ディズユイット
幡ヶ谷・初台 / フレンチ

Dix-Huit
Hatagaya-Hatsudai / French

03-6804-9222
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル

天使の海老 アメリケーヌ・マヨネーズ

Angel Shrimp Américaine Mayonnaise

メインビジュアル

チキンのカランティーヌ

Chicken Galantine

メインビジュアル
メインビジュアル

穴子のテリーヌ

Terrine of Garden Eel

メインビジュアル

ヴィシソワーズのムース (鮑・ツブ貝・タイラ貝 コンソメ・ゼリー ヤング・コーンとオクラ)

Vichyssoise Mousse (Abalone, Whelk, Pen Shell, Consommé Jelly, Baby Corn and Okra(

メインビジュアル

白イカのマリネ

Marinated White Squid

メインビジュアル

ブイヤベーズ

Bouillabaisse

メインビジュアル

ブイヤベーズ

Bouillabaisse

メインビジュアル

ブルゴーニュ風のピザ

Burgundy Style Pizza

メインビジュアル
メインビジュアル

ポテト・サラダとプロシュート

Potato Salad with Prosciutto

メインビジュアル

野菜の盛り合わせ

Assorted Vegetables

メインビジュアル

牛サーロインのステーキ ボルドレーズ・ソース

Beef Sirloin Steak Bordelaise Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

ピオーネのコンポートとジュレ

Pione Compote and Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

新宿から京王新線で2つ目の幡ヶ谷の駅から5分弱の距離にあるのがディズユイット。幡ヶ谷から代々木上原に抜ける通り沿いにあるので、目の前を通り過ぎたことがある人は多いはず。

 

ディズユイットを一人で切り盛りするオーナー・シェフの榎本博諭は、料理人というよりも、黒澤明の時代劇に登場する悪党を彷彿させるような強面。ディズユイットの近くに住んでいても、この風貌にビビって中に入れないでいる人も少なくないはず。

 

 

北海道でサッカー少年だった榎本は高校を卒業して、スポーツ・マッサージの専門学校に通うが、東京に出てきて就職したのは友人の父親が経営していた土建屋。工事現場で働きながら「せっかく東京に出てきたのに、北海道でもできる仕事してても意味ないじゃん…」と思い始めた頃に見つけたのは洒落たレストランの壁にあった求人の貼り紙。

 

いきなり工事現場から神宮前にあったフランス料理のレストランの厨房で働く事になった榎本は、右も左も分からないような状況から少しずつ仕事を憶え、青山周辺にあった幾つかのレストランで働く。

 

その後、麹町で28年も続いたラ・シャンスで6年半に渡り吉原満シェフの下で経験を積んだ榎本は「メインの肉料理では全て時間をかけて肉のフォンをとってソースをつくる吉原シェフの料理が大好きだった…」と思い出を語る。

 

2011年12月にディズユイットを開く前に榎本が働いていたのは六本木のグランド・ハイアット。そこで最終的には宴会担当のシェフとして20人以上のスタッフを束ねていた…と書けばカッコ良いのだが、実際には「大きな声で号令かけてスタッフに仕事させてただけ…」というのは本人の言葉。

 

しかし今はオーナーの榎本が一人でシェフとして料理をつくり、接客もこなす。なのでディズユイットでは辛抱強く、時にはシェフに少しプレッシャーをかけながら料理やワインが出てくるのを待つ必要がある。

 

この小さなビストロで食事するのは榎本の人柄と料理に魅了されたワインが大好きな人達。殆どは最寄りの駅として幡ヶ谷を利用している人なのだが、あえて代々木上原の周辺から散歩がてら食事しに来る人は「こっちの方が庶民的で落ち着くんだよね」と幡ヶ谷の雰囲気を説明してくれる。

 

そういった人達にとってディズユイットは、仕事帰りに立ち寄って食事をしながらホッとできる空間で、日常のルーティンからの身近なエスケープ先でもある。

 

10席しかないディズユイットが賑わい始めるのは少し遅めの時間から。初めて行くなら早めの時間からディナーを始めるのが良し。そうすれば少しづつ人が集まり、店内の雰囲気が盛り上がっていくのを実感できる。

 

サクッと飲んで食べて帰るはずだったのに、いつの間にか隣に座っている人と話が弾んで長居していると、そこには強面ながらも、とても気さくなシェフを中心とした、来るものを拒まず去る人は少ない不思議なコミュニティ感があることに気づくはず。

 

 

Dix-Huit is conveniently located about five minutes on foot from Hatagaya station (the second stop from Shinjuku on the Keio Shinsen Line, aka. the Keio New Line.) If you live nearby, you might have even walked right past it, as the bistro is located on the street connecting Hatagaya and Yoyogi-Uehara.   

