スゥリル
渋谷・代官山・中目黒 / フレンチ

Sourire
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / French

03-5784-2036
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

赤パプリカ ボタン海老 ライチ グレープフルーツ トマト

Red Paprika, Botan Shrimp, Lychee, Grapefruit and Tomato

メインビジュアル
メインビジュアル

かます トマト クスクス

Barracuda, Tomato and Couscous

メインビジュアル

かます トマト クスクス

Barracuda, Tomato and Couscous

メインビジュアル

秋刀魚 焼きなす 幸水

Pacific Saury, Grill Eggplant and Kosui Pear

メインビジュアル

秋刀魚 焼きなす 幸水

Pacific Saury, Grill Eggplant and Kosui Pear

メインビジュアル

メヒカリ 青じそ かきのき茸 豆苗

Bigeyed Greeneye, Red Shiso, Enokitake Mushrooms and Sugar Pea Vine

メインビジュアル
メインビジュアル

うなぎ フォアグラ あんず茸 マンゴー

Eel, Foie Gras, Chanterelle Mushroom and Mango

メインビジュアル

毛ガニ 蕎麦の実 セロリ イクラ 黒ラッパ茸

Horsehair Crab, Buckwheat Seed, Celery, Ikura and Black Trumpet Mushroom

メインビジュアル

スズキ みやこカボチャ 白イカ つるむらさき

Sea Bass, Miyako Pumpkin, White Squid and Malabar Spinach

メインビジュアル
メインビジュアル

越後もち豚 フルーツ・チャツネ 数種類のスパイスのブレンド

Echigo Pork, Frute Chutney and Blend of Ppices

メインビジュアル
メインビジュアル

シストロン産子羊 塩漬けレモン カルダモン

Sisteron Lamb, Salted Lemon and cardamon

メインビジュアル

バローナのグアナラとコーヒー

Valrhona Guanaja Chocolate and Coffee

メインビジュアル

バローナのグアナラとコーヒー

Valrhona Guanaja Chocolate and Coffee

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

スゥリルがあるのは中目黒の駅から歩いて目黒川を越えたエリアで、代官山から歩くと旧山手通りから丘を下った辺りの『裏ナカメ』とも呼ばれるあたり。小さいながらも、こだわりをもって営業しているブティックや美容室、カフェなどが点在するが、敢えて商業的に賑わうことを良しとせず、落ち着きを大切にするコミュニティ的な雰囲気を漂わせている。

 

夜になると、より一層落ち着く中目黒のこのエリアは、レストランが安定して集客するのに必ずしも理想的なロケーションではないかもしれないが、外食を楽しむ我々にとっては、静かなエリアを散策しながら良いレストランに出会うという喜びを提供してくれるのも確か。まさしくスゥリルは、そんな喜びを与えてくれるフレンチ・レストラン。

 

しかしながら決してスゥリルは『裏ナカメ』の雰囲気に助けられているわけではない。スゥリルの魅力の根幹にあるのは、白と黒のシンプルな組み合わせのトーンが演出する洗練された空間で味わうシェフ湯澤貴博のフランス料理。

 

湯澤シェフは、オーナーとしてスゥリルを開く前は、何人もの優秀なシェフを輩出してきたマノワール・ダスティンで料理人としての最初のステップを踏み出し、五十嵐シェフの厳しい眼差しの下で7年間に亘り仕事をすることでキュジニエとしての基礎を体得。その後はアンフォールに移り5年間シェフを任された経験をもつ。

 

その一方で、必ずしもシェフ湯澤はフランス料理の王道を踏襲する事だけに囚われてはいない。一般的にフランス料理は足し算に、和食は引き算に例えられるが、シェフ湯澤はフランス料理に携わりながらも、どこかで引き算をする事にこだわる。そして『自分の料理からはフランス現地の風は、あまり感じないはず』と潔く言い切るシェフからは強い決意と自信がのぞく。

 

実際にスゥリルで湯澤の料理を味わった仲間は『クリア』や『シャープ』といったカタカナや、『心地良く酸味が効いた・・・』といった言葉で特徴を表現する傾向あり。

 

そして何よりも、中目黒のスゥリルをユニークな存在にしているのは、シェフが料理する姿を目の当たりにできる事。これはカウンターのあるレストランでは、必ずカウンターの席を選ぶという湯澤のこだわり。寿司や和食の店を含め、オープン・キッチンと言われるカウンター席をもったレストランは数多くありながらも、ここまでの近さでシェフがフランス料理をつくるのを目の当たりにできるレストランは多くない。

 

是非、洒落たジャズ・クラブの最前列でライブ演奏を楽しむように、ここスゥリルでは臨場感を満喫しながら透明感あるフランス料理を味わうべし。

Sourire is located, if you walk from Nakameguro station, across Meguro River. If you walk from Daikanyama station, you will cross Yamate Dori and go down the hill toward Nakameguro. This quiet area in Nakameguro sandwiched between the Meguro River and Daikanyama is called, among the people familiar with it, Ura Nakame which literally means the flip side of Nakameguro. There you will find boutiques, hair salons and cafes obviously targeting discerning customers. They seem to have a sense of community and refuse to be overly commercial. 

