was most interested in yoshoku – Japanized forms of European dishes, like hamburg steak and omurice. While there, Otsuka worked a part time job at a famous yoshoku restaurant established in 1925, and sometimes delivered 5,000 yen bento boxes to the old red light district of Yoshiwara. 

 

Locals often visit Ludique to enjoy late dinners with dishes from the a la carte menu over glasses of wine. They’re the type of people usually eating sushi and tempura; true Tokyoites with generations of ancestors in Tokyo. But they’re happy they no longer have to take the subway to visit a French restaurant. 

 

But if you ask us, it’s worth taking the subway if it’s for a tasting menu at Ludique.

TOP

MENUS

LUNCH 2,000 yen

プリフィクス

前菜 + メイン + デザート

Prix Fixe Menu

Appetizer + Main + Dessert

 

DINNER 5,400 yen

シェフの「おまかせ」 

アミューズ + フォアグラの最中 + 冷前菜 + 温前菜 + 野菜の一皿 + 魚 + 肉 + デザート + プティフール

Chef’s Omakase

Amuse Bouche + Foie Gras “Monaka” +  Cold Appetizer + Warm Appetizer + Vegetable + Fish + Meat + Dessert + Petit Four

 

アラカルト・メニューもあり。

A la Carte menu available

TOP

DRINKS

ルディックで味わうワインはオーナー・シェフになるに際してソムリエの資格を取得した大塚シェフが選ぶ白10種類と赤15種類のワイン。

殆どがフランスのもので、ブルゴーニュが少し多め。時にはコルシカのワインやニュー・ワールドのものが登場することもあり。価格は4,000円前後からあり、最も人気のあるのは6,000円前後のもの。

スパークリング・ワインは3種類が5,500円から、シャンパンは9,000円。

グラスでは常に赤白3種類づつ800円から。スパークリング・ワインは1種類が1,000円前後。

Chef Otsuka became a certified sommelier prior to opening Ludique. His wine list contains ten white wines and fifteen red.  

Almost all of the wine is from France. You will see a majority are from Burgundy, and occasionally wine from the island of Corsica and the new world is also available. Wine starts at around 4,000 yen, with the most popular options around 6,000 yen

Sparkling wine is priced from 5,500 yen, while Champagne is 9,000 yen.

Three whites and three reds, along with one sparkling wine are available by the glass, and are priced from 800 yen. By the glass sparkling wine is usually priced around 1,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
台東区浅草3-18-6 102
3-18-6 102 Asakusa, Taito-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
浅草 (東京メトロ(銀座線)・都営地下鉄(浅草線)・東武鉄道・つくばエクスプレス)
Asakusa (Tokyo Metro (Ginza Line), Toei Chikatetsu (Asakusa Line), Tobu Tetsudo and Tsukuba Express)
Tel
03-5849-4169
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,500 yen
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 15:00 (14:00 L.O.)
月・金・土・日のみ
Monday, Friday, Saturday and Sunday Only

DINNER: 18:00 - 23:00 21:00 (21:00 L.O.)
アラカルトのL.O.は22:00
Last order time for a la Carte menu is 22:00.

Closed on Wednesdays
Credit Card
VISA / Master Card / American Express / JCB / Diners Club / Discover