プティ バトー
参宮橋・代々木八幡・代々木上原 / フレンチ

Petit Bateau
Sangubashi-YoyogiHachiman-YoyogiUehara / French

03-3485-9928
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

オードブルの盛り合わせ

Assorted Hors-d'œuvre

メインビジュアル

サンマのリエット

Rillettes of Pacific Saury

メインビジュアル

あん肝のテリーヌ

Terrine of Monkfish Liver

メインビジュアル

自家製スモーク・サーモン

Homemade Smoked Salmon

メインビジュアル

ブーダン・ノワールの焼きテリーヌ

Terrine of Pan-fried Boudin Noir

メインビジュアル

本日のカルパッチョ

Today’s Carpaccio

メインビジュアル

里芋と薩摩芋の焼きテリーヌ、フォアグラのソテーを添えて

Terrine of Taro and Sweet Potato Topped with Sautéed Foie Gras

メインビジュアル

詰め物をした小ヤリイカのローストとレモン・バター・ソース

Roast Stuffed Yariika Cuttlefish, Lemon Butter Sauce

メインビジュアル

骨つき仔羊肉のロースト 焼きリンゴを添えて

Roast Bone-in Lamb with Grilled Apple

メインビジュアル

バターライスを詰めたウズラのロースト

Roast Quail Stuffed with Buttered Rice

メインビジュアル

チョコレートのスフレ、バニラのアイスクリームを添えて

Chocolate Soufflé Topped with Vanilla Ice Cream

メインビジュアル

チョコレートのスフレ、バニラのアイスクリームを添えて

Chocolate Soufflé Topped with Vanilla Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

渋谷駅周辺の喧騒を逃れ東急本店とオーチャード・ホールを左手に見ながら進んでいくとあるのが神山町の商店街。この代々木八幡の駅まで続く商店街には私鉄沿線ならではの心地よい空気が流れ、小洒落た雰囲気のギャラリーやカフェがあったり。

 

そこに集まるのは流行に振り回される若者ではなく、自らのライフ・スタイルを確立しつつある少し大人になった若者達。そんな彼らは神山町の商店街をオーチャード・ロードと呼んだりするらしい。

 

その通りにあるのはカジュアルながらも洒落た雰囲気を醸し出す飲食店の数々。しかしながらプティバトーは目立たないというか、少し埋もれたような感じ。だからこそフランス料理を愛する大人にとってプティバトーは魅力的なエスケープ先として知られた存在となっている。

 

 

8席だけの小さなレストラン

 

レストランに必ずあって、プティバトーにはないのがテーブル。そしてサービスを担当するスタッフもプティバトーにはいない。ここではカウンターに座ってオーナー・シェフの笹川幸治が料理する姿は見ながらディナーを楽しむべし。

 

少しターコイズを思わせるような青色に塗られたドアを開けて中に入って気づくのは笹川幸治は愛想よく笑顔をふりまいたり、客に媚びたりするシェフではないという事。笹川が職人気質という事もあるのだが、本人は「少し人見知り…」と自らを説明する。

 

そして驚くのは黒板のメニューにぎっしりと書かれた料理の数。常連であれば「いつもの前菜」もしくは「いつものデザート」といった感じでオーダーしても良いのだが、初めてならセットがお薦め。3つのセット(2,500円・4,500円・6,000円)があるのだが、とりあえず5種類の前菜を味わえる2,500円の「オードブルの盛り合わせ」をオーダーして、その後にシェフとの会話を楽しみながら前菜やメイン・ディッシュを追加しても良し。

 

 

多くの種類の料理を美味しく提供する為には、じっくりと時間をかけて仕込みをしているはずなのだが、「できるだけ仕込みはしないようにしている」というのがシェフ笹川の予想外な説明。しかしながら決して手抜きをしているという事ではない。

 

東京やフランスのレストラン、それがミシュランの星を幾つも獲得しているグラン・メゾンでも、時に完璧に仕上げられた料理がテーブルに運ばれるまで時間がかかってしまう事がある。それを見てきた笹川がプティバトーで心がけているのは、料理はオーダーが入ってから仕上げ、それを素早く提供するという事。

 

少し回り道をして最初に働いたのは小さな結婚式場という笹川だが、本格的なフランス料理に初めて触れたのは、欠員が発生したという事でオープニング・スタッフとして採用された今では伝説のタイユバン・ロブション。

 

当時の東京でタイユバン・ロブションはフランスから来日する有名シェフが必ず訪れたレストラン。そこで縁あってフランスに渡りベルナール・ロワゾーの3つ星だったラ・コート・ドールで働き、地産地消という地域に根付いたレストランのあり方に感動する。

 

その後も幾つかのミシュランの星付きのレストランで働き続け、中にはサーフィンがしたいという料理人としては少し不純な動機で大西洋に面したボルドーの南の一つ星のレストランで働いた事もある。

 

そんな充実した経歴をもつシェフが料理する姿を手の届くような距離で眺められるレストランは東京、そして世界に何件もないはず。

 

ここでは最初は静かに料理とワインを味わいながらも、いつのまにか人見知りすると言うシェフの人柄に触れ、デザートを楽しむ頃には、もう一杯だけ帰る前にワインを飲みたくなったり… そんな小さいながらも心地よい空間がプティバトー。

 

 

Walk away from the hustle and bustle around Shibuya station, and pass through the Tokyu Department Store and Orchard Hall, and you’ll find Kamiyamacho Shotengai, a shopping street with a comfortable air akin to that of suburban Tokyo.

