サンプリシテ
渋谷・代官山・中目黒 / フレンチ

Simplicité
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / French

03-6759-1096
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル
メインビジュアル

鯖 & 蕎麦

Mackerel & Buckwheat

メインビジュアル

サブレ・ブルトン & ブラック・オリーブ

Sables Bretons & Black Olive

メインビジュアル

ブラック・オリーブのマドレーヌ

Black Olive Madeleine

メインビジュアル

帆立とカリフラワー

Scallop & Cauliflower

メインビジュアル
メインビジュアル

毛蟹とキャビア

Horsehair Crab & Caviar

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

イワシ瞬間燻製

Smoked Sardine

メインビジュアル

自家製の黑胡麻のバターとパン

Homemade Bread and Black Sesame Butter

メインビジュアル

サヨリとホワイト・アスパラガス

Halfbeak & White Asparagus

メインビジュアル

勢子蟹

Snow Crab

メインビジュアル
メインビジュアル

カワハギとブルー・チーズ

Thread-Sail Filefish & Blue Cheese

メインビジュアル

サワラと菊芋

Japanese Spanish Mackerel & Jerusalem Artichoke

メインビジュアル
メインビジュアル

ミル貝 

Mirugai Clam

メインビジュアル

ハマグリ & 菜の花

Orient Clam & Broccolini

メインビジュアル

ホロホロ鳥 & 黒トリュフ

Guineafowl & Black Truffle

メインビジュアル

銀の鴨のロティ

Roast Duck

メインビジュアル

イチゴ & ヨーグルト

Strawberry & Yogurt

メインビジュアル

抹茶 & ビーツ

Green Tea & Garden Beet

メインビジュアル

美味しいシュークリーム

Chou à la Crème

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

フランス語がわからなくても、このレストランのサンプリシテ ”Simplicité”という店名は英語に直訳すると「単純」という意味の”Simplicity”になる事はわかるはず。

 

このレストランで味わう料理は、必要以上に複雑であったり、過剰に着飾ったりしていない、といった意味では確かにサンプリシテなのだが、決してシンプルさだけを良しとしたような料理ではない。

 

カウンターの内側でテンポ良く料理を仕上げていくオーナー・シェフの相原薫が、サンプリシテを開く前にシェフを努めていたのは、熱心にフランス料理を食べ歩く人から「都心にあればミシェランの星が付くんだろうけど…」と高く評価されていた山手線の外側にあるレストラン。

 

 

そのレストランでシェフになった当初を「自信があった料理をつくってても、何故かしっくり来なくて…」と振り返る相原だが、全国から直送されてくる魚をつかった料理が少しづつ評判になるにつれて、相原の思いは噛み合ってくる。

 

それもそのはず。相原が最初に働いたレストランは相模湾に面した葉山にあったレストラン。フランスではパリだけでなく、オマール・ブルトン(尻尾が青いオマール海老)をつかった料理がしたくて大西洋に突き出たブルターニュ半島にあるレストランで働く。

 

さらにジュネーヴのミシュラン2つ星のドメーヌ・ド・シャトービューでは、魚を担当するポワソニエに抜擢される。なので魚をつかった相原の料理が美味しいのは当たり前。

 

本人は「バイトしてただけ」と謙遜するが、サンプリシテを開くまでの準備期間中には3ヵ月ほど鮨屋で働くというユニークな経験もしている。

 

サンプリシテで、食べ頃になるまで程良く熟成させた魚をつかって相原がつくるアミューズ・ブーシュや前菜を口に入れれば、それはフレンチという範疇を超えたサンプリシテでしか味わえない料理だと誰もが思うはず。

 

しかしながらメインの肉料理を味わう頃になれば、フランス料理への相原の強い思いが確実に伝わってくる。

 

相原は「クリームやバターを贅沢に使ったソースは今でも大好き」と言いながらも、サンプリシテでは、敢えて油脂を抜いた、キノコや魚介の旨味や野菜の甘さを生かした、軽やかながらも印象的なソースで料理を味わせてくれる。

 

東京には「新しい」、「美しい」、「面白い」といった形容詞がつく料理を食べさせるレストランが多々あるが、サンプリシテで相原が心がけるのは「単純に美味しいと思ってもらえる料理」をつくる事。

 

ここで食事を楽しむ外国人にとって、相原の料理は東京でしか食べられないフランス料理。そして日本人には、魚という我々にとって大切な食材の魅力を再発見しながらフランス料理を味わえる希少な空間がサンプリシテ。

 

因みに、サンプリシテというフランス語には「単純な」という誰もが知っている意味合いだけでなく、相原によると「正直な」や「誠実な」といったニュアンスもあるらしい。

 

カウンター越しに相原との会話を楽しみながら食事をしたり、日本語を話せない外国人と悪戦苦闘しながらも楽しそうにしている相原の姿を横目で見たりしていると、サンプリシテという店名は料理だけでなく、相原の人柄を表しているように思えてくるはず。

It’s likely you know what the word simplicité means even if French is foreign to you. And the word simple is an apt one for the dishes at Simplicite - they’re not unnecessarily complicated, nor are they overly aesthetic - though this word alone doesn’t tell the whole story.

