オオハラ・エ・シーアイイー
西麻布・六本木 / フレンチ

Ohara et CIE
NishiAzabu-Roppongi / French

03-5785-3485
メインビジュアル

サンマとジャガイモのテリーヌ サンマの肝のヴィネグレットソース

Terrine of Pacific Saury and Potato, Saury Liver Vinaigrette Sauce

メインビジュアル

自家製そば粉のクレープ サワークリームとキャビアを添えて

Homemade Buckwheat Galette with Sour Cream and Caviar

メインビジュアル

本日の鮮魚のポワレ 干し海老風味のスープ仕立て *写真はマコガレイ

Pan Fried Fish of the Day, Dried Shrimp Flavored Soup Style (The fish in the picture is founder

メインビジュアル

本日の鮮魚のポワレ 季節野菜のマリネを添えて *写真はアイナメ

Pan Fried Fish of the Day with Marinated Seasonal Vegetables on the Side (The fish in the picture is fat greening

メインビジュアル

岩手県産の岩中豚のロースト マスタードソース

Roasted Iwanaka Pork with Mustard Sauce

メインビジュアル

仔鴨胸肉のロースト 黒オリープソース

Roasted Baby Duck with Black Olive Sauce

メインビジュアル

仔羊ロース肉のロースト 香草の香り

Roasted Lamb Loin Herb Flavored

メインビジュアル

かぼちゃのプリン キャラメルのアイスを添えて

Pumpkin Pudding with Caramel Ice Cream on the Side

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

「西麻布」。閑静な住宅街の中に様々なレストラン・バーが混在し、静かにしのぎをけずるエリア。この一角のビルの地下1F、通りより直接階段をおりた右手の小さな扉が、「レストラン・オオハラ」(*)への入口である。地下1Fながら、吹き抜け。天気との兼ね合いが合えば、外の空気に触れながらの食事も可能である。*正式名称は「オオハラ・エ・シーアイイー」だが、電話を含めて通常のやり取りは「レストラン・オオハラ」で。

オーナーシェフ大原 正彦は、Q.E.D. CLUBで約8年間料理長を務めた後に独立。料理は、ベーシックなフレンチに基く旬の素材の存在感を重んじるスタイル。「見た目の新鮮さ」に特化した料理が少なくない現在、「応用は、しっかりとした基本の上にのみ成り立つ」という当たり前の真実が、改めて思い出される。

「レストランは、非現実の場であるべき」というシェフのポリシーが具現化された店内は、一見、レストランというよりセンスのよいブティックという趣き。床の大理石、間接照明、磨りガラス、アルミ、そしてテーブルクロス、それぞれの質感とトーンが見事に融合し、白ベースの凛とした雰囲気の中に席についたゲストをホッとさせる暖かさを醸し出している。サービスは、節度と、場に応じたフレンドリー加減のバランスが絶妙。食事が進むほどに、ゲストとスタッフの会話も自然と弾んでくる。

一度訪れた後、静かながらも確かなインパクトが残る。「また訪れたい」と思わせるレストランである。

 

パーティー・ウェディングについては、こちらをご覧ください。

 

Nishi Azabu is well known as the home to restaurants and bars competing to attract some of the discerning customers who seek out the area for its fine offerings. Restaurant Ohara is one of these restaurants, and is located on the basement level of an unassuming building located on a quiet back street of Nishi Azabu. Although the main dining room is located on the basement level, the restaurant also has a cozy outside terrace space where diners can enjoy the gentle breeze in the fresh air. (Please note that the official name of the restaurant is Ohara et CIE. However, it usually goes by with Restaurant Ohara)

After working at Q.E.D. Club, a highly acclaimed French restaurant, as executive chef for 8 years, Masahiko Ohara realized it was time to open his own restaurant. His creations are true to French fundamentals and to his own training. While many chefs recently seem to be keener on producing photogenic dishes perhaps merely pleasing to the eye, Chef Ohara applies his solid skills to ensure all of his dishes target and completely satisfy your palate.

It can be said however, that his restaurant looks more like a fashion boutique than a place to dine. The interior is very simple and well coordinated with a marble paved floor, indirect lighting, tablecloths, and frosted windows. He has a strong belief that a restaurant must provide people with an escape from the routine of everyday life. Service staff are unobtrusive but very attentive. They strive to ensure you have a quality dining experience.

OHARA et CIE, a cozy and quiet restaurant you will feel like going back to again after your first dinner.

TOP

MENUS

Lunch:
¥2,800、¥3,500、¥5,000 の3コース
Three lunch courses at ¥2,800, ¥3,500 and ¥5,000.

Dinner:
¥5,000、¥6,300 の2コース。
他に「シェフお任せコース」(¥10,000)、及びこのコースに乾杯用のシャンパーニュ、メッセージプレート、記念写真の3つのサービスが付いた「記念日コース」あり。
Two dinner courses at ¥5,000 and ¥6,300.
Chef’s Omakase Special Course (10,000 yen) is available. Also available is a set course menu including champagne for toast, message plate, commemorative photo for special occasions.

TOP

DRINKS

ワインはフランスを中心に厳選したものを紹介。「お客様がその日に飲まれたいものを、料理との相性を考えながらお薦めしています。」(マネージャー 常盤さん)
グラス:¥1,000~¥1,200 グラスシャンパーニュ:¥1,200~
ボトル:¥7,000~ 中心の価格帯:¥10,000前後

The wine list here is mainly sourced from France. The manager of the restaurant, Tokiwa-san comments “I enjoy suggesting what my guests may wish to select by taking into consideration what they are eating”.
Wine by the glass is priced from 1,000 yen to 1,200 yen, while bottles are available from 7,000 yen. The main price point is around 10,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒106-0031 東京都港区西麻布1-11-15 西麻布Y-FLAT B1F
Nishi-azabu Y-FLAT B1F 1-11-5 Nishi-Azabu Minato-ku, Tokyo, 106-0031
最寄り駅 Nearest Station(s)
地下鉄千代田線 乃木坂、又は日比谷線&大江戸線 六本木
Nogizaka(Tokyo Metro) Roppongi(Tokyo Metro)
Tel
03-5785-3485
Fax
03-5785-3485
平均予算 Average Cost
夜の平均予算:¥7,000~¥10,000 
Average dinner cost: 7,000 to10,000 yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 12:00 - 15:30 (L.O. 13:30)
Dinner: 18:00 - 23:00 (L.O. 21:00)

お休みは、不定期です。事前にTELにてご確認ください。
Please note that this restaurant is closed 3-4 days each month on varying days. We recommend calling in advance to confirm which days.
Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX 他