ヴァリノール
荻窪 / フレンチ

Valinor
Ogikubo / French

03-6383-5148
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

明石産5日熟成のゴマ鯖

Blue mackerel from Akashi Aged for Five Days

メインビジュアル

スコットランド産マテ貝

Razor Clams from Scotland

メインビジュアル

桜海老のオムレツ

Omelette with Sakura Shrimp

メインビジュアル

黒胡麻バター

Black Sesame Butter

メインビジュアル

モンサンミッシェルのムール貝 パセリのピューレ

Mont Saint-Michel Mussels & Parsley Puree

メインビジュアル

帆立貝と黒トリュフの誘惑

Temptation of Scallop and Black Truffle

メインビジュアル

真魚鰹 トマト

Butterfish & Tomato

メインビジュアル

鰆60-120

Japanese Spanish Mackerel 60-120

メインビジュアル

鰻のブーダン・ノワール

Boudin Noir with “Unagi” Eel

メインビジュアル

鰻のブーダン・ノワール

Boudin Noir with “Unagi” Eel

メインビジュアル

鮎 焼きなす

"Ayu" Sweet Fish and Grilled Eggplant

メインビジュアル

桜鯛のヴァプール イメージ桜

Steamed Sakura Sea Bream

メインビジュアル

トゥレーヌ産の鳩のロースト

Roast Touraine Pigeon

メインビジュアル

ソルトブッシュ・ラム・ロースト

Roast Saltbush Lamb

メインビジュアル

カイユ・アンペリアルのバロティーヌ

Caille Imperial Ballottine

メインビジュアル

ブリヤ・サヴァラン パパイヤ 胡麻

Brillat Savarin, Papaya and Sesame

メインビジュアル

セルヴェルドカニュ

Cervelle de Canut

メインビジュアル

フランボワーズ・ヴィネガーの真っ赤なアイス

Red Ice Cream Made with Raspberry Vinegar  

メインビジュアル
メインビジュアル

桃 ヨーグルト 雪

Peach and Snowy Yogurt

メインビジュアル

フォンダン・ショコラ シャルトリューズ・オレンジ

Fondant au Chocolat & Chartreuse Orange

メインビジュアル

プティシュー

メインビジュアル

ミルフィーユ? VALINOR.STYLE

Valinor Style Mille-feuille

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

この荻窪にあるフレンチ・レストランの『ヴァリノール』という名前は、イギリスのファンタジー作家J. R. R. トールキンの『指輪物語』や『シルマリルの物語』等の作品の中で理想郷や至福の地として描かれる国の名前。少し大袈裟かもしれないが、このヴァリノールは新鮮な食材を贅沢につかったフランス料理を堪能できる至福の空間であり、少なくとも荻窪まで足を延ばす価値のあるレストランである事に間違はない。

 

それを証明するのが、実際に中央線や地下鉄を利用して荻窪までやって来る人が多々存在するという事。初めてヴァリノールで食事をする人は異口同音に個々の料理の見た目の鮮やかさに驚き、再訪する人は日々の食材と共に変化する料理の味わいを讃える。

 

シェフを務める相原薫が北海道の調理師学校を卒業し、生まれ育った神奈川に戻って初めて働いたレストランは葉山にあったラ・マレード・チャヤ。そこで叩き込まれたのがフランス料理とは五感を研ぎ澄まして創るべきものという事。

 

 

そして25歳の時にフランスに渡り、パリやブルターニュなどのレストランで2年近く働くが、料理の技術に関しては日本と大きな差があるとは思わなかった、と相原は振り返る。しかしながら、ジュネーブの2つ星ドメーヌ・ド・シャトー・ビューに移り、その後の相原の料理へ大きな影響を与えるキュイジーヌ  ・スポンタネ(cuisine spontanée)に出合う。

 

このキュイジーヌ  ・スポンタネとは、その時々の全ての状況を常に把握し臨機応変に、常にベストな料理をつくっていく事。新鮮な食材を調達するだけでなく、それを誰の為に、どのような形で料理にしていくか常に考えながら柔軟かつ瞬発的に対応する能力が求められる。当時、座席数が70以上あるドメーヌ・ド・シャトー・ビューは連日満席状態。そんな勢いのあるキッチンで相原は15ヶ月を過ごす。

 

日本に戻ったのは、オープンするグランド・ハイアットの中のフレンチのメイン・ダイニングにポワソニエとして招かれたのがきっかけ。その後、銀座の老舗レカンに移り、ドメーヌ・ド・シャトー・ビューとは違った意味での緊張感を楽しみながらスー・シェフを務めるに至る。

 

そして荻窪のヴァリノールでは、最高の料理を提供する為に、素材を提供してくれる人たちと密接な関係をつくって、常に最良の食材を入手。そして特にこだわっているのは明石から届く魚と、京都樋口農園の野菜。

 

しかし素晴らしい生産者から届く素材を使って料理することの喜び感じながらも、それらの魅力を最大限に引き出す為にシンプルな料理を心掛けていると、時に和食をつくっているかのように錯覚してくる事もある、とシェフ相原が漏らす事も。果たして、そんな料理がフレンチなのか?