 

Behind the open-kitchen counter of the restaurant is owner-chef, Kaoru Aihara. Prior to opening Simplicite, Aihara was the chef at a restaurant located on the outskirts of Tokyo, one highly regarded among gourmet Francophiles. Many often said, “If this restaurant was located in central Tokyo, it would have earned a Michelin star at least.”   

 

Chef Aihara says of his initial experience, “Somehow, I had trouble even with dishes I should have been confident with.” But once his dishes started to feature seafood sourced directly from fishers across the country, his confidence was rekindled, and his dishes started making a buzz. 

 

And it’s only natural for Chef Aihara to feel comfortable with seafood dishes. The first restaurant he worked for was in Hayama, facing the Sagami Bay, and in addition to working at restaurants in Paris, Aihara also worked at a restaurant in Brittany (the largest French peninsula stretching towards the Atlantic Ocean) where he cooked the blue lobster for which Brittany is famous. And, at the Michelin double-starred Domaine De Chateauvieux in Geneve, Aihara was promoted to the poissonnier, or the chef in charge of seafood.

 

If all of that wasn’t enough, Aihara even has experience working at a sushi restaurant for three months while he was preparing to open Simplicite!

 

This is why, when you taste Chef Aihara’s amuse bouche or appetizer with aged fishes packed with umami, you’ll find their taste and flavor go beyond the boundary of conventional French cuisine. This is the essence of dishes at Simplicite.  

 

 

Though Aihara admits to a love of traditional French sauces made with cream and butter, at Simplicite he avoids using fat and oil, opting instead for mushrooms and vegetables to create lighter but still memorable sauces. 

 

All of this speaks to the heart of the restaurant. In Tokyo, where restaurants struggle to serve dishes they can describe as new, aesthetic and interesting, Simplicite only strives to come up with dishes that simply taste good.

 

So, for tourists Simplicite is a restaurant to savor culinary creations you can’t find anywhere else, and for locals it is a place to rediscover the beauty of seafood; an integral part of the Japanese diet.  

 

Or perhaps, Simplicite is simply named for the man himself, Chef Aihara. Though the word can mean simple, it also means honest and genuine, which is something diners can see for themselves when talking to Aihara across the kitchen counter, or the times he sincerely tries to communicate with visiting, non-Japanese diners.

TOP

MENUS

 

サンプリシテのランチとディナーで楽しむのは相原シェフの「おまかせ」メニュー。日々ベストな状態の食材をつかってメニューを組み立てるので、その日によって料理の数が若干異なることもあるが、質量ともに必ず満足させてくれる。

 

LUNCH

 

5,000 yen

7皿から8皿の料理

Seven to eight courses

 

DINNER

 

13,000 yen

11皿から13皿の料理

Eleven to thirteen courses

 

At Simplicite, you can enjoy Chef Aihara’s ‘omakase’ tasting menus for lunch and dinner. Because he uses only the best available ingredients, the number of courses can sometimes vary. However, rest assured you will be satisfied in terms of both quality and volume. 

TOP

DRINKS

サンプリシテでの食事は、ワインを何種類か味わいながら楽しむのが良し。

ワインのセットは3種類4,500円、4種類5,500円、5種類6,500円、6種類7,500円。取り敢えず最初は3種類のセットでスタートし、もう少し飲みたくなったら追加しても大丈夫。

上記のセットの最初の一杯は基本的にシャンパーニュで、相原シェフの料理に合わせるワインは必然的に白が多くなる。

ワインはフランス産が中心になるが、ニューワールドや日本のワインもあり、稀に日本酒が登場したりする事もある。

Diners are encouraged to taste Chef Aihara’s dishes with different wines by the glass. 

Simplicite has wine sets of three priced at 4,500 yen, four for 5,500 yen, five for 6,500 yen, and six for 7,500 yen. If you are unsure how many glasses of wine you want to order, feel free to start with a set of three and upgrade later if feel like more. 

All wine sets include a glass of Champagne to start, and lean more towards white wine over red, to match with the seafood dishes. 

The wine selection is mainly from France, but you can also find wine from New World as well. On occasion, they also serve Japanese wine and even sake!

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区猿楽町3-9 アヴェニューサイド代官山1 2F
2nd Floor, 3-9 Sarugaku Cho, Shibuya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東急東横線 代官山
DaikanYama (Tokyu Toyoko Line) 
Tel
03-6759-1096
平均予算 Average Cost
LUNCH: 10,000 yen
DINNER: 22,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH

12:00 - 13:30 (L.O.)  
3時半に閉店
Close at 15:30

DINNER

18:00 - 20:30 (L.O.) 
11時半に閉店
Close at 23:30

定休日は月曜日と第1火曜日。定休日が祝日と重なる場合は営業し、翌日が休みとなります。

Closed on Mondays and the 1st Tuesday every month. If a national holiday falls on a Monday or 1st Tuesday, the restaurant will be open that day and be closed instead on the following day.
Credit Card
American Express / Master Card / VISA