 

As the area gets even quieter at night, it is not an place where restaurants turn on dozens of bright lights to attract customers. Instead, it gives discerning dinners an opportunity to walk around the area and discover a good restaurant with a sense of revelation. Sourire is definitely the kind of restaurant you would be very pleased to discover in an area new to you.

 

However, Sourire does not rely on the unique character of Ura Nakame to attract customers. What attracts gourmet diners to this restaurant is the simple fact that you can enjoy food created by Takahiro Yuzawa who is the owner-chef of this restaurant with a sophisticated dining space simply decorated in black & white.

 

Chef Yuzawa took his first steps as a professional in the kitchen at Le Manoir D'Hastings which has traditionally produced many chefs who go on to open and excel in their own French restaurants. Chef Yuzawa has spent 7 years there working very closely with legendary Chef Igarashi to establish his fundamentals as a cuisinier. Then, he became the chef at L’Amphore, the second restaurant opened by Le Manoir D'Hastings, where he spent 5 years. 

 

However, this does not mean he continues to strictly walk the high road of traditional French cuisine. Interestingly in Japan, French cuisine is likened to addition while Japanese cuisine is likened to subtraction. Chef Yuzawa insists that while he is adding up layers of flavors to cook French cuisine, he does subtraction as well. In fact, unlike other chefs cooking French cuisine in Japan, he boldly admits that his creations do not have as much air of France as the cuisines cooked by the other chefs. This proves that he is very confident and determined to create his own style of French cuisine.

 

Gourmets who have dined here describe Chef Yuzawa’s dishes with adjectives like clear and sharp.

 

And, what makes your dining experience here so unique is that you can see the chef cooking up close, almost point blank. Chef Yuzawa came up with this idea as he makes sure to secure a counter seat when he dines out at restaurants with counter seats. While there are many restaurants, including sushi places, with counter seats, there are not so many seats so close to the chef.

 

Think of it as if you were sitting in front of the stage at a jazz club and listening to great music. This is how you will enjoy your meal at Sourire, as you watch the live atmosphere of seeing the chef cooking and savoring his creations.

TOP

MENUS

LUNCH

 

3,000 yen

(月、火、金)

(Monday, Tuesday and Friday)

アミューズ + 前菜 + メイン + デザート + プティフール + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + Appetizer + Main Dish + Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

4,200 yen

(月・火・金・土・日)

(Monday, Tuesday, Friday, Saturday and Sunday)

アミューズ1 + アミューズ2 + 前菜1 + 前菜2 + メイン + デザート + プティフール + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche 1 + Amuse Bouche 2 + Appetizer 1 + Appetizer 2 + Main Dish + Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

6,500 yen

湯澤シェフの『おまかせ』コース

Chef Yuzawa’s “Omakase” tasting menu

 

DINNER

 

5,800 yen

アミューズ・ブーシュ1 + アミューズ・ブーシュ2 + + アミューズ・ブーシュ3 + 前菜1 + 前菜2 + 肉 + デザート + プティフール + コーヒー又は紅茶

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + 3rd Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Meat + Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

7,500 yen

アミューズ・ブーシュ1 + アミューズ・ブーシュ2 + + アミューズ・ブーシュ3 + 前菜 + 魚 + 肉 + デザート + プティフール + コーヒー又は紅茶

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + 3rd Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

10,000 yen

アミューズ・ブーシュ1 + アミューズ・ブーシュ2 + + アミューズ・ブーシュ3 + 前菜 1 + 前菜2 + 魚 + 肉 + デザート1 + デザート2 + プティフール + コーヒー又は紅茶

1st Amuse Bouche + 2nd Amuse Bouche + 3rd Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + 1st Dessert + 2nd Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

Menu Special

15,000 yen

湯澤シェフの『おまかせ』コース

Chef Yuzawa’s “Omakase” tasting menu

 

上記の価格全てには消費税及び10%のサービス料は含まれていません。

All prices indicated above do not include consumption tax or the 10% service charge.  

TOP

DRINKS

ワインは赤白ともにボトルは6,500円から。グラスは1,000円からで、常時15から18種類の品揃えあり。カラフェは3,500円から。シャンパンはグラスで1,500円。

Red and white wines by the bottle are available from 6,500 yen. Fifteen to eighteen different wines (red and white combined) are available by the glass from 1,000 yen. Carafe is from 3,500 yen. Champagne by the glass is 1,500 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都目黒区青葉台1-15-2 AK-3ビルディング 2F
1-15-2 Aobadai, Meguro-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急東横線・地下鉄日比谷線 中目黒
Nakameguro(Tokyu Toyoko & Tokyo Metro)
Tel
03-5784-2036
平均予算 Average Cost
LUNCH: 6,000 yen
DINNER: 13,000 yen
営業時間 Business Hours
Lunch: 12:00 - 14:00(L.O) Close at 15:00
(月・火・金・土・日)
(Monday, Tuesday, Friday, Saturday and Sunday)

Dinner: 18:00 - 21:00(L.O)

Closed on Wednesday and the 3rd Tuesday every month
Credit Card
Diners Club / VISA / Master / American Express