レドゥー
渋谷・代官山・中目黒 / フレンチ

Les deux
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / French

03-6412-8212
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

ズワイ蟹と帆立、オマール海老のコンソメ・ジュレのカクテル

Cocktail of Snow Crab, Scallop, Lobster and Consommé Jelly

メインビジュアル

岩手・広田港産の真牡蠣、新玉葱のムースとトマトのジュレ

Oyster from Iwate with Spring Onion Mousse and Tomato Jelly

メインビジュアル

ホワイト・アスパラガスの冷製ポタージュ、カラスミをアクセントに

Chilled Potage of White Asparagus Accented with Karasumi Bottarga

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

焼きハマグリと岩塩

Grilled Clam with Rock Salt

メインビジュアル

青森県産のイワシの軽いマリネと焼き茄子

Lightly Marinated Round Herring and Grilled Eggplant

メインビジュアル

アーモンドを纏った大っきい穴子の天火焼き、ラタトゥイユを添えて

Grilled Anago Eel Dressed with Almond with Ratatouille

メインビジュアル

アーモンドを纏った大っきい穴子の天火焼き、ラタトゥイユを添えて

Grilled Anago Eel Dressed with Almond with Ratatouille

メインビジュアル

貝のナージュ

Shellfish Nage

メインビジュアル

厚切りサーモンの瞬間燻製、フレッシュ・トマトのヴィネグレットソース、温泉卵を添えて

Thickly Sliced Smoked Salmon, Fresh Tomato Vinaigrette Sauce and Onsen Tamago

メインビジュアル

平貝の炙りと彩豊かな夏野菜

Seared Fanshell and Summer Vegetables

メインビジュアル

ロワール産のホワイト・アスパラガスのムニエル、蛍烏賊と帆立、クレッソンを載せて、シェリー・ヴィネガーのソース

Meunière White Asparagus from Loire, Firefly Saquid, Scallop and Watercress, Sherry Vinegar Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

佐島産の甘鯛のポワレ フランスから届いたキノコのソテー、ソース・ブール・ブラン 

Pan Fired Sado Blanquillo, Sautéed French Mushrooms, Sauce Beurre Blanc

メインビジュアル

ブレス産の小鳩とファオグラのアンクルート、ソース・アバ

Bresse Pigeon and Foie Gras en Croute, Sauce Abats

メインビジュアル

ブレス産の小鳩とファオグラのアンクルート、ソース・アバ

Bresse Pigeon and Foie Gras en Croute, Sauce Abats

メインビジュアル
メインビジュアル

鹿児島の黒毛和牛のロースト エシャロットと黒胡椒のソース アーティチョークのフリット

Kagoshima Kuroge Wagyu Beef Roast, Shallot and Black Pepper Sauce, with Fired Artichoke

メインビジュアル

ショコラとキャラメリゼしたナッツのテリーヌ

Terrine of Chocolate and Caramelized Nuts

メインビジュアル

カモミールのムースとグレープフルーツのジュレ

Chamomile Mousse and Grapefruit Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

中目黒の駅から、上質なビストロか、カジュアルなレストランといった感じで賑わっていたオーコアンドゥフーを目指して、少し歩くだけで見つかるのがレドゥー。

 

このレドゥーの外観からは重厚感や、敷居の高さのようなものを感じる人もいるはず。落ち着きあるモダンな内装からも、ここはビストロ感覚でカジュアルに食事をするような空間ではないと直感するかもしれない。

 

しかしながらユーモラスでユニークな経歴をもつシェフと、気さくな奥様の人柄に触れながらフランス料理を味わえば、すぐにレドゥーは肩肘張って食事をするような場所ではない事に気づくはず。

 

この店名の”Les deux”という単語を、そのまま英語に置き換えると”The two”となり、それは自ずとシェフの山口潤とサービスを担当する山口沙知子の2人を意味する事になる。

 

ここではテーブル席でワインや料理を説明してくれるマダムと会話を楽しみながらでも、カウンターに座って目の前で料理するシェフを見ながら食事をしても良し。

 