 

その答えは、ヴァリノールで味わう料理は間違い無くフレンチであるという事。多くの常連がそうするように、ここヴァリノールでは常に繊細に変化するプレゼンテーションと味わいを求め、相原シェフのキュイジーヌ  ・スポンタネを楽しむべし。

 

 

This French restaurant in Ogikubo is named after a fictional location in J. R. R. Tolkien's high fantasy novels The Lord of the Rings and The Silmarillion. The similarity between fantasy and reality stop there though. This is a very serious restaurant in which you can savor dishes meticulously prepared with the season's freshest ingredients. And, you do not need to be an elf or a god to get there. Simply make a brief detour to Ogikubo if you are passionate about French cuisine.

 

Valinor has many regulars coming from a variety of areas outside Ogikubo and its surrounding areas, by taking JR Chuo-line or subway lines. First time visitors to Valinor often comment about being impressed by how dishes are presented, whereas regulars comment how they taste and how the tastes delicately change every time they return to this restaurant.

 

After graduating from a culinary school in Hokkaido, Chef Kaoru Aihara went back to Kanagawa where he was born and raised. The first restaurant of his professional career was La Marée de Chaya in Hayama. There he was taught that French cuisine should touch all five senses of the human being.

 

When he was 25 he decided to relocate to France where he worked for restaurants in Paris and Brittany. He recalls that, while he learned many useful things, he thought the gap between France and Japan was not so big as far as basic cooking techniques are concerned. However, his biggest revelation came when he moved to Geneva to work at double starred Domaine De Chateauvieux. There he encountered something called “cuisine spontanée”.

 

Cuisine spontanée is a state of mind which encourages you, instead of constantly making dishes with the same ingredients and the same recipes, to make the best dishes possible at that moment depending on the freshest ingredients available, guests you are cooking for, and most importantly your inspiration. Aihara spent 15 months in the kitchen of Domaine De Chateauvieux which always cooked for a very full house.

 

He decided to come back to Japan when he was offered the poissonnier position at the Grand Hyatt Tokyo which was preparing to open its doors. After working at the new hotel, he moved to Lecrin, one of the most prestigious French restaurants in Ginza and where he eventually became sous chef, the second in charge in the kitchen.

 

Now at Valinor, Chef Aihara thoroughly enjoys his close working relationships with quality producers. He especially treasures vegetables from Higuchi Farm in Kyoto and seafood from Akashi in Hyogo.

 

Very interestingly, he admits he sometimes feels as if he is cooking “washoku” instead of French cuisine, as he tries to cook fresh ingredients as simply as possible to maximize the natural tastes of ingredients. Can he call this French cuisine?

 

Yes, definitely. The cuisine you savor at Valinor is without doubt French. As many regulars do, you too are encouraged to enjoy the delicately changing looks and tastes of Chef Aihara’s “cuisine spontanée”.

TOP

MENUS

LUNCH

 

平日

Weekdays

 

3,000円、4,500円、6,000円のコース

Set course menus at 3,000 yen, 4,500 yen and 6,000 yen

 

土・日・祝

Saturdays, Sundays and National Holidays

 

4,500円、6,000円、8,300円のコース

Set course menus at 4,500 yen, 6,000 yen and 8,300 yen

 

 

DINNER

 

平日

Weekdays

 

6,000 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚料理 + 肉料理 + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

8,300 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 +前菜3 + 魚料理 + 肉料理 + フロマージュ + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 3rd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Cheese + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

12,000 yen

相原シェフの『おまかせ』コース

Chef Aihara’s “Omakase” Tasting Menu

 

土・日・祝

Saturdays, Sundays and National Holidays

 

8,300 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 +前菜3 + 魚料理 + 肉料理 + フロマージュ + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 3rd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Cheese + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

12,000 yen

相原シェフの『おまかせ』コース

Chef Aihara’s “Omakase” Tasting Men

TOP

DRINKS

グラスでは基本的に赤白3種類ずつが1,200円から。シャンパンは1,800円で楽しめる。

Three red and three white wines are available daily by the glass, and are priced from 1,200 yen. Champagne is also available by the glass priced at 1,800 yen.

ワイン・リストに網羅されているのは赤白共に約40種類ずつ。その全てはフランス産で、60%はブルゴーニュ。次いで多いのはボルドー。価格帯は6,000円から8,000円がメインになるが、4,000円台のワインもある。

Approximately 40 wines exclusively from France, both red and white, are shown on the wine list. Approximately 60% of them are from Burgundy. And, the rest are largely from Bordeaux. The main price range is from 6,000 to 8,000 yen. However, you can find wines priced below 5,000 yen as well.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都杉並区荻窪4-32-7 アマン1F
4-32-7 Ogikubo, Suginami-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 荻窪駅 
Ogikubo (JR & Tokyo Metro Marunouchi Line)
Tel
03-6383-5148
平均予算 Average Cost
LUNCH: 4,000 yen
DINNER: 9,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30〜15:00 (L.O.13:00)
DINNER: 18:00〜23:00 (L.O.21:00)

Closed on Monday

If a national holiday falls on a Monday, the restaurant will be open that day and instead be closed on the following Tuesday.

月曜日が定休日となっていますが、月曜日が祝祭日の場合は営業となり、代わりに翌日の火曜日が休みとなります。
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA