ヴァリノール
荻窪 / フレンチ

Valinor
Ogikubo / French

03-6383-5148
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

荻窪の駅から3分弱の距離にあるヴァリノールは落ち着いた雰囲気の中でワインと一緒に本物のフランス料理を味わう為のレストラン。

 

ヴァリノールで2017年からキッチンを仕切るのは2代目シェフの大和紀瑛。「生まれも育ちも中野なので、荻窪は地元のようなもの」と語る大和紀瑛はヴァリノールに来るまで無名の存在でありながらも、充実し過ぎとも思える経歴の持ち主。

 

 

何人もの著名なシェフを輩出している日比谷公園の中の南部亭で料理人としての最初の7年を過ごし、主にデザートを担当した大和がフランスに渡って初めて働いたのはパリ近郊のブローニュ・ビヤンクールにあるミシュラン1つ星のオ・コント・ドゥ・ガスコン。すぐにシェフ・ド・パティシエに抜擢されオ・コントのスペシャリテを任されたり、新しいデザート考案したりしながらフランスでの最初の3年を過ごす。

 

因みに、大和にとってデザートは食事の最後を飾る一皿なので、記憶に残らなければいけない重要なもの。なのでヴァリノールでの食事は最後の一皿まで期待して良し。

 

2番目に働いたパリにある2つ星のジャン・フランソワ・ピエージュは中でガストロノミーなレストランと、少しカジュアルに食事を楽しめるブラッセリーに分かれているのが特徴。最初はガストロノミーの方で働いた大和は、幾つもの要素を皿の上でエレガントに調和させていくシェフ・ピエージュの下で働きながら、ガストロノミーの本質を目の当たりにする。

 

1年後にはブラッセリーに移り、ガストロノミーと同じ品質の食材を使いながらも、圧倒的な仕事量をスピーディにこなすことを求められる。その経験を「かなりクレージーな環境だったけど、楽しかった」と静かに振り返る大和は寡黙ながらも大物なのかもしれない。

 

2つ星の次に目指すのは必然的に3つ星。その思いが叶って2年弱だが、妥協を一切許さないことで知られるシェフのフレデリック・アントンのル・プレ・カトランで働き、「ガストロノミーの究極のようなものに触れられた」と大和は3つ星での経験を振り返る。

 

7年以上をフランスで過ごし東京に戻った大和が気付いたのは、フランス料理に適した素晴らしい食材が日本に数多くあること。それらを使って丁寧に仕上げていく大和の料理は細かくても決して複雑ではない。そして食べる側にとって心地良いのは完成度が高い料理であっても、そこから作り手の自己顕示欲のような過剰なものを感じる事がない事。

 

このヴァリノールという店名はイギリスのファンタジー作家J. R. R. トールキンの『指輪物語』や『シルマリルの物語』等の作品の中で理想郷や至福の地として描かれる国の名前。

 

まさにヴァリノールはフランスでの経験豊富なシェフ大和紀瑛が新鮮な食材を贅沢に使って、丁寧に細部にまでこだわってつくるフランス料理を味わえる至福の空間である。

 

This French restaurant in Ogikubo is named after a fictional location in J. R. R. Tolkien's high fantasy novels The Lord of the Rings and The Silmarillion. The similarity between fantasy and reality stop there though. This is a very serious restaurant in which you can savor dishes meticulously prepared with the season's freshest ingredients. And, you do not need to be an elf or a god to get there. Simply make a brief detour to Ogikubo if you are passionate about French cuisine.

 

Valinor has many regulars coming from a variety of areas outside Ogikubo and its surrounding areas, by taking JR Chuo-line or subway lines. First time visitors to Valinor often comment about being impressed by how dishes are presented, whereas regulars comment how they taste and how the tastes delicately change every time they return to this restaurant.

 

After graduating from a culinary school in Hokkaido, Chef Kaoru Aihara went back to Kanagawa where he was born and raised. The first restaurant of his professional career was La Marée de Chaya in Hayama. There he was taught that French cuisine should touch all five senses of the human being.

 

When he was 25 he decided to relocate to France where he worked for restaurants in Paris and Brittany. He recalls that, while he learned many useful things, he thought the gap between France and Japan was not so big as far as basic cooking techniques are concerned. However, his biggest revelation came when he moved to Geneva to work at double starred Domaine De Chateauvieux. There he encountered something called “cuisine spontanée”.

