ル ボークープ
参宮橋・代々木八幡・代々木上原 / フレンチ

Le Beaucoup
Sangubashi-YoyogiHachiman-YoyogiUehara / French

03-5738-7952
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

アミューズ

Amuse Bouche

メインビジュアル

秋鮭のブランマンジェ 菊芋のクリーム ディルの香り

Autumn Salmon Blanc Manger and Jerusalem Artichoke Cream, Dill Flavored

メインビジュアル

新サンマ、栗の渋皮煮のタルタルと生ハム(Jambon cru)のムース ミモザ仕立て

Tartare of Pacific Saury and Stewed Chestnut, Mousse of Dry Cured Ham, Mimosa Style

メインビジュアル

生落花生のムースと帆立貝、和梨、キノコのジュレと一緒に

Peanut Mousse, Scallop, Japanese Pear and Mushroom Jelly

メインビジュアル

赤ハタのカレー風味の魚介ソース     

Blacktip Grouper with Curry Flavored Seafood Sauce

メインビジュアル

カリッと焼き上げた様々なキノコと穴子の温かいテリーヌ ポルト酒のソース

Terrine of Crisply Sautéed Mushroom and Garden Eel, Port Wine Sauce

メインビジュアル

島根県産の猪のバラ肉のコンフィと緑レンズ豆のタルト仕立て

Shimane Wild Boar Rib Confit and Green Lentil, Tart Style

メインビジュアル

十勝より自然飼育和牛のフィレ・ステーキ

Tokachi Wagyu Beef Filet Steak

メインビジュアル

十勝より自然飼育和牛のフィレ・ステーキ

Tokachi Wagyu Beef Filet Steak

メインビジュアル

マロンのミルフィーユ カシスのソルベを添えて


Chestnut Mille-feuille with Casis Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

ル・ボークープという名のフレンチ・レストランがあるのは渋谷区の上原。勿論、最寄りの駅は代々木上原となるが、このレストランがあるのは井の頭通りの上原三丁目の信号から、東大駒場キャンパスに向かって伸びる仲通り商店街の奥という少し予想外のロケーション。

 

この昭和の面影を残す、というか完全に時代に取り残された、と言っても過言ではないような商店街を十分な予備知識をもたずにル・ボークープに向かって歩くと、その先にあるのは近所の人達が気軽にカウンター席に座って食事をする小さなビストロやバルといったカジュアルな場所を勝手に想像しがち。(実際にル・ボークープにはL字形をした8席のカウンターがあり、そこは料理をするシェフの姿を眺めながら、ワインと料理を楽しみリラックスするのに理想的なスポット)

 

このレストランのドアを開くと、そこには白いクロスを纏った4人掛けのテーブルが2つと、壁際には8人が座れる席が並び、プティ・メゾンといった感じの上質感が漂っていることに気付くはず。

 

そんな空間で味わう料理に表現されているのは、『日本で日本人に食べてもらう料理をつくるからには、季節を感じてもらえる料理をつくりたい』 というオーナー・シェフ佐藤武久の思い。

 

さらにレストランを経営する立場から、『人に来てもらう為には、少し個性的な料理が必要』と語るが、実際にル・ボークープで食事をしてみると、佐藤シェフのつくる料理は必ずしも自己主張にこだわったような料理ではなく、しっかりと基本を押さえた正統派のフランス料理だということが判るはず。

 

その正統派のフランス料理の基本を徹底的に叩き込まれたのは、佐藤が調理師学校を卒業して初めて勤めたレストラン、ル・マノアール・ダスティン。優秀な料理人を何人も鍛え上げた五十嵐安雄シェフは、フランス料理とは何かを感覚的に理解する事の大切さを説きながらも、フレンチの伝統的な食材にこだわるのではなく、季節の変化に合わせて日本の食材を積極的に取り入れる事で知られる。

 

このル・ボークープのメニューにも、マノアール・ダスティンを「卒業」した他のシェフが開いたレストランと同じように、五十嵐シェフのスペシャリテである『ウニを添えた人参のムースとコンソメジュレ』があるが、佐藤シェフがつくるのは、単に師匠のオリジナルを再現しただけのものではない。実際に味わってみれば、その一品が五十嵐シェフへのオマージュであり、控え目ながらもシェフの自己主張である事が分るはず。

 

マノアール・ダスティンの後は、幾つかのレストランでシェフを任され、渋谷区上原に自らのレストランを開いた佐藤シェフにとって良い意味で予想外だったのは、ここでは昼はグラスで夜はボトルでワインを楽しむ人が多いという事。これはル・ボークープが既に代々木上原周辺の閑静な住宅街に住む人たちの生活の一部として受け入れられつつあるという事と、ゆったりとワインを楽しみながら食事をするに相応しい雰囲気をもったレストランであるという事の証明。

 

そしてル・ボークープを特別な存在にしているのは、その使い勝手の良さ。テーブルで友人達と一緒にランチやディナーを楽しんだり、1人でカウンターに座って微かに聴こえる佐藤シェフが好きなロカビリーやブルースに耳を傾けながらワインと一緒に軽く食事を楽しめたり。

 

まさしくル・ボークープは渋谷や新宿の喧騒を逃れて、落ち着いてフランス料理を味わう為に足を延ばすべきレストランである。

 

 

 

 

 

 

 

On an old and somewhat obscure shopping street called Nakadori Shotengai, sits Le Beaucoup. It is not far from Yoyogi-Uehara station, within Shibuya ward. The shopping street is reminiscent of the Showa period and even seems left behind in time. 

 

You could, then, anticipate Le Beaucoup being a small bistro-type place for the locals to casually get together for drinks and food. There is, in fact, an L-shaped bar counter with eight stools-- an ideal spot to sit and watch the chef cook while you enjoy your food and wine.    

