ビストロ トロワキャール
三軒茶屋・松陰神社前・世田谷 / フレンチ

Bistro Trois-Quarts
SangenJaya-ShouinJinjamae-Setagaya / French

03-5787-6362
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

鴨胸肉の燻製、シェーブル・チーズ、季節果実とクルミのサラダ

Salad with Smoked Duck Breast, Walnuts, Goat Cheese and Seasonal Fruits

メインビジュアル

タスマニア・サーモンのスモーク、ディル・マリネ、ウフ・マヨネーズを添えて

Smoked Tasmanian Salmon with Marinated Dill, Oeuf Mayonnaise on the Side

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

フレンチ惣菜の盛り合わせ

Assorted French Appetizers

メインビジュアル

ズワイ蟹と桃、夏野菜のサラダ、ガスパチョ・ソース

Salad with Snow Crab, Peach and Summer Vegetables, Gazpacho Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

天然真鯛のポワレ、ヴァン・ブラン・ソース、モンサンミッシェル産のムール貝と季節野菜

Pan Fried Red Seabream, White Wine Sauce, with Mont Saint-Michel Mussels and Seasonal Vegetables

メインビジュアル

天然真鯛のポワレ、ヴァン・ブラン・ソース、モンサンミッシェル産のムール貝と季節野菜

Pan Fried Red Seabream, White Wine Sauce, with Mont Saint-Michel Mussels and Seasonal Vegetables

メインビジュアル

ハンガリー産鴨胸肉のロティ、マデラ・ソース

Roast Hungarian Duck Breast, Madeira Wine Sauce

メインビジュアル

ショコラ・ブランのクレーム・キャラメル、ラム・レーズンのアイスクリームを添えて

White Chocolate Pudding with Rum Raisin Ice Cream

メインビジュアル

サヴァラン

Savarin

メインビジュアル

アプリコットとオレンジのクレーム・ブリュレ、ピスタチオのアイスクリームを添えて

Apricot and Orange Crème Brûlée, Topped with Pistachio Ice Cream

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

ビストロ・トロワキャールがある松陰神社前は世田谷線で三軒茶屋から3つの目の駅。

 

ビストロ・トロワキャールは松陰神社前で降りて進行方向にある無人の改札から踏切を渡って直ぐのビルの2階。そこは松陰神社前の周辺に住むフランス料理とワイン好きな大人の生活の一部となった心地良い空間。

 

そんなビストロ・トロワキャールの心地良さを証明するのは、ここには頻繁に利用する常連が多いだけでなく、引っ越した人も食事をする為に電車を乗り継いで戻ってくるという事。

 

そういった常連客の多いレストランは時に閉鎖的というか排他的な空気を漂わすことがあるが、ここビストロ・トロワキャールにあるのは誰をも歓迎する暖かい雰囲気。その中心となるのはオーナー・シェフの木下聡二郎と奥様の存在。2人が考えた店のコンセプトは『アットホームな雰囲気で、気軽に美味しいものを食べてもらえる店』という極めて単純なもの。

 

 

そのビストロのコンセプトを象徴するのがフランス語で4/3(4分の3)という意味のトロワキャールという店名。良いレストランに必要な事柄の3/4に当たるのは、1に『料理』、2に『ワイン』、そして3に『おもてなしの心』、と語る木下シェフの経歴はユニーク。19歳で和食の店でアルバイトを始め、調理師免許を取得し、懐石などを経験し「煮方」を任されるようにもなる。(フグの調理免許も持っている)しかしながら当時から何故かフランス料理には魅かれるものがあり、結果的に違う世界に飛び込む事となる。

 

20代後半でシェフとして仕事を任されるようになり、理解あるオーナーの下で思う存分フランス料理を学びながら実際に調理するという貴重な経験をして今に至る。そして探究心は今でも旺盛で、料理の完成度を高める為の努力を惜しまない。

 

ビストロ・トロワキャールで木下シェフがつくる典型的なビストロ料理の味わいには太さや、濃さが感じられ、明らかに日本人向けの控え目な味付けとは一線を画しながら本物感を漂わせている。

 

そんな本格的なビストロ料理を楽しむ為のビストロ・トロワキャールは、必ずしも広くはなくても決して狭苦しさを感じる事はなく、オーナー・シェフ夫妻の『おもてなしの心』を感じさせてくれる。

 

そんな空間に美味しい料理とワインを楽しむ大人が集まり3/4が4/4となりビストロ・トロワキャールは4拍子揃った魅力的なビストロとなっている。

From Sangenjaya, you take the classic tramway Setagya line going through residential areas to get to Bistro Trois-Quarts. You get off at a station called Shoin Jinjamae, the 3rd stop, and take the exit to cross the train tracks. It should take no more than 60 seconds from your first step off the train to the door of Bistro Trois-Quarts.

 

Just as bistros are in France, Bistro Trois-Quarts is a fixture among the locals of Shoin Jinjamae. The place attracts not only people living in the area but also those who have left the area.