 

The area has several galleries and cafes, attracting young adults more interested in their own lifestyle than chasing trends. The street running through the area is often called Orchard Street. 

 

The street boasts many eateries with casual, comfortable atmospheres. And you’ll find Petit Bateau buried among them. It’s exactly what makes the place a great hide out for French food lovers - it’s a chance to escape, right there in Shibuya. 

 

A Small Restaurant with Only Eight Seats

 

One thing missing from Petit Bateau is a table. Another thing is service staff. The Petit Bateau experience takes place at the kitchen counter - which is more like a bar counter - where you watch Chef Sasagawa cook. 

 

 

Chef Sasagawa is a serious chef, and you’ll notice as soon as you open the turquoise door to get inside. Not one for fake smiles or excessive welcomes, Sasagawa admits that he’s a bit introverted and shy with new people.

 

You’ll be amazed by the black board, filled up with countless menu items. Regulars simply ask, “What’s good tonight?” But there are also three great set menus priced at 2,500, 4,500 and 6,000 yen. We especially recommend the 2,500 yen menu, which comes with a plate of five assorted hors-d’œuvres. And if the mood strikes, you can always upgrade to the 4,500 and 6,000 yen set menus. 

 

Being a one-man show, you’d expect Sasagawa to spend long hours on preparations everyday. However, the chef says, “I try to keep preparation work as minimal as possible.” The focus here is on efficiency, not lacking preparations.

 

Chef Sasagawa has worked for Michelin multi-starred restaurants in Tokyo and France, and witnessed the time it takes to get perfectly cooked dishes to diners. At Petit Bateau, Sasagawa works hard to serve freshly cooked dishes, each prepared after taking the order, and directly in front of customers. These dishes are then served across the counter. 

 

Sasagawa started his career belatedly at a wedding hall in Tokyo, and was extremely lucky to find himself hired at the now legendary Château Restaurant Taillevent-Robuchon thanks to a last minute position opening. You might know this restaurant by its current name, the Joël Robuchon Restaurant in Ebisu Garden Place.

 

Back then, Taillevent-Robuchon was the place to go for visiting French chefs. Among them was the late Bernard Loiseau who gave young Sasagawa an opportunity to work at his triple starred La Côte d’Or in Burgundy. 

 

Sasagawa has also worked at a couple of Michelin starred restaurants in France, including one close to the Bay of Biscay in Bordeaux, where he enjoyed surfing whenever he wasn’t working. 

 

 

It’s not easy, and it’s sometimes impossible, to find restaurants where such an experienced chef works his magic directly across the counter from you. And this is not just true of Tokyo; it’s likely true of any city in the world. 

 

Petite Bateau is a place to savor quality dishes and wines. Slowly but surely, you’ll break the ice with Chef Sasagawa, and by the time you finish your dessert, you’ll feel like one more glass of wine before you leave, just to keep the conversation going.

 

 

 

 

TOP

MENUS

プティ・バトーの魅力はアラカルトで好きな料理を選んで味わえる事。黒板に書かれたメニューには前菜20週類、メインが6種類、デザートが種類も載っているが、それに加えてシェフが口頭で説明してくれるお薦めの料理が何種類かある。

 

Petit Bateau has a very extensive a la carte menu. The blackboard menu boasts approximately twenty appetizers, six main dishes and a couple of desserts. In addition, Chef Sasagawa himself will explain the daily specials. 

 

何をオーダーするか迷った時は以下のセットで料理はシェフの「おまかせ」にするのがお薦め。

 

If you are unsure of what to order, we suggest the following Chef’s omakase set menus. 

 

2,500 yen

オードブルの盛り合わせ(5種類の前菜の盛り合わせ)

ワインを飲みながら一人でサクッと食事をする人に人気のプレート。

Hors d’oeuvre Plate (Assortment of five small appetizers)

Very popular among solo diners enjoying wines by the glass

 

4,500 yen

オードブルの盛り合わせ + 温かい前菜2皿

Hors d’oeuvre Plate + Two Warm Appetizers

 

 

6,000 yen 

(メイン・ディッシュの内容により価格が若干上下する事あり)

(Price might vary due to main dish ingredient)

オードブルの盛り合わせ + 温かい前菜2皿 + メイン・ディッシ

Hors d’oeuvre Plate + Two Warm Appetizers

 

この小さなレストランでは目の前で料理するシェフとの会話を楽しみながら何を食べるか決めていくのが良し。

 

Please speak with the Chef to decide on which dishes to order.

TOP

DRINKS

ワインは全てフランス産で白が40種類、赤が60種類で、それぞれ5,000円以下の価格から取り揃えあり。シャンパンは7,900円からで4種類。

グラスでは赤白4種類ずつで800円からで高いものでも1,500円前後。

グラスのシャンパンは1,100円から。

Petit Bateau stocks approximately forty white wines and sixty red wines, all from France. The price range starts from less than 5,000 yen. The four Champagnes are priced from around 8,000 yen.

By the glass, four red and four white wines are available. These are priced from 800 yen to 1,500 yen.

Champagne by the glass is 1,100 yen.

 

 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区神山町4-20
4-20 Kamiyamacho, Shibuya
最寄り駅 Nearest Station(s)
代々木公園(東京メトロ千代田線)
代々木八幡(小田急線)
Yoyogi Koen (Tokyo Metro Chiyoda-Line) 
Yoyogi Hachiman (Odakyu Line)
Tel
03-3485-9928
平均予算 Average Cost
DINNER: 8,500 yen
営業時間 Business Hours
Weekdays Saturdays
18:00 - 24:00

Closed on Sundays
Credit Card
Master Card / VISA