その一方で、山口シェフはオープン・キッチンに関して「見られてるから緊張して、手が抜けないから…仕事が遅くなっちゃって…」と少し困惑気味。「昔はスペースに少し余裕があったから、何枚も皿を並べて一気に仕上げてたんですけど、今は一皿一皿やらなきゃいけないから…」というのはシェフをフォローする奥様の言葉。

 

やれる事を2人でやって…

 

「できるだけ人に任せないで、自分たち2人の手でやって、料理もサービスも良くしていきたいんです」というのが、とても人気のあったオーコアンドゥフーを閉めて、内装も外装も、そして名前まで変えて再出発した理由。

 

なのでレドゥーでは、シェフはカウンターの内側で料理をしながら、レストラン全体を見渡し、しっかり奥様はシェフが仕事しているか見ることができる。「最初はカウンターだけと思ってたのに、スペースが余ったんで、テーブル席もつくっちゃった」という裏話もあり。

 

「好き好んで料理人になったわけじゃないんスよ」と語るシェフの山口だが、パリだけでなく、日本人が絶対に行かないような田舎で、フランス人の優しさに触れながら3年間にわたり料理した経験をもつ。シェフ本人はフランスに行って「空気を吸ってきただけ」と謙遜するが、実際には幾つかのミシュラン星付きのレストランで働き、鍛えられてきた。

 

レドゥーで山口シェフの料理を口にすれば、その味わいが洗練されたように感じるはず。それは決して雰囲気が変わったから、味も変わったように感じるのではなく、実際に料理の完成度が増したから。

 

しかしながら山口シェフ本人は相変わらず「チマチマした料理はイヤなんすよ…」と語り、何人かの常連は今でも帰り際に必ず「フレンチなのにヴォリュームあり過ぎ!」と文句を言いながらも、毎月のように戻ってくる。

 

同じなのは住所と電話番号だけで、他は全てが変わり、進化したようなレドゥーだが、この店の本質は以前のまま。それは店を仕切る2人の「来てくれた人には、美味しく楽しい時間を過ごしてもらう」という思いが変わらないから。

 

この”Les Deux”というフランス語には「2人」という意味だけでなく、「一緒に」といった意味合いもあるらしいのだが、その「一緒に」というのは料理とサービスを提供する店側と、それを楽しむ側の事。この両方があってこそ良いレストランが成り立つというのが2人の考え。

 

であれば我々は食事をする側として、料理とサービスの両方を楽しみ、レドゥーを盛り上げたい。

The recently opened Les deux is located five minutes from Nakameguro station, where a popular restaurant called Au Coin du Feu was once active. Les deux feels upscale and classy, and there’s an air of exclusivity to the design and the interior, but the truth is it’s a restaurant for relaxed, casual dining. 

 

A direct translation of the French words Les and Deux is “The Two,” and it’s safe to assume this refers to Chef Jun Yamaguchi and his friendly wife Sachiko.

 

At Les deux, diners are encouraged to talk with Sachiko about dish and wine recommendations, and then watch Chef Yamaguchi prepare his cuisine at seats located along the kitchen counter.

 

When asked about the open kitchen, Chef Yamaguchi says, “When I’m being watched I get nervous and have to really work without cutting any corners. I get panicky sometimes!” Sachiko adds, “The kitchen was larger at Au Coin du Feu, so Chef Yamaguchi could spread out his dishes and finish them all at once. Now he works on each dish one by one.”

 

Husband & Wife Team

 

Sachiko says, “We wanted to do everything by ourselves without hiring additional staff, so we can control both the food and service quality.” And so, the Yamaguchis closed Au Coin du Feu, and opened Les deux in its place, giving it a new exterior and interior to express their change in approach.

 

 

At Les deux, Chef Yamaguchi works from the open kitchen, where he overlooks the entire dining space. At the same time, Mrs. Yamaguchi keeps a watchful eye on the proceedings, ensuring her husband is always giving his best.

 

Chef Yamaguchi is famous for saying, “I never wanted to become a chef,” and he still sometimes pretends that he does not enjoy what he does! However, there is no doubting his discipline; Yamaguchi spent three years working in Paris and French rural areas where many Japanese cuisiniers or tourists dare not venture. It was here, in the kitchens of Michelin starred restaurants, that Yamaguchi states he was “breathing the air of French cuisine.”