 

Dix-Huit is owned and operated singlehandedly by Hirotsugu Enomoto, who at first glance you might think looks like a bad guy straight out of an Akira Kurosawa samurai movie. Though his appearance might initially appear intimidating, please rest assured: he’s a wonderful chef, and no villain!

 

Chef Enomoto was a dedicated soccer player in high school who later learnt sport massage therapy in Hokkaido. But instead of becoming a therapist, he went to Tokyo and worked for a construction company owned by his friend’s father. Doing the rounds of many a construction site, Enomoto one day realized he did not come to Tokyo to do something he could have done in Hokkaido. As luck would have it, not long afterwards he saw a “help wanted” sign outside of fancy French restaurant in Aoyama. Somehow, even as clueless as he was at the time, he got the job, and it was like the ultimate on-the-job training experience. 

 

After working at a couple of restaurants in Aoyama, Enomoto joined La Chance in Kojimachi, which was in business for an incredible 28 years! At La Chance, Enomoto worked under the legendary Chef Mitsuru Yoshihara for six and half years.

 

But before opening Dix-Huit in December of 2011, Enomoto was the chef in charge of banquet at the Grand Hyatt in Roppongi. And though he managed an impressive team of more than 20 cuisiniers, Enomoto admits, “The only thing I did was tell those guys what to do while I did nothing!”

 

That past banquet is a far cry from Dix-Huit, which Enomoto runs entirely by himself. Cooking, serving, opening wine bottles… It’s a one man show at a much more relaxed pace, but his diners appreciate it.

 

The regulars frequenting Dix-Huit are avid wine drinkers who like Chef Enomoto’s personality as much as they like his dishes. Many of them live in the neighborhood of Hatagaya, but some of them also walk from Yoyogi-Uehara, saying, “It’s more relaxing in Hatagaya than in my neighborhood of Yoyogi-Uehara.”

 

To them, Dix-Huit is a place to casually stop by for food and drink after work. It’s an escape from daily routine. 

 

Dix-Huit is limited to ten seats, and the place gets lively around 9 o’clock. If you’re a first-timer, we recommend starting dinner earlier, at around 7 o’clock. That way, you’ll have the chance to watch as the place comes to life with the arrival of its regulars. 

 

Dix-Huit is the kind of place where even if you stop by for casual dinner with wine, you end up staying longer than you planned, talking and sharing wine as you make new friends who were strangers mere moments before. And, more importantly, you’ll realize Chef Enomoto is easy to get along with, in spite of your first impression!

TOP

MENUS

 

ディズユイットには印刷されたメニューはない。黒板に手書きされた料理の名前を見ながらオーダーするのだが、榎本シェフが説得力たっぷりの口調で個々の料理を説明してくれる。

 

There is no menu printed out at Dix-Huit. Diners choose dishes that intrigue them from a black board while Chef Enomoto explains his recommended dishes.   

 

 

10種類の前菜の殆どは1,000円台で、3から4種類あるメインは3,000円前後から時には5,000円台のものが登場する事もある。

 

ポーションは全て大きめ。中には大きさを調整できる料理もあるのでシェフと相談するのが良し…というかシェフの方から「少し小さくしましょうか?」と声をかけてくれるはず。

 

The black board menu usually features ten appetizers priced around 2,000 yen and three or four main dishes priced around 3,000 yen. Sometimes main dishes are priced at 5,000 yen or more. 

 

The serving portions at Dix-Huit are often large enough to share. And, some of them could easily be served half-portioned. So, diners are encouraged to speak with the Chef for details about each dish. 