 

Cuisine spontanée is a state of mind which encourages you, instead of constantly making dishes with the same ingredients and the same recipes, to make the best dishes possible at that moment depending on the freshest ingredients available, guests you are cooking for, and most importantly your inspiration. Aihara spent 15 months in the kitchen of Domaine De Chateauvieux which always cooked for a very full house.

 

He decided to come back to Japan when he was offered the poissonnier position at the Grand Hyatt Tokyo which was preparing to open its doors. After working at the new hotel, he moved to Lecrin, one of the most prestigious French restaurants in Ginza and where he eventually became sous chef, the second in charge in the kitchen.

 

Now at Valinor, Chef Aihara thoroughly enjoys his close working relationships with quality producers. He especially treasures vegetables from Higuchi Farm in Kyoto and seafood from Akashi in Hyogo.

 

Very interestingly, he admits he sometimes feels as if he is cooking “washoku” instead of French cuisine, as he tries to cook fresh ingredients as simply as possible to maximize the natural tastes of ingredients. Can he call this French cuisine?

 

Yes, definitely. The cuisine you savor at Valinor is without doubt French. As many regulars do, you too are encouraged to enjoy the delicately changing looks and tastes of Chef Aihara’s “cuisine spontanée”.

TOP

MENUS

LUNCH

 

平日

Weekdays

 

3,000円、4,500円、6,000円のコース

Set course menus at 3,000 yen, 4,500 yen and 6,000 yen

 

土・日・祝

Saturdays, Sundays and National Holidays

 

4,500円、6,000円、8,300円のコース

Set course menus at 4,500 yen, 6,000 yen and 8,300 yen

 

 

DINNER

 

平日

Weekdays

 

6,000 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + 魚料理 + 肉料理 + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

8,300 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 +前菜3 + 魚料理 + 肉料理 + フロマージュ + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 3rd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Cheese + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

12,000 yen

大和シェフの『おまかせ』コース

Chef Aihara’s “Omakase” Tasting Menu

 

土・日・祝

Saturdays, Sundays and National Holidays

 

8,300 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 +前菜3 + 魚料理 + 肉料理 + フロマージュ + デザート + 小菓子 + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + 3rd Appetizer + Fish Dish + Meat Dish + Cheese + Dessert + Mignardise + Coffee or Tea

 

12,000 yen

大和シェフの『おまかせ』コース

Chef Oowa's “Omakase” Tasting Men

TOP

DRINKS

ワイン・リストに網羅されているのはソムリエの㘴間一雄が実際に飲んで美味しく、大和シェフの料理の味わいにマッチすると感じた赤白それぞれ約40種類のワイン。その全てはフランス産で、60%はブルゴーニュ。次いで多いのはボルドー。価格は6,000円代から。

シャンパンは約30の選択肢が8,500円からあり、スパークリング・ワインは1種類のみ6,000円のものがある。

グラスでは赤白それぞれ3から5種類ずつが1,200円から。シャンパンは1,800円で楽しめる。

Three red and three white wines are available daily by the glass, and are priced from 1,200 yen. Champagne is also available by the glass priced at 1,800 yen.

Approximately 40 wines exclusively from France, both red and white, are shown on the wine list. Approximately 60% of them are from Burgundy. And, the rest are largely from Bordeaux. The main price range is from 6,000 to 8,000 yen. However, you can find wines priced below 5,000 yen as well.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都杉並区荻窪4-32-7 アマン1F
4-32-7 Ogikubo, Suginami-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 荻窪駅 
Ogikubo (JR & Tokyo Metro Marunouchi Line)
Tel
03-6383-5148
平均予算 Average Cost
LUNCH: 4,000 yen
DINNER: 9,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30〜15:00 (L.O.13:00)
DINNER: 18:00〜23:00 (L.O.21:00)

Closed on Monday

If a national holiday falls on a Monday, the restaurant will be open that day and instead be closed on the following Tuesday.

月曜日が定休日となっていますが、月曜日が祝祭日の場合は営業となり、代わりに翌日の火曜日が休みとなります。
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA