フィッシュ・ハウス・オイスター・バー
恵比寿・広尾 / アメリカン

Fish House Oyster Bar
Ebisu-Hiroo / American

  • LUNCH&DINNER
  • DRINKS
  • MAP, PHONE, ETC
オイスター盛り合わせプレート

オイスター盛り合わせプレート

Today's House Plate Big

ニューイングランド風クラムチャウダー

ニューイングランド風クラムチャウダー

New England-Style Clam Chowder

たっぷりのイクラとサワークリームを乗せた牡蠣の冷製

たっぷりのイクラとサワークリームを乗せた牡蠣の冷製

Oyster & Salmon Roe with Sour Cream

旨みを濃縮した牡蠣の燻製

旨みを濃縮した牡蠣の燻製

Smoked Oyster on the Half Shell

焼牡蠣の盛り合わせプレート

焼牡蠣の盛り合わせプレート

Assortment of Baked Oysters

本日の魚のテリーヌ

本日の魚のテリーヌ

Today's Seafood Terrine

牡蠣と季節野菜のキッシュ

牡蠣と季節野菜のキッシュ

Oyster & Seasonal Vegetables Quiche

本日の魚のパエリア

本日の魚のパエリア

Today's Fish Paella

牡蠣とホウレン草のグラタン

牡蠣とホウレン草のグラタン

Oyster & Spinach Gratin with Bechamel Sauce

季節のフルーツに合わせたデザートをご用意しております

季節のフルーツに合わせたデザートをご用意しております

Desserts made with Seasonal Fruits Available

  • オイスター盛り合わせプレート
  • ニューイングランド風クラムチャウダー
  • たっぷりのイクラとサワークリームを乗せた牡蠣の冷製
  • 旨みを濃縮した牡蠣の燻製
  • 焼牡蠣の盛り合わせプレート
  • 本日の魚のテリーヌ
  • 牡蠣と季節野菜のキッシュ
  • 本日の魚のパエリア
  • 牡蠣とホウレン草のグラタン
  • 季節のフルーツに合わせたデザートをご用意しております

新鮮なオイスターを中心にシーフードをカジュアルな雰囲気で食べさせてくれるフィッシュ・ハウス・オイスター・バーが位置するのは五叉路になっている恵比寿西1丁目の交差点。恵比寿の駅から飲食店が並んでいる通りを、「チョッと一杯・・・」といった誘惑に負けずに歩いて3分程度。

さて日常的に魚貝類を食べるという伝統をもつ日本には、焼き魚を食べさせてくれる近所の定食屋から高級な鮨屋まで、多くの種類の店が無数存在し、景気の良し悪しを問わずに繁盛している。それに比べると、東京に数多くあるイタリアンやフレンチの店で、新鮮な魚介類をコンセプトとして打ち出している店は多くない。

一方、アメリカでは、東海岸のNYやボストン、そして西海岸のSFやポートランド、そしてシアトル、更に国境を越えたカナダのバンクーバーなどには新鮮な海の幸を食べさせてくれる店が伝統的に数多くあり、その中の幾つかは個々の街を象徴するランドマーク的な存在として知られている。この恵比寿にあるフィッシュ・ハウス・オイスター・バーは、そんな北米の海岸線にあるシーフード・レストランの雰囲気を感じさせてくれる貴重な存在。

既に東京にはオイスター・バーを名乗る店が幾つかあるが、この新鮮なオイスターを食べさせてくれる店を一味違った存在にしているのがオーナー・シェフである松下敏宏のこだわり。都内の料理学校でフランス料理を学び、老舗ホテルのフレンチ・レストランなどで揉まれた経験をもつ。その後、カナダに渡り現地のリゾート・ホテルのファイン・ダイニングで働いていた時に出会ったのが、毎日キッチンに運び込まれる大量の新鮮なオイスター。

日本に戻り、自らオープンしたレストランで目指すのは『生牡蠣を中心に、自分が良いと思う食材を、美味しいと思う料理にする』という事。そして、もう1つのこだわりは、『新鮮で美味しいものをカジュアルな雰囲気の中で楽しんでもらう』という事。

そんなシェフの思いを象徴するのが、ボウルになみなみと注がれ、少し溢れてしまっているようなニューイングランド風のクラムチャウダー。その他にも、新鮮な魚貝類がたっぷり入ったパスタやリゾットなどが食べられるのも魅力。シェフ曰く『自分がオーナーなので、チェーン展開している店にはできないような事をしていきたい』。そんな今まであったようで、本当は無かった個性的なシーフードの店が恵比寿の五叉路にあるフィッシュ・ハウス・オイスター・バー。

 

 

Serving fresh oysters and other tasty seafood in a casual atmosphere, Fish House Oyster Bar is located just by the Ebisu Nishi Itchome Crossing. It takes no more than a couple of minutes if you walk from Ebisu station without getting sidetracked at bars along the way.

As Japan has a well established tradition of enjoying seafood, it is almost ubiquitously available at all types of restaurants from neighborhood teishokuya serving daily yakizakana to very expensive sushi places in central Tokyo. On the other hand, there are also few French and Italian restaurants with a fruit de mar theme.

In North America, especially in New York and Boston on the east coast, and San Francisco, Portland and Seattle on the west coast, and Vancouver in Canada, there are many quality seafood restaurants. Some of them has been around for a long time and considered landmarks of their respective city. At Ebisu’s Fish House Oyster Bar you can feel a similar atmosphere to those good places in North America.

As a matter of fact, there are some restaurants claiming to be oyster bars in Tokyo. What is making this place serving fresh oysters really one of a kind is the owner-chef Toshihiro Matsushita. He learned French cuisine at a highly regarded culinary school and worked at a restaurant inside a well known hotel in Tokyo. Then, he relocated himself to Canada and found a job at a resort hotel where he was introduced to fresh oysters delivered daily and in abundance to the kitchen where he worked.

Back in Tokyo, what he would like to do at his own restaurant is to simply serve fresh oysters and other seafood dishes he thinks are good. Moreover, he would like to serve them in a casual atmosphere.

Apart from fresh oysters, one thing that appropriately represents chef Matsushita’s intention is a bowl full of, or sometimes slightly overflowing with, clam chowder. Also, it would be very hard to ignore his pasta and risotto dishes made with the freshest seafood. Unlike other chefs hired to cook whatever they are told to cook, chef Matsushita is willing to cook up whatever he thinks is good for his restaurant and its customers. We all think we have enjoyed a good seafood restaurant like this, but after dining at this uniquely appealing restaurant you will realize, until now, you have not.

TOP

LUNCH&DINNER

ディナー: アラカルト
Dinner: A la Carte menu only

TOP

DRINKS

世界中から届く新鮮な牡蠣や、シーフードと一緒に味わってもらう為に、フランス料理の経験をもつ松下シェフが選ぶワインは、アメリカ西海岸やオーストラリアなどのニューワールドとフランスのワイン。グラスでは赤白共に600円位から、ボトルは2,000円台後半から、4,000円から6,000円台を中心に取り揃えあり。そしてシャンパンを含むスパークリング・ワインも常備。

To go with fresh oysters sourced from around the world, chef Matsushita with a French culinary background selects new world wines mainly from the West Coast of the United States and Australia, as well as from France. They are reasonably priced by the glass from 600 yen and from around 3,000 yen for bottles. The majority of bottles are priced less than 7,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所
Address
東京都渋谷区恵比寿西1丁目3-11 Belle恵比寿M1F
M1F Belle Ebisu, 1-3-11 Ebisu Nishi, Shibuya-ku, Tokyo (The Original Location)
最寄り駅
Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 恵比寿
Ebisu (JR & Tokyo Metro)
Tel 03-6416-1391
予約
Reservation
URL http://oyster-bar.jp/
http://www.japantimes.co.jp/text/fg20120217rs.html
http://twitter.com/FishHouseOB
http://www.facebook.com/pages/Tokyo/Fish-House-Oyster-Bar-Tokyo-/249327421965
平均予算
Average Cost
平均予算:¥6,000

Average Cost: 6,000 yen
営業時間
Business Hours
Monday to Friday: 17:00~23:00(L.O)
Saturday, Sunday & Holiday: 15:00~23:00(L.O)
Credit Card JCB / VISA / Master / American Express
TWITTER FACEBOOK

ニュースレター
News letter