 

However, Le Beaucoup’s space features tables covered with white cloth; two tables for four and four tables for two along the wall. Such crisp dining space reveals that Le Beacoup is a petit maison restaurant, not a casual bistro or brasserie. Green chairs are a punch of playful color amid clean lines. This is a cheery palette on which the food shines memorably. What’s more, Chef Takehisa Sato would like his guests to always feel the seasons through his dishes.

 

Le Beaucoup attracts diners with bold dishes as well as subtle flair. Dishes are not at all overly assertive. They are the masterpieces of someone who thoroughly understands the basics of French cuisine.     

 

Chef Sato learned the basics at Le Manoir d’Hastings in Ginza, the very first restaurant he worked for after graduating from culinary school. Chef Yasuo Igarashi of Manoir d’Hastings is a legendary figure who has trained many chefs who have gone onto become successful owner-chefs of their own restaurants. Chef Igarashi emphasizes the importance of understanding the basics of French cuisine, both logically and sensuously. He has found his way in creating dishes that bridge traditional French cuisine with seasonal Japanese ingredients. The balance is striking and luscious.   

 

Just like in other restaurants owned by Manoir d’Hastings’ alumni, you can find Chef Igarashi’s specialty; brilliantly hued Carrot Mousse and Consommé Jelly with Sea Urchin at Le Beaucoup. While it is Chef Sato’s homage to his teacher, the famed master, Sato makes it slightly differently, a humble and delicious assertion.

 

Chef Sato has been pleasantly surprised to see more guests drinking by the glass wines over lunch and enjoying bottles during dinner than he has seen in the restaurants he previously worked at before opening Le Beaucoup, his own restaurant. Le Beaucoup is well accepted by people living in Yoyogi Uehara’s wealthy neighborhood. Guests are coming again and again and clinking glasses, illustrating that what Chef Sato dishes up is deserving of good wine.

 

Le Beaucoup is a very accessible restaurant. If you are thinking about getting together with your friends over lunch or dinner, you can reserve a table. If you feel like indulging yourself with gorgeous dishes and fine wines, simply stroll in and take a counter stool. If you pay attention, you might notice that the sound system quietly playing the blues and rockabilly Chef Sato loves.

 

The hustle and bustle of Shibuya or Shinjuku is long forgotten when you tuck into this treasure. This is a restaurant in which wine, fresh and inviting dishes, and relaxation flows. 

 

 

TOP

MENUS

LUNCH

 

ル・ボークープのランチはメニューにある前菜、メイン、デザートの合計13種類の中から好きな料理を選んで自分だけのコースを作るユニークなスタイル。

 

Le Beaucoup has a very unique style allowing the customers to select dishes they are interested in. On the menu you find thirteen dishes; appetizer, main, and dessert combined. 

 

2,700円ではメニューから気になる3皿選べるが、思い切って3皿とも前菜もしくはメインにしたり、さらに極端な場合には3皿のデザートを食べランチとする事も可能。

 

With the 2,700 yen set lunch menu, diners select three dishes from the menu. This means that diners may select three appetizers or three main dishes, or even three desserts. Guests make their own winning trio.

 

3,700円のコースでは同様に4皿を選べる。

 

Similarly, with the 3,700 yen set lunch menu, guests select four dishes.

 

DINNER

 

ディナーでもメニューにある前菜6種類、メイン4種類、デザート5種類の選択肢から気になる料理を選んで自分だけのコースをつくっていただけます。

 

Diners are invited to create their own set course menu by selecting dishes from the menu which features six appetizers, four main dishes and five desserts for you to choose.

 

4,500 yen

前菜1 + 前菜2 + デザート又はチーズ + コーヒー

Appetizer 1 + Appetizer 2 + Dessert or Cheese + Coffee 

or

前菜 + メイン + コーヒー

Appetizer + Main + Coffee

 

6,800 yen

お好みの料理3品+デザート又はチーズ + コーヒー

3 Dishes You Select + Dessert or Cheese + Coffee

 

8,500 yen

お好みの料理4品+デザート又はチーズ + コーヒー

4 Dishes You Select + Dessert or Cheese + Coffee

TOP

DRINKS

ル・ボークープのワイン・リストにあるのは赤30種類と白20種類程度のワイン。最も人気があるのは7,000円から8,000円程度のワインだが、5,000円程度からワインをボトルで楽しめるのが魅力。

Le Beaucoup’s wine list boasts approximately 30 red wines and 20 white wines. While the most popular wines range from 7,000 yen to 8,000 yen, you can find wines priced around 5,000 yen.

毎日グラスでは白赤3種類ずつの取り揃えがあり、1,000円以下から1,200円程度と良心的な価格設定。

Le Beaucoup daily offers three red wines and three white wines by the glass, priced from less than 1,000 yen to 1,200 yen.

さらにワイン・リストには4種類のシャンパンがあり、グラスでは1種類1,200円から楽しめる。

The wine list also has four Champagnes priced from 6,000 yen. By the glass Champagne is priced at 1,200 yen. 

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都渋谷区上原3-10-3
3-10-3 Uehara, Shibuya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
代々木上原(小田急線・東京メトロ千代田線)
Yoyogi Uehara (Odakyu Line & Tokyo Metro Chiyoda-Line)
Tel
03-5738-7952
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,500 yen
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 13:30 (L.O.)
DINNER: 18:00 - 21:30 (L.O.)

Closed on Thursdays and the 2nd and 3rd Wednesday every month
Credit Card
VISA / JCB / American Express / MASTER / UC / DC / DINERS / UFJ / NICOS