フィッシュハウス・オイスターバー恵比寿東口
恵比寿・広尾 / オイスターバー

Fish House Oyster Bar East
Ebisu-Hiroo / Oyster Bar

03-6408-5393
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

焼き牡蠣の盛り合わせ

Assortment of Cooked Oysters

メインビジュアル

旬のオイスタープレート 各地より届いたその日の盛り合わせ

Seasonal Oyster Plate – Assortment of The Freshest Oysters

メインビジュアル

北海タラバ蟹とアヴォカドのディップ サラダ仕立て

Salad Style Snow Crab and Avocado Dip

メインビジュアル

“チリマッスル”ムール貝のトマトソース煮

Tomato Stewed Mussels

メインビジュアル

本日入荷の鮮魚を使った料理

Fish of the Day

メインビジュアル

オイスター・アヒージョ 牡蠣のガーリックオイル煮 自家製のフォカッチャと 一緒に

Oyster Ajillo (Garlic Oil Stewed Oyster) with Homemade Focaccia

メインビジュアル

豚肉のテリーヌ

Pork Terrine

メインビジュアル

ニューイングランド風クラムチャウダー

New England Style Clam Chowder

メインビジュアル

本日のデザート リンゴのコンポートとそのジュレ キャラメルアイスを乗せて

Today’s Dessert – Caramel Ice Cream Topped Apple Compote and Its Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

新鮮なオイスターを味わえる、このフィッシュ・ハウス・オイスター・バー恵比寿東口店があるのは恵比寿から白金高輪に向かうバスの路線沿い。ワインの品揃えなどは若干異なるが、基本的に味わえる生ガキや料理などメニューの内容は恵比寿西1丁目の五叉路で存在感を輝かせるフィッシュ・ハウス・オイスター・バー本店と同じもの。

 

であれば何故、敢えて恵比寿駅東口から少し歩いてこの店まで行く必要があるのか?

 

その答えは、『ここには他のオイスター・バーにはない不思議な魅力があるから』という極めて感覚的なもの。

 

座席数も多く、ゆったりしてカジュアルな空間が特徴のフィッシュ・ハウス・オイスター・バー本店と比べて、ここ東口店は小さくアットホームな雰囲気。そして何故かオイスター・バーというよりは、小さなレストランもしくはビストロで食事をしているように錯覚させてくれる不思議な何かが此処にはある。

 

以前この場所で営業していたのは、今は木場に移転した『アタゴール』。更に、その前にあったのは、同じ店名を平仮名にした初代『あたごーる』。この20年以上にわたりフランス料理のレストランがあった場所を引き継いで、オイスター・バーを開く為に店内を改装するに際し、オーナー・シェフの松下敏宏は『レストランの魂』がそこに宿るのを感じ、敢えて改装を最小限に止めたほど。

 

このオイスター・バーで食事をするのは平均年齢若干高めの男女。残業を終えた女性が集まり、何種類もの生ガキを程好く冷えた白ワインのボトルと一緒に食べ比べていたり、少し年配のカップルが落ち着いた雰囲気を醸し出しながら食事をしていたりするのは他のカジュアルなオイスター・バーでは見かけない、レストランならではの光景。

 

もう1つこの小さなオイスター・バーに人が集まる理由は、ここでは常に新鮮な生ガキを味わえるだけでなく、牡蠣やシーフードを使った料理が、当り前ではあるが美味しいという事。西口にあるフィッシュ・ハウス・オイスター・バー本店と同様に、この東口店でも経験豊かな料理人がいるのが特徴。アメリカのオイスター・バーでは定番のロックフェラーや写真にある焼き牡蠣の盛り合わせ等を味わってみれば、火の入れ方やソースの味わいなどもプロの仕事である事が判るはず。

 

そして何よりも、シェフの山元克己とマネージャーの林泰宇の2人の牡蠣への情熱が、この小さなオイスター・バーが単なるバーではなく、しっかりと牡蠣を食べさせてくれるレストランであることを証明し、この不思議な魂をもった場所の伝統を継承してくれている。

 

 

Serving fresh select oysters all year around, Fish House Oyster Bar East is located on a street that forms the bus route from Ebisu to Shirokane. What you have here is the same selection of oysters you can taste at Fish House Oyster Bar on the other side of Ebisu station, but the wine selections are slightly different. 

 

Naturally, you may ask the simple question: Why should I go to this place if I can have the same fresh oysters at the original Fish House Oyster Bar?

 

EATPIA’s answer is simple but vague: This bar has something mysterious no other oyster bars have in Tokyo. 

 

While the original Fish House Oyster Bar is spacious and casual, this one on the east side of Ebisu station has a very cozy and at home atmosphere. This oyster bar has something which makes you feel like as if you are dining at restaurant or bistro, instead of at a bar.

 

Before this cozy version of Fish House Oyster Bar opened, at this very premises was A Ta Gueule which has now transplanted itself to much bigger premises in Kiba. And before that there was another French restaurant with the same name which is spelled in hiragana in Japanese. At this location, the owner-chef of Fish House Oyster Bar, Toshihiro Matsushita somehow felt the “spirit of restaurant” and decided to keep the overhaul to a minimum to maintain the spirit.

 

Dining at this oyster bar are people with a more mature sense of culinary pleasure than people you see at other casual dining spots. On any given night, you may see groups of ladies getting together to taste different oysters while drinking white wine by the bottle or an older couple quietly and serenely enjoying dinner.

 

What really sets this oyster bar apart from other oyster bars is that  here they also serve great seafood dishes, in addition to simply serving fresh oysters. Just as at the original Fish House Oyster Bar, this cozy version of the original has an experienced chef working behind the bar. If you try “Oyster Ajillo” which is pictured above or Rockefeller which is an oyster bar standard, you will definitely understand they are very professionally prepared.

 

Also making this oyster bar very special is Chef Katsumi Yamamoto and manager Taiu Hayashi’s love and passion to make and serve good food. Together they make this cozy space more than a bar. They are definitely the keepers of the spirit inherited from the legendary predecessors.

TOP

MENUS

ディナー: アラカルト
Dinner: A la Carte menu only

TOP

DRINKS

世界中から届く新鮮な牡蠣や、シーフードと一緒に味わってもらう為に、支配人の林泰宇が選ぶワインは、アメリカ西海岸やオーストラリ アなどのニューワールドとフランスのワイン。グラスでは赤白共に600円位から、ボトルは2,000円台後半から、4,000円から6,000円台を中心 に取り揃えあり。そしてシャンパンを含むスパークリング・ワインも常備。

To go with fresh oysters sourced from around the world, Taiu Hayashi, the manager of the restaurnat selects new world wines mainly from the West Coast of the United States and Australia, as well as from France. They are reasonably priced by the glass from 600 yen and from around 3,000 yen for bottles. The majority of bottles are priced less than 7,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都渋谷区恵比寿1-23-16
1-23-16 Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 恵比寿
Ebisu (JR & Tokyo Metro)
Tel
03-6408-5393
平均予算 Average Cost
6,000円
6,000 yen
営業時間 Business Hours
Monday to Friday: 17:00~23:00(L.O)
Saturday, Sunday & Holiday: 15:00~23:00(L.O)
Credit Card
JCB / VISA / Master / American Express