 

Small restaurants with many regular customers tend to favor the neighborhood clientele and can be reclusive to new customers. However, Bistro Trois-Quarts has a very warm friendly atmosphere created by the husband wife team of Chef Kinoshita and Mrs. Kinoshita. They simply want their bistro to be a place for everybody to enjoy quality food in a casual atmosphere.

 

That’s why they named their place Trois-Quarts meaning 3/4 (three fourths) in French. They think that among the 4 most important elements of good restaurants, three are 1) food, 2) wine, and 3) hospitality.

 

Chef Kinosita has a very unique culinary resume. He started working part time for a Japanese restaurant when he was 19 years old. Then, he obtained a cooking license and continued to work for Japanese restaurants. He even has the coveted license to cook blow fish as well. However, while he was moving up the ladder in Japanese restaurants, he was somehow lured by the attraction of French cuisine.   

 

So, he changed specialties and started learning and cooking French food. He was in his late 20s when he became a chef in charge of a small French restaurant. Since then, he has gratefully worked for understanding and supportive owners who gave him many opportunities to learn and cook whatever he wanted.

 

At Bistro Trois-Quarts, his own place, he cooks quintessential bistro fare with bold tastes. They taste authentic and pleasantly different from ones with localized tastes and flavors.

 

The place is not large. However, you will not feel closed in. It makes this bistro located in a residential area in Setagaya a notch or two above so many bistros in downtown Tokyo. 

 

And, what is completing Trois-Quarts are its quality conscious customers lured by the bistro fare. They make this place 4/4, 100%.

 

 

 

 

 

 

TOP

MENUS

『普通のビストロ料理だからこそ、美味しいものをつくりたい』と語る木下シェフの料理は全てリーズナブルな価格。ビストロの定番『パテ・ド・カンパーニュ』は1,300円。メイン・ディッシュは2,300円からで、定番的な『牛ホホ肉の赤ワイン煮込み』は2,800円。

 

Chef Kinoshita humbly says, “Even though this is ordinary bistro fare, I would like it to taste really good”. At Bistro Trois-Quarts, all dishes are priced reasonably. Bistro staples, “Pate de Campagne” (Country-style pate) is priced at 1,300 yen. Main dishes are priced from 2,300 yen. The very popular “Red Wine Stewed Beef Cheek” is 2,800 yen.

 

 

アラカルト以外にも4,600円(前菜+メイン+デザート)と、特にお薦めの6,500円のシェフのおまかせコースもあり。

 

In addition to the a la carte menu, the bistro offers two set course menus priced at 4,600 yen with appetizer, main dish and dessert, and 6,500 yen chef’s omakase menu which is highly recommended.

 

そしてワイン・バー的に楽しんでもらう為の小皿料理は500円。

 

Also, if you are using this bistro as a neighborhood wine bar, you can have small 500 yen dishes.

 

 

そしてマダムがつくるデザートも美味。特にお薦めは『クレームブリュレ』 700円と秋と冬に登場する『フォンダン・ショコラ』1,000円の2つ。

 

And, you should not forget to order dessert. “Crème Brûlée” and “Fondant Chocolat” in autumn and winter, prepared by Mrs. Kinoshita are 700 yen and 1,000 yen respectively.

 

ランチは2,000円(前菜;メイン+デザート+コーヒー)と要予約の4,000円と5,000円の『シェフのおまかせ』があり。

 

 The bistro offers two set course menus for lunch priced at 2,000 yen (appetizer + main dish + dessert + coffee) and 4,000 yen and 5,000 yen (chef’s omakase).

TOP

DRINKS

グラス・ワインは赤白それぞれ2から3種類が700円から。シャンパンはグラスで1,100円。リストに並ぶワインは全てフランスのワイン、価格は3,800円から。

By the glass wines are available from 7000 yen.  Champagne by the glass is 1,100 yen. Wines on the list are exclusively from France and are available from 3,800 yen.

そしてヒューガルデン・ホワイトの樽生が飲めるのも魅力。

Also, it is good to know Hoegaarden White is available on tap.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都世田谷区若林4-21-4 宮田屋ビル2F
4-21-4 Wakabayashi, Setagaya-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
世田谷線 松陰神社前
Shouinjinnjamae (Tokyu Setagaya Line from Sangenjaya)
Tel
03-5787-6362
平均予算 Average Cost
7,000円(夜)
7,000 yen (Dinner)
営業時間 Business Hours
LUNCH
Wednesday to Friday
12:00~15:00(L.O. 13:30)
Sunday, Saturday and National Holidays 12:00~15:00(L.O. 14:00)

DINNER
Tuesday to Friday
18:00~23:00(L.O. 22:00)
Sunday, Saturday and National Holidays
18:00~23:00(L.O. 22:00)
Credit Card
American Express, VISA & Master Card クレジット・カードの利用はディナーのみとなっています。 Please note that credit cards are not accepted for lunch.