ラ・ヴィータ
曙橋・四谷三丁目 / イタリアン

La Vita
Akebonobashi-YotsuyaSanchome / Italian

03-3359-0456
メインビジュアル

増田農園の元気な有機野菜のサラダ

Salad of Organic Vegetables from Masuda Farm

1400

メインビジュアル

本日の鮮魚のカルパッチョ

Today’s Fresh Fish Carpaccio

1400

メインビジュアル

サンダニエーレ産プロシュート

Prosciutto from San Daniele

1600

メインビジュアル

和牛トリッパのトマト煮

Tomato Stewed Wagyu Tripe

1200

メインビジュアル

イカスミを練り込んだビーゴリ *ソースは季節によって変わります。

Sepia Bigoli (Sauce varies by season)

1400

メインビジュアル

サルディーニャ産カラスミのスパゲッティ

Spaghetti with Sardinian Botargo

1400

メインビジュアル

短角牛のタリアータ

Shot Horn Tagliata

2500

メインビジュアル

骨付きプラチナポークの炭火焼(3400)と色々野菜の炭火焼(1400) *野菜は付け合せとなります。

Charcoal Grilled Platinum Port (3,400 yen) and Charcoal Grilled Vegetables (1,400)

メインビジュアル

ピスタチオのクレームブリュレ

Pistachio Creme Brulee

550

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

「フィレンツェの裏通りにある小さなトラットリア(食堂)」をコンセプトに、オーナーの須田祐司が「ラ・ヴィータ」をオープンしたのは1993年の1月。「自分が実体験したイタリア人の日常生活におけるトラットリアの位置付け、すなわち単に食事が出来るスペースではなく、日々の生活のドラマがある場所を再現したかった。」と彼は語る。以来、営業形態やスタイルの小さな変更はあったものの、コンセプトは一切変えることなく、現在に至っている。

 

コンセプトそのままに、この店は「裏通り」にある。四谷三丁目駅からゆっくり歩いても2分弱と決して不便な場所ではないのだが、店の前は人通りまばらな細い道。夜になると、木と大きめのガラスのファザード越しに、落ち着いた明かりと温かな空気がこの道にこぼれてくる。

 

料理も、もちろんコンセプトどおり。本国のトラットリアで元来供されているような「新鮮な素材を使って、あまり余計なことはしないでその味を活かす」というシンプルなスタイルである。有機野菜、ミルク飲み地鶏、プラチナポーク・・・決して必要以上に豪華ではないが産地のはっきりとした優良素材が、炭火焼き等のダイナミックな調理方で登場する。「トスカーナ名物のビステッカフィオレンティーナに使うキアナ牛の雰囲気に良く似ている」という短角牛を使ったリブロースステーキは、特にお薦め。そして、当然のことながら一皿のボリュームも満点。2人で訪れた場合、普通なら前菜2皿、手打ちパスタを1~2皿、メイン1皿で十分に満腹である。

 

さて「コンセプトそのまま」ということを再三書いてきたが、この店の最大の特徴そして魅力は、「イタリア人の日常生活におけるトラットリアの位置付けを再現する。」という須田の思いが、長い年月をかけて実現されていることである。たとえばある一夜。信頼関係が生まれつつあるクライアントと多少緊張しながらも会話が弾んでいる4人テーブル、この店は今日が初めてという感じの30代のカップル、須田の薦めるワインと彼との会話を楽しみながら盛り上がる顔馴染みと思われるメンバー達、1人静かに夜の食事をする初老の男性・・・テーブルそれぞれに確かに「日々の生活のドラマ」が存在し、しかもそれが自然に調和している。

 

一言で「手打ちパスタと豪快な肉料理を気軽に楽しめるトラットリア」とは括りきれない、この店ならではの「空気感」に一度はまると、たとえ少々遠方からでも定期的に通いたくなってしまう一軒。

Yuji Suda opened La Vita in January 1993 with a simple concept in mind. He sought to recreate here in Tokyo a small trattoria such as stereotypically found on the back streets of Florence. And, he wanted to make it a place not only to eat but also to witness the drama of daily lives. That’s the kind of trattoria he experienced in Italy. Since La Vita opened its doors, this concept has not changed.

 

This trattoria is indeed located on a back street, less than 2 minutes walk from Yotsuya Sanchome station. While it is not inconvenient, one does not find many people walking by on this street. At night, from outside the trattoria, you can see people and feel the atmosphere inside through the large window.

 

What its kitchen offers is, of course, stereotypical trattoria fare. They source and cook fresh ingredients without overly tweaking them. On the menu, you will find things like organic vegetables, milk fed free range chicken, premium pork and others. The ingredients here are not chosen solely for their premium price, but rather are all carefully selected for their extraordinary quality. Especially recommended is shorthorn short loin steak which is similar to Chianina beef used for Tuscany’s beef steak called bistecca di manzo. And, it is especially good to know that for carnivores of Tokyo, their portions are very generous. Two people sharing two appetizers, a plate or two of homemade pasta and a main dish will be fully satisfied.

 

Apart from its unpretentious trattoria fare, what makes La Vita unique is what’s going on inside the venue. Suda took time and created a place to witness the daily lives of people from every walk of life. This is definitely not an ordinary trattoria simply offering homemade pasta and bistecca di manzo. This place has, in addition to unpretentious but tempting dishes, a unique atmosphere that attracts and retains customers.

TOP

MENUS

Lunch:

サラダ・パスタ・パンのコース:¥1,000

メイン料理・サラダ・パンのコース:\1,200

パスタ・メイン料理・サラダ・パンのコース:¥1,800

1,000 yen for Salad + Pasta + Bread

1,200 yen for Salad + Main Dish + Bread

1,800 yen for Salad + Pasta + Main Dish + Bread

 

Dinner:

アラカルトのみ *予算に応じたコース作製も可能

Dinner: A la Carte menu only. Special set course menu could be arranged on request.

 

メニューの詳細は、こちら(=La Vitaのホームページ)をご覧ください。

TOP

DRINKS

「飲んでみてナチュラルで、店の料理との相性も良いから。」(オーナーの須田さん)との理由で、自然派のイタリアワイン中心。ワインの持ち込みは、¥2,160/1本。

グラス:¥600~ グラススプマンテ:¥1,000~

ボトル:¥4,000~ ボトルスプマンテ:¥3,000~  中心の価格帯:¥6,000台

 

Suda likes bio dynamic wines as he thinks they taste natural and go well with his food. They are, of course, mainly Italian. They charge 2,160 yen per bottle for corkage. Wine by the glass is available from 600 yen, while Spumante by the glass is available from 1,000 yen. Bottles are available from 4,000 yen. The main price range is approximately 6,000 yen. Bottles of Spumante are available from 3,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-4-9
3-4-9 Yotsuya, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-0004
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目
Yotsuya-Sanchome(Tokyo Metro)
Tel
03-3359-0456
Fax
03-3359-0456
平均予算 Average Cost
夜の平均予算¥6,000
Average dinner cost: 6,000yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 11:30 - 14:00(L.O.)
*ランチの営業は、火・水・木の3日間です。
Lunch served only on Tuesday, Wednesday and Thursday

Dinner: 18:00 - 23:00(L.O.)

Closed on Sunday & National Holidays


Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX  他