 

 

黒板のメニューは頻繁に書き換えられるのだが、必ずあるのは穴子のテリーヌ。飾り気のないシンプルな名前の一皿なのだが、一度は食べてほしい一押しの前菜。因みに、これが黒板に載っていないと不機嫌になる女性の常連が何人かいるらしい。

 

The menu is constantly updated. However, you will almost always see terrine of garden eel – a Chef Enomoto specialty - which is a favorite among regulars. According to Chef Enomoto, some regulars even get upset when they don’t see it on the menu.

 

デザートは1,000円のものが1種類だけ。食後にデザートを食べる人よりも、チーズの盛り合わせ(1,500円)をオーダーする人の方が多いという事が、やはりディズユイットに来る人の殆どがワイン飲みだということを象徴している。

 

Though there is only a single dessert listed on the black board, this is because more people prefer cheeses to sweets when wrapping up their dinners. It’s a testament to how many of the regulars at Dix-Huit are avid wine drinkers! 

 

「ウチはワインを飲みながら食事を楽しむ居酒屋…」というのは榎本シェフの言葉。

 

“Consider my place an izakaya to drink wine with food,” says Chef Enomoto.

TOP

DRINKS

座席数10しかないビストロでありながら、常時店内には250本前後のワインがストックされている。その99.9%以上はフランスのワインで、例外的にフランス人の作り手がオレゴンでつくっているワインが1種類だけある。もっとも多いのはブルゴーニュのワインで全体の70%を占める。

Though Dix-Huit has only ten seats, it boasts approximately 250 bottles of wine stocked in its cellars! More than 99.9% of the wine selection is from France, with the exception of a wine by a French winemaker in Oregon. Wines from Burgundy account for 70% of the selection. 

価格は5,000円前後からあり、中には銀座などで飲めば150,000円以上はするようなワインもあるのだが、そんな高級ワインも幡ヶ谷価格で飲めるのがディズユイットの魅力。

実際に少し遅めの時間にカウンターで年配の常連が高価なワインを飲んでいる光景はディズユイットでは日常茶飯事。その一方で、そう言った高価なワインが登場するのは、シェフを交えての会話が盛り上がったりした時だけ。

「初めて会ったばかりの人に大切なワインは出せないよ!」というのは豪快な風貌ながらも神経質にワインの温度をチェックしている榎本シェフの話。

The wine selection starts at around 5,000 yen. Chef Enomoto has wines which cost more than 150,000 yen if you are drinking in Ginza, but fortunately he serves them at a Hatagaya price level at Dix-Huit. In fact, it’s common to see older ladies and gentlemen drinking expensive wines in the later dining hours, as Chef Enomoto happily pulls premium bottles out of the cellars when the conversations are going well. 

But please keep in mind that Enomoto has never opened one of his precious bottles of wine for a new customer, even when they ask for and are willing pay top dollar for them.

グラスで楽しめるワインは白赤2種類づつあり900円程度から。

By the glass, Dix-Huit daily has two white and two red wines priced from 900 yen.

グラスで飲めるスパークリングはないが、代わりに3,000円台のクレマン・ド・ロワールと6,000円前後のシャンパーニュのハーフ・ボトルがある。

フル・ボトルではヴァン・ムスーとクレマン・ド・ブルゴーニュが6,000円前後で、シャンパーニュは12,000円からある。

Even though sparkling wine is not served by the glass, this bistro has half-bottles of Champagne priced around 6,000 yen, and Cremant de Loire around 3,000 yen. 

Full bottles of sparkling wines like Vin Mousseux and Cremant De Bourgogne are priced around 6,000 yen. Champagnes are priced from 12,000 yen.

そしてビストロらしからぬ少し贅沢なグラスで榎本シェフはワインを味わせてくれる。

Also keep in mind that Chef Enomoto serves wines in expensive glasses which are usually not used in bistro.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区西原1-18-5
1-18-5 Nishihara, Shibuya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
京王新線 幡ヶ谷
Hatagaya (Keio-Shinsen Line)
Tel
03-6804-9222
平均予算 Average Cost
Dinner
8,000 yen
営業時間 Business Hours
18:00 - 23:30 (L.O. 23:00)

Closed on Wednesdays
Credit Card
Visa, Master Card, American Express, Diners Club and JCB