 

At Les deux, Yamaguchi says, “I don’t wanna make small dishes with tiny details I have to work on with tweezers.” His customers, too, appreciate his approach, with many impressed by the generous portions in each dish. This is just one of the reasons many come back with friends, and it’s proof Yamaguchi is again on the right track. 

 

And while the direct translation of Les deux is “The Two”, it also means “both,” which is an important detail to the Yamaguchis, who believe it’s both the people working at the restaurant, and the people dining there, that make the experience of a good restaurant.

TOP

MENUS

DINNER

 

6,000 yen 

アミューズ + 前菜 + 季節の一皿 + 魚 or 肉 + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Seasonal Dish + Fish or Meat + Dessert

 

8,500 yen

山口シェフの「おまかせ」メニュー(6皿から7皿)

Chef Yamaguchi’s “Omakase” Menu (six to seven courses)

 

a la Carte Menu

 

レドゥーでは上記2つのコースだけでなく、充実したアラカルト・メニューから食べたい料理を選んでディナーを楽しむのも良し。

 

10種類以上ある前菜は1,800円から、10種類前後のメインは2,800円から。4種類のデザートは800円前後。

 

前菜もメインも、しっかりとしたボリュームがあるので、シェアしながらワインと一緒に味わう常連の人も多い。

 

You can also enjoy dinner a la carte instead of the two set menus above. 

 

The a la carte menu features more than ten appetizers priced from 1,800 yen, and approximately ten main dishes from 2,8000 yen. Four desserts are available daily, and are priced around 800 yen.

 

As the appetizers and main dishes are substantial in size, many regulars share them between their group.

 

 

LUNCH (Weekend Only)

 

3,500 yen 

アミューズ + 前菜 + スープ + 魚 or 肉 + デザート 

Amuse Bouche + Appetizer + Soup + Fish or Meat + Dessert

 

5,000 yen 

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + デザート

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Dessert

TOP

DRINKS

ワイン・リストに載っているのはソムリエの資格をもつマダムの選ぶフランスのワイン。

「料理ありきでワインを選んでる」という事で、旬な食材を使ってつくられる料理に合わせて、夏にはプロヴァンなど南仏や、軽やかな味わいのロワールやアルザスのワインが増え、冬には少し樽の効いたブルゴーニュや、厚みのあるローヌのワインが増える傾向にある。

リストに載っている赤白合わせて約70種類のワインは5,000円代からで、15,000円以上のワインは載っていない。

シャンパンは3種類が7,500円から10,000円。クレマンなどのスパークリング・ワイン3種類は5,000円程度から.

グラスで味わえるのは、赤白それぞれ3種類とロゼが1種類で、1,100円から。シャンパンは1,500円。

Wines on the list are all French and selected by Mrs. Yamaguchi, a certified sommelier. 

Sachiko selects wines while considering the dishes her husband cooks, and their seasonal ingredients. She tends to select wines from Provence and southern France during summer, and those from Burgundy and Loire during winter.

The wines listed are priced from less than 6,000 yen and go up to 15,000 yen. Les Deux also has special bottles unlisted.

Three Champagnes priced from 7,500 to 15,000 yen are on the list, along with three sparkling wines like Crémant priced from less than 6,000 yen.

By the glass, Les Deux daily has three red wines, three white wines, and one rosé wine generously poured, priced from 1,100 yen. Champagne by the glass is 1,500 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都目黒区上目黒2-7-2
2-7-2 Kamimeguro, Meguro-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒
Nakameguro(Tokyu Toyoko & Tokyo Metro)
Tel
03-6412-8212
平均予算 Average Cost
DINNER: 10,000 yen
LUNCH: 5,000 yen (Weekend Only)
営業時間 Business Hours
DINNER

Monday, Tuesday, Thursday and Friday
18:00 - 23:30 (L.O. 22:00)

Saturday & Sunday
18:30 - 23:30 (L.O. 22:00)

LUNCH

Saturday & Sunday Only
11:30 - 14:30 (L.O. 12:30)

Closed on Wednesday and the 3rd Tuesday every month
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA